同僚が自分に好意を持っているかどうかを見極めるのは、とても難しい課題の1つです。相手から送られる恋のシグナルが複雑な場合もあれば、制約の多い職場環境で適切な対応をするのが難しいという場合もあるでしょう。それでも、同僚があなたに恋をしているか判断する方法はいくつかあります。言葉以外のサインを読み取ったり、話しをしたりすることで、相手の本当の気持ちがよりはっきりとわかるはずです。

パート 1
パート 1 の 3:
言葉以外のサインを読み取る

  1. 1
    パーソナルスペースでの相手の態度に注意する あなたのパーソナルスペースで、相手がどのような態度をとるかをよく観察します。同僚があなたに好意を持っている場合、なんとも思っていない場合よりも、あなたのパーソナルスペースに入ってくることが多くなるでしょう。
    • 穏やかな態度で、怖がらせないようにあなたのパーソナルスペースに入ってくる場合、あなたに近づきたい、愛情を示したいと思っている可能性があります。
    • あなたのパーソナルスペースに入ってきて、肩や髪に触れたり、腕を触ったり軽くたたいたり、何度もぶつかってきたりしていないか観察しましょう。
    • 相手が自分に好意を持っていると決めつける前に、あなた以外の周りの人とどのように接しているかもよく見るようにします。
    • 「相手に接近して話をする人」や、他者のパーソナルスペースを理解・尊重しない人と、あなたに好意を持っている人とを混同しないように注意しましょう。
  2. 2
    何かと理由をつけて一緒にいようとしていないかチェックする 相手がわざわざあなたの周りをうろついていたりしないかを観察してみましょう。これも好意を持たれているかを言葉以外で見極める方法の1つです。もしそうした態度をとっていたら、あなたに恋をしている証拠かもしれません。
    • どうしてもあなたのそばにいなければならない正当な理由がないにもかかわらず、いつもそばにいる人がいたら、その人はあなたに好意を持っている可能性があります。
    • そばにいることが多い人でも、必要性があってそうしている場合には、その人はあなたに対して特別な感情は抱いていないかもしれません。
  3. 3
    しょっちゅう自分のほうを見ていないか確かめる 同僚があなたのことを頻繁に見ているかどうか、一定の期間観察してみましょう。他のシグナルに加えて、あなたのほうをしょっちゅう見てくるようなら、相手があなたに恋心を抱いているということかもしれません。以下の内容に当てはまるかどうかチェックしてみましょう。
    • 一日中、何の理由もなくあなたのことをチラチラ見ている。
    • 会議中など仕事中に、じっと見つめてきたり、ウインクしてきたりと、目で気を引こうとする。
    • あなたの顔や体の特徴的な部分に目をやることが多い。
  4. 4
    ボディランゲージに注目する 同僚があなたに好意を持っているかどうかを判断する上で、ボディランゲージはとても重要です。ボディランゲージに注目することで、相手があなたのことをどう思っているのか、重要なヒントを得ることができるでしょう。
    • あなたを受け入れるような、ゆったりとした様子で立っている場合:相手が構えることなく手足をゆったりとさせ、リラックスした姿勢でいるようなら、あなたに興味を持っている可能性があります。
    • あなたに対して心を閉ざしているようなシグナルを送っている場合:腕を組んで立っていたり、拒むような態度をとっていたりするようなら、緊張しているか、あなたに全く興味がないのかもしれません。
    • 相手があなたに送ってくる他のサインやシグナルと合わせて、ボディランゲージもチェックするようにしましょう。[1]
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
コミュニケーションをとる

  1. 1
    たくさん褒めてくれるかどうかをチェックする 相手があなたをたくさん褒めてくれるかどうかに注目してみましょう。褒め言葉などの肯定的な発言が出るのは、あなたを高く評価しているからか、あなたに恋をしているからかもしれません。
    • 仕事上の立場から、一貫してあなたの仕事ぶりについて褒めているなら、同僚としてあなたを尊敬しているだけという可能性があります。
    • あなたの外見など、仕事とは関係のない点を褒めてきたら、あなたに恋愛感情を抱いているということかもしれません。
    • 褒められたからといって、同僚が自分を好きだとは思い込まないようにしましょう。褒め言葉と他のサインなどを合わせて判断するようにします。[2]
  2. 2
    会話の内容から判断する どんな内容の会話をするかは、相手のあなたへの気持ちを判断する上で有力な手がかりとなります。相手の言っている内容や、どのようなことを話題に出すのか、少し注意して聞くようにしてみましょう。以下のような内容が当てはまるかチェックしてみます。
    • 個人的な内容を話題にする場合:あなたを単なる知り合い以上の存在と考えている証拠かもしれません。
    • セックスや親密な事柄、恋愛対象について話す場合:恋愛対象として見てもらえるように、あなたの気を引こうとしている可能性があります。
    • 打ち明け話をしてくる場合:あなたを単なる同僚以上の存在として見ていることを示唆しています。
    • 仕事以外のイベントに誘われる場合:あなたに恋愛感情を抱いていることをはっきりと示すサインかもしれません。
  3. 3
    同僚に2人の関係について聞く あらゆる恋のシグナルを確認できたら、自分に好意を持っているかどうかを相手に率直に尋ねてみましょう。これはとても難しく、気まずいことかもしれませんが、思っていた通りの返事が返ってくるかもしれません。
    • 尋ね方の例:「私たちの関係は仕事仲間以上のものですか?」
    • ストレートに聞けない場合には、ユーモア交えて質問をぼかしてみましょう。他の同僚が自分を避けていることをネタにして、「あなたは他の人のように私を嫌っていないみたいですね」などと言ってみます。
    • 仕事仲間以上の関係を望んでいることを伝える際には注意が必要です。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
トラブルを避けるために

  1. 1
    職場恋愛に関する会社の規定を調べる 同僚があなたに恋愛感情を持っているかを確かめる前に、職場内での交際についての会社の方針を把握しておきましょう。これは相手との交際を望んでいない場合でも重要なことです。2人が交際しているという噂が流れただけでも、問題になる可能性があります。
    • 社内規定がある場合は、職場内での交際に関する規定を確認しましょう。
    • 関連する規定等が見つからない場合は、人事担当者に相談します。
    • 互いに気持ちを確かめ合い、正式に交際をスタートさせたら、そのことを上司に伝えるようにしましょう。[3]
  2. 2
    セクハラと受け取られるようなことはしない 同僚が自分に好意を抱いているかどうかを確認する際には、セクハラと受け取られる危険のある会話や行動を避けるようにしましょう。これはかなり難易度の高いことです。こうした話題に敏感な人の場合、あなたが無害だと思って言ったことでも、問題発言として受け取られる危険性があります。
    • 互いの気持ちを確認し合った正式な恋人でもない人に対して、露骨に性的または恋愛をにおわすような発言をしてはいけません。
    • 相手の許可なく体に触れないようにしましょう。正式に交際をしている場合であっても、職場で性的あるいは恋人同士であることがわかるようなふれあいはしないようにします。
    • 自分に好意を持っていると思われる同僚がいて、その人に興味がないことを伝えづらい場合には、人事部に相談することも検討しましょう。
    • やめるようにシグナルを出したにもかかわらず、相手が迷惑なやり方で言い寄ってくる場合は、すぐに管理職や人事部に相談します。[4]
  3. 3
    決めつけないようにする 同僚が自分に好意を持っているかどうかを判断する際には、決めつけないようにすることが最も大切です。相手が自分に好意を持っていると思い込むと、正確な情報を抜きにして、結論に結び付けてしまうでしょう。その結果、トラブルに巻き込まれたり、相手の感情を傷つけたりするような言動につながる恐れがあります。
    • 常に正しい情報を基に、どう対応するかを判断するようにしましょう。
    • 相手があなたに好意を持っていると思われる場合でも、その人を特別扱いしないようにします。
    • あなたに好意を抱いていると思われる人に対して、デートや性的関係などを期待してはいけません。
    広告

このwikiHow記事について

John Keegan
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : John Keegan. ジョン・キーガンはニューヨーク市に住むデートコーチで、「The Awakened Lifestyle」を経営しています。人をやる気にさせる演説術と社会動学に関する専門知識を駆使して、デートの方法、相手を魅了する方法、相談者が交際相手を見つけるためのサポートを行っています。ロサンゼルスからロンドン、そしてリオデジャネイロからプラハと、世界の各地にてデート講座を開催しており、その業績はニューヨークタイムズ、Humans of New York、そしてメンズヘルスで取り上げられています。 この記事は2,973回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係 |
このページは 2,973 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告