職場の同僚とは一緒にいる時間が長いため、たいていの同僚と愉快な気の合う関係を築くことはよくあります。しかし、相手は単に人当たりがよいのか、それともあなたの気を引きたいのかを見分けるのは、職場の場合は特に困難です。この記事では、 同僚があなたに気があるサインをまとめています。職場で次の機会にこれらのサインを探してみましょう。

1
昼休みを必ず一緒にとる

  1. その人の都合に合わないときでさえ、そうすることもあるでしょう。その同僚があなたとの休憩時間をいつも優先しているようなら、おそらくその人はあなたに友情以上の好意を少しばかり持っています。あなたを外食に誘ったりしょっちゅうランチをごちそうしてくれたりするなら、特にそう言えるでしょう。[1]
    • その同僚が仕事中でないときにあなたと話したがるのももっともです! 2人共が忙しくないときほど、話しやすいからです。
    広告

2
必ず立ち止まっておしゃべりする

  1. その人はどこかへ行く途中で立ち止まってあなたに挨拶することがあるかもしれません。あなたがいるよく場所へその同僚がやってきて会話を始めるようなら、おそらくあなたを口説いています。 しかし、単に誰とでもおしゃべりが好きな人であれば、その人が他の同僚ともよく話している姿を見かけるかもしれません。[2]
    • 例えば、あなたの部署が3階、相手の部署が4階で、その人がしょっちゅう3階に下りてくる場合は、おそらくあなたに会いたくて来るのでしょう。

3
あなただけに誉め言葉をかける

  1. その同僚は、あなたの服や仕事に対する考え方などを誉めるかもしれません。また、その人が誉める相手があなただけであるならば、おそらくあなたにほのかな恋心を抱いています。 しかし、誰でも誉める人ならば、単なる好人物かもしれないと覚えておきましょう。[3]
    • その同僚が他の人に対してどう振る舞うかに注目してみましょう。あなたに対する態度と他の人達に対する態度とに差があるのは、あなたを好きだという大きなサインです。
    広告

4
よく目が合う

  1. その人は会議中や仕事中余裕のあるときに、あなたをちらっと見るかもしれません。あなたと目が合ったときには、おそらく微笑みかけたり、小さく手を振ったりすることがあるでしょう。 この場合、相手はただ親しみやすいのではなく、あなたの気を引こうとしているという重大なサインです。[4]
    • 相手にあなたと目を合わせるつもりがなかった場合は、すぐに目を逸らしたり下を向いたりするものです。

5
話しているとき、あなたの方に体を傾ける

  1. 会話中にこちらに体を傾けるのは、惹かれているという重大なサインです。その同僚が立っているときしばしば、他の人に対するよりもあなたとの距離が近いようなら、おそらくあなたを口説こうとしています。あなたも応えたければ、相手のボディーランゲージに合わせて体を寄せてもよいでしょう。[5]
    • 文化が異なればパーソナルスペースに関して異なった考えがあると覚えておきましょう。判断できなければ、その同僚が他の人とおしゃべりするときの立ち位置を観察します。
    広告

6
就業時間外にメールを送ってくる

  1. あなたの個人的な連絡先を知らなければ、職場のメール宛に送ってくるかもしれません。SlackやTeamsでメッセージを送ってくることすらあるでしょう。これは仕事以外であなたと話すための口実で、通常、相手はあなたに好意があります。[6]
    • 仕事に関する話から始まり、おそらくやがては通常の会話に発展します。

7
あなたの恋愛に焼きもちを焼く

  1. あなたがデートすると聞くと、相手は不機嫌になったり動揺したりするかもしれません。あなたが同僚たちと恋愛事情を話しているならば、その同僚は特別関心があるように見えるかもしれません。これはおそらく、あなたに好意がありながらもどう伝えたらよいかわからないからです。[7]
    • その一方でその同僚は、あなたに他の人とデートするよう勧めることもあります。これはおそらくその人は緊張しているか、自分の恋心に対して複雑な気持ちを抱いているということです。
    広告

8
グループでいるとき常にあなたに注意を払う

  1. また、その人はおそらく体をあなたに向けるでしょう。 その人が他の同僚達と一緒にいる場合は、あなたに質問したり、あなたの冗談にやや大げさに笑ったりします。そのようなことがあるかどうか判断できない場合は、他の同僚に尋ねてみましょう。他の人はおそらく気づいています。[8]
    • その人はグループに加わる代わりに、あなたを脇へ連れ出して2人きりで話そうとするかもしれません。

9
腕や肩に触れてくる

  1. これは昔ながらの口説きのテクニックです。あなたの腕や背中に軽く触れたりして徐々にスキンシップを取ってくる手法は、その人があなたに興味があることを示す王道です。その同僚が職場で他の人にベタベタ触れていなければ、まさしくそうでしょう。[9]
    • 他人によく触れる人もいます。その同僚が他の人に頻繁にハグしたり触れたりする場合は、特にあなたが好きなわけではないかもしれません。
    広告

10
会話を続けようとする

  1. その人はあなたといることをとても楽しんでいるということです。会話が自然に終わりそうになったとき、その同僚はおそらく素早く次の話題を出します。相手が会話を終わらせたがらないので、あなたは気づいたら思ったより長く話し込んでいたということもあるでしょう。[10]
    • その同僚は単に話し好きで、誰とでもそうするのかもしれません。しかし、あなたに対してだけならば、おそらくあなたを口説こうとしています。

11
あなたが職場の催しに出席するかどうか尋ねる

  1. あなたが行かなければ自分も行かないと言うことすらあるかもしれません。これを尋ねるのは、おそらく通常の就業時間外にあなたに会いたいという意味です。あなたが出ると言えば、相手は大喜びして、一緒に過ごすのが待ちきれないと言うかもしれません。[11]
    • 例えば、あなたが忘年会に出席するかどうか聞いてくるかもしれません。そしてあなたが行けない場合、その人はおそらく悲しそう、またはがっかりした様子になるでしょう。
    広告

12
あなたと仲間内の冗談を言う

  1. その人が通常は冗談を言わないタイプなら、特に当てはまります。職場で何かおもしろいことがあり、同僚がそれについていつも話すようなら、おそらくその人はあなたと繋がりを持とうとしています。 頻繁に、たいして関係がなさそうなときでさえその話題を持ち出すかもしれません。[12]
    • その同僚がもともと冗談好きのふざけた人なら、あなたを好きだというわけではないかもしれません。

ポイント

  • あなたが同僚の思わせぶりな態度を気に入らなければ、とりあえず無視するとよいでしょう。それでも続く場合は、上司に相談しましょう。
広告

このwikiHow記事について

John Keegan
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : John Keegan. ジョン・キーガンはニューヨーク市に住むデートコーチで、「The Awakened Lifestyle」を経営しています。人をやる気にさせる演説術と社会動学に関する専門知識を駆使して、デートの方法、相手を魅了する方法、相談者が交際相手を見つけるためのサポートを行っています。ロサンゼルスからロンドン、そしてリオデジャネイロからプラハと、世界の各地にてデート講座を開催しており、その業績はニューヨークタイムズ、Humans of New York、そしてメンズヘルスで取り上げられています。
カテゴリ: 人間関係 |
このページは 304 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告