可愛く見せたい場合には、洋服、メイク、ヘアスタイルなどを活用して可愛さの本質を表現しましょう。自然で、親しみやすく、快適さが伝わるスタイルが可愛さの特徴です。可愛い人には、「近づくやすく親切で優しい人」という雰囲気があります。この記事では可愛い女の子に見せる方法をいくつか紹介します。実践してはどうでしょうか。

パート 1 の 3:
可愛い服を着る

  1. 1
    可愛い服を着る 可愛らしく見せるには可愛い服が鍵です。とは言え、持ち衣装を全て変える必要はありません。全体的に可愛いコーディネートになるように、アクセサリーをキュートなアクセントとして使いましょう。次に可愛い印象になる服の選び方を紹介しましょう。
    • できれば、ロングパンツやショートパンツではなく、スカートやワンピースを着ましょう。カーディガン、ニットのセーターにベスト、ブーツカットのジーンズ、ハートや水玉模様のTシャツなどは典型的な可愛い装いです。
    • きつ目の服や着心地の悪い服は避けましょう。可愛らしく見せるには、快適な着心地が大切です。
    • 明るく前向きな気持ちになれる色を選びましょう。紫、ピンク、または青などのパステル調など、フワフワとした印象の可愛らしく見える色が効果的です。黒、茶色、紺などの暗い色は避けましょう。
    • 花柄の服を着ましょう。花柄は可愛らしさの本質を表現します。
  2. 2
    可愛い靴を履く 頭の天辺から足のつま先まで全体的に可愛らしく見せるには、選んだ可愛い服を引き立てる可愛い靴を用意しましょう。洗練された印象の流行の靴が良いでしょう。鮮やかな色や模様の靴下やタイツと組み合わせると効果的です。次に足元を可愛く見せるヒントを紹介します。
    • クロッグサンダルやモカシン、またはつま先が丸く覆われた靴を履きましょう。
    • 可愛らしいパステルカラーのペディキュアをつけて、ヒールの平たいサンダルを履きましょう。
    • ファーブーツを履きましょう。
    • パステル調の靴紐がついたパステルまたは白のスニーカーを履きましょう。
    • 上品なウェッジまたはキトンヒールの靴を履きましょう。両方ともとても可愛らしく見えます。
  3. 3
    可愛いアクセサリーを身につける 可愛いアクセサリーは可愛い服によく合います。アクセサリーで重たさが出てしまうと可愛い印象になりません。服を引き立てる可愛らしいアクセサリーをいくつか選ぶと良いでしょう。次のようなアクセサリーは可愛さを倍増させます。
    • 可愛らしいピンク色の太めの指輪
    • 薄いゴールドがシルバーのネックレス
    • 垂れ下がるタイプのシルバーのイヤリングまたはピアス
    • ブレスレット(腕輪)
    • 肩から掛けるタイプの花柄のポーチ
    広告

パート 2 の 3:
キュートな顔とヘアスタイルに仕上げる

  1. 1
    瑞々しさ見せるために化粧水や乳液を塗る
  2. 2
    可愛らしい印象の メイクをする 顔を洗い、[1] 清潔な体を保ち衛生管理を徹底しましょう。[2] キュートな顔を作るには厚化粧は禁物です。可愛い雰囲気になるメイクを心がけましょう。その方法を紹介します。
    • ほんのりチークを入れましょう。
    • ピンクの口紅またはリップグロスを塗りましょう。
    • 水色、紫、薄いピンクなどのパステルカラーのアイシャドウをつけましょう。
    • マスカラとアイライナーは控えめにつけましょう。
    • 自然なルックスを目指しましょう。メイクをするならナチュラルメイクにしましょう。自然な自分が表現できると可愛く見えます。
  3. 3
    可愛いヘアスタイルにする 顔の輪郭に沿って髪を整えましょう。スタイリング剤を使わず、柔らかく自然なヘアスタイルを作りましょう。可愛らしいヘアスタイルの作り方を次に紹介します。[3]
    • 髪を自然に乾かし肩に落ちるように仕上げましょう。
    • キュートで快適な雰囲気のスタイルを作りましょう。ポニーテール、三つ編み、おだんごなどは可愛らしさを演出します。また、留め具やヘアバンドを付けても可愛いでしょう。左右に一本ずつお下げを作って肩の前に垂らしても良いでしょう。緩いおだんごを作っておくり毛を目の辺りにかかるように仕上げても可愛いらしさが出ます。
    • 前髪があると可愛く見えます。前髪がない場合には作ってみてはどうでしょうか。
    • カラフルな留め具や髪飾り、またはパステルカラーのヘアバンドをアクセントとしてつけても可愛いでしょう。
    • 髪の毛をカールさせて巻き毛スタイルを試しましょう。
  4. 4
    キュンとする可愛い匂いを漂わせる 少なくとも毎日髪の毛と体を洗いましょう。良い香りのするシャンプーとコンディショナー、ボディウォッシュを使いましょう。イチゴ、バニラ、ココナッツ、レモン、ミント、ラベンダーなどの香りをつけましょう。これらの香りはリラックス効果がある上に、良い香りも漂います。
    広告

パート 3 の 3:
可愛らしく振る舞う

  1. 1
    可愛らしい印象のボディーランゲージを使う 可愛い印象のボディーランゲージを使って可愛らしいルックスを演出しましょう。笑顔や座り方から可愛い人だと思われるはずです。可愛らしさを表現するボディーランゲージを次に紹介しましょう。
    • 指におくり毛を絡ませて遊びましょう。
    • ブレスレットやネックレスを指で触りながら遊びましょう。
    • 椅子に腰掛けている時には両足を揃え、両手は膝の上におきましょう。
    • 立っている時には、体重を左右の足に交互にかけましょう。
    • 時々視線を外しましょう。会話中は相手への敬意としてアイコンタクトを取る必要がありますが、時々下を向いたり自分の手に目を落として謙虚さを示しましょう。
    • 笑う時には手で口を覆いましょう。とても可愛い仕草です。くしゃみをする時にも飛沫が飛ばないように口を覆うのがエチケットとして重要です。
    • スキンシップが好きなタイプなら、会話中相手の肩や膝に軽く触れてみましょう。
  2. 2
    可愛らしく話す 可愛らしい話し方ができると「可愛いオーラ」が出ます。次にその方法を紹介します。[4]
    • 優しい話し方をしましょう。柔らかな口調で話す人には相手が体を近づけなければならないため、その人の話すこと全てがより重要に聞こえます。[5]
    • 時々大きな声で笑いましょう。会話中、高らかに、またクスクスと笑うと可愛く見えます。ただし、やり過ぎには注意しましょう。
    • 相手の話は忍耐を持って真剣に聴き、相手が話し終えたら話しましょう。話の途中で横やりを入れて自分の話を切り出すのは可愛い話し方ではありません。
  3. 3
    控えめに振る舞う 謙虚な姿勢は可愛らしく見せるのにとても重要です。謙虚であっても、優しくて友好的でかつ快活な印象を与えられます。慎しみ深い態度でも、社交的で一緒にいて楽しい人になれます。ただし、大声を出したり横柄な態度を取ったりしないように注意しましょう。次に控え目な振る舞い方を紹介しましょう。[6]
    • 会話中は、純粋で無邪気に振舞いましょう。下品な冗談や不適切な話題からは遠ざかりましょう。悪態やがさつな行為もいけません。
    • 時々赤面する子は可愛く見えます。恥ずかしい話題にポッと顔を赤らめると可愛く映ります。[7]
    • 会話を独占してはいけません。注目の的になろうとしなくても会話に参加できます。目立ちたいがための強引な振る舞い、失礼な態度、横柄な物言いに可愛さは微塵も感じられません。[8]
  4. 4
    ワザと可愛らしく振る舞わない 可愛らしさはワザとらしく振る舞うものではありません。自然に醸し出されるものです。自分に満足していて純粋に人を褒めることができれば、素直で優しい子だと思われ、「可愛い子」として見られるでしょう。
    広告

ポイント

  • 可愛くなるのに年齢は関係ありません。
  • 洋服を際立たせたいなら、イヤリングやピアスは服を引き立てるだけの控え目なものを選びましょう
  • 常識的な時間に寝ましょう。そうすれば翌朝気分も良く目の下の隈も出ません。十分な睡眠をとる人は見た目もキュートです。
  • 髪の毛をおだんごにしてリボンで結びましょう。靴紐を締めるように髪の毛を束ねてリボンを結ぶとキュートで上品に見えます。
  • 自分らしく振舞いましょう。自分らしさは自分で作るものです。他人に決めさせてはいけません。
  • いつも笑顔でいましょう!
  • 誰かに見られているのに気づいたら、可愛らしく微笑みながら頭を傾げて何かに目をやりましょう。
  • ゆるい三つ編みは髪の色に関係なく非常に可愛らしく見えます。
  • 背の高さや体のサイズに関係なく自然の自分を出しましょう。毎朝、毎晩髪の毛をとかしましょう。
  • 髪の毛に、または登校用のカバンやハンドバックに可愛らしいアクセサリーをつけましょう。ハローキティのアクセサリーはどれも可愛いものですが、自分好みのものを買いましょう。お金を無駄に使ってはいけません。
  • 時々目を大きく開きましょう。笑顔を見せてパッチリと大きな目を作りましょう。赤ちゃんや小動物が可愛いのは、時々目を大きく開けて見せる仕草がとても魅力的だからです。

広告

注意事項

  • 自分を偽ってはいけません。きしむような甲高い声は子供には可愛いかもしれませんが、17歳でのその声は迷惑以外の何ものでもありません。
  • 色の使い過ぎは避けましょう。何に使うにも2〜3色が無難です。それぞれの色が補い合って全体的に良い印象を作るのが理想です。
  • アクセサリーのつけ過ぎは避けましょう。アクセサリーは、全体のバランスを整えるために使いましょう。
  • イライラしてはいけません。自分に正直でいることが最も大切です。忘れないでおきましょう。
  • 下品な言葉遣いは避けましょう。しかし、痛みがある時、または卑劣な行為を受けて動揺した時に不適切な言葉を口走ってしまうのは仕方のないことです。単にあなたも他の人と同じ人間だということを示すだけに過ぎません。
広告

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

肌を厚くする

How to

手術なしで二重を手に入れる

How to

自然に体重を落とす

How to

1日のスケジュールに従って行動する

How to

メジャーなしでウエストを測る

How to

胸を小さくする

How to

アニメ中毒を克服する

How to

自傷跡を隠す

How to

白い肌を手に入れる

How to

静電気を取り除く

How to

自傷行為による傷跡を消す

How to

1ヶ月で痩せる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む97人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 385 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告