PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

可愛さは美しさと一緒で、見る人次第です。何が人を可愛く、魅力的にするのか、皆が自分なりの考えを持っていますが、一方で、こんな性質こそが人を可愛く見せるという、一般に広く受け入れられた考え方もあります。可愛くなるためには、ポジティブで、控えめで、かつフレンドリーであることです。さらに、服装など見た目に気を使ったり、ボディランゲージを交えることで、可愛さを一層高めることができます。

方法 1
方法 1 の 2:
ポジティブに行動する

  1. 1
    ポジティブになりましょう可愛い人は、いつでも一緒にいて楽しい人で、喜びを皆にふりまきます。可愛い人の明るさは部屋いっぱいに満ちて、ずっと遠くからでも感じられます。ポジティブな性格になりたいのなら、以下のようなことをしてみましょう。[1]
    • 笑顔を作りましょう。笑った時に間抜けっぽく見えてはいけません。ただいつもするように微笑むのです。可愛く、幸せそうでありましょう。ただし度を過ぎてはいけません!
    • 心から笑いましょう 。快く感じるため、皆を元気にするために笑い、そして皆と一緒に笑いましょう。決してやりすぎてはいけません。度を過ぎた笑いを人は鬱陶しく感じ、可愛いとは思いません。
    • 楽しく過ごしましょう。楽しく、社交的で、外向的な人を誰でも好ましく思います!人と外で遊ぶ時は、面白いジョークを言ったり、楽しいゲームをしたりしましょう。
  2. 2
    控えめになりましょう。シャイな性格は悪いことではありません。それがミステリアスな一面になったりもします。シャイではあっても、近づきやすい性格であれば、人は質問をして、こちらのことをもっと知りたいと思ってくれます。シャイではあるけれども、感じが良くて快活な人は絶対に魅力的です。ただし、控えめであると同時に前向きさと親しみやすさは忘れないようにしましょう。[2] こんな風にすると良いでしょう。
    • 柔和に話しましょう。もちろん考えをはっきり述べる必要はありますが、何も2つ先の部屋にまで声を届かせる必要はありません。柔和に話せば、人はこちらの言うことを聞こうと耳を傾けてくれる上、一層可愛らしい印象を与えます。
    • いたって純粋に振舞いましょう。あまりにも野卑に振舞ったり、不適切な話題の会話をしないようにしましょう。可愛い人は人生の俗悪な側面にショックを受けるものです。
    • 会話を独占しないようにしましょう。賢くて、自分の意見を言えるのは良いことですが、可愛い人は自分が喋るより相手に喋らせるものです。
    • 赤くなりましょう。ある話題を少し恥ずかしく思ったり、あるいは驚かされたりして、赤面すると、とても可愛く見えます。
  3. 3
    フレンドリーになりましょう。可愛い人は少しシャイですが、知り合いや新しく会った人に対していつでもフレンドリーなものです。可愛い人は話しやすく、周りの人はその人のことを知りたいと思います。可愛く見せつつ、フレンドリーになる方法を見てみましょう。[3]
    • 他人に興味を持ちます。人の魅力は、幸せな雰囲気や、快活さ、生き生きとした感じから出てきます。これは言い換えれば、人と会話を交わし、他の人の発言に興味を持ち、人の関心事に積極的に関わるということを意味します。
    • 人の話にしっかり耳を傾ける時間をとりましょう。聞き上手は魅力的に見せるための非常に重要な要素です。
    • 人を褒めましょう。人を良く評価して、気分を良くしてくれる人を、誰でも好むものです。また時に、褒め言葉は良い会話のきっかけにもなります。(「その靴どこで買ったの?すごく可愛い!」)ただしあくまで本音を言いましょう。普通のトーンで話し、頓狂な、あまりにオーバーな言い方は避けましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
見た目を可愛くする

  1. 1
    顔や髪を可愛く見せましょう。顔は人に見られる最初の部分であり、実際にどれだけ可愛いのか、人に見せるのに役立ちます。可愛くなりたければ、必要な限り洗顔と洗髪をし、いつでも清潔で健康的な輝きを持つようにしましょう。他に出来ることとしては以下のようなものがあります。
    • メイクは必要最小限にしましょう。多少のアイシャドウやピンクの口紅は可愛く見せるのに役立ちますが、ナチュラルな外見になるように気をつけましょう。どれくらいメイクを重ねた方が、あるいは重ねない方が自分に合っているのか、慎重に決めるようにしましょう。[4]
    • 柔和で、ナチュラルな髪型にしましょう。まっすぐにしすぎたり、油性の整髪料をつけすぎたりしなければ、髪は可愛く見えます。髪は自然に乾燥させ、肩の辺りの長さにするか、緩い2本のポニーテールにしましょう。
    • チークをほんのりと塗りましょう。これで実際に赤面した時よりもずっと可愛く見えます。
  2. 2
    可愛い服を着ましょう。可愛く見せるのに、何も衣装ダンス全体を作り変える必要はありません。ただ大事な可愛いアイテムを少しだけ持って、それを正しく着こなせば、可愛らしい外見をうまく作り出すことができます。可愛い着こなしをするのに以下の情報を参考にしましょう。
    • パステルカラーのものを多めに着ましょう。淡い紫、ピンク、あるいは青い色合いのものを着ると、より柔和で可愛らしく見えます。
    • ズボンではなく可愛いスカートをはきましょう。外見や雰囲気がずっと素敵で、女の子らしくなります。
    • ハイヒールをはかないようにします。代わりに、クロッグやサンダルをはきましょう。そして足の爪を可愛い色で塗ります。
    • 白いタンクトップの上に羽織る可愛いカーディガンを持ちましょう。
    • 快適に着ましょう。可愛い人は着こなしが窮屈そうに見えてはいけません。自分のスタイルに合った快適な服を着ましょう。
    • 挑発的な服装は避けましょう。肩やふくらはぎを見せるのは良いとしても、あまりにぴったりとして体の形を見せつける服を着てしまうと、人に間違った印象を与えてしまいます。ブラジャーのひもを見せたり、胸元をはだけたり、あまりに短くてタイトなスカートをはくのは可愛いとは言えません。不適切な服装をしていると自尊心が低く見えるか、違った種類の注目を集めようとしている風に見えてしまいます。
  3. 3
    可愛いボディランゲージを使いましょう。ボディランゲージが可愛ければ可愛く見られます。ポイントは、でしゃばり過ぎず、さりげなく可愛らしい動きをすることです。ボディランゲージの方法には以下のようなものがあります。[5]
    • 立っているなら、重心を片足からもう片方へ移してみましょう。
    • 座っているなら、両足をそろえて、手を膝の上に置きましょう。
    • 髪をいじってみましょう。
    • アイコンタクトを使います。アイコンタクトは直接的なコミュニケーション手段のひとつです。それによって相手への興味を示し、こちらの領域まで来て、一緒にいてほしいのだという意思を伝えられます。しかし、時には床や足元を見るなどして、少しシャイな性質を伝えるのを忘れてはいけません。
    • 話している相手をあまりに無遠慮に触ってはいけません。しかし時には、肩や膝に軽く触れるとさりげなく可愛さを見せることができます。
    • 笑う時は口をふさぎましょう。笑う時に口をふさぐと、しとやかで、可愛く、そして少し内気な感じを出すことができます。
    広告

ポイント

  • 声色を変えて甲高い可愛い子ぶった声を出してはいけません。人にこちらの意図が見破られます。それは決して望ましいことではないでしょう。
  • 可愛くなりたいという要求が、自分の人生を占めてしまわないようにしましょう。いつでも幸せで陽気に過ごしたいと願う人がいますが、そういう人はそれによって、自分は何かに腹を立てるなどしてはいけないと考えるようになります。そして他人に同情を寄せ始め、自分の問題だけでなく周囲の問題まで抱え込むことにになります。
  • 「可愛い」とは「お姫様」ということではありません。
  • 可愛く振る舞うことを、周囲にそう見せかけることだと考えてはいけません。それは自然に出たものであるべきです。可愛さは内面から出て、それが外へと反映されるのです。
  • 人を見る時は、頭を心持ち下げて、視線を向けましょう。それから少し微笑みます。
  • 大声を上げたりせず、落ち着いた安心させるような声で人に話しかけましょう。
  • 爪を淡いピンクや紫のような可愛い色で塗りましょう。ただしメイクをしすぎてはいけません。少しリップグロスを塗るくらいが良いでしょう。
  • 柔和に話す時は、柔和すぎてもいけません。他の人が聞いてはっきり理解できるようにします。柔和さと明確さが鍵です。
  • 人差し指で髪をくるくると回しましょう。
  • これはあくまで見方の問題だということを覚えておきましょう。人によっては違ったことを可愛く魅力的だと感じるかもしれません。この記事は大衆の価値観に合わせたものです。
  • 短気になってはいけません。友人や弟と喧嘩をしたとしても、少し怒った風に振る舞って、忘れてしまいましょう。
  • 可愛い模様でピンクのような淡い色の服を着るようにしましょう。大きなインパクトを与えることができます。
  • 礼儀正しくしましょう。マナーが悪いと絶対に可愛くありません。
  • 自分自身でありましょう。可愛い服を着て、素敵なヘアースタイルにして、シャイに振る舞うことはできますが、あくまで自分らしくありましょう。なぜなら自分以外の誰かになるべきではないからです。自分らしくあれば、誰でも可愛くなることができます。
  • 何より大事なのは、自分に自信を持って、内面が美しくあることです。
広告

関連記事

ずる休みをするずる休みをする
夢精を止める夢精を止める
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
勃起を隠す勃起を隠す
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
未来の自分に手紙を書く未来の自分に手紙を書く
彼があなたのことを好きかどうか知る彼があなたのことを好きかどうか知る
見つからないようにこっそり家を抜け出す見つからないようにこっそり家を抜け出す
学校を楽しむ学校を楽しむ
女の子らしい女の子になる女の子らしい女の子になる
10代でも大人っぽく見せる10代でも大人っぽく見せる
ありのままの自分に満足するありのままの自分に満足する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む242人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,551回アクセスされました。
カテゴリ: ティーン | メイク
このページは 1,551 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告