唇の角質を落とすと、乾燥した古い角質層が剥がれて柔らかな唇になります。定期的に角質を落とせば、乾燥しがちな唇がふっくらと潤います。魅力的な唇を手に入れたければ、この方法をぜひ試しましょう!

方法 1 の 4:
1つ目の方法:歯ブラシ

  1. 1
    古くなった歯ブラシ(できれば、毛がとても柔らかくまっすぐなもの)に、少量のワセリンをつけましょう。
  2. 2
    歯ブラシで円を描くように唇をマッサージしましょう。
  3. 3
    唇についたワセリンはそのままにして、唇に潤いを与えましょう。
    広告

方法 2 の 4:
2つ目の方法:砂糖を使ったスクラブ

  1. 1
    少量のオリーブオイルと砂糖を小さなボウルに入れて混ぜましょう。分量を加減しながら、ペースト状になるまで混ぜます。
  2. 2
    スクラブを唇にのせて、洗面タオルで優しく円を描くようにマッサージします。長めにマッサージをすると、角質がさらに多く落ちます。
  3. 3
    唇についたスクラブをぬるま湯で洗い流しましょう(両手に溜めた水を唇にかけましょう)。毒性のない素材を使っているので、少しくらい飲み込んでしまっても危険はありません。
  4. 4
    角質を落とした後は唇の皮膚が敏感になっているため、お気に入りのリップクリームを塗って忘れずに保湿をしましょう。唇が柔らかく滑らかになります。
    広告

方法 3 の 4:
3つ目の方法:重曹を使ったスクラブ

  1. 1
    少量の重曹と水を混ぜて、ザラザラしたペースト状にします。
  2. 2
    スクラブを唇につけて、古くなった歯ブラシ(毛が柔らかくまっすぐなもの)または洗面タオルで円を描くように全体をマッサージしましょう。
  3. 3
    唇についたスクラブを水で洗い流しましょう。
  4. 4
    重曹と水には唇を潤す効果が一切ないため、スクラブを洗い流したら、保湿効果のあるリップクリームを忘れずに塗りましょう。
    広告

方法 4 の 4:
4つ目の方法:はちみつと砂糖を使ったスクラブ

  1. 1
    砂糖とはちみつをよく混ぜましょう(砂糖よりはちみつを多めに使います)。混ざったら、スクラブで円を描くように唇をマッサージして、数分間そのままにしておきます。
  2. 2
    スクラブを水で洗い流して、柔らかいタオルで唇の水気を拭き取りましょう。
    • 唇につけたスクラブを一晩中つけたまま眠ることもできます。その場合は、小さく切った紙タオルを唇にのせて軽く押し当ててから、顔を上に向けて眠りましょう。この方法は、仰向けで寝る習慣がある人に適しています。朝になったら、紙タオルを取り除いてスクラブを洗い流しましょう。
    広告

ポイント

  • 柔らかな唇を保つためには、頻繁に保湿をしましょう。
  • 唇を舐めないようにしましょう。唇の乾燥を悪化させるだけです。
  • 角質を落とした後は、唇にリップクリームやワセリンを塗って保湿をしましょう。
  • オリーブオイルの代わりにココナッツオイルを使っても構いません。
  • 唇を舐めたいと感じたら、毎回リップクリームをつけましょう。
  • リップクリームの代わりにオリーブオイルを使うこともできます。オリーブオイルは髪の保湿にも非常に適しています。
  • 方法1を実行する場合は、砂糖がこぼれた時に備えて洗面台で行いましょう。
  • 上記のスクラブのいずれかにシナモンを加えて使うと、唇がふっくらとします。ただし、シナモンは唇に刺激を与えて、かゆみやひび割れの原因となることもあるので気をつけましょう。

広告

注意事項

  • 唇は優しく扱いましょう。スクラブを使う際に力を入れすぎたり長時間こすったりすると、唇が荒れてヒリヒリします。
広告

必要なもの

  • 砂糖
  • オリーブオイル
  • 古くなった歯ブラシ(毛が柔らかいもの)
  • ワセリン
  • はちみつ
  • シナモン(任意)
  • リップクリーム
  • 重曹
  • 柔らかいタオル
  • 紙タオル

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

一日で体重を2キロ減らす

How to

低体重の人が体重を増やす

How to

食欲を増やす

How to

抜けにくいタンポンを取り出す

How to

消化を早める

How to

1週間で5kg痩せる

How to

10日で体重を減らす

How to

自分で抜糸する

How to

一晩で体重を落とす

How to

ジヒドロテストステロン(DHT)を減らす

How to

目の腫れを治す

How to

早く結膜炎を治す
広告

このwikiHow記事について

Sarah Gehrke, RN, MS
共著者
正看護師
この記事の共著者 Sarah Gehrke, RN, MS. セーラ・ゲールケはテキサス州在住の正看護師、および認定マッサージ療法士です。患者の身体、精神、気持ちのサポートを重視した静脈切開術と点滴療法の指導・実践を10年以上行っています。2008年にアマリロマッサージセラピー協会にてマッサージ療法士の資格を取得後、2013年にフェニックス大学にて看護学の修士号を取得しています。 この記事は11,741回アクセスされました。
カテゴリ: 全般的健康
このページは 11,741 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告