芸能人、政治家、SNS上の有名人、人気の作家といった立場にいると、世間の目にさらされることに居心地の悪さを感じることもあるでしょう。名声には課題や責任が伴い、強い自己意識を持ち、きっぱりと公私を切り離して生活しなければ、これらをまっとうするのは困難かもしれません。この記事で紹介する手順を参考に、名声を活かして、自分の心身の健康を保ちながらより良い社会の実現に貢献しましょう。

パート 1 の 3:
名声の潜在的な危険に気をつける

  1. 1
    名声の本質について考える 有名人はあちこちから声がかかり引っ張りだこになり、忙しくしているうちに名声が自分に及ぼす影響について考えることが難しくなります。名声に伴う困難や及ぼす影響に対処したいと考えることに罪悪感を持つ必要はありません。有名になると特権を享受できるようになるものの、気をつけなければならない落とし穴もあります。急に人気が高まり始め、それ以降自分が変わったように感じる時は、日記をつけましょう。例えば、次のような点が当てはまらないか考えてみましょう。
    • 有名になってから、身近な人間関係に変化があった。
    • 有名になってから、態度が変わったと非難された。
    • 自分の性格に大きく変わった点がある。
  2. 2
    健康的な日常生活をおくる 最近有名人になったばかりという人は、この新たな成功と高い認知度に圧倒されているかもしれません。いつもの習慣はできる限り継続し、(新たな責任や義務を果たすために)やむをえない場合にのみ調整しながら生活しましょう。一人で過ごす時間を確保する、健康的な食事を心がける、運動する、その他の責任を果たす、等の健康的な方法で、これからもストレスを発散させていきましょう。毎日が目まぐるしく過ぎていくように感じる時も地に足をつけていることができるでしょう。
    • これまでの習慣を維持することが難しくなると、名声の負の側面(依存症、自信喪失、すべて忘れて旅に出たくなる等)に足元をすくわれる可能性が高くなります。[1]
    • まだ若く就学中の人は特に、名声は単なる日常生活の一要素で、それが全てではないと考えることが大切です。[2]手にした成功に大興奮していて、かなり満足しているとしても、長期的な視点で見ると、日々のバランスを維持することが、その興奮を維持し模範的人物となることにつながるでしょう。
  3. 3
    批判や批評を個人的に受け止めない 他人があなたのことを好き勝手に考えるようになることが、有名になった時に乗り越えなければならない最も大きな困難の1つかもしれません。有名人になると、批評家やマスコミがあなたについてありとあらゆる意見を述べるようになるということです。[3]
    • あなたの仕事や人格について様々な意見が出るということ、それが有名になることの現実だということを受け入れましょう。批判は真剣に受け止めるのではなく、大きなゲームの一要素だと思って笑い飛ばし受容できるようになりましょう。
  4. 4
    信頼できる「側近」で周りを固める 側近にあたる人は、あなたの予定や仕事を管理するためだけの存在でも、あなたが威張り散らして良い存在でもありません。あなたの今後の成長を助けることのできる近く親しい存在を指します。公的人格でなく、本来の自分に軸足を置き続けるためには、成功に関係なく育まれていく真の人間関係が不可欠となるでしょう。
    • 名声は身近な人間関係の真価を問うリトマス紙のような働きをすることがあるので、心の準備をしておきましょう。あなたの新たなキャリアに肯定的で喜んでくれる人もいれば、嫉妬し対抗心を抱く人もいるでしょう。
    • 大切な人とは一対一で直接会話をし、成功によって日常が大きく変わった中でのあなたの目標、価値観、その人物との関係に求めることなどを説明しましょう。
  5. 5
    自分を有名にした方法を貫く 有名人でいること自体が多くの時間を要する大変な仕事なので、有名になることで手にした富や影響力などに心を奪われてしまわないことが大切です。ここまで自分の認知度を高めた才能や素質に意識を集中させましょう。大物になったのは「あなた」ですが、あなたのファンが憧れるのは、あなたがこれまで貢献してきたことです。
    • 音楽、流行りのメイクのチュートリアル動画など、自分を有名にしたものでなく、有名であるということが大切になってしまうと、成功する興奮を維持することで頭が一杯になります。世間の自分のイメージのための活動よりも、自分が成し遂げるべき事や自分を指示してくれるファンを興奮の源としましょう。
  6. 6
    うぬぼれない[4] あなたの才能は世界の人々と共有すべき贈り物です。誇りを持ち享受すべきですが、しっかりと地に足をつけましょう。人間の心には権力や影響力を好む部分もあり、成功を手にして思い上がってしまうこともあります。このような態度を持ってしまうと、無意識に他者にひどい扱いをしてしまうかもしれません。
    • 機会に恵まれたことに感謝しましょう。当たり前だと思うのは賢明ではありません。還元することを忘れず、自分の経験を役立てることができる時は他者に手を差し伸べましょう。
    • メイクなしの姿を撮影し、画像処理をせずに掲載してほしいと、とある雑誌社に依頼した有名人もいるほどです。この人は、世間が持っている自分の人物像は単なるイメージで現実ではないということを伝えようとして、こうした行動をとりました。[5]
    • その上、芸術家や俳優ではなく有名人になることを目指してしまうと自分の芸術的感覚が鈍ってしまうかもしれません。
  7. 7
    過度な期待をしない 人間の社会は応えることができそうもない期待を「英雄」に課し、その期待が裏切られると非難し、基準に満たなかったことを批判します。あなたは完ぺきではないということを忘れないようにしましょう。世間が期待すること全てをこなす義務もありません。自分で自分の基準を設けて維持するよう心がけましょう。この基準は、有名になることによって新たに発生した責任の認識も含まれてはいるものの、有名になる前に掲げていた目標とかなり似ているかもしれません。
    • 特に芸術家の多くは繊細なので、世間の期待を内面化し、世間が求める人物になろうとしてしまうかもしれません。[6]
    • 俳優であれば、作品の登場人物が普段の自分と大きく乖離していることで世間の怒りを買うという、さらなる困難に遭遇するかもしれません。こうした時は、メディアのインタビューやSNSを活用して、自分と自分が演じる人物は同じではないということをはっきりと伝えましょう。
    広告

パート 2 の 3:
私生活を切り離す

  1. 1
    私生活を切り離すことの難しさを理解する 人間は注目を浴びたいと思うものです。にも関わらず、実際に注目を浴びると無防備な状態でさらし者にされたような気持ちになります。名声によって得ることのできる自由もある程度はあるものの、匿名で生活する自由は限られてしまうでしょう。どんな健康的な食べ物でも過剰に摂取すると健康を害するように、名声も限度を超えないように抑制する必要がある対象として考えてみましょう。
  2. 2
    自分の価値観を持つ 日記を書いたり、親しい友達と話すことで自分自身をよく知りましょう。自信喪失を防ぐことにもつながります。世間の目にさらされていると、自分のイメージや言動を常に強く意識するようになり、強い不安を引き起こすこともあります。[7]
    • セラピーが役に立つと感じている俳優も少なからずいます。セラピーを通して、名声に伴う困難に見舞われても揺るがない強固な基盤を持つを学んでいくことができます。
    • ニュースで話題になっているような公共の課題について自分の立場を明白に持っているとインタビューを受ける際に強みとなります。自分の価値観を持っていれば、周囲に意見を求められた時にも、しっかりと受け答えをすることができるでしょう。不作法なことを述べたり、物議をかもすこともないでしょう。
  3. 3
    自分の境界線を設ける 有名人の需要は高いので、最後までやり遂げようと思っていても「ノー」と断らなければならない状況にも直面するでしょう。例えば、何らかのイベントに参加する際は、どの程度の時間、質問を受け付けるのか、イベント後、人と懇談をする気があるかどうか、といった点をはっきりと先方に伝えておくことが大切です。親切に予定をたてておくことで、周囲もその予定に従ってくれるでしょう。明確な計画をたてずに参加し、熱心なファンとの会話を避けなければならなくなるよりも格段に好ましいでしょう。
    • 自分の私生活に関わる質問に答える義務はないということを覚えておきましょう。有名人の中には、そうした質問は一切受け付けないというルールを設けている人もいます。[8]
  4. 4
    自分の「エゴサーチ」をしない インターネットで自分の名前を検索すると、恐らく、高評価と誹謗中傷の混ぜ合わさった検索結果が出てくるでしょう。有名人も人間です。拒絶や社会からの阻害を恐れているので、どうしても批判的な意見の方を気にしてしまいます。[9] インターネット検索は慎重に行い、とにかく批判的な報道内容について、いつまでも考えないようにしましょう。
  5. 5
    戦略的にSNSを活用する SNSを用いて広報活動を行うのであれば、投稿する全ての内容が公正で道徳的に正しいものであることが求められます。物議をかもすような発言をすると、世間はあなたの性格を含めた私生活の詳細について意見を交わすようになるでしょう。じきに、あなたの発言と行動の矛盾を見つけ、偽善者と批判するようになるでしょう。こうした厳しい視線もまた、SNSを活用するうえで避けることのできない要素です。
  6. 6
    有名人でない人と付き合う 有名人の輪の外の人物と付き合うことで、噂をされたり、私生活が世間の関心の的になることを避けられるかもしれません。有名でない人と交際することで、外の世界の視点から物事を見つめられるので、地にしっかりと足をつけられるようにもなります。
    • あるいは、主要な催し事には、あえて一人で出席するという選択肢もあります。マスコミに自分の恋愛事情を追われたくないと思っているのであれば(実際にかなり辛いことです)、交際関係を完全に世間の目から隠すようにしましょう。
    広告

パート 3 の 3:
ファンに対応する

  1. 1
    周囲からどう思われているのか理解する 長年名声を欲しいままにしていた人や幼少の頃から認知度が高かった人は、有名であるということを世間がどう思うのかが想像しづらいかもしれません。有名になる前の自分が、有名人や芸能人のきらびやかな日常生活についてどう思っていたのかを思い出してみましょう。これによって世間や周囲からどう思われているのかを理解できるようになり、より丁寧に応じることができるでしょう。
    • 例えば、思春期前の若者は将来の夢を聞かると、有名になることを何よりも重要視する傾向があるとされています。つまり、この世代のファンに対して、あなたは羨望の的です。高い関心を持つ若者に有名になることの現実を自分の経験を元に共有することができるでしょう。
  2. 2
    落ち着いて優しく接する 一つの間違い、冷たい一言、不親切な行動で、あっという間に悪い印象を持たれてしまいます。ファン(複数でも単数でも)に接する時は少し時間をかけて友好的な態度を示しましょう。公の場で、ある程度気前よく接していれば、ファンのほとんどは、あなたの私生活を尊重するはずです。あなたに関する評判には良いものと、そうでないものが入り混じることが避けられないので、多くの場合、あなたのような有名人が実際に会ってみるととても親切なことに驚き、喜んでくれるでしょう。
    • 一人一人のファンと話をする際は、自分のイメージを保つことや評判を高めることを考えるのはやめましょう。共感しながら相手と話し、あなたと会えたことを喜んでいるファンの興奮を共有しましょう。
    • 自分より若いファンに接する時は、冷たくそっけない態度で接するのは好ましくないでしょう。
    • SNS上のファンのコメントに返答する際は、短く簡潔に、そして快活な様子をみせるようにしましょう。スタッフなど、自分以外の人物が代わりに返答する場合は、楽し気で、元気な口調で返答されているよう内容を確認するようにしましょう。
  3. 3
    自分の責任を受け入れる 有名になるということは、他人の人生に大きな影響を及ぼすという責任を認識するということを意味しています。このことに気がつくと荷の重さに圧倒されるかもしれませんが、自尊心をあおる言い訳として利用するべきではありません。アメコミのヒーローを見ていると分かるように、責任を持つということは自分が影響力を持つ世界に敬意を示すということです。身勝手なたくらみを最優先するのではなく、自分以外の物事に目を向け、世の中のために何ができるのか考えてみましょう。
  4. 4
    名声とともに得た発言権を大切にする 名声を使って、ファンにも声を出して発言することを促しましょう。有名人は常に注目されているので、意義のあることを達成するようファンを鼓舞したり、社会のために貢献することの大切さを、より広く強調することが可能になります。人気者としての力を利用して、自分が日頃解決に向けて取り組んでいる社会問題などに関心を集めましょう。
    • 例えば、生まれたばかりの赤ちゃんの写真を掲載する権利を売ることで得た利益を慈善団体に寄付した有名人の夫婦がいました。報道陣との会話のなかで、慈善活動について短く触れるだけでも大きな違いを生みます。
    • 自分自身を裏付け材料にして重要な問題に関心を集めることもできます。「自分の学業とユーチューバーとしての生活をどのようにして両立させているのですか?」といった質問を受けた時は、人気とうまく付き合うための助言を同業の仲間に伝えるチャンスです。
  5. 5
    日和見主義者に気をつける[10] 日和見主義者とは、あなたの人気にあやかるため、あるいは、あなたのお金目当てで、あなたの友人になろうとしたり、仕事上の提携関係を結ぼうとする人を指します。面識のない人があなたに関心を持って近づいてきたものの、あなたの仕事や活動そのものに関心を示している様子が見られない場合は、慎重に付き合っていくことが大切です。
    • 財政状況を自分でしっかりと把握し管理していれば、金銭的に健全な付き合いや取り決めと、そうでないものの見極めがつくでしょう。
      • 自分の財政状況を知っていることで、引き受けるべき仕事や引き受けなくても良い仕事の判断もより容易に下せるようになります。
    広告

ポイント

  • いかなる段階でも自分を弁護する術を整えておきましょう。有能な法務チームがいれば、不測の事態でも迅速に対応することができます。
  • 自分というブランドを築いていきましょう。有名人にはとても重要な要素です。ブランドを通して自分を世間に知ってもらうことが様々な場面で有利に働きます。あらゆる手段で自分の評判とブランドを守り、維持していきましょう。
  • 謙虚さを忘れないようにしましょう。有名になる前の自分を失わないようにしましょう。

広告

注意事項

  • 命の危険を感じる場合は警備担当者を雇いましょう。
広告

関連記事

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

チャットで会話を盛り上げる

How to

酔っぱらっても吐かない

How to

別人になる

How to

話題が無い時に会話を始める

How to

お酒に酔わない

How to

楽しく会話する

How to

授業中にお腹が鳴るのを止める

How to

口数を減らす

How to

心を鬼にする

How to

女性と会話を始める

How to

人を良い気分にさせる

How to

挨拶をする

How to

失恋を乗り越える
広告

このwikiHow記事について

Trudi Griffin, LPC, MS
共著者
認定カウンセラー
この記事の共著者 Trudi Griffin, LPC, MS. トゥルーディ・グリフィンはウィスコンシン州に住む認定カウンセラーで、依存症と精神衛生を専門としています。個人治療や地域医療の場で、依存症、精神病、心的外傷に苦しむ患者のカウンセリングにあたっています。2011年にマーケット大学にて臨床精神衛生カウンセリングの修士号を取得。
カテゴリ: 社交
このページは 111 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告