髪が顔にかからないポニーテールは、実用的なだけではなく素敵なヘアスタイルです。ここでは基本のポニーテールの作り方とおしゃれなアレンジ方法を説明します。手順に沿ってポニーテールの作り方を覚えましょう。

方法 1 の 3:
基本のポニーテールを作る

  1. 1
    髪を梳かしヘアゴムを手首に巻いて準備します。すぐに使えるようにヘアゴムを利き手に用意しておきましょう。目立たないように髪と同じ色のヘアゴムを使うか、アクセントとしてカラフルなヘアゴムを使います。[1]
  2. 2
    髪をまとめて利き手で持ちます。利き手でL字型(場合によっては逆L字型)を作ります。親指を下にして頭の後ろで髪をまとめます。反対の手で髪をまとめ利き手で持ちましょう。[2] 後頭部の襟足に手をあてておきます。
    • 他の人の髪にポニーテールを作る場合は、親指を上に置きそれ以外の指でポニーテールを下から支えます。[3]
  3. 3
    まとめた髪を好みの高さまで持ち上げます。低い位置でポニーテールを作る場合は、後頭部の髪の生え際近くに髪を持った手をおきます。中間位置で作る場合は、手を耳の高さまで持ち上げます。高い位置で作る場合は、手を耳の上まで持ち上げましょう。高さを調節する際、ほつれた髪を反対の手で集めて利き手にまとめます。[4]
  4. 4
    髪をきれいに整えます。ブラシや手ぐしで髪をきれいに整えましょう。頭の上下左右に沿ってブラシで梳かします。常に髪の生え際から手に向かってブラシを動かしましょう。まとめた髪を左右の手で持ち替えながら梳かします。[5]
    • 中間位置または高い位置でポニーテールを作る場合は、ポニーテールの下の髪も忘れず整えましょう。襟足から持ち上げるようにブラシをかけます。
    • 乾いた髪を整えてもでこぼこが残る場合は、水を少しスプレーしてから再度整えます。少し濡らすと髪のでこぼこが落ち着くでしょう。
  5. 5
    ポニーテールをヘアゴムで結びます。利き手でポニーテールを持ち、反対の手で手首からヘアゴムを外して結びましょう。ポニーテールにまとめた髪をヘアゴムに通し、ヘアゴムをねじってから再度髪を通します。髪が少ない場合は、もう1度ヘアゴムをねじって髪を通しましょう。[6]
    • ポニーテールをヘアゴムで結んだ後、ヘアピンで留めるとしっかり固定できます。ヘアピン1本をポニーテールの上からヘアゴムに留めます。ヘアピンの先はポニーテールの中に入ります。さらにもう1本のヘアピンをポニーテールの下から同じ要領で留めましょう。
  6. 6
    ポニーテールを整えてから、好みに応じてヘアスプレーを使います。ポニーテールの髪を2つに分けて左右に引っ張るとヘアゴムがキュッと締まり、ポニーテールがふんわり仕上がります。髪から手を外して、最後にヘアスプレー少量でセットします。
    • ヘアスプレーを使う前に、ブラシの後ろで髪をなでつけるとすっきり仕上がります。
    • ヘアスプレーを使う前にこめかみ部分の髪をくしゃくしゃにすると、抜け感が出てルーズなポニーテールに仕上がります。
    広告

方法 2 の 3:
基本のポニーテールをアレンジする

  1. 1
    髪でヘアゴムを隠します。好みのポニーテールを作り、裏側の髪を少し取り分けます。その髪をポニーテールの付け根に巻いてヘアゴムを隠しましょう。髪と同じ色のヘアピンで毛先を止めます。[7]
    • 巻いた髪の毛先は、できるだけポニーテールの裏側で留めるようにします。
    • 取り分けた髪を3つ編みしてから巻くのも素敵です。[8]
  2. 2
    逆毛をたててボリュームを出します。ポニーテールがぺたんこになってもボリュームを増す方法があります。ポニーテールを作り直す必要もありません。 ポニーテールの髪をいくつかのパーツに分けて逆毛を立てましょう。取り分けた髪を持ち上げ、髪の中ほどから根元に向かって軽く押すようにくしを動かします。ポニーテールの裏側まで、毛束ごとに同じ要領で逆毛を立てていきましょう。[9]
    • 取り分けた髪の表ではなく裏側だけに逆毛を立てます。
    • 逆毛を立て終えたら、ブラシの毛先を使ってポニーテールの表面を整えます。
    • 最後にヘアスプレーで髪をセットしましょう。
  3. 3
    小さなヘアクリップを使ってボリュームを出します。ヘアクリップを使ってポニーテールにボリュームを出す方法もあります。まず、中間または高い位置でポニーテールを作り、上半分の毛束をよけておきます。幅2.5㎝位の小さめのヘアクリップを使って、ポニーテールの下半分の毛束をヘアゴム近くで留めます。よけておいた上半分の毛束を下ろして、ヘアクリップが隠れるように整えましょう。[10]
    • ヘアクリップが目立たないように、茶髪には茶色のヘアクリップなど髪の色に合わせたヘアクリップを使います。
  4. 4
    ポニーテールとくるりんぱを組み合わせます。まず、ポニーテールを低い位置で作ります。次にポニーテールを結んだヘアゴムのすぐ上の髪を左右に分けて「穴」を作ります。穴に下から指を入れ、その指でポニーテールを掴んで穴に通しましょう。さらに、ポニーテールの髪を2つに分け、左右に引っ張ってヘアゴムをキュッと締めます。最後にポニーテールをきれいに整えます。[11]
    • このポニーテールをリボンなどのヘアアクセサリーで飾るとより華やかに仕上がります。その場合は、ヘアゴムが隠れるようにつけましょう。
  5. 5
    ヘアアクセサリーでポニーテールを飾ります。くしやヘアクリップなどシンプルなヘアアクセサリーをつけるとポニーテールがより華やかに仕上がります。ポニーテールの根元にリボンを結んだり、ヘアゴムの後ろにくしを刺したりして飾ります。長めの前髪や短い髪があれば、邪魔にならないようにかわいいヘアクリップで留めておきましょう。
    広告

方法 3 の 3:
様々なポニーテールを作る

  1. 1
    髪を横分けして低い位置でポニーテールを作ります。ラットテールコームを使って、髪を9:1くらいに横分けします。左右どちらかの眉の上から後頭部の中心に向けて斜めに分け目を作ります。分け目とは逆方向へ、頭の側面に沿って下向きに髪を梳かします。その後髪全体をポニーテールにまとめましょう。
    • 髪を真ん中で分けてポニーテールを作ることもできます。
  2. 2
    様々な位置でポニーテールを作ってみましょう。頭の横の高い位置で作ると80年代風のレトロな雰囲気が出ます。カールやウェーブのついた髪は、頭の左右どちらかの低い位置でまとめてポニーテールを作りましょう。
  3. 3
    ハーフアップのポニーテールを作ります。両手でそれぞれL字型を作り眉の脇、こめかみ部分に当てます。親指を髪に通しながら中間の高さで1つにまとめます。まとめた髪の上を手でなでつけてヘアゴムで結びましょう。
  4. 4
    ダブルポニーテールを作ります。初めにハーフアップを作ります。透明または髪の色に合うヘアゴムで結びましょう。次に、髪全体を1つにまとめ低い位置でポニーテールを作り、別のヘアゴムで結びます。髪の色に合うヘアゴムを使いましょう。[12]
  5. 5
    中間の高さでポニーテールを作り3つ編みでアクセントをつけます。まず指1本分くらいの髪を取り分け3つ編みを作ります。次に、3つ編みを含めた髪全体を中間の高さでポニーテールにまとめヘアゴムで結びます。ポニーテールにまとめた髪を少し取り分け、根元に巻いてヘアゴムを隠します。巻いた髪の毛先をヘアピンで留めましょう。[13]
    • まっすぐでサラサラな髪は3つ編みの最後をヘアゴムで結んでおきましょう。ポニーテールにまとめた後そのヘアゴムを外します。[14]
    • ポニーテールの根元に細い3つ編みを巻くのも素敵です。3つ編みの先をヘアゴムで結んだ場合は、ヘアピンを留める前に外しておきましょう。
    広告

ポイント

  • ポニーテールをヘアアクセサリーで飾りましょう。
  • 前髪がある場合は、好みに応じて前髪を残します。
  • ポニーテールにまとめられない短い髪があれば、邪魔にならないようにヘアピンやかわいいヘアクリップで留めましょう。
  • 髪の色に合うヘアピンがない場合は、ヘアピンに髪と同じ色のマニキュアを塗りましょう。
  • 食塩水をスプレーすると髪のコシを出すことができます。[15]

広告

必要なもの

  • ヘアブラシ
  • ヘアゴム
  • ヘアスプレー(任意)

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

割れた足の爪を処置する

How to

髪に付いたガムを取る

How to

自分でロングヘアを切る

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす

How to

ネイルグルーを落とす

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

髪を自然な方法でストレートにする

How to

除光液を使わずにネイルを落とす

How to

ブリーチシャンプーをする

How to

シェラックネイルを落とす
広告

このwikiHow記事について

Christine George
共著者
チーフヘアスタイリスト、ヘアカラーリスト
この記事の共著者 Christine George. クリスティン・ジョージはカリフォルニア州ロサンゼルスにて高級ブティックサロン「Luxe Parlour」を経営しているチーフヘアスタイリスト兼ヘアカラーリストです。ヘアスタイリストとヘアカラーリストとして23年以上の経験があり、通常のサロンサービスの他にもオーダーメイドカット、プレミアムカラーリング、バレイヤージュ、クラシックハイライト、カラー矯正などの施術を行っています。ニューベリー美容学校にて美容術の学位を取得しました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 266 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告