唇を明るく見せる方法

共同執筆者 Laura Martin

この記事には:唇の黒ずみを防ぐマッサージと角質除去食べ物で唇の色を明るくする13 出典

唇が黒ずんでしまう理由はいくつかあります。例えば、喫煙、汚れた空気に触れた時、日に焼けた時などは唇の見た目に悪影響を及ぼします。しかし、手軽な対処法で唇を明るく見せることができます。ぜひ試してみましょう。

1
唇の黒ずみを防ぐ

  1. 1
    唇を保湿する 乾燥して痛んだ唇は、暗い印象を与えます。シアバターやカカオバターなどの保湿剤、蜜ろうなどの結合剤などを含んだ質の良いリップバームを使いましょう。
    • シアバター、カカオバター、アーモンドオイルなど、保湿成分を含んだ良質の素材を取り入れましょう。シアバターは抗酸化成分と保湿成分を含んでいることで知られ、古代からよく使われてきました。[1] また、カカオバターは傷跡を薄くするためによく使われます。[2] アーモンドオイルは、お肌を健康で若々しい状態に仕上げるのに最適です。[3]
    Laura Martin

    Laura Martin

    認定美容師
    ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
    Laura Martin
    Laura Martin
    認定美容師

    公認美容師 ローラ・マーティン氏からのアドバイス:「唇の色は遺伝で決まりますが、角質を除去し、はちみつやレモンなどの天然の脱色剤を使えば、明るくすることができます。唇の色を変えたいのであれば、リップステインを使うと良いでしょう。」

  2. 2
    日焼け止めを使う 唇以外の部分にしているのと同じように、唇も日差しから守りましょう。唇は日焼けすることはありませんが、日差しによって荒れて乾燥することがあり、それが原因で黒ずんで見えてしまいます。
    • SPF 20 以上の日焼け止め成分を含んだリップバームを使いましょう。
    • SPF 20 の日焼け止め成分を含んだリップスティックを使うのもよいでしょう。
  3. 3
    現在喫煙している場合は、禁煙する タバコ、ニコチン、タールなど黒ずみの原因になる物質を喫煙で摂取すると唇が変色していきます。[4] また、タバコが発する熱によって、メラニン(太陽から肌を守る成分)が生成され、唇が黒ずむことがあります。[5]
    • 急な喫煙には困難が伴います。医師に相談し、ガムやパッチなど禁煙を補助するものを処方してもらいましょう。

2
マッサージと角質除去

  1. 1
    唇をマッサージする マッサージをすると、血行が促進され、唇の色が明るくなります。しっかりと保湿を行なうため、毎晩就寝前にアーモンドオイルで唇をマッサージしましょう。
    • または、氷で唇をマッサージをして保湿することもできます。唇に厚みがでてピンク色になります。[6]
  2. 2
    唇の角質を除去する 唇の角質を除去する方法はいくつかあります。リップスクラブを使う以外にも、歯ブラシで軽くこすって除去することもできます。
    • 大さじ1杯の白砂糖または黒糖と、ペーストを作るのに必要な分のはちみつまたはオリーブオイルを混ぜて、シュガースクラブを作ります。[7] できたスクラブを使って唇をしっかりこすりましょう。数分おいたら、湿った手ぬぐい等で拭き取ります。
    • または、毛の軟らかい歯ブラシを使って、乾燥した唇の皮を軽くこすります。歯ブラシで少し力を加えながら、円を描くように毛先を動かします。
    • その後には、唇を滑らかにするスージングリップバームを塗ります。
    • 週に2回は繰り返しましょう。ヒリヒリしていると感じたら、週あたりの回数を減らし、もう少し優しくこすりましょう。
  3. 3
    ザクロのリップスクラブを使う ザクロを使うと唇のピンク色が強くなります。[8] 大さじ1杯(15ml)分のザクロの種を砕き、粉末とミルクを混ぜてペーストを作ります。唇にペーストを塗りこみ、2~3分おいたら洗い流します。
    • 好みの回数分行います。
    • ヒリヒリしていると感じたらやめましょう。

3
食べ物で唇の色を明るくする

  1. 1
    レモン汁を使う レモン汁には肌の色を明るくする成分が含まれています。[9]毎晩就寝前、唇にレモン汁を数滴塗りこみ、朝にぬるま湯で洗い流しましょう。
    • 絞りたてのレモン汁を使いましょう。
    • レモン汁と蜂蜜を混ぜて使ってもよいでしょう。就寝前に少量だけ唇に塗りましょう。
  2. 2
    重曹ペーストでマッサージする 普段から台所にある素材で、お手軽にできる方法もあります。肌の色を明るくする効果をもつ重曹を使います。水と重曹を混ぜ合わせてペースト状にし、唇に塗ってマッサージをした後、洗い流しましょう。
    • 洗い流した後には保湿バームを塗ります。
    • 重曹ペーストは唇の色を明るくするだけでなく、唇の角質を取り除くこともできます。
  3. 3
    じゃがいもを使う じゃがいもには肌の色を明るく効果があり、傷跡を薄くすることもできます。就寝前に、スライスしたじゃがいもを唇にこすりつけ、洗い流さずに一晩そのまま置きます。[10]朝、起床後にぬるま湯ですすぎます。
    • じゃがいもには、肌のくすみを改善するカテコラーゼという酵素が含まれています。[11]
  4. 4
    ビーツジュースでピンク色の唇を手に入れる 唇の皮膚そのものを明るくする効果はありませんが、ビーツジュースを唇に塗るとピンク色に染まり、見た目がよくなります。自分の好みに応じて実践してみましょう。毎日ビーツジュースを2~3滴ほど唇に塗ります。塗った後は洗い流さず、そのまま置きましょう。[12]
    • ビーツパウダーと水でペーストを作ることも出来ます。ペーストを唇に塗ってから10分後に拭き取りましょう。
    • 好みの色加減になるまで繰り返しましょう。
  5. 5
    ザクロのリップステインを使う ザクロをその他のフルーツジュースと混ぜて、リップステインを作ります。大さじ1杯(15ml)分のザクロの種をすり潰した後、同量のビーツジュース、キャロットジュースと混ぜ合わせます。唇に塗りこんだら、色が残るようにそのまま置きましょう。[13]
    • クランベリージュースと葡萄ジュースを混ぜ合わせたものを使うと、唇がルビーレッドに染まります。
    • 好みの色加減になるまで繰り返しましょう。

注意事項

  • 記事で紹介している方法を実践する際には、食品アレルギーに注意しましょう。
  • 唇が荒れたら直ちにやめましょう。また、必要に応じて医師に相談しましょう。

記事の情報

この記事はLaura Martinが共著しています。 ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。

カテゴリ: ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Lighten Dark Lips, Español: aclarar labios oscuros, Italiano: Schiarire le Labbra Scure, Deutsch: Dunkle Lippen aufhellen, 中文: 提亮唇色, Français: éclaicir des lèvres ternes, Русский: осветлить темные губы, Português: Clarear Lábios Escurecidos, Bahasa Indonesia: Mencerahkan Bibir Gelap, Nederlands: Donkere lippen lichter maken, العربية: تفتيح الشفايف الداكنة, ไทย: เปลี่ยนสีริมฝีปากให้อ่อนลง, हिन्दी: काले पड़ते होंठों का रंग हल्का करें, Čeština: Jak zesvětlit tmavé rty, Tiếng Việt: Môi Sẫm màu Trở nên Tươi sáng, 한국어: 거무스름한 입술을 밝게 만드는 방법

このページは 233 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?