口内炎を治す方法

共同執筆者 Sarah Gehrke, RN

この記事には:民間療法で治す不快感を和らげ治癒を促進する医療機関で治療を受ける25 出典

口内炎は非常に不快な症状で、ひどい痛みを伴うこともあります。口腔潰瘍やアフタ性潰瘍とも呼ばれる口内炎ですが、頬を噛んでしまったり、ストレス、病気など様々な原因で発症します。効果が実証された方法で、この厄介な口内炎をすぐに治すことができます。

1
民間療法で治す

  1. 1
    塩水で口をすすぎます。小さじ1~2杯の塩をグラス1杯のお湯に溶かします。この塩水でうがいをします。両頬の内側でぶくぶくうがいをして、シンクに吐き出しましょう。塩水を飲み込まないようにします。[1]
    • 1日に数回繰り返しましょう。一般的に食後と就寝前が適当です。
  2. 2
    重曹で口をすすぎます。重曹を生理食塩水の代わりに使用します。小さじ1杯の重曹を湯飲み半分のお湯に溶かします。食塩水と同様にぶくぶくうがいをします。[2]
  3. 3
    効き目が穏やかな洗口剤(マウスウォッシュ)で口をすすぎます。洗口剤で口をすすぎ、雑菌を洗い流します。口腔内の痛みが緩和することもあります。この用途では、どんな洗口剤を使用しても構いません。朝晩と、できれば昼食後に行いましょう。[3]
    • 絶対に洗口剤を飲み込んではいけません。
    • 場合によっては、消毒薬(洗口剤を含む)が口内炎を悪化させることもあります。洗口剤を使用して不快感や痛みを感じたら、口内炎が治るまで使用をやめましょう。もしくは、アルコールフリーの洗口剤を使う方法もあります。[4]
  4. 4
    マグネシアミルク(水酸化マグネシウム)を使います。マグネシアミルクはオンラインショップで見つけることができます。毎日数回、少量を患部に塗ります。痛みをや和らげ、治癒を促す効果があります。[5]
  5. 5
    オキシドールを塗ります。水と濃度3%のオキシドールを同量混ぜます。使用するのは少量です。綿棒を浸し患部に塗りましょう。[6] まず1回塗って患部をきれいにしてから、新しい綿棒を使って患部に数秒間あてます。朝晩行いましょう。
    • 溶剤を飲み込まないように気を付けます。綿棒が浸る程度の少量を使用します。
  6. 6
    はちみつを塗ります。患部に、少量の純粋なはちみつを塗りましょう。痛みを和らげ炎症を軽減する効果があります。[7]
    • まず、綿棒で患部の水分を取り除き、新しい綿棒ではちみつを患部に塗ります。
    • できれば、最も強力な抗菌作用を持つ、マヌカハニーを使用しましょう。マヌカハニーがなければ、その他のはちみつを使用しても抗菌効果を得られます。[8]
  7. 7
    ハーブで洗口剤を作ります。同量のセージとカモミールをお湯で煎じます。お湯が冷めたら洗口剤として使います。調査・研究されていませんが、口内炎の痛みが緩和したという人もいます。[9]
    • 1日に4~6回行います。
  8. 8
    効果が期待できるジュースを飲みます。調査・研究されてはいませんが、にんじん、セロリ、カンタロープメロンのしぼり汁が口内炎に効果があるという人もいます。[10] それぞれを絞ってジュースにして飲んだり、まとめてミキサーにかけ、スムージーを作って毎日飲みましょう。

2
不快感を和らげ治癒を促進する

  1. 1
    氷をなめましょう。氷で炎症が軽減し、口腔内の感覚が鈍くなるので痛みを感じにくくなるでしょう。できれば、舌を使って氷を患部にあてて、氷が解けるのを待ちます。[11]
    • 氷を、魔法瓶や発泡スチロール材のカップに入れておくと、溶けにくく1日中使えます。
    • 氷では冷たすぎるようなら、1日を通して冷水を飲みましょう。冷水を口に含み、患部にあたるようにそっとうがいをしてから飲み込みます。
  2. 2
    酸性の食物や辛い物を食べないようにします。辛い物や酸性の食物、または患部をこする可能性のある物を食べると、炎症部位がヒリヒリと痛み回復が遅れます。柔らかく口当たりの良いものを食べて、口内炎の治癒を促しましょう。[12]
    • 炭酸飲料、柑橘類の果物、トーストなどの硬い物、塩分や香辛料を多く含む食物を摂らないようにします。
  3. 3
    やさしく歯を磨きます。歯ブラシがあたったり、擦れて口内炎の原因になることがあります。また、口内炎を発症している場合は、症状が確実に悪化します。柔らかい毛の歯ブラシを使用したり、患部に触れないように気を付けて、悪化を防ぎましょう。[13]
    • 口内炎が治るまでは、コンクールジェルコートF やぺプチサルジェントルトゥースペーストなど低刺激の歯磨き粉を使いましょう。
  4. 4
    市販の鎮痛剤を服用します。口内炎が、望みに反してすぐに治らない場合は、少なくとも不快感を和らげて乗り切りましょう。イブプロフェンなど市販の鎮痛剤を服用したり、患部に直接塗って痛みを緩和するデンタルクリームなどを使用します。ドラッグストアで取り扱っています。[14]
    • 治療中の疾患や服用している薬がある場合は、口内炎の薬を選ぶ前に薬剤師や医師に相談しましょう。
    • 16歳以下の子供はアスピリンを服用してはいけません。また、子供にアスピリンを服用させてはいけません。
  5. 5
    亜鉛トローチをなめます。これはオンラインショップで購入できます。効果が実証されていないものの、痛みが和らぎ治癒が促進したという人もいます。[15] 説明書にある用量・用法を守って摂取しましょう。
  6. 6
    ビタミンサプリメントを摂取します。調査・研究が不十分ではありますが、ビタミンB やビタミンC は効果が期待されています。[16] 医師や薬剤師に相談の上、ドラッグストアなどでビタミンサプリメントを購入します。用量・用法を守って摂取しましょう。
  7. 7
    リジンサプリメントを摂取します。リジンはアミノ酸の一種で、研究が不十分ではありますが、口内炎に効果が期待されています。医師や薬剤師に、リジンを摂取する上で問題があるか相談しましょう。[17]
  8. 8
    エキナセアを摂ります。エキナセアはハーブの一種でサプリメントの形で販売されており、オンラインショップなどで見つけることができます。エキナセアは免疫システムに働きかけるので、口内炎の治癒を促進する効果が期待されます。医師や薬剤師に、エキナセアを摂取する上で問題があるか確認しましょう。[18]

3
医療機関で治療を受ける

  1. 1
    口内炎が大きかったり、ひどく痛む場合は医師の診察を受けましょう。ほとんどの小さい口内炎は1~2週間で自然に治ります。口内炎が複数ある、非常に大きい、痛みが激しい、3週間経っても治らない、拡散、発熱を伴う場合は、医師の診察を受けましょう。[19] 医師、または歯科医師の診察を受けます。処方薬や治療法の選択肢が数多くあります。[20]
    • 医師や歯科医師の診察を受けると、本当に口内炎か、または歯の膿瘍や稀な種類の口腔がんであるかを確認できます。
  2. 2
    経皮鎮痛剤の処方を受けます。市販の鎮痛剤もありますが、処方が必要な薬もあります。医師などから、症状に適した薬の処方を受けましょう。口内炎の痛みを和らげ治癒を促進す、ペースト、クリーム、液薬、ジェルなどが多くあります。次のような成分を含む塗り薬を使いましょう。[21]
    • フルオシノニド(トプシム軟膏、フルオシノニド軟膏)
    • ベンゾカイン(アミノ安息香酸エチル軟膏)
    • 過酸化水素(オキシドール)
  3. 3
    医薬品洗口液の処方を受けましょう。複数の口内炎があれば、ひとつひとつに軟膏を塗るより洗口液を使うほうが簡単です。医師や歯科医師に、デキサメタゾンやリドカインを含む洗口液の処方を受けましょう。どちらも痛みを緩和し、デキサメタゾンは炎症を軽減する効果もあります。[22]
  4. 4
    口内炎が治らなければ、処方薬を服用します。様々な治療法でも症状が改善しなければ、経口薬が必要です。どのような選択肢があるか、医師に相談しましょう。その際は、病歴や服用中の薬について医師に伝えます。スクラルファート(スクラート胃腸薬)やコルヒチンのように、実際は別の病気の薬であっても、口内炎にも効果がある薬もあります。[23]
    • ひどい口内炎が長引く場合、経口副腎皮質ホルモン薬が処方されることがあります。この薬には多くの副作用があり、通常は最後の手段として服用するものです。妊婦や授乳中また自己免疫疾患があれば医師に伝えましょう。別の治療法が適しているかもしれません。
  5. 5
    医療機関で口内炎を焼きます。医師は、化学薬品や器具を使用して、口内炎を焼いて治療することもあります。焼いて傷んだ組織を破壊すると、痛みが緩和し治りが早くなります。自分の症状にこの治療法が適当か、医師に相談してみましょう。[24]
  6. 6
    サプリメントを摂取して再発を防ぎます。体に必要な栄養素が不足していると、口内炎が再発する恐れがあります。葉酸、ビタミンB-12、ビタミンB-6、亜鉛、またはその他のビタミンをサプリメントで摂取する必要があるか、医師に相談してみましょう。口内炎の再発予防に役立ちます。
    • 医師は、血液検査で足りない栄養素を確認することができます。

ポイント

  • 口内炎が別の病気が原因で発症した場合は、まずその病気を治療して再発を防ぎましょう。[25]
  • 口内炎は口唇ヘルペスとは異なる疾患です。口唇ヘルペスは、ヘルペスウィルスによって発症しますが、口内炎は違います。
  • レモンのしぼり汁とはちみつを使うこともできます。レモンのしぼり汁とはちみつを適量まぜて、ペーストを作ります。綿棒や清潔な指で患部に塗布します。はちみつと混ぜずにレモンのしぼり汁だけを使う方法もあります。効果的で治りも早くなります。

出典

  1. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/canker-sore/basics/lifestyle-home-remedies/con-20021262
  2. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/canker-sore/basics/lifestyle-home-remedies/con-20021262
  3. http://www.medicalnewstoday.com/articles/303311.php#canker_sore_treatments
  4. https://www.betterhealth.vic.gov.au/health/conditionsandtreatments/mouth-ulcers
  5. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/canker-sore/basics/lifestyle-home-remedies/con-20021262
  6. http://www.medicalnewstoday.com/articles/303311.php#canker_sore_treatments
  7. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25019115
  8. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3609166/
  9. http://www.aafp.org/afp/2000/0701/p149.html
続きを 表示する… (16)

記事の情報

この記事はSarah Gehrke, RNが共著しています。 セーラ・ゲールケはテキサス州在住の正看護師です。2013年にフェニックス大学にて看護学の修士号を取得しています。

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Remove a Mouth Ulcer, Português: se Curar de uma Afta, Deutsch: Ein Geschwür im Mund beseitigen, Français: traiter un aphte, Русский: избавиться от язвы во рту, Bahasa Indonesia: Mengatasi Sariawan, Nederlands: Van een aft afkomen, Čeština: Jak se zbavit vředu v ústech, हिन्दी: मुँह के छालों से मुक्ति पायें, العربية: التخلّص من قرحة الفم, 한국어: 구강염 치료하는 방법, Tiếng Việt: Loại bỏ Vết loét trong miệng, ไทย: รักษาแผลร้อนใน, Español: curar las aftas de la boca, Italiano: Curare le Afte, 中文: 治疗口腔溃疡, Türkçe: Aft Nasıl Geçer

このページは 7,517 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?