PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

「恋人がほしい」「結婚相手を見つけたい」という人にとって、合コンはとても有効な方法です。合コンはポピュラーな出合いの方法で、結婚式場の運営などをしているアニヴェルセル株式会社が2019年に実施した調査(首都圏・関西の20~36歳の男女が対象)によると、「婚活において、どのような婚活をしましたか?」という質問の答えは合コンが第1位でした。[1] ただ、合コンで恋人が見つかる可能性は高くはなく、合コンの成功率は10%以下ともいわれています。[2] 「合コンはなかなかうまくいかない……」という印象をもっている合コン経験者も多いでしょう。では、いったい、どうしたら成功するのでしょうか。

パート 1
パート 1 の 4:
合コンを主催する

  1. 1
    メンバーを選ぶ 合コンは大きくは招く側(幹事)と招かれる側にわかれます。幹事の場合は、まずはメンバーを集めるのが最初のステップです。基本的には男性は男性の友達を、女性は女性の友達や知り合いを招待することになりますが、できるだけ相手(異性)の希望にそったメンバーを集めるのが合コンで成功するポイントの一つです。
    • 異性の知り合いとの話がまとまって合コンの主催者になったのなら、その異性に、こちらが集めるメンバーの年代などの希望の条件を確認しましょう。
    • 合コンはイメージとしては「男女の恋人探しの場」というイメージが強く、「合コンで成功する」というと素敵なパートナーが見つかることをさすことが多いものです(ここでも、そのための方法を紹介します)。ただ、人脈を広げるために参加する人もいます。[3] そのため、異性のパートナーがいる人を合コンに誘うことは必ずしも悪いわけではありません。
    • メンバーが集まらなければ、参加が決まっている友達に知り合いを誘ってもらうという選択肢もあります。合コンは出会いの場であり、同性との出会いも、その後の人生のプラスになる可能性があります。
  2. 2
    会場となる飲食店を選ぶ 合コンの会場は、その合コンが成功するかどうかの大切な要素です。とくに男性が選ぶ場合は女性のことを考慮して選ぶのがポイントです。たとえば女性はヒールなどの少し歩きにくい靴を履いていることがあるので、できるだけ駅から近い店を選ぶとよいでしょう。[4]
    • 女性はブーツを履いていると脱ぎ履きが大変なので、座敷よりもテーブル席のほうが無難です。
    • にぎやかな店では声が聞きにくいこともあるので、個室もしくは半個室がよいでしょう。
    • 食べ物の好き嫌いがあるメンバーがいる可能性もあるので、メニューの多い店を選びましょう。
    • 予算は「高すぎず、安すぎず」というちょうどよい価格帯を心がけます。1回の合コンの予算平均が1人4千円くらいとされています。[5]
    • 人数については個室を利用しやすい3対3の6人がベストという考え方があります。[6]
  3. 3
    会場となる店を参加メンバーに伝える 飲食店が決まったら、自分が誘った同性のメンバーや、一緒に合コンを計画した異性に、店の情報、日時、予約した人の名前を連絡します。なお、その際に予算も伝えておくと、当日の会計がスムーズになります。
    • 基本的に合コンで支払う金額負担の割合は、少ないときには「男性6:女性4」、多くても「男性8:女性2」の割合が一般的とされています。
    • 参加メンバーは合コンがあることを失念していることもあるので、前日に確認の連絡をしましょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 4:
合コンの準備をする

  1. 1
    服装に気をつける 出会いの場において、第一印象はとても重要です。合コンに参加することが決まったら、当日、着用する衣服を確認しましょう。女性は清潔感がある男性を好む傾向があるので、そのような服装を心がけます。
    • 『初対面の男性の「清潔感」を重視して「交際できるかどうか」判断するか』という質問に女性の99.1%が「はい」もしくは「ややはい」と回答しているというデータもあります。[7]
    • 男性の服装はミリタリージャケットよりもスーツ(あるいはジャケット)、ネルシャツなど厚みのあるシャツよりもワイシャツ、ジーンズよりもスラックスのほうが清潔感を出しやすいアイテムといわれています。[8] また、オーバーサイズは清潔感が出しにくいとされています。もう一つ、当然のことながら、衣服の汚れにも注意が必要です。とくに襟元や袖口が汚れていないか、確認しておきましょう。
    • 一般的に男性は女性ほど異性の服装を気にかけない傾向があるとされていますが、まったく意識していないわけではありません。とくに靴は要注意で、「靴が汚い人は、どうかと思う」という男性の意見もあります。[9]
  2. 2
    香りに気をつける 当日の香りも注意したいポイントの一つです。男性は口臭や加齢臭を感じさせないように気をつけましょう。一方、女性は、好みの問題もあるので、あまり香りが強い香水はしないほうが無難です。
    • 口臭の原因はいくつかありますが、そのなかの一つに「食べたもの影響」があります。当日はニンニクやネギなどの香りの強い食べ物は避けたほうがよいでしょう。また、歯垢も口臭の原因になるので、普段から歯磨きをしっかりすることも大切です。[10]
  3. 3
    細かい点にも気を配る 当日のために、細かい点にも気を配っておくと、「デキる人」と認識されて合コンの成功率が高くなります。たとえば、会計をスムーズに済ませられるように千円札を用意しておくこともポイントの一つです。
    • とくに男性は爪の伸びすぎや鼻毛が出ていることがないように注意しましょう。
    • 一般的に合コンにおける女性のメイクはナチュラルメイクが無難とされています。[11]
    広告

パート 3
パート 3 の 4:
合コンに参加する

  1. 1
    待ち合わせ時間を守る 当日は、遅刻をしないように気をつけましょう。遅刻をしてしまうと、「時間にルーズな人」というマイナスの印象をもたれてしまいます。急用で遅刻せざるをえない場合は、それがわかった時点で主催者などに連絡をします。
    • 待ち合わせ時間ちょうどに到着しようとすると、店が見つからずに少し遅刻してしまうこともあります。余裕をもって行動しましょう。
    • メンバーの誰かが遅刻する場合、その人の到着を待って全員で遅刻することは好ましくありません。[12] 主催者よりも先に到着すると「知らない異性と居合わせるのは気まずい」と思うかもしれませんが、それはむしろチャンスで、自然に打ち解けられる可能性があります。
  2. 2
    合コンを楽しむ 合コンは、その場の雰囲気が大切で、たとえ、そのときはよい人が見つからなくても、友達になれば、そこから知り合いの輪が広がることもあります。たとえばポイントの一つに、こちらがよいと思っても、相手にその気がないようであれば、その場の雰囲気が悪くなるようなことはしない、ということがあります。
    • 他人の悪口や自慢話はおもしろくないと思う人もいます。参加した人が楽しいと感じられるような会話を心がけましょう。[13]
    • その場の雰囲気をよくするために、合コンに参加した全員に気を配るようにしましょう。[14]
    • 誰でも、褒(ほ)められるのはうれしいものです。過剰にならないように気をつけながら、「素敵だ」と思ったところがあれば素直にほめましょう。
  3. 3
    男性の成功のポイントを知る もちろん人に寄って異なりますが、一般的には男性と女性では感性などが違うされています。たとえば女性は話すのが好きなので、男性は「聞き上手」になるとよいとされています。
    • 話すと聞くの割合は4対6くらいがよいとされています。女性が話しやすいように話題を提供するように心がけましょう。
    • たとえば高いところにあるハンガーに上着をかけるなど、さりげないレディファーストも好印象を与えることに役立ちます。
    • とくに女性は褒められるのが好きな傾向があるので、とくに男性は褒めることを意識しましょう。
  4. 4
    女性の成功のポイントを知る 男性は「頼られている」と思うと、その女性のことが気になる傾向があるといわれています。たとえば料理を注文する際には、頼むものを気になる男性に相談すると、その男性心理を刺激することができます。[15] さらに、相手の好みを探ることもできます。
    • 会話に身振り・手振りを加えると、男性は「この女性は自分に興味を抱いてくれている」と思うことが多いとされています。
    • 軽いボディタッチも男性が自分を意識することに役立ちます。
  5. 5
    幹事としての注意点を知る 自分が幹事の場合は、とくに、その場の雰囲気を意識しましょう。盛り上がっていなければ、積極的に話題を提供するように心がけます。また、一般的にはタイミングを見て席替えを促すのも幹事の役割の一つとされています。
    • 会計はスマートに行いましょう。「男性は○○円、女性は□□円」と明確に伝えまるとよいでしょう。端数は男性が支払うと、女性は好感を持ちます。
    広告

パート 4
パート 4 の 4:
アフターフォローをする

  1. 1
    二次会に参加する 合コンが盛り上がり、二次会が行われるようであれば、積極的に参加しましょう。それによって、気になる相手との距離を縮めることができます。ただし、これは気になる相手が二次会に参加することが前提です。
    • 気になる相手が二次会に参加しないようであれば、あえて自分も二次会に参加しないのも選択肢の一つです。その場合は、「○さんが参加しないなら、自分も参加しない」とさりげなく伝えることがポイントです。そうすることによって気になる相手に自分が気があることを伝えることができる可能性があります。
  2. 2
    お礼の気持ちを伝える まずは気になる異性と次に会う機会を得られれば、その合コンは成功だったといえるでしょう。そのためには合コンが終わったら、楽しい時間をすごせたことに対するお礼を伝えるのが第一歩です。
    • LINEやメールアドレス、電話番号などの連絡先の交換は状況に応じて柔軟に行いましょう。その場で気になる相手に個人的に連絡先を聞くのは、相手に自分が好意を抱いていることを知らせることができる一方、周りの人があまりよく思わない可能性もあります。あとで幹事に教えてもらっても、不自然なことではありません。
    • 直後のお礼の連絡は、あまり重くならないように気を配りましょう。軽いお礼であれば、相手が自分のことをまだ気にかけていなかったとしても負担になりません。
    • お礼の連絡の次は「野菜が好きな○さんにおすすめの野菜が美味しいお店があるのだけれど」というように合コンで出た話題を持ち出すと次に会う機会を自然に設定することができます。
  3. 3
    幹事のアフターフォローのポイントを知る 自分が幹事の場合、参加者に気になる相手がいたことを伝えられたら、しっかりとアフターフォローをしましょう。「○さんの連絡先を教えてほしい」とお願いされたら、本人に了承を得たうえで対応します。その場合は、お願いした人の連絡先を○さん本人に教えて、連絡するかどうかは本人に委ねるという方法もあります。
    • 状況によっては同じメンバーで再び合コンを行ってもよいでしょう。
    広告

ポイント

  • 合コンで成功するには、見た目も大切なポイントです。衣服や髪型、バッグなど持ち物など、できるだけ異性が好感をもつスタイルで参加しましょう。
  • 合コンはその場の雰囲気が大切です。できるだけ空気を読むように心がけましょう。
広告

注意事項

  • 参加者に向けての言動だけではなく、店のスタッフへの態度も異性のチェック対象です。印象が悪くなるような横柄な態度をとらないように気をつけましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 735 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告