あなたをデートに誘った同僚が返事を待ちわびていたり、近くで働いている同僚があなたを誘おうとする気配を感じたら、波風を立てないようにその状況から抜け出す方法を思案しているかもしれません。同僚のデートの誘いを断るのは、その場では多少気まずいかもしれませんが、それほど難しいことではありません。職場での礼儀をわきまえ、相手に共感し、はっきりとした態度をとることで、問題が起こることはないでしょう。仕事に影響しないように断る方法を模索しているのなら、ここで紹介する上手に断るコツを参照しましょう。

方法 1 の 10:
嬉しい気持ちを伝える

  1. 1
    誘ってくれたことに感謝し、相手の気持ちを思いやりましょう。あなたとの関係が将来発展する望みを持たせないことが大切ですが、これから会話するにあたり相手を落ち着かせることも重要です。ポジティブな言葉で会話を始めると、相手のネガティブな反応を抑制する効果があります。相手が軽視されたり、侮辱されたと感じると、その後一緒に働くのが難しくなるかもしれません。[1] 次のように告げるとよいでしょう。
    • 「誘ってくれるのはとても嬉しいけど、でも……」
    • 「まあ、そんなふうに思ってくれてるなんて全然知らなかった。とてもありがたいけど……」
    • 「嬉しいです。そんなふうに言ってくれてありがとう!でも残念ですが……」
    広告

方法 2 の 10:
相手を尊重して断る

  1. 1
    優しく思いやりのある態度で断りましょう。あなたを誘ったことを悪く思わないように、相手を尊重しながら丁寧に、しかしはっきりと断りましょう。[2] 断る理由が相手にあるのではなく、「私」を強調して自分の感情を伝えましょう。こうすると、相手との確執を避けることができます。[3] 次のように伝えてもよいでしょう。
    • 「職場の同僚として仲良くしたいのですが」
    • 「残念ですが、お断りさせてください。今は誰ともお付き合いするつもりはないのです」
    • 「あなたのせいではなくて、今は誰ともデートできる状況じゃないのです」
    • 「私たちの友情は大切なので、このままの関係を続けたいのでが」

方法 3 の 10:
デートを断る理由を伝える

  1. 1
    明確な理由を告げると、相手は納得するかもしれません。誰かをデートに誘うのは勇気がいることで、いきなり「ノー」と言われるのは決して気持ちの良いものではありません。必ずしも必要ではありませんが、断る理由を簡単に伝えると、相手を不快にさせずに解決できるかもしれません。[4] 次のように伝えることもできます。
    • 「ばかげているとは思うけど、社内恋愛は会社の規則で禁じられていて、私はこの仕事がとても大切なの。同僚とデートしてキャリアを台無しにしたくないの」
    • 「恋愛をして、キャリアの目標を見失ってしまうのが心配です。他の何かに夢中になる余裕は今はないのです」
    • 「前の職場で同僚と付き合っていて、他の同僚にいつもうわさ話をされてたんだ。それで、もう同僚とは付き合わないって決めたんだ」
    広告

方法 4 の 10:
相手には非はないことを強調する

  1. 1
    相手が気持ちよく立ち去れるように、気持ちを和らげましょう。失礼な態度をとられない限り、相手が落ち込まないように対応しましょう。恋愛感情を抜きにした褒め言葉をかけ、相手が落ち込まずに立ち去れるようにしましょう。[5] 相手の感情を損ねなければ、同僚としての関係性に影響を与えることはありません。[6] 次のように言ってもよいでしょう。
    • 「あなたはとても親切で優しくて、良い友達です。あなたと職場で話すのはとても楽しいです。でも申し訳ないけど、そのお誘いはお受けできません」
    • 「聞きたくない返事だとは分かっているけど、仕事に影響を及ぼさないといいのだけど。私たちのチームがいつも予想以上の成績を残せるのは、あなたがいるからよ」
    • 「あなたは私が一緒に働いてきた人のなかで、最も頭がきれる同僚のひとりです。そして、これからも同僚として良い関係を続けていきたいと思っています」

方法 5 の 10:
納得しないようであれば、口実を考える

  1. 1
    相手が納得できないようであれば、うまい口実を使いましょう。この際、将来状況が変わったら、デートできると誤解させてはいけません。ここでは特に注意が必要な点です。また、その口実を覚えている必要もあり、仮想の彼氏や彼女を作り出した場合は、翌週のランチで他の同僚にシングルであることをうっかり言わないように注意しましょう。それでも、困った時には、このような口実でその状況から抜け出せられる場合があります。[7] 次のような口実を使ってもよいでしょう。
    • 「私には真剣につき合っている彼がいます。ごめんなさい!」
    • 「今は私生活で大変な時で、自分のことで手いっぱいなんです」
    • 「元彼にひどい扱いを受けたので、しばらくはひとりでいようと決めたのです」
    広告

方法 6 の 10:
常に職場にふさわしい態度でいる

  1. 1
    たとえ何が起こっても、職場にふさわしい口調と態度を保ちましょう。誘われている同僚が辛辣な態度をとったり、冷静さを失ったりしても、腹を立ててはいけません。あなたが強い反応を示すと、仕事に影響を及ぼしかねません。あなたは相手に対して何も負い目はありませんが、相手がそうでなくても、あなたはできる限り職場に適した態度をとることが大切です。[8]
    • 職場で誘われた場合、これは特に重要です。騒ぎ立ててはいけません。相手が冷静さを失い、仕事を失う危険を冒したいなら、そうさせておけばよいのです。あなたはいつでもその場を立ち去るか、上司を呼ぶことができるのです。
    • 相手が泣きそうになったり、平静に受け止められない場合は、相手は素晴らしい人間で、何も悪くはないことを伝えてもよいでしょう。将来あなたとデートができる希望を相手に与えたり、職場にふさわしくない態度をとらない限り、うまくいくはずです。

方法 7 の 10:
希望を尊重されない場合は、はっきりとした態度をとる

  1. 1
    翌週に再び誘われたら、きっばりと丁寧に断りましょう。あなたの気持ちをなかなか察してくれない人もいます。相手が再び(あるいは3度、4度など)誘ってきたら、行き過ぎであることをはっきりと相手に知らせましょう。礼儀正しく丁寧に、しかしあなたの気持ちを無視するのはやめて欲しいと明確に伝えましょう。[9] 次のように伝えるとよいでしょう。
    • 「同僚のままでいたいと言ったはずです。もう誘うのはやめてください」
    • 「あなたの気持ちを傷つけたり、がっかりさせたくはないけど、諦めてください。あなたとデートするつもりはありません。悪く思わないで欲しいんだけど、もうやめてください」
    • 状況が悪化したり、相手が理解してくれない場合は、人事課または上司に報告しましょう。
    広告

方法 8 の 10:
しつこく誘う場合は、無視する

  1. 1
    しばらくして相手が様子をうかがってきたら、無視することが大切です。好きになった人をなかなか諦められない人もいます。数週間、あるいは数か月後に再び誘ってきたら、あなたの気持ちが変わっていないかを試しているのかもしれません。その場合、相手に勘違いさせてはいけません。あなたの気を引こうとする態度は、無視しましょう。フレンドリーに接することは大切ですが、フレンドリーになり過ぎて、相手が勘違いしないように注意しましょう。[10]
    • 部屋の向こう側から笑いかけてきたら、誤解させないようにかすかに微笑み、顔をそらせましょう。髪型を褒められたりしたら、ただ「ありがとう」と言い、その場を離れましょう。そうすると、相手は分かってくれるはずです。
    • これは無害な軽い誘いの場合にのみ有効です。積極的に誘われる、身体に触れられる、または不快にさせられる場合は、ためらわずに人事課に報告しましょう。相手が一線を越えてくる場合は、相手の気持ちを思いやる必要はありません。

方法 9 の 10:
うっかり誘いを受けてしまった場合は、グループで外出する

  1. 1
    誘いを受けて、相手がデートだと勘違いしていたら、グループで出かけましょう。油断していたり、相手の提案を誤解したりすると、厄介な状況になるかもしれません。相手があなたとデートできると思った後に断ると、状況を悪化させます。そのため、他の同僚も誘って、職場の会食にするとよいでしょう。[11]
    • どういうことか聞かれたら、職場の集まりだと思ったとごまかしましょう。そして、デートだと分かっていたら断っていたと、相手に告げましょう。
    • この方法は、「仕事の後に飲みに行かない?」と誘われるなど、デートであることが曖昧であった場合に限り有効です。デートの誘いであることが明らかであり、緊張のあまりその場で誘いを受けたのであれば、返事を取り消すことに努力し、誘われた時はびっくりして思わず受けてしまったと伝えましょう。
    広告

方法 10 の 10:
誘いを受ける場合のリスクを考える

  1. 1
    誘いを受けようか迷っている場合は、発生しうる問題を考えてみましょう。職場での恋愛関係は、厄介な問題になることもあります。同僚と付き合う場合、喧嘩をすると、その日は職場での居心地が悪くなるでしょう。別れる場合は、毎日仕事に行くのも気まずくなるでしょう。さらに悪いことに、上司に知らせずに、会社の規則を破った場合は、職を失いかねません。[12]
    • 相手があなたの上司、または職場で影響力のある人である場合は、特に危険です。そのような関係は、決して好ましいものではありません。どちらかが相手をコントロールする立場にある場合は、不健康な関係性が生まれるためです。

ポイント

  • 同僚とデートしても問題ない場合があります。双方が同等の関係で、違う部署で働いており、会社で職場恋愛が認められている場合は、問題ないかもしれません。ただし、慎重に行動し、早いうちに上司に報告しましょう。[13]
広告

注意事項

  • 「これってセクハラ?」と自問していることに気づいたら、それはセクハラです。職場で不快な思いをしたり、同僚が一線を越えたりしたら、迷わずに人事課に報告しましょう。[14]
広告

関連記事

壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
げっぷするげっぷする
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
復讐する復讐する
他者に依存しない他者に依存しない
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
友達がゲイかどうか見分ける友達がゲイかどうか見分ける
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
彼女が浮気をしているか知る彼女が浮気をしているか知る
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
敬意を持って人に接する敬意を持って人に接する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 人間関係
このページは 113 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告