ネジ穴が滑ったり、ネジが外れないと作業が遅れます。取れなくなったネジを外す際は、辛抱強く行いましょう。一つの方法で外せなくてもあきらめないことが大切です。深呼吸して気持ちを切り替え、工具を用意して別の方法を試しましょう。ネジ穴が滑る場合は ネジ穴が潰れたネジを外す方法を参考にします。

方法 1 の 4:
別の工具で外す

  1. 1
    ドライバーの種類を替えます。ネジ穴が滑ったら、種類が異なるドライバーで外します。
    • まず、先端が大きく全長が短いドライバーを使います。力を入れて下に押しながら、ゆっくりネジを回します。

    ポイント: この方法で外れなければ、別の種類のドライバーを使います。例えば、ネジ穴がプラスなら、マイナスのドライバーを使って外します。マイナスのドライバーは先端が細いので、ネジ穴の中に納まるでしょう。力を入れて下に押しながら回してネジを外します。[1]

  2. 2
    金づちでネジ穴にドライバーを叩き込みます。ドライバーをネジ穴にあて、金づちでドライバーの後ろを叩きます。こうすると、ドライバーがネジ穴に刺さり、穴をしっかり捉えます。金づちを置き、ドライバーでネジを回して外します。[2]
    • この方法は、軟金属製のネジに効果があります。
  3. 3
    プライヤーを使ってネジを外します。ネジが取り付けられている表面とネジの間に少し隙間があれば、バイスグリッププライヤー(ロッキングプライヤー)を使い、回して外します。ロッキングプライヤーの口に、ネジをしっかり固定します。プライヤーを回してネジを外します。[3]
  4. 4
    電動ドリルでネジ頭に小さな穴を開けます。[4] 適切なドリルビットを選び、電動ドリルの電源を入れます。注意しながら、ネジ頭に小さく浅い穴を作ります。こうすると、ドライバーをネジ頭に深く差し込むことができます。ドライバーをネジ頭にあてます。力を入れて下に押しながら、ネジを回して外します。[5]
  5. 5
    ドレメルを使います。ドレメルやミニルーターに金属切削用のディスクを取り付けます。工具の電源を入れて、ネジ頭に新しい刻み目を作ります。マイナスのドライバーを、新しい刻み目に差し込みます。ドライバーを回して、ネジを外します。[6]
    広告

方法 2 の 4:
スクリューエクストラクターを使う

  1. 1
    ネジ頭にドリルで下穴を開けます。電動ドリルでネジ頭の中心に3㎜の穴を開けます。ドリルビットのサイズを1.5㎜大きくすると、大きめの穴を開けられます。ドリルビットのサイズを1.5㎜ずつ大きいものに替えて、ネジの穴をスクリューエクストラクターの直径に合う大きさに広げます。穴を開ける際は、ネジの中心部から外れないように気を付けましょう。[7]
    • 使用するスクリューエクストラクターに適した深さの穴を開けます。穴が深くなりすぎないように気を付けましょう。
  2. 2
    エクストラクターを入れます。[8] 開けた穴にエクストラクターを入れましょう。金づちで軽く叩いて、ネジに差し込みます。エクストラクターのネジ山が、ネジの側面に噛み合っていることを確認してから次の手順に進みます。タップハンドル(スクリューエクストラクターセットに含まれています)をエクストラクターの上部に取り付けます。[9]
  3. 3
    回してネジを外します。エクストラクターをまっすぐ保ちながら、反時計回りに回します。エクストラクターに横から力を加えると曲がるので注意します。ネジが緩むまで回し続けます。エクストラクターを引き上げて、ネジを表面に出します。ペンチでネジを挟んで外します。[10]
    広告

方法 3 の 4:
ドライバーがネジ穴をしっかり捉えるように、意外な物を利用する

  1. 1
    ゴムバンドを使います。ゴムバンドをドライバーとネジの間に挟むと、ドライバーがネジ穴をしっかり捉えることができます。ゴムバンドをネジの上に平らに置いて、ドライバーを穴に差し込みます。ゆっくり回してネジを外しましょう。[11]
  2. 2
    金たわしを使います。ゴムバンドがなければ、代わりに金たわしを使うことができます。金たわしをネジ頭の上に置きます。ドライバーをネジ穴にきつく差し込みます。ゆっくり回してネジを外します。[12]
  3. 3
    潤滑剤を使います。ネジ頭に浸透潤滑剤をスプレーします。浸透潤滑剤が浸み込むように15分間そのままにします。浸透潤滑剤を再度スプレーします。金づちでネジ頭を5~6回叩きます。ドライバーでネジを回して外します。[13]
    • この方法で外せない場合は、バルブ研磨剤を使います。バルブ研磨剤には、硬い粒子が含まれているので、ドライバーがネジの穴を捉えやすくなります。ドライバーをネジ穴に差し込み、回してネジを外します。
    広告

方法 4 の 4:
ネジ頭にナットを付ける

  1. 1
    必要なものを用意します。熟練の溶接工でなくても、ネジ穴の潰れたネジ頭にナットを付けることができます。超強力溶接接着剤を用意します。ネジ頭と直径が同じサイズのナットを用意します。[14]
  2. 2
    ナットをネジ頭に付けます。ナットをネジ頭の上に置きます。中心に置きましょう。注意しながら、ナットの内側に超強力溶接接着剤を注ぎます。接着剤に指定されている時間に従って乾かします。[15]
  3. 3
    ネジを外します。ナットがネジに完全に接着していることを確認します。ソケットレンチをナットに付けます。ソケットレンチを回して、ネジを外します。[16]
    広告

ポイント

  • ドライバーの持ち手に輪ゴムを巻くと、ドライバーを回す際にしっかり握れます。

広告

関連記事

How to

勝手に沈むオフィスチェアを修理する

How to

壁紙(クロス)を剥がす

How to

コンクリートに付着した塗料を落とす

How to

ネジ穴が潰れた(なめた)ネジを外す

How to

コンクリートに穴をあける

How to

さびたネジを外す

How to

トイレの水位を調整する

How to

フラッシュドア(中が空洞のドア)を修理する

How to

レコードを壁に飾る

How to

ダクトテープの糊跡を取り除く

How to

刷毛や筆を洗う

How to

釘を使わずに絵を飾る

How to

リノリウムの床を剥がす

How to

DREMEL(ドレメル)ロータリーツールを使う
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む13人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,889回アクセスされました。
このページは 1,889 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告