基本的なHTMLやJavaScriptの知識があれば、パスワード保護されたwebサイトにアクセスすることができるかもしれません。この記事では、HTMLを使ってシンプルで安全性に欠けるwebサイトをハッキングする簡単な方法をご紹介します。ご自身の責任で使用してください。

注意: この基本的な方法は、非常に低いセキュリティのwebサイトにのみ有効です。堅牢なセキュリティを持つwebサイトは、このような単純なサイバー攻撃の影響は受けません。

ステップ

  1. 1
    ハッキングしたいwebサイトを開きます。webサイトのログインフォームで正しくないユーザー名とパスワードの組み合わせを入力します(例:ユーザー名「me」、パスワード「 ' or 1=1 --」)。ユーザー名とパスワードが間違っている旨のエラーが起こります。ここから実験が始まりますので気を引き締めましょう。
  2. 2
    エラーページ上の任意の場所を右クリックし、「ソースを表示」を選択します。
  3. 3
    ソースコードを見ます。HTMLコードとJavaScriptが確認できるでしょう。
    • <_form action="...Login....">のようなコードを見つけることができるでしょう。
    • このログインの前に現在開いているwebサイトのURLをコピーします。(例:"< _form..........action=http://www.targetwebsite.com/login.......>")
  4. 4
    上記のコードの中から、サーバー側でアカウント情報を検証しているJavaScriptを削除します。十分に気を付けて行なってください。ハッキングが成功するかどうかは、アカウント情報を検証するJavaScriptのコードをどれだけ効率的に削除したかにかかっています。
  5. 5
    「<_input name="password" type="password">」という部分をよく見てみましょう(引用符は除きます)。「<_type=password>」を「<_type=text>」に置き換えます。パスワードに最大文字数が設定されており、10文字以下になっている場合、11文字に書き換えます。
  6. 6
    「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」を選択し、ハードディスク上にhtmlの拡張子で保存します(例:c:\chan.html)。
  7. 7
    ハードディスク上に保存したファイル「chan.html」をダブルクリックし、ターゲットとなるwebサイトのページを再び開きます。
    • 元のページと比べると変わっている箇所があるかもしれませんが、ご心配なく。
  8. 8
    任意のユーザー名(例:hacker)とパスワード(例:' or 1=1 --)を入力します。これでwebサイトへの不正アクセスに成功し、サーバー上のデータベースに保存されているユーザーのリストに入ることができました。
    広告

ポイント

  • 追跡され、逮捕される可能性もあるので、自分のIPを使用せず、VPNまたはプロキシを使用しましょう!

広告

注意事項

  • 十分に注意してコーディングや編集を行いましょう。ハッキングが成功するかどうかは、アカウント情報を検証するJavaScriptのコードをどれだけ効率的に削除したかにかかっています。
広告

関連記事

How to

USBメモリーに音楽を入れる

How to

ファンクションキーを解除する

How to

パソコンにヘッドセットを接続する

How to

ノートパソコンのカメラで写真を撮る

How to

CPU温度を確認する

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

Chromeでタブを切り替える

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する

How to

Webページの画像を一括保存する

How to

パソコンのBIOS設定を変更する

How to

ブート可能なUSBメモリを作成する

How to

HPでスクリーンショットを撮る

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む123人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は18,782回アクセスされました。
このページは 18,782 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告