吐き気を止める方法

4 方法:リラクゼーションで吐き気に耐える飲食物で吐き気を緩和する薬を服用する吐き気の一般的な原因

吐き気は最悪です。気分が悪くて、物音が聞こえなくなり、体が震え出して、食べ物の匂いが・・・ああ。でも、ご心配なく。軽い吐き気でもひどい吐き気でも、一日をなんとかやり過ごすための民間療法はいろいろとあります。

1
リラクゼーションで吐き気に耐える

  1. 1
    体が必要としているものを与える 吐き気の症状に伴って眩暈がする場合は、お腹がでんぐり返しをしてるように感じても、体は動かさないようにしましょう。すぐに嘔吐したい場合は別ですが。
    • 眩暈がするときは頭を動かさないようにすることが最も重要です。[1]
    • 横になって休んだ後は、クラクラしないようにゆっくりと立ち上がりましょう。クラクラしてしまったら、治るまでじっとしていましょう。
  2. 2
    湿らせた布で額を冷やす[2]  これで吐き気が和らぐことや早く治ることはありませんが、冷湿布で気持ちが安らぐという人もいます。仰向けに横になるか頭部を後ろに反らせて冷湿布が額にうまく載るようにします。必要に応じて、布を濡らし替えましょう。額だけでなく、首、肩、腕、お腹の上など体のいろいろな部分に冷湿布を当てて、吐き気の不快感を緩和することができるか試してみましょう。
  3. 3
    リラックスする 不安な気持ちは吐き気を悪化させると言われています。吐き気のせいで予定が狂ってしまったと心配するのはやめましょう。[3] 夜は十分な睡眠を取り、日中も昼寝をして体を休めましょう。寝覚めが良いか悪いかは問題ではありません。少なくとも眠っている間は吐き気を感じていないのですから。胃の調子が悪いと感じたら、深呼吸をしましょう。深呼吸でお腹のリズムが変わります。[4][5]
    • 静かな場所に座るところを探しましょう。
    • ゆっくりと鼻から息を吸い込み、肺に空気が入ると同時に胸とお腹を膨らませましょう。
    • お腹を大きく膨らませます。そして、口から息をゆっくりと吐き出します。
  4. 4
    周りに香りを置く[6] ぺパーミントや生姜のエッセンシャルオイル(精油)の気化油を吸い込むと吐き気を和らげる効果があるのではないかという研究が行なわれていますが、現時点ではまだ実証されていません。[7]それでも、気化したエッセンシャルオイルやアロマ・キャンドルの素敵な香りに包まれていると気分がよくなるという人もたくさんいます。
    • 周りの厭な臭いは取り除きます。誰かにゴミ出しや猫のトイレ掃除を頼みましょう。また、室温の高い部屋にいるのはやめましょう。
    • 窓を開けたり、顔や体に扇風機を向けるなどして、換気を十分に行ないましょう。
  5. 5
    別のことに集中して吐き気から気を逸らす 例えば、散歩に出かけて新鮮な空気を吸うだけで気分がよくなることもあります。吐き気を催したらなるべく早く行なうと、吐き気も早く治まります。[8] ただし、吐き気を悪化させるような行動で気を逸らそうとしないように気をつけましょう。その行動によって吐き気が悪化した時には直ちに中止しましょう。
    • 楽しいことをして、吐き気のことを忘れましょう。映画を見るのも、友達とおしゃべりをするのもよいでしょう。ビデオゲームをしたり、お気に入りの音楽を聴くという手もあります。
    • 出してしまったほうが楽です。嘔吐するかもしれないという事実を受け止めて、楽になることを期待しましょう。吐かないように頑張るのは、実際に吐くことよりつらいかもしれません。中には計画的に吐き気を管理して適切な場所で無理やり吐いてしまう人もいます。

2
飲食物で吐き気を緩和する

  1. 1
    きちんと食事を摂る 吐き気がある時は食事をしないほうがよいように思えますが、実は食事はとても大事です。空腹や食事を抜くことはさらに気分が悪くなる原因になります。したがって、一時的な食べたくない気持ちを抑えて食事を摂りましょう。
    • 一日を通して少量の食事や軽食を何回にも分けて摂ると、胃の調子が悪くなることを防ぎます。食べ過ぎに注意して、満腹感が得られたら食べるのを止めましょう。
    • 辛い食品や脂肪分の多い食べ物は避けましょう。こうした食品は吐き気を悪化させます。[9]
  2. 2
    BRAT(ブラット)食事法を試す[10]  BRATとはバナナ、ライス(米)、アップルソース(りんごのすりおろし)、トーストの頭文字を取ったものです。この刺激の少ない食品は吐き気や下痢を患う人用の食事として奨励されています。こうした低刺激食品は消化がよく、吐き気を催すことがありません。[11] この食事法で吐き気が治ることはないかもしれませんが、症状が続く時間を短縮し、他の食品による吐き気の誘発を防ぐことはできます。
    • この食事法は長期間続けるべきではありません。.
    • 24-48時間以内にはゆっくりと普通の食事に切り替えましょう。
    • 他にも消化の良い食品や低刺激食品(透明なスープ、クラッカーなど)をこの食事法に加えることができます。
    • 一日に何度も嘔吐する場合は透明な液体だけを摂取することが重要です。BRAT食事法は6時間以上吐き気を催さない場合に限り推奨されています。
  3. 3
    生姜 たった1gの生姜でも吐き気に効果があるという研究結果があります。[12] 一回1g、一日最高4gまでの生姜を摂取しましょう。妊娠中の方は生姜を摂取する前に必ず医師に相談してください。妊娠中の生姜の摂取は650mgから1gまでとされていますが、1gを超えることがないようにしましょう。生姜をおやつや軽食に取り入れる方法はたくさんありますが、多くの量を摂取することは期待できません。
    • 生姜の砂糖漬けをかじる
    • おろし生姜を熱湯に加えて生姜茶を作る
    • ジンジャーエールを購入して飲む
    • 生姜は万人向けではありません。 どういうわけか、生姜で吐き気を緩和することができない人も中にはいます。
  4. 4
    ペパーミント[13]  科学的には意見が分かれていますが、ペパーミントが吐き気を効果的に緩和すると実証する研究もあります。これまでにもペパーミントは胸焼けや消化不良などの消化器官の治療に使われてきましたが、吐き気を誘発する胃の痙攣を抑える働きがあるのかもしれません。ミント味のタブレットは食べ過ぎに注意しましょう。砂糖の甘さは吐き気を悪化させます。砂糖無添加のペパーミントガムには効果があるかもしれませんが、注意したい点は、ガムを噛むとお腹に空気が入り込み、お腹が張ることです。そうなると吐き気が悪化するかもしれません。液体だけを摂取している場合はミント・ティーが役立つでしょう。
  5. 5
    十分な水分を摂る 健康のために一日グラスに8-10杯の水を飲むことはとても重要です。特に体調の悪い時には極めて大切です。嘔吐を伴う吐き気がある場合は水分補給を忘れずに。
    • スポーツ飲料は上手に飲めば水分補給に効果があります。嘔吐により体内の水分とカリウムやナトリウムなどの電解質が失われます。スポーツ飲料にはこの二つの電解質が含まれているため、電解質の補給には最適な飲み物です。ただ、スポーツ飲料には脱水症状の緩和に必要な量をはるかに超えた電解質が含まれ、必要以上の糖分と合成着色料などの余計な化学物質が入っています。体によい飲み物というよりは、たくさん売ることを考えて作られた製品です。しかし、普通のスポーツ飲料は水で薄めることができます。
    • 2倍、または4倍の水で薄めましょう。
    • あるいはスポーツ飲料と水を1:1の割合で混ぜます。これは味のない水を飲みたがらない人に最適です。甘い水なら喜んで飲むでしょう。[14]
  6. 6
    気の抜けた炭酸飲料 気の抜けた炭酸飲料は大量の砂糖を含んでいますが、むかむかする胃には効果があります。炭酸飲料の気を抜くには、タッパーなどのプラスチック容器に炭酸飲料を注いで容器を振ります。途中で容器内の空気を抜き、再度容器を振ります。炭酸が抜けるまでこれを繰り返します。
    • コーラは昔から吐き気の治療に使われてきました。炭酸飲料に加えられる前からのことです。
    • ジンジャーエールには本物の生姜が入っています。生姜も吐き気を抑える薬として使われてきました。
  7. 7
    飲み物に注意する 水分補給は大切ですが、中には吐き気を悪化させる飲み物もあります。アルコール、カフェイン、炭酸飲料などは吐き気の治療には効かず、胃をさらに荒らしてしまいます。[15] 吐き気に下痢が伴う場合は、症状が治まるまで牛乳や乳製品の摂取を控えましょう。乳製品に含まれる乳糖は消化が悪く、下痢の悪化や長期化を引き起こします。[16]

3
薬を服用する

  1. 1
    市販薬で緩和する その吐き気は一時的な原因によるもので、隠れた病気の症状ではないと分かっている場合は、様々な市販薬で吐き気を緩和することができます。薬を購入する前に吐き気の原因を胃もたれ、乗り物酔いなどと詳しく区別しましょう。通常は特定の吐き気に効く異なるタイプの市販薬が販売されています。
    • 例えば、胃もたれや胃腸炎は次サリチル酸ビスマスを含む薬や制酸薬で緩和することができます。
    • 乗り物酔いによる吐き気にはトラベルミンなどの薬がよく効きます。
  2. 2
    必要に応じて医師に処方薬を出してもらう 医療手術やがん治療は強い処方薬を必要とする吐き気を伴うことがあります。また、吐き気は慢性肝臓病や胃潰瘍などの疾患の症状であることもあります。[17]吐き気に対する処方薬には様々なものがありますが、医師はその時の症状に合った処方薬を出します。[18]
    • 例えば、ゾフラン(オンダンセトロン)はがんの化学療法や放射線治療に伴う吐き気に処方されます。[19]
    • プロメタジンは手術後の吐き気や乗り物酔いの治療に使用され、スコポラミンは乗り物酔いのみに処方されます。[20][21]
    • ドンペリドンは重症の胃もたれのための処方薬で、パーキンソン病の治療に使われることもあります。[22]
  3. 3
    薬は使用上の注意を守って服用する 市販薬は記載された使用上の注意をよく読んで、正しい量を服用しましょう。処方箋にも注意書きは付いてきますが、医師のアドバイスに従ってください。服用量は医師の判断で変わるかもしれません。
    • こうした強い薬は正しく服用しないと悪い副作用が出る恐れがあります。例えば、ザフランを過剰摂取すると一時的な視力喪失や高血圧、脱力、重度の便秘を引き起こす可能性があります。[23]

4
吐き気の一般的な原因

  1. 1
    病気 吐き気の主な原因のひとつに病気が挙げられます。インフルエンザ、胃痛、その他の体調不良がその吐き気の原因かもしれません。
    • 熱があるかどうかを確認しましょう。全ての病気に発熱が伴うわけではありませんが、発熱が吐き気の原因かどうかを調べることはできます。
    • 腐蝕した食品 食中毒は意外に頻繁に起こります。家族や同居人の中に昨夜の夕食後に腹痛を覚えた人はいませんか?それは食中毒のせいかもしれません。
    • 吐き気が何日も続く場合は、単に胃の調子が悪いのではなく、胃腸に深刻な問題があるのかもしれません。吐き気の原因には軽症から重症まで様々な病因があります。その場合は主治医の診察を受ける必要があります。長期にわたる深刻な吐き気は救急処置を受けたほうがよいかもしれません。(詳しくは後ほどご説明します)。
  2. 2
    食品アレルギーおよび不耐性 頻繁に吐き気に襲われる場合は、数週間、一日に食べた食品を全て書き出して、吐き気の原因となる食品があるかどうかを確認しましょう。特定の食品に対する不耐性やアレルギー反応の疑いがある場合は、その食品の摂取を中止して医師に相談しましょう。
    • 乳糖不耐症はよくある吐き気の原因です。[24]大人になった後に 乳製品を問題なく消化できるのは、通常、ヨーロッパ系民族の系統に属する人々に限られています。その中にも乳糖不耐症の人はたくさんいます。乳糖不耐症の人は乳製品の消化を助ける市販のラクターゼ製剤などを服用しましょう。 あるいは、ヨーグルトやチーズなど、酵素による処理が施されている乳製品を摂取するとよいでしょう。
    • 食品過敏症、食品アレルギー 苺や苺を使った食品を食べると胃がむかむかするという場合は問題がある兆候です
    • 食品過敏症および不耐症を確実に診断できるのは医療専門家だけです。
    • 一部の地域では医療専門家による診断を受けずに自らを「グルテン不耐症」であると自己診断することが流行しています。こうした風潮には注意しましょう。実際にグルテンに反応を起こす人もいますが、プラシーボ効果(擬似薬効果)や単に時間の経過により体調がよくなったことを、まるで食生活の変化が原因で体調が回復したように根拠のない証言をする人もいます。
  3. 3
    薬が原因で起きる吐き気 吐き気を緩和するために新しい薬を服用する前に、その吐き気の原因がすでに服用している薬のせいではないことを確認しましょう。コデインやヒドロコドンのような薬は吐き気や嘔吐を誘発することがあります。[25] 長く続く吐き気に悩まされている人は、現在服用している薬の副作用に吐き気がないかどうかを医師に尋ねてみましょう。医師は別の薬、あるいは低量の薬に替えてくれるかもしれません。
  4. 4
    乗り物酔い[26]  飛行機、ボート、自動車などの乗り物で具合が悪くなる人がいます。これはなるべく揺れの少ない席を選ぶことで幾分防ぐことができます。例えば、自動車の前部座席や飛行機の窓側の席などです。
    • 乗り物の窓を開けるか、数分間屋外を歩くなどして、新鮮な空気に当たりましょう。
    • 喫煙はやめます。
    • 辛い食品や脂肪分の多い食品の摂取は避けましょう。
    • 頭部をできる限り動かさないようにして、乗り物酔いの悪化を防ぎましょう。
    • トラベルミンなどの抗ヒスタミン剤は乗り物酔いによく効く市販薬です。出発の30分から1時間前に服用します。この薬は眠気を引き起こします
    • ひどい乗り物酔いには、医師から処方薬を出してもらうこともできます。
    • ショウガやショウガ製品で乗り物酔いが緩和する人もいます。 ジンジャーエール(無添加)、生ショウガ、ショウガ入りの飴などが役立ちます。
    • お腹がはち切れそうなほどの満腹状態で旅行に出かけるのはやめましょう。
  5. 5
    妊娠によるつわり 一般的に「つわり」と呼ばれる症状は妊娠初期(まれに後期)に見られる吐き気で、朝だけではなく一日のうちのどんな時間帯にも起こります。通常、つわりは妊娠初期の3ヶ月を過ぎるとなくなります。ですから、頑張って乗り越えましょう。そこでつわりが終わらなくても、出産後には必ず治まります。[27]
    • クラッカー(特にシンプルなもの)を食べると吐き気が和らぎます。一回の食事の量を減らし、1-2時間ごとに軽い食事を摂りましょう。
    • 生姜茶のような生姜を使った食品はつわりの症状を緩和すると実証されています。[28]
  6. 6
    二日酔いには水分補給 飲みすぎた翌日は十分な水分補給をしないと体調が回復しません。二日酔いに効く市販薬もあります。こうした薬には二日酔いからの体調回復を早める効果があります。
  7. 7
    胃腸炎にも水分補給[29]  ウイルス性胃腸炎や胃炎は軽症あるいは重症の吐き気や嘔吐を誘発し、しばしば胃痛、下痢、発熱を伴います。下痢や嘔吐は体内の水分を奪うため、必ず十分な水分補給を行なうことが大切です。水分を飲んでも下痢や嘔吐ですぐに体外に出てしまう場合は、一回にたくさん飲むのではなく、少しずつ何回かに分けて飲みましょう。
    • 脱水症状の兆候には色の濃い尿、めまい、口内の乾き等があります。
    • 下痢や嘔吐がひどく、水分を体内に留めておけない場合は、直ちに医師の診断を受けましょう。
  8. 8
    脱水症状の確認 熱中症や脱水症状の兆候の中には、皮肉なことに吐き気があります。
    • 水をがぶ飲みしてはいけません。 一度に少しずつ口に含むか、氷を舐めましょう。これで嘔吐反応を抑えることができ、最悪の事態を免れます。
    • 冷えすぎた飲み物は避けたほうがよいでしょう。飲み物の温度は多少冷えた程度か室温が最適です。体がほてっている時は、冷えすぎた飲み物を飲むと胃が痙攣を起こして嘔吐しかねません。
  9. 9
    医師の診察を受ける 吐き気を伴う重度の病気には肝炎、ケトアシドーシス、深刻な頭部外傷、食中毒、膵臓炎、腸閉塞症、虫垂炎などがあります。以下の症状が現れたら医師の診断を受けましょう。[30]
    • 食べ物や飲み物を胃に収めておくことができない(すぐに吐いてしまう)
    • 一日に3回以上嘔吐する
    • 48時間以上吐き気が続く
    • 倦怠感
    • 発熱
    • 胃痛
    • 8時間以上おしっこが出ない
  10. 10
    必要な場合は緊急処置を受ける 一般的には吐き気で緊急治療室に駆け込むことはあまりありません。 しかし、以下の症状を伴う場合は緊急処置を受ける必要があるかもしれません。[31]
    • 胸部の痛み
    • 腹部に強烈な痛みがある、あるいは腹部がつる
    • 視界がかすむ、意識を失う
    • 意識の混乱
    • 高熱、首の凝り
    • 重度の頭痛
    • 吐奢物に血液やコーヒーの粉状の物が混じっている

ポイント

  • どうしても吐かなければならない時は、無理に抑えようとする必要はありません。吐き出してしまったほうがよい物が胃の中にあるということなのです。そうしたほうが気分がよくなることでしょう。
  • 眠ろうとしても吐き気のせいで眠れない時は、体の左側を下にして横向きに寝て、お腹の中の胎児のように膝を曲げた姿勢を試してみてください。
  • アルコールとタバコは避けましょう。
  • 車酔いに伴う吐き気にはカプセル状の乾燥ショウガ(健康食品販売店で入手可能)を服用しましょう。実際にとても効果的で、副作用はありません。
  • お住まいの国によっては、抗がん剤やその他の病気の治療による吐き気の緩和に医療用大麻を用いることができるかもしれません。その際、自国の法律には十分に注意してください。
  • 飲料水のボトルを温めてお腹に当ててみましょう。
  • 温水シャワーを浴びましょう。
  • 体を冷やしましょう。暑すぎることが吐き気の原因である可能性もあります。 冷たい水を飲むか扇風機の風に当たりましょう。
  • スペアミントやペパーミントのガムを噛むか、ミント・タブレットを使いましょう。
  • 氷にレモン汁をかけて口に入れます。すぐに気分がよくなるでしょう。
  • 吐き気のことを忘れましょう。吐き気は漂白剤などの強力な薬品 を使っている最中に起こることがあります。そんな時は考えないようにすることです。また、辛すぎる食品の摂取や飲料の飲みすぎは吐き気を悪化させることがあるので注意しましょう。食べ過ぎは具合が悪くなる原因になります。軽く食べる程度にしましょう。
  • 座る時は頭を背もたれに載せて足を上げた姿勢で座りましょう。こうして座っている間は吐き気が抑えられます。

注意事項

  • 吐き気の原因が妊娠の場合は、薬品やアルコールを含む食品は避け、胎児の健康を守りましょう。
  • 繰り返し起こる吐き気や症状が長引く吐き気はインフルエンザ、食中毒、腸の疾患や腫瘍など様々な原因が考えられます。吐き気に思い当たる原因がない場合は医師の診察を受けましょう。車酔いや船酔いなど、原因がはっきりしている時でも2-3日で吐き気が治まらない場合は医師の診断を受けるべきです。
  • 特に高齢者の場合、吐き気に発熱が伴うときは医師の診察を受けてください。

出典と引用

  1. http://www.entnet.org/content/dizziness-and-motion-sickness
  2. https://www4.mdanderson.org/pe/index.cfm?pageName=opendoc&docid=98
  3. http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/patientinstructions/000122.htm
続きを 表示する… (30)

記事の情報

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Cure Nausea, Français: soigner les nausées, Italiano: Curare la Nausea, Español: curar las náuseas, Deutsch: Übelkeit behandeln, Português: Curar Náuseas, Nederlands: Misselijkheid verhelpen, Русский: справиться с тошнотой, 中文: 治疗恶心(反胃), Čeština: Jak se zbavit nevolnosti, Bahasa Indonesia: Mengatasi Mual, हिन्दी: मितली का उपचार करें, 한국어: 메스꺼움 치료하는 법, العربية: التداوي من الغثيان, Tiếng Việt: Điều trị buồn nôn, ไทย: รักษาอาการคลื่นไส้

このページは 1,156,399 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?