自分が話をするよりも相手の話を聞けるようになりたいと思っている人は少なくありません。話すよりも聞くようになると得ることのできる情報量が増え、周囲の人のことを深く知ることができるようになるだけでなく、自分の考えを簡潔に表現する術が身につきます。

方法 1 の 3:
自分が話す機会を最小限にする

  1. 1
    大切な時にのみ話す 自分が発言する前に、言おうとしている内容は本当に重要なのか考えましょう。会話に貢献する内容でないのであれば、静かにしているようにしましょう。[1]
    • 自分の言葉をよく選んで話す人に周囲も耳を傾けます。常に自分の意見や経験を差し挟もうとすると、周囲は徐々に関心を失います。しゃべり過ぎる傾向がある人は無駄に情報を共有しているのかもしれません。
  2. 2
    沈黙を埋めようとしない 沈黙に気まずさを感じて何か話そうとするのは一般的な傾向です。職場や学校といった場で沈黙を恐れて必死に話題を作っている自分に気がついている人もいるでしょう。沈黙しても何も問題にならない場面もあり、常に間を埋めようとして話す必要はないのです。[2]
    • 例えば、休憩室で同僚と鉢合わせても、世間話が必須というわけではありません。相手も特に話したい様子でない場合、自分だけの時間を過ごしたいと考えている可能性もあります。
    • このような場面では、失礼にならないよう軽く微笑み、そのまま静かに過ごしましょう。
  3. 3
    言葉を注意深く選ぶ 頻繁にしゃべっている人は、よく考えずに頭に浮かんでくる内容をそのまま話している可能性があります。口数を減らすには、自分が発する言葉をよく考えられるようになりましょう。何かを言う前に、何をどのように話すのかを考えましょう。こうすることで、一定の内容は自分の胸の中にとどめる習慣が身につき、話す機会が全体的に抑えられるでしょう。[3]
    • 話しすぎると、私的な内容まで周囲に明かしてしまう傾向があります。何かを話そうとしている時、その内容が個人的なものである場合は特に、一旦間をおきましょう。今この時でなくても共有することはできますが、一度明かしてしまうと二度と取り戻すことができません。
  4. 4
    話が長くならないよう気をつける 自分が話している時は、どれくらいの時間が経過しているのかを大まかに把握すると役立ちます。一般的に20秒を越えると聞き手の関心を失いやすくなります。20秒を越えた時点で聞き手の様子に注意を向けましょう。退屈そうな仕草が見られないか観察しましょう。[4]
    • 聞き手のボディーランゲージに注目しましょう。飽きてくると、落ち着きがなくなったり、スマホを見始めるといった傾向が見られます。また、視線が泳いでいる人もいるかもしれません。次の20秒で話を切り上げるよう心がけ、他の人に話す機会を与えましょう。
    • 一度に話す長さは40秒までとしておきましょう。これ以上伸ばすと相手が苛立った様子を見せたり、話に割って入ろうとする可能性もあります。
  5. 5
    不安が原因で必要以上にしゃべっている可能性を疑う 常にしゃべっている人は根底に社会不安を抱えていることも少なくありません。自分の口数が多くなっているように感じられる時は、緊張しているのかもしれないので自分の心に注意を向けましょう。当てはまる場合は、話す以外の方法で対処できるようになりましょう。[5]
    • 一度話すことを止め、自分の気分に注意を向けましょう。どのような気持ちですか?緊張していませんか?
    • このような場合は、頭の中で10秒数えたり、深呼吸をしてみましょう。また社交的な場に参加する前に、自分で自分を励ましても良いでしょう。緊張するのは自然なことだから大丈夫、と自分に言い聞かせ、心を落ち着けて楽しめるようになりましょう。
    • 社会不安が日々の生活の妨げになっている場合は、セラピストに相談して対処しましょう。
  6. 6
    自分を誇示するためにしゃべる習慣を正す 特に職場といった環境では自分の印象を良くしようとして一生懸命、話そうする傾向が顕著に現れます。もし自分も当てはまるように感じられるのであれば、単に自慢しようとしているのではないか見つめ直してみましょう。[6]
    • 自分にもこの傾向が見られる場合は、話す量よりも内容に周囲は感銘を受けるということを覚えておきましょう。
    • 自分に関することを話し続けるのではなく、会話に有益な内容を提供することができるタイミングまで静かにしていましょう。
    広告

方法 2 の 3:
聞き手にまわる

  1. 1
    相手にのみ集中する 会話の最中はスマホを確認したり部屋の中を見まわすことがないよう注意しましょう。退勤後の予定や夕飯のメニューなどを考えたりせず、自分の関心を話し手に向けましょう。こうすることで会話の内容に意識が集中するので、より上手に聞くことができるようになるでしょう。[7]
    • 相手に視線を合わせましょう。考え事で気が散りそうになった時は、今のこの場に意識を戻し耳を傾けましょう。
  2. 2
    アイコンタクトを欠かさない アイコンタクトをとることで、自分が関心をもって聞いているということを話し手に示すことができます。相手が話している最中は目を合わせましょう。アイコンタクトによって、あなたが話に関心を向けていて集中しているということが伝わります。逆にアイコンタクトを怠ると、失礼で無関心な人だと思われてしまうかもしれません。[8]
    • スマホといった電子機器は、音を発したり通知が届いたりするものは特に、集中力の妨げとなります。気を取られないようスマホはバッグやポケットにしまって会話に参加しましょう。
    • アイコンタクトの有無によって相手が退屈しているのかどうかも分かります。例えば、あなたが話している時に相手が視線を反らした場合、恐らく長く話し過ぎているということでしょう。自分の番を切り上げ、相手に話す機会を与えましょう。
  3. 3
    相手の話している内容について考える 聞くというのは受け身の行動ではありません。相手が話している間、聞くということがあなたの仕事です。聞いている間は内容に関して手厳しい判断を下さないようにしましょう。相手の意見に賛成できないとしても、自分が話す番になるまで心の中にとどめておきましょう。また、聞きながら自分が返答する内容について考えたりしないよう注意しましょう。[9]
    • 聞いている内容を想像してみるとよいかもしれません。内容を頭の中で視覚的に描いてみましょう
    • 話し手の内容の重要な語句について考えてみても良いでしょう。
  4. 4
    分からなかった点を確認する どのような会話でも、いずれはあなたが話をする番がまわってきます。この時、話し始める前に聞いた内容を確認するようにしましょう。例えば、話し手が述べていた内容を自分の言葉で言い換えて、質問をしてみましょう。[10]もちろん一語一句繰り返す必要はありません。自分の理解に基づいて言い換えることが大切です。ただし、アクティブ・リスニング(積極的傾聴)は、話し手と話の内容に集中することを助け、自分がしっかりと関心を向けていることを示すための手段です。決して自分の意見を差し挟むための手段として用いないようにしましょう。
    • 例えば「つまり今度の社内イベントがストレスになっているということですよね」といった言い方を用いましょう。
    • その次に質問を加えましょう。例えば「どういったところでストレスが発生しているんですか?もし良ければ相談してください」と続けてみましょう。
    • 話し手に対して手厳しい判断を下さず、共感しているという姿勢を見せましょう。自分の立場を犠牲にすることなく相手が置かれている立場を尊重、承認し、その意思を伝えることは不可能ではありません。
    広告

方法 3 の 3:
ありがちな間違いを犯さない

  1. 1
    必要な時にのみ自分の意見を提示する しゃべり過ぎないようにすることと、自分の意見を述べないことは異なります。何か深く懸念されることがあったり、自分の意見を述べる必要性を感じた場合は躊躇せずに声をあげましょう。口数を減らすということは、自分の意見を有益に共有するタイミングを知るということでもあるのです。[11]
    • 例えば、自分の生活で深刻な問題に直面していて支えを必要としている場合、誰かに共有することに何の問題もありません。
    • また、自分の意見が有益となる場面ではしっかりと共有することも同様に大切です。例えば、職場のとある案件で何か強く思うことがあると仮定しましょう。上司や同僚に意見を共有することで全員の役に立つでしょう。
  2. 2
    度が過ぎたアイコンタクトは控える アイコンタクトは重要ですが、度を過ぎると相手が動揺するかもしれません。アイコンタクトは自信や関心の現れと理解されがちですが、相手に不信感を与える可能性もあります。7~10秒間のアイコンタクトは適切ですが、それ以上続けずに一旦視線を反らすようにしましょう。[12]
    • 文化によってはアイコンタクトが不適切な行為にあたることもあります。例えば、アジア圏ではアイコンタクトは失礼な態度とみなされることがあります。異なる文化背景をもつ人と初めて会う場合は、アイコンタクトに関する礼儀作法について勉強しておきましょう。
  3. 3
    聞き手として広い心を持つ 意見や善悪、常識・非常識の判断基準は一人一人異なります。他の人の話に聞き手として耳を傾けると同意しがたい内容に遭遇することもあるでしょう。それでも、聞いている間は自分の意見は自分の胸の内にとどめておくことが大切です。自分が相手に批判的になっていることに気がついた時は間をおき、耳に入ってくる言葉に集中するよう自分に言い聞かせましょう。聞いた内容の分析は後でも行うことができます。聞いている間は話し手だけに集中し、自分の意見はしまっておきましょう。[13]
    広告

ポイント

  • 会話に加わる前に、自分の参加が必要かどうか考えましょう。貢献できそうな内容でない場合は静かにしておきましょう。

広告

関連記事

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

チャットで会話を盛り上げる

How to

別人になる

How to

酔っぱらっても吐かない

How to

話題が無い時に会話を始める

How to

心を鬼にする

How to

お酒に酔わない

How to

楽しく会話する

How to

授業中にお腹が鳴るのを止める

How to

失恋を乗り越える

How to

女性と会話を始める

How to

人を良い気分にさせる

How to

挨拶をする

How to

面白い人になる
広告

このwikiHow記事について

Tasha Rube, LMSW
共著者 by
認定ソーシャルワーカー(修士)
この記事の共著者 by Tasha Rube, LMSW. ターシャ・ルーブはカンザス州カンザスシティー在住の認定ソーシャルワーカーです。カンザス州レブンワースのドワイト・D・アイゼンハワー退役軍人病院と提携し、活躍しています。2014年にミズーリ大学にて社会福祉学の修士号を取得。 この記事は1,419回アクセスされました。
カテゴリ: 社交
このページは 1,419 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告