口臭の煙草臭さを無くす方法

煙草を吸いつつ、爽やかな香りを漂わせるのは至難の業だと言えます。煙草の煙の臭いというのはなかなか取れない傾向があり、特に口臭には残りやすいものです。しかしながら、喫煙から生じる口臭を防ぐ方法はいくつか存在します。

方法 1 の 4:
歯の衛生状態を改善する

  1. 1
    煙草を吸った後には歯磨きをしましょう。そもそも歯磨きは毎日二回すべき行為ですが、喫煙後にも行うことが大切です。歯を磨けば、どんな臭いも多少はごまかすことができ、煙草臭い口臭も防げるはずです。[1]
    • 歯磨きには最低2分はかけましょう。
    • 口の中の全ての部位を磨けるように、適切な大きさの歯ブラシを選びます。
    • デンタルフロスも使いましょう。そうすれば、煙草だけではなく、それ以外のものから生じる臭いも除去できるはずです。
  2. 2
    マウスウォッシュを使いましょう。マウスウォッシュは、口内を速やかに除菌する効果があり、口がさっぱりして、清潔な香りを残します。口臭を防ぐためには、喫煙後すぐにマウスウォッシュを使いましょう。[2]
    • アルコール系のマウスウォッシュは口内への刺激が強すぎる場合があります。[3]
    • チモールという成分が含まれているマウスウォッシュを探しましょう。チモールは、歯石・歯肉炎の予防作用がある成分です。[4]
    • 小さな「トラベルサイズ」ボトルのマウスウォッシュを常に携帯しましょう。
  3. 3
    舌苔を除去しましょう。舌についた汚れである舌苔を取ると、口臭の原因となる多くの細菌が除去されるので、煙草から来る臭いも軽減できるかもしれません。舌苔を除去すると、舌を清潔に保つことができ、口臭も改善されるでしょう。[5][6]
    • 舌の汚れは毎日取ることを心がけましょう。
    • 舌ブラシか舌クリーナーを使います。
    • 舌の奥も掃除しましょう。そこに多くの細菌が溜まります。
    • ブラシやクリーナーが舌の奥まで届くように、舌を突き出して汚れを落としましょう。
    • どれくらい舌苔が取れたかを確認するために、一度手を止めます。まだ汚れが残っている場合は、再び舌磨きを続けます。
    • 細菌を除去するために、優しく、かつしっかり磨きましょう。
    • 通常の歯ブラシより、舌クリーナーを使った方がより効果的に汚れを落とせます。
  4. 4
    シュガーレスガムを噛みましょう。シュガーレスガムは、口臭を防ぐ手っ取り早い方法です。シュガーレスガムを噛むと、唾液の分泌が促され、細菌が洗い流されていきます。口内の雑菌を除去するために、喫煙後にシュガーレスガムを噛んでみましょう。[7]
    • 喫煙直後にガムを噛みましょう。
    • ガムを噛むと、口臭の原因となる口の渇きを防ぐことができます。
    • 息を爽やかにするために、シュガーレスのミントを試してもよいでしょう。
  5. 5
    歯医者の診察を受けましょう。行きつけの歯医者であれば、自分に合った口臭予防の方法を他にも提案してくれるかもしれません。また、歯医者は口の中を診察し、喫煙によって以下のような問題が引き起こされていないかを確認してくれます。[8]
    • がん
    • 虫歯
    • 歯周病
    広告

方法 2 の 4:
食生活を変える

  1. 1
    どのような食べ物や飲み物が口臭予防に役立つかを知りましょう。口臭改善に繋がる食べ物や飲み物が実際にあります。もちろん、喫煙によって引き起こされる口臭を完全に無くすことはできませんが、多少は軽減することが可能です。口臭予防のために摂取量を増やすべきものは:[9]
    • 水。常に水分補給をしておくと、口の渇きを防げます。口の中が渇いていると、口臭の原因となります。
    • ヨーグルト。ヨーグルトを食べると、口内や胃に良い働きをもたらす細菌が増え、不必要な細菌と置き換わります。無糖ヨーグルトのみを食べましょう。[10]
    • パセリ。パセリは、抗細菌性/抗真菌性の食べ物であると言われています。
    • あくまで民間療法ですが、クローブやフェンネル、アニスなどのハーブやスパイスは、口臭予防の効果があるとされています。
  2. 2
    飲むのを避けるべき飲料を把握しましょう。飲み物によっては、口臭を悪化させる場合もあります。そのような飲み物の消費を制限することで、すでに喫煙によって臭くなった口臭を悪化させずに済みます。[11]
    • コーヒー
    • 炭酸水や炭酸飲料
    • オレンジジュースのような強酸性ジュース
    • アルコール
  3. 3
    口臭を悪化させる食べ物を避けましょう。スパイシーな、あるいは強い香りがする料理は、その匂いが口臭にも残ります。煙草を吸い続けるつもりならば、口臭の悪化を防ぐために以下のような食べ物の摂取を控えましょう。[12]
    • 玉ねぎ
    • にんにく
    • 牛乳やチーズ
    広告

方法 3 の 4:
水を飲む

  1. 1
    水の摂取が口臭に与える影響を知りましょう。恐らくこれは、実践するのが最も簡単な方法の一つです。単に一日の水の摂取量を増やすだけで、口臭予防に繋がります。煙草の臭いを完全に消すことはできないにしても、口臭全般を軽減させる効果があるはずです。[13]
    • 水を多く飲むと、口臭の原因となる口渇を防げます。
  2. 2
    自分の水の摂取量を管理しましょう。毎日十分な水を飲むように注意します。一日の摂取量として推奨されている「コップ8杯分の水」というのは良い目安になりますが、一番の判断基準は自分の喉の渇きです。[14]
    • 運動前、あるいは高温環境にいる時には水の摂取量を増やしましょう。
    • 喉の渇きには注意しましょう。喉が渇いた時には、無視せず、きちんと水分摂取をすることが大切です。
    • 飲むのは水だけにしましょう。甘い飲み物は口臭を悪化させる原因になる可能性があるので、避けます。[15]
    • 果物や野菜も体の水分補給に役立ちます。
  3. 3
    水の摂取が楽になる方法を見つけましょう。いつも携帯するのに便利な魔法瓶や水筒を購入します。常に水を持ち歩いておけば、水道が近くになくても、すぐに水分補給ができます。
    • 水筒を何回満タンにし、何回飲み干したかを記録しておきましょう。
    • 正確な水分摂取量を記録するために、水筒の容積を把握しておきます。
    広告

方法 4 の 4:
喫煙を止める、あるいは減らす

  1. 1
    まずは、喫煙量を制限してみましょう。一日に吸う煙草の本数を減らします。本数を減らした分だけ、口臭予防に繋がります。
    • 喫煙頻度を事前に決めておきましょう。
    • 会議や社交行事の前の喫煙は避けます。
    • 人前で話す職業に就いている場合は、煙草を吸うのは仕事の後にしましょう。
    • 自分の健康改善にも繋がります。
    • 吸う煙草の本数を減らすと、節約にもなります。
  2. 2
    ニコチン置換療法を実践してみましょう。煙草以外のニコチン送達システムを利用すれば、煙草自体に含まれる有害物質からの多くの影響を受けずに済みます。煙草を吸いたい欲求を抑制していくために、時間をかけて徐々にニコチン摂取量を減らしていきましょう。禁煙に成功すれば、煙草による口臭の問題を心配する必要もなくなります。以下のようなニコチン置換療法を探してみましょう。[16]
    • スプレー式点鼻薬
    • ガム
    • パッチ
    • 電子たばこ(煙を水蒸気に置き換えつつ、ニコチンの摂取が可能です)
  3. 3
    吸いたい欲求を我慢してみましょう。煙草を吸いたくなってしまったら、頑張って10分間我慢してみます。何か別の作業をしてその時間を耐えましょう。そうすれば、吸いたい欲求は収まるか、少なくとも強度が弱まるはずです。[17]
    • パズルなど、完全に集中する必要のある作業で気を紛らわせましょう。
    • 物理的に気を紛らわせるのも手です。例えば、散歩に行ったり、家の掃除をしてみましょう。
    • 別の作業に没頭すれば、煙草を吸いたい欲求が収まり、その欲求に負けないでいられるはずです。
    • 我慢している10分間にずっとその欲求について考えるのは禁物です。
    • 煙草を吸いたい欲求を無視し続ければ、最終的には禁煙に繋がり、喫煙による口臭の問題も解決できます。
  4. 4
    禁煙する時には周囲からの協力を得ましょう。禁煙するのはただでさえ非常に困難です。一人で乗り越えようとして事を難しくする必要はありません。目標の達成のために、周囲の協力を得ましょう。[18]
    • 自分の前では煙草を吸わないようにお願いしましょう。
    • 煙草製品を自分に勧めないようにも頼みます。
    • 煙草を吸いたい欲求に駆られた時には、周囲の人に自分が立てた目標を思い出させてもらいましょう。
    • 自分の進歩や努力について周囲の人間と頻繁に話してみます。
    • 喫煙仲間と一緒に禁煙に挑戦してみましょう。
    広告

ポイント

  • 一般的な口臭管理の方法以外に煙草臭い口臭を改善する方法はあまり多くありません。
  • 喫煙による口臭を無くす唯一の確実な方法は、禁煙することです。

広告

注意事項

  • 喫煙は健康を損なう恐れがあります。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む14人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 健康
このページは 763 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告