PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

空気が乾いた寒い季節には特に、唇の乾燥や荒れ、ひび割れに対処するのが大変です。唇の角質ケアを行って、柔らかい唇の表面に溜まったカサカサの古い皮膚を取り除きましょう。スクラブや家庭にあるものを使用して、唇の角質をやさしく落とします。その後しっかりと保湿を行えば、乾燥した唇が潤いを取り戻してふっくらするでしょう。家にあるものだけで角質除去剤を作ることができます。

方法 1 の 2:
天然成分でスクラブを作る

  1. 1
    砂糖のスクラブを試しましょう。小さなボウルにオリーブオイルと砂糖を同量ずつ入れ、よく混ぜてペーストを作ります。[1] 周りを汚したくなければ、シンクの上で行いましょう。唇にペーストをつけ、柔らかく清潔なハンドタオルで円を描くようにやさしくマッサージします。ぬるま湯を両手ですくって唇にかけ、きれいになるまですすぎましょう。タオルで唇を軽く叩くように乾かし、ワセリンか保湿成分配合のリップクリームを塗って保湿します。
    • 精白糖やブラウンシュガーを使いましょう。粉砂糖でスクラブを作ることはできません。
    • オリーブオイルの代わりに、風味の良いココナッツオイルを使ってもかまいません。
    • ペーストを唇に長く(そして強く)こすりつけるほど、角質をしっかり落とせます。ただし、強くこするのは長くても1分までにしておきましょう。角質を落としすぎると、唇が腫れたり荒れたりする可能性があります。
    • オイルを混ぜたスクラブは唇に潤いを与えるので、乾燥肌に最適です。
  2. 2
    重曹のスクラブを使いましょう。重曹と水を混ぜてざらざらしたペーストを作ります。混ぜる割合をいろいろ試して、程よい比率を見つけましょう。柔らかくまっすぐな毛の古い歯ブラシや清潔なハンドタオルを使い、円を描くようにペーストをやさしくこすります。ぬるま湯ですすぎ、軽く叩いて乾かしてからリップクリームがワセリンを塗りましょう。
    • 重曹と水で作ったペーストには唇に潤いを与える効果は一切ないので、終わったら必ず保湿成分配合のリップクリームを塗りましょう。
    • このペーストは油を使わないので、口の周りが脂性肌の人に適しています。
  3. 3
    蜂蜜と砂糖のスクラブを使いましょう。小さなボウルに、蜂蜜と砂糖を1対2の割合で入れて混ぜます。これを唇につけ、円を描くようにこすりましょう。毛の柔らかい歯ブラシ、清潔なハンドタオル、綿棒、もしくは手をきれいに洗ってから指でこすります。2~3分そのままおいてから、ぬるま湯ですすぎましょう。蜂蜜はべたつくので、きれいに落とすには数分間すすぐ必要があるかもしれません。唇をタオルでやさしく拭いてから保湿しましょう。
    • 好みに応じて、このスクラブを塗ったまま1晩おいてもかまいません。スクラブを塗った後、細長く切ったペーパータオルを唇にあてて軽く押し付けましょう。こうすると、寝具や顔がスクラブで汚れる心配がありません。頭をまっすぐにして、仰向けで眠ります。翌朝ペーパータオルを外し、スクラブを洗い流してから唇をしっかりと保湿しましょう。
    広告

方法 2 の 2:
シンプルなものを使って角質を落とす

  1. 1
    歯ブラシを使いましょう。使わなくなった歯ブラシで、できれば毛が柔らかくまっすぐなものを選び、少量のワセリンをつけます。この歯ブラシで、円を描くように唇をこすりましょう。ワセリンは洗い流さず、そのまま残して唇を保湿します。ほとんどが落ちてしまった場合は、少量を唇に塗って保湿しましょう。
    • この歯ブラシを歯磨きに使うのはやめましょう。清潔で乾燥した場所に保管し、次に角質を落とすときに使います。この歯ブラシを別のことに使うと汚れてしまうので、角質除去専用にしましょう。
    • 唇が敏感な場合は子供用歯ブラシを使いましょう。一般的に、子供用歯ブラシの毛は非常に柔らかくなっています。[2]
    • 歯ブラシの代わりに清潔で柔らかいハンドタオルを使ってもかまいません。歯ブラシを使うのと同じ要領で角質を落としましょう。
  2. 2
    レモン汁を使って角質を落とします。レモン汁大さじ1杯に、ひまし油かグリセリン大さじ1杯を混ぜます。[3] これを唇に塗り、1時間ほどおきましょう。その後、ぬるま湯で濡らした柔らかいハンドタオルを使って、レモン汁とひまし油をやさしくこすり落とします。終わったら、普段と同じように保湿しましょう。
    • この方法は、乾燥して荒れた唇や肌に効果的です。
  3. 3
    オートミールで唇の荒れを和らげ、栄養を与えましょう。オートミールは粒子が粗いので、角質をしっかり落とせます。また、肌の汚れや不純物を効率良く吸収して取り除く作用もあります。オートミール大さじ1杯(15ml)とぬるま湯か牛乳大さじ3杯(45ml)を混ぜましょう。これを唇に塗り、円を描くように1~2分こすります。最初にぬるま湯で唇をすすぎ、次に水ですすぎましょう。[4]
  4. 4
    バラの花びらを唇に使いましょう。バラの花びらで角質を落とすというとロマンチックな響きがありますが、それだけではなく、唇を保湿する効果があり唇の赤みが増します。清潔なバラの花びらを生乳に3時間浸しましょう。3時間経過したら花びらをすり潰し、ペーストを作ります。乳鉢と乳棒もしくは大きなスプーンの背ですり潰しましょう。すり潰してペースト状になったものを、唇にまんべんなく広げます。[5]
    • この方法は、角質を穏やかに落とすと同時に唇を保湿します。敏感肌に適しているかもしれません。
  5. 5
    市販の唇用角質ケア製品を購入しましょう。LUSHのリップスクラブやe.l.f.のリップエクスフォリエーターなど、唇用の市販のスクラブはたくさんあります。アロエやシアバターのような天然成分で作られた製品を探しましょう。サリチル酸を含む製品は刺激が強すぎる可能性があるので、避けたほうが賢明です。[6] 初めて使用する製品には慎重に対応しましょう。角質を落としすぎないように、軽くこする程度に抑えます。
    • このような製品の使用後に唇が荒れたら、すぐに使用を中止しましょう。
    広告

ポイント

  • オリーブオイル、アーモンドオイル、ココナッツオイル、ホホバオイルは、いずれも唇の角質ケアに安全に使えます。
  • 唇が乾燥したらリップクリームを塗りましょう。唇をなめると乾燥が悪化します。外出時には、リップクリームや保湿作用のある口紅を携行しましょう。
  • キウイフルーツ、ライム、すいかなどの様々な果物を使って、味付きのスクラブを作ってみましょう。
  • 自家製のスクラブにペパーミントやバニラなどのエッセンシャルオイルを1滴加えてみましょう。
広告

注意事項

  • 唇の角質を落としすぎないように気を付けましょう。乱暴にこすったり角質除去を頻繁に行ったりすると唇が乾燥し、痛みやひび割れが生じる可能性があります。唇の角質除去は週に1回、唇が敏感な場合はそれより低い頻度で行いましょう。
  • 乾いた唇を歯ブラシやハンドタオルでこするのはやめましょう。スクラブやワセリンを塗ってから、円を描くようにやさしくこすって角質を落とします。[7]
広告

必要なもの

  • 砂糖
  • オリーブオイルまたはココナッツオイル
  • 蜂蜜
  • 重曹
  • 柔らかい毛の古い歯ブラシ
  • ワセリン
  • リップクリーム
  • 清潔なハンドタオル
  • ペーパータオル

関連記事

目の形を判断する目の形を判断する
キスマークを偽造するキスマークを偽造する
眉毛にスリットを入れる眉毛にスリットを入れる
片方の眉を上げる
肌のアンダートーンを見極める肌のアンダートーンを見極める
ビューラーを使わずにまつ毛をカールさせるビューラーを使わずにまつ毛をカールさせる
一本に繋がった眉毛を除去する一本に繋がった眉毛を除去する
自然な赤みのある唇にする自然な赤みのある唇にする
血管を浮き上がらせる血管を浮き上がらせる
アイラインをきれいに落とす
シュガーリング用ペーストを作るシュガーリング用ペーストを作る
眼鏡を調整する
ローズウォーターを作るローズウォーターを作る
顔の赤みを取る顔の赤みを取る
広告

このwikiHow記事について

Daniel Vann
共著者 ::
認定エステティシャン
この記事の共著者 : Daniel Vann. ダニエル・ヴァンはシアトル市にあるメイクアップスタジオ、「Daredevil Cosmetics」のクリエイティブディレクター(広告やイメージ戦略などの責任者)です、ダニエルは15年以上化粧品業界に携わっており、現在はメイクアップ講師、そして認定エステティシャンとして働いています。 この記事は14,428回アクセスされました。
カテゴリ: 全般的健康 | メイク
このページは 14,428 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告