PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

石鹸を溶かすと、たくさんのことができます!例えば、液体ハンドソープやその他の洗面用具にかかる費用を節約するにはもってこいの方法です。捨てられるはずの石鹸の欠片を溶かせば、自分で安上がりなハンドソープやボディーソープを作ることができます。方法は至って簡単です。石鹸を溶かして自分の好きなものを作りましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
コンロを使って石鹸の欠片を溶かす

  1. 1
    古い固形石鹸の欠片を集めましょう。平均的な固形石鹸の重さと同じ、110g相当の欠片が必要です。もしくは、固形石鹸を丸ごと使用することもできます。固形石鹸を丸ごと1つ使っても、一部のみを使っても、欠片を集めて使っても構いません。[1]
  2. 2
    チーズグレーターを使って石鹸を粉々にしましょう。立てて使用する一般的な金属製の4面チーズグレーターが最適ですが、手持ちの小さなチーズグレーターでも間に合います。これは石鹸が溶けやすくなるように、大きな石鹸を細かく削る作業です。[2]
    • チーズグレーターが手元にない場合は、柑橘類の皮をそぎ取るためのゼスターやジャガイモ用のピーラーを使用することもできます。
  3. 3
    2L程度の水を入れた鍋で石鹸を加熱しましょう。大きめの鍋を弱火〜中火にかけ、石鹸が溶けるまで加熱します。液体ハンドソープではなくとろみのあるボディーソープを作る場合は、水を少なくしましょう。水の量を増やせば増やすほど、最終的な石鹸液の濃度が薄くなります。[3]
    • 今後この鍋で料理をする時に石鹸の成分で食材が汚れるのが心配な人は、古くなった鍋を石鹸を溶かす専用のものとして使用するか、リサイクルショップで中古の安い鍋を購入しましょう。
  4. 4
    石鹸を加熱した鍋をコンロから下ろしましょう。鍋に蓋をして、12〜24時間放置しておきます。こうすると、寝かせておく間に石鹸液にとろみがつきます。とろみが自分の好みでない場合は、必要に応じて再度加熱および調整をしましょう。[4]
    • それでもとろみの程度に満足できない場合は、泡立て器やミキサーを使ってさらに混ぜ合わせましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
電子レンジを使って石鹸を柔らかくする

  1. 1
    ベースとなる石鹸を角切りにし、ガラス製のボウルに入れましょう。プラスチックは石鹸に含まれるフレグランスオイルを吸い取ってしまう可能性があるため、プラスチック製よりもガラス製のものの方が適しています。
    • 最終的な完成物として固形石鹸を作りたい場合は、使用する流し型に合うようにあらかじめ石鹸の重さを量っておきましょう。
    • 流し型の容積が分からない場合は、まず流し型を水で満たし、その水を計量カップに移しましょう。
    • 流し型に入る量より15〜30g多い量の石鹸を使用するのが最適です。[5]
  2. 2
    ガラス製のボウルを食品用ラップで覆い、電子レンジに入れましょう。ボウルを覆うと、中の水分を逃がさないようにすることができます。石鹸は30秒おきに温めましょう。
    • 石鹸を加熱しすぎないことが重要です。石鹸の品質が落ちる可能性があります。[6]
  3. 3
    石鹸をかき混ぜて完全に溶かしましょう。石鹸のかたまりが残っているかどうかを確認します。かたまりが残っている場合は、ボウルを再度覆ってさらに30秒間温めましょう。[7]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
熱湯を使って石鹸を溶かす

  1. 1
    チーズグレーターを使って石鹸を粉々にしましょう。ジャガイモ用ピーラーを使用しても構いません。大きな石鹸を小さくすることで溶けやすくなります。[8]
    • 石鹸を丸ごと使う場合は、角切りにしても構いません。[9]
  2. 2
    鍋に水を入れて沸騰させましょう。この作業には二重鍋があれば便利ですが、なければ中くらいの大きさの鍋を使用しても構いません。[10]
  3. 3
    粉々もしくは角切りにした石鹸をガラス製のボウルに入れましょう。ボウルを二重鍋もしくは鍋に浮かべます。すると、沸騰したお湯から伝わる熱で石鹸が徐々に溶け始めます。
    • ヤギミルク石鹸を使用する場合は、2カップ強の石鹸に対して大さじ1杯の水を加えましょう。石鹸の欠片同士がくっつきやすくなります。[11]
  4. 4
    数分ごとに石鹸をかき混ぜましょう。石鹸の欠片が溶け合うようにこまめにかき混ぜます。ただし、頻繁にかき混ぜすぎたり、かき混ぜ方が激しすぎたりすると気泡が生じます。そのため、数分ごとにかき混ぜるのが最適です。
    • 石鹸の欠片がうまく溶け合わない場合は、水を大さじ1杯ずつ(最大で3杯まで)加えましょう。[12]
  5. 5
    石鹸がほぼ滑らかになったら火から下ろしましょう。石鹸が完全に滑らかになることはほとんどありません。多少の粗さは残るはずです。[13]
    広告

関連記事

くしゃくしゃになった紙を伸ばす
ドリルを使わずに貝殻に穴を開けるドリルを使わずに貝殻に穴を開ける
キャンディレイを作る最高の方法
石にペイントをする
紙のカゴを作る
簡単な紙箱を作る簡単な紙箱を作る
リボンでバラを作る
オービーズを作る
コールド・ポーセリン(樹脂粘土)を作るコールド・ポーセリン(樹脂粘土)を作る
自然乾燥で固まる粘土を使用する自然乾燥で固まる粘土を使用する
モデリングクレイを固めるモデリングクレイを固める
ビジョンボードを作るビジョンボードを作る
プレゼントの箱にリボンを掛けるプレゼントの箱にリボンを掛ける
プレイ・ドーを酒石英を使わずに作るプレイ・ドーを酒石英を使わずに作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は25,479回アクセスされました。
カテゴリ: 工芸
このページは 25,479 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告