口髭は男性のお洒落の定番ですが、長い間伸ばしたままにしておくと粗暴な印象を与えてしまいます。いくつかの基礎的なな製品を取り入れることで手入れの行き届いた見た目を維持することができます。ほとんどの場合、基本的な方法で切り揃えることができますが、両端が小さく上に跳ね上がったハンドルバーというスタイルを選ぶ場合は、別途手順を踏む必要があります。定期的な手入れを欠かさず、清潔感を維持しましょう。

方法 1 の 2:
口髭を切り揃える

  1. 1
    目の細かいくしでとかす 髭専用などの小さめのくしを使うと便利です。この時、正確な長さを把握できるよう、髭は濡らしたりせず乾いた状態にしましょう。くしで整えることで毛が真っすぐになるので、均等に切りそろえることができます。
    • より柔らかく扱いやすい状態で切りそろえたいという人は、事前にシャンプーで洗いコンディショナーで仕上げておきましょう。ただし、その後しっかりと乾かしておくことが大切です。
  2. 2
    ハサミあるいは電気シェーバーで唇周りの髭を切る 長さが不ぞろいにならないよう、切り揃えている間は表情を変えないようにしましょう。ハサミを使うのであれば唇に対して平行に持ち、唇の輪郭に沿って少しずつ切っていきましょう。長さは個人の好み次第です。電気シェーバーを使うのであれば、刃の先端を唇の上に優しく押し当て、引くように動かしましょう。
    • 外側から中央に向かって進めましょう。片側から中央にたどり着いたのであれば、次は逆側から始めましょう。
  3. 3
    口髭の上部を切り揃える ハサミあるいはトリミング用の小さなカミソリを用いて、上部の不ぞろいな髭を切り揃えましょう。カミソリの場合は、少しずつ小刻みに刃を引くようにしましょう。
    • 唇に向かって45度になるように切り揃えても、そのままにして、よりふさふさとした見た目を残しておいても良いでしょう。上部の形状は個人の好みで決めましょう。
    • 鼻に接している部分は伸びた鼻毛の様に見えてしまうので切って整えましょう。
  4. 4
    くしとハサミで髭の量を減らす くしを使って口髭の毛先を上に向け、くしの歯の間から毛先が飛び出ている状態にしましょう。次に、この飛び出た毛をハサミやシェーバーで切りそろえます。こうすることで髭の長さと量が調整できるようになります。
    • 電動シェーバーの中には、くしの代わりにとなる部品が含まれている場合もあります。まず長めに設定して使い始め、徐々に短くしていきましょう。
    • 少しずつ切りそろえましょう。さらに切ることは簡単でも、うっかり切り過ぎてしまうと毛が伸びるまで時間がかかります。
  5. 5
    切り残し(剃り残し)がないか確認する 口髭を再度くしでとかし、切り忘れた長い毛が残っていないか確認しましょう。切り残しがある場合はハサミを使って整えましょう。さらに顔を横に向けて飛び出た毛がないか見てみましょう。
    広告

方法 2 の 2:
ハンドルバーの形に仕上げる

  1. 1
    口髭の端を持ち上げ、口角をの髭を剃る ハンドルバーは髭の両端の部分をねじるので、この部分の毛が最も長くなっている必要があります。この長い部分の毛を指でつまんで持ち上げ、下に隠れている無精ひげを剃りましょう。精密に剃ることができるよう小型のカミソリを用いましょう。
    • 切りそろえる際、少し余分に量を残しておくようにしましょう。ハンドルバーにした時に、ふさふさとした印象を与えるだけでなく、ねじりやすくなります。
  2. 2
    口髭の先端をねじり好みの長さに切り揃える 人差し指と親指で毛先をねじると切り揃えやすくなります。片側ずつ作業を行い、左右の長さが同じになるようにしましょう。
    • 切り揃えたら左右の端を引っ張って長さが同じかどうか確かめてみましょう。
    • 切り過ぎてしまわないように少しずつ進めましょう。
  3. 3
    口髭用ワックスを指先につける 円を描くように指先をこすり合わせてワックスを温めましょう。万が一髭が上に向かない場合でもワックスを足すことは簡単なので、少しずつつけるようにしましょう。
    • 口髭用のワックスはオンラインショップやドラッグストアの整髪料のコーナーなどで販売されています。
  4. 4
    口髭にワックスをつけていく まず口髭の中央部分につけ、毛先に向かって伸ばしていきましょう。ワックスが完全に見えなくなるまですりこみます。中央から左右の端に向かってくしでとかし、毛の流れを揃えましょう。
    • くしでとかすことでワックスが均等に伸びるため、一か所に固まりにくくなります。
  5. 5
    左右の端をつまみ顔面から離すようにねじる 再び人差し指と親指に少量のワックスをつけて、口髭の端の部分にすりこみましょう。中央部分の髭を端に向かって流し、端の髭を頬から離すようにねじりましょう。左右それぞれでこの手順を行い、お好みの状態に整えましょう。
    • 髭が長い場合はまとめづらいので、ワックスの量を増やしましょう。
  6. 6
    エクストラハードジェルを使って固定させる 少量のクリアジェルを毛先につけましょう。こうすることで、ねじった部分も終日崩れることなく維持することができるでしょう。
    • ワックスの量を増やすということも可能ですが、時間が経過するごとに髭が垂れ下がってしまう可能性があります。
    広告

ポイント

  • 週1度、髭を切り揃え見た目と形を維持しましょう。

広告

注意事項

  • カミソリを使う場合は、切り傷を負わないよう、ゆっくりと剃りましょう。
広告

必要なもの

口髭を切り揃える

  • 目の細かいくし
  • ハサミ
  • 電気シェーバー

ハンドルバーの形に仕上げる

  • カミソリ
  • ハサミ
  • 口髭用ワックス
  • エクストラハードジェル

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

手術なしで二重を手に入れる

How to

1日のスケジュールに従って行動する

How to

自傷跡を隠す

How to

ミントの葉からオイルを抽出する

How to

顔の角質を除去する

How to

白い肌を手に入れる

How to

アニメ中毒を克服する

How to

体毛を減らす

How to

自傷行為による傷跡を消す

How to

胸を小さくする

How to

土方焼けを目立たなくさせる

How to

肌を黒く焼く
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 279 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告