土方焼けを目立たなくさせる方法

日焼け止めを塗らずに夏の日差しの下で1日を過ごすと、腕、顔、首元に土方焼けが残ります。土方焼けを恥ずかしいと思う人も少なくなく、一度焼けてしまうと夏の間残ってしまうので、隠そうとすると着られる服が限られてしまうこともあります。効果が現れ始めるまで1~2週間を要するものの、土方焼けによる肌の色合いの違いを徐々に和らげ均一な状態に回復させる方法があります。

方法 1 の 3:
土方焼けを和らげる

  1. 1
    角質除去で日焼けを薄れさせる 角質除去とは肌の最も外側の層にある死んだ肌細胞を除去する方法で、おかしな見た目になってしまった日焼けをを徐々に取り除いていく働きをします。角質がこすり落とされることで日焼けをした部分の肌が明るくなり、徐々に元の色合いが戻ってくるでしょう。[1]
    • 複数回スクラブを行わなければ目に見えるような違いは現れないこともあるので、焦らずに続けましょう。
  2. 2
    角質を除去する方法を選ぶ 角質除去は簡単で、肌の健康を維持するうえでも効果的です。いくつかの異なる方法があるので、どの程度のスクラブ力を求めているのかによって自分に適したものを選びましょう。手始めにヘチマあるいはフェイスタオルと洗顔料を用いる方法を試してみると良いでしょう。
    • ヘチマは、目が粗いという特徴が重要なポイントです。敏感肌の人、日焼けのあとがヒリヒリしている人は、肌荒れを起こす恐れもあるのでヘチマは使わないようにしましょう。使用する際は、ヘチマを手に持ち円を描くように優しくこすりましょう。1~2分続けます。これを1日1回、入浴時に行いましょう。
    • 洗顔料とフェイスタオルを用いる方法は敏感肌の人に適していますが、効果が現れるまでより多くの時間を要します。フェイスタオルに洗顔料を泡立て、円を描くように優しくこすりましょう。3~5分続けましょう。これを1日1回、入浴時に行いましょう。
  3. 3
    牛乳風呂で角質除去を促す 入浴時、湯船に牛乳(全乳)を加えることで、肌の最も外側の層が柔らかくなります。また、肌細胞に潤いを与える働きもします。肌が柔らかくなると角質が除去されやすくなります。[2]
    • 少なくとも5~7分はこの全乳を混ぜた湯船に浸かるようにしましょう。[3]
    • 日に焼けた肌の細胞はすでに損傷を受けていて、はがれかかっています。そのため、湯船に浸かり柔らかくすることで除去しやすくなります。[4]
  4. 4
    レモン果汁と砂糖を用いる レモンの酸によって死にかけている肌細胞が分解され、砂糖の質感がスクラブ剤として作用します。レモンを半分に切り、果汁を絞り砂糖と合わせましょう。[5]混ぜ合わせたものをフェイスタオル、あるいは指先にのせて、円を描くように肌をこすりましょう。
    • この方法を用いた直後は普段よりも日に焼けやすくなっているので、少なくとも手順を行った後の1時間は日光に当たらないようにしましょう。
    広告

方法 2 の 3:
土方焼けを隠す

  1. 1
    日に焼けていない部分にセルフタナーを塗る これは紫外線を浴びる必要のない、より安全で健康的な方法です。セルフタナーを選ぶ際は、まず保湿成分が含まれている明るめの色の製品から使い始め、肌の色の違いを和らげましょう。焼けた肌の色に合わせた製品を使いたいと思いがちですが、あまり賢明とは言えません。日焼けした肌の色に合わせた色を焼けていない肌に塗ると、足首や足元といった本来日焼けしにくい部位にオレンジがかった斑点のような痕が目立ってしまうでしょう。[6]
    • 保湿成分が含まれたセルフタナーのほうが伸びが良いので塗りやすいでしょう。
    • セルフタナーは効果が現れるまで1週間ほど要しますが、最も自然な見た目に仕上がります。
  2. 2
    スプレータンニングの施術を受ける 専門の施術者がエアブラシを用いて偽の日焼けの色味を優しく肌に噴きかけていきます。人に見られない落ち着いた場所で特定の部位などに施術を施すことも可能です。スプレータンニングを受けると少なくとも2週間ほど効果が持続し、自然の日焼けと同様に、その後徐々に落ちていきます。[7]
    • 施術者に依頼すると、それなりの費用がかかります。事前に価格などを確認してから決めましょう。
    • セルフタナーを自分で上手に扱える自信がない人はスプレータンニングを試してみると良いでしょう。
  3. 3
    日焼けサロンに行く 日焼けサロンもまた、便利で完全な個室空間でサービスを受けることができます。日焼けサロンのマシンを用いると、肌の既存の色合いが均一でない場合でも、均一に全身を焼くことができます。色の白い部分に対してマシンの紫外線がより効果的に作用するので、2~3回通うことで焼けてしまった部位の色に追いつくでしょう。[8]
    • 日焼けマシンを使うと、紫外線を当てる部位と当てている時間を自分で調整することができます。これによって全身の肌の色味をできる限りそろえることが可能になります。
    • ただし、日焼けマシンを使用することによって肌がダメージを受けるということも忘れないようにしましょう。太陽と同じ紫外線にさらされることになるので肌が損傷を受け、ガンのリスクも高まります。
    広告

方法 3 の 3:
土方焼けを予防する

  1. 1
    毎日違う仕立ての服を着る 恥ずかしい土方焼けは、特定の服を着たまま長時間日光にさらされることで生じます。つまり、様々な仕立ての服を着用することで、異なる部位が日に当たることになるので、極端な土方焼けを防ぐことができます。例えば、タンクトップとTシャツを交互に着ることで、腕や首元の土方焼けを防ぎましょう。また、ゆったりとした長そでのトップスやボトムスを着用して、肌を日光から守っても良いでしょう。
  2. 2
    紫外線が最も強い時間帯に日に当たらない 午前10時から午後2時の間、紫外線は最も強くなります。この時間帯に外出しなければならない時は、できる限り日陰を選ぶようにしましょう。日陰がない場合は、衣服や日焼け止めで肌を守りましょう。[9]
  3. 3
    日焼け止めを塗る SPF30以上の日焼け止めを使用することが、肌を守り土方焼けを防ぐ最も効果的な方法です。外に出てすでに焼け始めてしまっていることに気がついても塗り続け、悪化を防ぎましょう。
    • 日焼け止めは、塗ってから浸透して実際に保護効果が現れるまで30分を要します。[10]
    • 終日外で過ごす場合は、露出している肌に毎時間日焼け止めを塗り直し土方焼けを防ぎましょう。
    広告

ポイント

  • 日焼けした肌にアロエベラを塗ることで肌の修復が促されます。
  • たっぷりと水分を摂取することで、皮膚組織の修復を助けましょう。
  • 外出する時は必ず日焼け止めを塗りましょう。
  • 肌の保湿を欠かさず、潤いを保ちましょう。
  • 自分の肌の色合いに合ったSPFの日焼け止めを選びましょう。

広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む40人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 384 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告