唇の乾燥を治す方法

3 パート:唇用のケア用品を使う唇荒れを予防する唇の乾燥の原因を理解する

唇が乾燥して荒れると、何とも言えない惨めな気分になります。乾いて皮がポロポロとむけた唇は、痛いだけでなく、かつて美しかったことが嘘のような、まるでゾンビ映画に出てきそうな姿になります。唇荒れといえば冬に起こるものと思いがちですが、唇の乾燥は一年中起こる可能性があります。

パート 1
唇用のケア用品を使う

  1. 1
    唇に潤いを与えましょう。荒れた唇のお手入れには、ワセリンのような水分を閉じ込める効果のあるリップクリームを塗るのが最も手っ取り早い方法です。そのほか、蜜ロウやシアバターなどを含む保湿剤もよいでしょう。[1]
    • 唇の乾燥を招きやすいこってりとしたマット系の口紅は避けましょう。
  2. 2
    日差しから唇を守りましょう。リップバームやクリームは、SPF30以上のものを使います。下唇は上唇に比べてやや日差しに晒されやすいので、特に気をつけて保護しましょう。[2]
  3. 3
    アレルギー誘発物質に注意しましょう。リップバームやクリームを使っても唇の荒れが改善しない場合は、原材料を確認しましょう。紫外線吸収剤などの紫外線防止剤に含まれる成分に対してアレルギーがあるのかもしれません。
    • 香料や着色料もアレルギーを引き起こす可能性があります。着色料や香料を含まないワセリンでできたリップバームを選びましょう。
    • そのほか、リップバームの原料でアレルギーを起こしやすい成分には、メントール、ユーカリやカンフル(ショウノウ)などがあります。
    • リップグロスの使用が急性または慢性の口唇炎(唇の炎症)を引き起こす可能性に注意しましょう。口唇炎は、通常、接触性/アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎に起因します。リップグロスを使い過ぎると、このような唇の炎症が起こる可能性があります。
  4. 4
    唇の荒れた皮を取り除きましょう。唇が乾燥し、荒れて皮がボロボロになった場合は、ブラシや唇専用のスクラブを利用して古い皮を取り除き、滑らかな美しい唇を取り戻しましょう。唇の角質ケア製品はほとんどのドラッグストアや化粧品を扱うバラエティストアで手に入りますが、下記にご紹介するように簡単に手作りすることができます。[3]
    • 三温糖(黒砂糖も可)小さじ2杯、オリーブオイル小さじ1杯、はちみつ小さじ1/2杯とバニラエッセンス小さじ1/4杯を小型のボウルの中で混ぜ合わせてスクラブを作ります。でき上がったスクラブを唇に塗り、古い皮を落とすように上下の唇をこすり合わせたあと、清潔なタオルでスクラブをふき取ります。すぐにワセリンでできたリップバームを塗って唇を保湿します。
    • このケアは週に1、2回行えば十分です。くれぐれも角質を取りすぎないように注意しましょう。

パート 2
唇荒れを予防する

  1. 1
    乾燥した空気への接触を最低限に抑えましょう。唇は自ら水分を生成することがあまりできないため、湿度の変化にとても敏感です。凍てつく冬の空気は唇の荒れを招く代表的な原因ですが、冷暖房によって乾燥した室内の空気も唇を痛める要因となる可能性があります。
  2. 2
    空気を加湿しましょう。外気の湿度を変えることはできませんが、室内では加湿器を使って湿度を調整しましょう。長時間唇のケアができない睡眠中に寝室で加湿器を使い、潤いを補うと最大の効果が得られます。
  3. 3
    水分補給をしましょう。毎日グラスに8~12杯の水を飲むと、ふっくらと潤った唇を保てます。
  4. 4
    日差しや風から唇を守りましょう。唇には日焼け止め(SPF30のリップクリームを使用しましょう。)を塗ります。寒い日の外出時には、さらにスカーフで唇を覆うとよいでしょう。冬は外出前に必ずリップバームやクリームを塗りましょう。
  5. 5
    鼻で呼吸をしましょう。普段口で呼吸をしている人は、その呼吸法が原因で唇が乾いているのかもしれません。唇荒れを防ぐために、鼻から深く呼吸をしましょう。
  6. 6
    唇をなめないようにしましょう。唇が荒れる最大の原因の一つは唇をなめることです。唾液には食物を消化する働きがあり、唾液に含まれる酸性の酵素は唇の表皮を溶かします。[4]
    • 唇をなめると一時的に唇が潤った気がするかもしれませんが、実際は唇にさらなる悪影響を与えているということを覚えておきましょう。

パート 3
唇の乾燥の原因を理解する

  1. 1
    唇の表皮が薄いことを理解しましょう。唇の皮は体の中で最も薄い皮膚の一つです。そして、唇は常に太陽光や外気に晒されているので、さらに荒れやすくなります。つまり、唇は構造面でも、顔面の配置の上でも傷つきやすい要素を持っているのです。
    • 唇には皮膚の潤いを保つ役目を持つ皮脂腺が少ないため、潤いが失われた際には保湿をする必要があります。
  2. 2
    日差しを恐れましょう。日焼けをしないように気をつけていても、日差しの唇へ影響は忘れがちです。UVA(紫外線A波)やUVB(紫外線B波)によって、唇にも日焼けや乾燥が起こる危険性があります。
    • 皮膚がんは唇にも発症することがあります。
  3. 3
    ビタミンが足りているか検査しましょう。唇の乾燥はビタミンB2の不足から起こることがあります。既に様々な保湿方法を試しているにもかかわらず唇の荒れが改善しないときは、医師に相談をして体内のビタミンの過不足状態を検査をしましょう。[5]
  4. 4
    特定の薬に注意しましょう。ニキビ治療薬の中には唇の乾燥を招くものがあります。そのような薬を使用する場合は、通常以上に唇の手入れに気を配りましょう。[6]
  5. 5
    以上です。

記事の情報

カテゴリ: パーソナルケア・スタイル

他言語版:

English: Treat Dry Lips, Español: tratar los labios resecos, Português: Tratar Lábios Secos, Italiano: Curare le Labbra Secche, Русский: вылечить сухие губы, Deutsch: Trockene Lippen behandeln, Bahasa Indonesia: Mengatasi Bibir yang Kering, Français: soigner les lèvres sèches, Tiếng Việt: Môi Không bị Khô, العربية: التعامل مع الشفاه الجافة, Nederlands: Droge lippen behandelen, Čeština: Jak léčit suché rty, 한국어: 건조한 입술을 관리하는 방법, ไทย: รักษาริมฝีปากที่แตกลอก

このページは 584 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?