唇が非常に厚く、薄くしたいと考えている場合には様々な方法を考慮に入れることができます。唇を薄く見せようとする時に、最も安全かつ簡単な方法は唇を化粧で強調しすぎないことです。永久的にこの悩みを解決したい場合は、口唇縮小術に関して医師に相談してみましょう。唇を薄くする手術は美的な理由だけでなく医学的な理由で行うこともありますが、このような行為にはリスクが伴うということに注意しましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
化粧を工夫する

  1. 1
    肌の色を見極めましょう。これは、早い段階である程度正確に行う必要があります。
    • コスメカウンターのあるドラッグストアやデパート、化粧品専門店などに行きましょう。
    • 美容部員に相談したり、サンプルを利用したりして該当の唇周りの肌の色を確認しましょう。そして自分に必要な化粧品の色の名前を把握します。
    • 唇の見た目を良くしようとする時には、自分が選んだ化粧品の色で肌のトーンをうっかり相殺してしまわないようにしましょう。
  2. 2
    唇周りには異なる色の化粧品を使いましょう。様々な色の化粧品が揃っていることを確認し、必要であれば買い足します。
    • 化粧道具(ブラシやチップなど)と比較的落ち着いた色か暗い色の化粧品もしくはコンシーラーが必要です。これらの製品の多くはドラッグストアやスーパーマーケットで購入することができます。見つからなければ化粧品専門店に行って相談してみましょう。
    • パープル、ブラウン、ブロンズのような色を選ぶと良いでしょう。
    • 唇のすぐ上もしくは下に色を乗せる際には、地肌とよくなじむようにメイクブラシを使っても構いません。
  3. 3
    唇の輪郭にコンシーラーを塗りましょう。この時に化粧道具(ブラシやチップなど)が必要です。唇の輪郭には色の付いた化粧品を塗ってもコンシーラーを塗っても構いません。
    • 唇周りの肌のトーンに近い色のコンシーラーを選びましょう。
    • 上唇の縁と下唇の縁からそれぞれ約1mm離れた所に塗りましょう。
    • 唇が薄く見えるように、輪郭の内側でなく外側に塗りましょう。[1]
    • スポンジチップ(ない場合は綿棒もしくは指で代用)を上下に動かしてコンシーラーを肌になじませ、唇の輪郭が周りの肌のトーンに自然に溶け込むようにしましょう。
    • 輪郭が不揃いになった場合は、スポンジチップの先端でコンシーラーの縁を撫でるようにして唇の輪郭と平行な状態にします。
  4. 4
    濃い色の口紅を塗りましょう。 これは、色の付いた化粧品やコンシーラーを塗る手順と組み合わせて行っても、単独で行っても構いません。[2]
    • 口紅を選ぶ際は明るい色を避けましょう。唇が厚く見えてしまいます。[3]
    • 自分の肌のトーンに合った濃い色の口紅を探しましょう。化粧品専門店の美容部員に尋ねるのも良いでしょう。
    • この手順は、上下どちらかの唇により多くの視線を集めたい時に効果的です。例えば、上唇のみを薄く見せる必要がある場合は、上唇に濃い色の口紅を塗り、下唇にそれよりも少し明るい色の口紅を塗って注意を引きます(逆も同様)。
  5. 5
    結果を確かめましょう。化粧では唇が上手く薄くならない場合や化粧が自分にとって選択肢にならない場合は、別の方法を検討する必要があるでしょう。
    • そもそも化粧が自分にとって選択肢にならない場合は、医学的な方法を視野に入れておく必要があるでしょう。
    • 化粧品を使う方法が上手くいかなかった場合は、別の方法を試す前にすでに使用した色合いに近い色のものを使って改善が見られるかどうか確認しましょう。
    • 広範囲にわたる化粧や医療処置を望む際は、事前に化粧品専門店や医療従事者に相談しましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
唇の手入れをする

  1. 1
    唇の怪我はすぐに手当てしましょう。唇には血管が密集しているため、ほとんどの怪我はすぐに治ります。しかし、以下の簡単な手当てを行えばその過程が早まります。[4]
    • 切り傷など、怪我をした部分を石鹸と水でしっかり洗います。
    • 出血している場合は、清潔な布で圧迫しましょう。
    • 氷もしくは保冷剤を当てて腫れやあざを抑えます。
    • 小さな傷であれば、消毒薬やオキシドールで手当てするのが良いでしょう。ただし、これらの傷口は通常自然と閉じるものです。大きな傷は医療従事者による治療が必要であり、縫合することもあります。
    • これ以上にひどい怪我をした場合は直ちに医師に診てもらう必要があります。
  2. 2
    唇は定期的に保湿しましょう。リップクリーム(オイルベースのものが望ましい)を塗って潤いを閉じ込め、健康的な唇を保ちます。これによって唇が炎症を起こしたり腫れたりするのを防ぐことができます。[5]
    • オリーブオイルやシアバター、レモン、その他抗酸化物質が豊富な原料が入ったリップクリームが推奨されています。
    • リップクリームは、毎日もしくは乾燥で唇がひび割れそうな時に塗りましょう。
    • 寒い時期にはリップクリームを塗ることが特に大切です。
  3. 3
    口周りの毛の処理を検討しましょう。口周りの毛によって唇が厚く見えているのであれば、単純に脱毛するという方法を取ることができます。[6]
    • ピンセットもしくはワックスを使用しましょう。ピンセットを使えば毛を1本1本根元から抜くことができます。
    • ワックス脱毛の場合、毛の生えている部分全体にワックスを塗り、その上にワックスペーパーを貼ります。そして、そのワックスシートを剥がすと毛が抜けます。ワックス脱毛の方が効率的ですが、綺麗に脱毛できなかったり痛みを伴ったりすることがあります。
    • 電気脱毛も1つの選択肢です。これを行うには専門家の力が必要です。電気脱毛では、細い針を毛穴に刺し電流によって毛を根元から破壊します。
    • レーザー脱毛を検討しましょう。これは電気脱毛と似たようなもので、専門家が細いながらも強力な光線を照射して毛包を永久的に破壊します。
    • カミソリや除毛クリームを使用するのは止めましょう。これらを使えば毛を短くしたり毛の成長を遅らせたりすることができますが、永久的に口周りの毛を処理できる訳ではありません。
  4. 4
    他の原因があるかどうかを判断しましょう。唇が厚く見える原因には、自分の力ではどうにもできないものもあるかもしれません。その場合は、早まって口唇縮小術に手を出さない方が良いでしょう。[7] [8]
    • 歯列矯正器具などを付けている場合は、それを取り外すまで待ってから唇の厚さに関して何らかの処置が必要かどうかを判断しましょう。
    • 口唇裂や口蓋裂など、口周りに別の深刻な症状が見られる場合はその部位に何らかの処置を行うと合併症を伴うため、医師の指示に従いましょう。
  5. 5
    手術が必要かどうかを判断しましょう。上記の方法で手入れをしても唇が薄く見えない場合は、手術を再検討しましょう。
    • 化粧や衛生的な手入れなど、唇を薄く見せるための従来の方法を全て試したかどうか振り返ってみましょう。
    • 唇が厚く見える原因が他にないか確かめましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
美容整形を行う

  1. 1
    リスクを熟知しましょう。どんな美容整形でも失敗する可能性があり、そのリスクと永久的に薄い唇を手に入れられることの価値を天秤にかける必要があります。[9]
    • 麻酔による合併症はほとんどの手術で起こります。これについては外科医や麻酔科医に尋ねてみましょう。
    • 手術室内およびその周囲では感染症のリスクがあります。また、唇および口周りは元々高いリスクを抱えています。
    • 過度な出血や体内の損傷によって、追加の手術が必要になる可能性があります。
    • 一時的もしくは永久的な神経損傷の恐れがあります。それによってさらなる手術が必要になったり、手術部位が麻痺したり、痛みを感じたりもします。
    • 手術部位に傷が残り、その部位の皮膚を取り除くための手術が必要になることがあります。
  2. 2
    口唇縮小術そのものについて知りましょう。この手術は医師免許を有した医師によって行われる必要があります。また、必須ではありませんが日本美容外科学会によって専門医制度が設けられているため、病院選びの際に参考にすると良いでしょう。また、手術を行うべきかどうかの判断も医師が行います。[10]
    • 医師は患者の病歴確認、唇に関する臨床的評価、懸念事項の話し合い、手術の進め方の説明を行います。
    • 医師が手術を勧める場合は、手術の詳細や費用、リスク、術後の回復について説明します。
    • 数十分〜1時間にわたる手術の間、医師は局部麻酔薬もしくはより効果のある経口鎮静剤を使用します。そして、口の内側から唇の横の長さに沿って切開し、組織片を取り除いた後、切った部分を縫合します。
    • 口唇縮小術の費用は上下どちらかの場合は20万円前後、両方の場合は40万円前後です。これは完全に美容整形としてみなされるため、通常保険は適用されません。
  3. 3
    術後の回復過程について知りましょう。口唇縮小術後にはヒリヒリとした痛み、鋭い痛み、つっぱり感が現れることが一般的です。医師が回復期間における指示を出し、症状を和らげる鎮痛剤を処方してくれることもあるでしょう。[11]
    • 激しい運動は避けましょう。
    • 複数の枕を使うなどして、頭の位置を高くして寝ましょう。
    • 酸性の強い食べ物や柑橘類を避けます。また、回復期間には柔らかい食べ物やピューレ状にしたものを食べましょう。
    • 殺菌効果のあるマウスウォッシュで口をすすいで切開部位の感染症対策をしましょう。
    • 全てが上手く進めば、縫合糸は1週間〜10日で取ることができるはずです。炎症や腫れのほとんどは抜糸までに治まるでしょう。
    • 過度の痛み、出血、その他予期せぬ副作用などの兆候が見られる場合は、直ちに医師に報告しましょう。
  4. 4
    終わりです。
    広告

必要なもの

  • 様々な色の化粧品
  • 化粧道具(ブラシ、チップ等)
  • メイクスポンジ
  • 綿棒
  • コンシーラー

ポイント

  • 自分の唇周りにぴったりの色を見つける際に複数の色を試す必要がある場合は、メイク落としを準備しておきましょう。
  • 唇がふっくらして見えるため、唇周りに明るい色を乗せるのは止めましょう。
  • 口唇縮小術の進め方と自分が望む結果について、医師としっかり話し合いましょう。
広告

注意事項

  • 口唇縮小術の費用は20〜40万円ほどであり、通常保険の適応外です。
  • 医療処置を検討する時や治療が必要な場合は必ず医師に相談しましょう。
  • 複数のブランドの化粧品を使用する場合は、化粧品の色の名前を自分が実際に必要としている色の名前に置き替えましょう。
広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
ワンピースのウエストを詰める
自家製シュガーワックスを作る
タトゥーシールをはがす
ジーンズについた血液のシミを落とす
眼鏡のレンズについた傷を消す
革に付いた油染みを落とす
縮んだ服を伸ばす
防犯タグを外す防犯タグを外す
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ジーパンをショートパンツにリメイクする
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす最高の方法
皮膚に付いた食品着色料を落とす
全身をマッサージする
広告

このwikiHow記事について

Shun Pittman
共著者 ::
美容師、グローバルサロン指導者、著者
この記事の共著者 : Shun Pittman. マスター美容師で作家のシャン・ピットマンは、「Corps d’Elite Salon 」と「Corps d’Elite Beauty」の創業者です。世界を股にかけて美容業界で活躍すること25年、いかなる髪質や髪のタイプ、肌の色や色調の人にもラグジュアリーなサロンサービスを提供することに情熱を傾けてきました。 ヘアコンディショニング、トリートメント、ヘアカット、カラー、スタイリング、エクステンション、さらにメイクアップなどを専門に施術を行い、L'Oréal、Wella、Matrix、Paul Mitchell、Redken、Big Sexy Hair、Toni & Guyなどの企業の美容部員への指導・訓練も歴任。また、全国・地方放送のテレビ番組の司会者としても活躍、The Washingtonian、The Cheddar Network、WJLA 局のGood Morning Washington's Beauty、Fashion Police segmentsなどの番組にも出演しました。「美容師があなたに知ってほしい50のこと(と私達も知らないこと)」著者。
このページは 739 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告