PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

壊死した皮膚細胞は誰もが何らかの方法で対処しなければなりません。実際、私たちの皮膚からは1日に約100万もの壊死した皮膚細胞が剥がれ落ちます。また、その症状が著しく酷くなる場合もあります。特に顔や足などには顕著に現れ私たちが最も気にかける所ですが、それでも色々な方法で解決できます。古くなった角質を除去し皮膚の壊死を予防することで、健康的で明るい「輝き」のある滑らかな肌を長期的に維持できるでしょう。

方法 1 の 3:
顔の肌角質を落とす

  1. 1
    タオルを湯に浸す タオルを湯に浸して温めたら顔にそっと当て1〜2分間放置しましょう。そうすることで毛穴を開き、角質除去の準備をします。角質除去は壊死した皮膚を取り除く最も効果的な方法の1つです。タオルは火傷するほど熱くせず、程よく温かい温度にしましょう。
  2. 2
    低刺激の洗顔クリームで顔を洗う 温かいタオルで毛穴を開いたら、次に低刺激の洗顔クリームで顔を洗います。スキンケアの一環として日々使っている洗顔クリームで大丈夫です。肌を清潔にすると更に毛穴が開き効率よく角質が取り除けます。
    • 顔を洗った後は乾いたタオルでやさしく拭き取りましょう。皮膚を傷つけないように優しくなでましょう。決して強くこすってはいけません。
    • 扇風機の前に立って体を乾かすのも良いでしょう。タオルで拭き取るのが難しい部分を乾かすのに便利です。
  3. 3
    物理的な方法で角質除去を行う 角質除去には物理的な方法と化学的な方法(ケミカルピーリング)の2種類があります。物理的な方法は、壊死した皮膚細胞にツールで圧力を加え剥がしとるものです。ツールの例としては、クレンジングパッドやマイクロダーマブレーションなどがあります。[1]
    • マイクロダーマブレーションは皮膚を傷つけたり刺激が強すぎる可能性があるため、使う前に皮膚科の医師に相談した方が良いでしょう。
    • L'Oreal(ロレアル)、Ponds(ポンズ)、Clinique(クリニーク)、Neutrogena(ニュートロジーナ)などのスキンケア専門の企業は、自宅で使えるマイクロダーマブレーション・キットを製造しています。
    • キットには一般的に、研磨クリームまたは洗顔料と塗布用のツールが備わっています。[2]
    • マイクロダーマブレーション専用の目の粗い布がついて来ることもありますが、壊死した皮膚細胞を除去するために使います。[3]
    • 製品の例としては、Olay(オーレイ)の「 リジェネリストナイト・マイクロダーマ&ピールシステム」が挙げられます。[4]
  4. 4
    化学的方法(ケミカルピーリング)を試す 化学物質配合の角質ケア製品はたくさんありますが、自分にぴったり合う製品を選ぶことが一番大切なため、美容の専門家や皮膚科医にまずは相談しましょう。[5] 皮膚科医にケミカルピーリングを施してもらうこともできますが、[6] 金銭的に難しい場合には、製品の成分表示をしっかりと読み自分の肌質に合ったものを選びましょう。
    • 洗顔後やさしく水分を拭き取ったら化学物質配合の角質ケア製品を丁寧に塗ります。顔全体を隈なく覆うように広げてやさしくマッサージしながら肌に馴染ませます。指で円を描くようにマッサージしましょう。強くこすると皮膚を傷つける可能性がありますので注意しましょう。
    • 首の角質除去を行う人もたくさんいます。
    • ケミカルピーリング基剤にはグリコール酸や乳酸が含まれていますが、これらの酸性の成分によってピーリング(角質除去)がより効果的に行えます。
    • 化学的角質除去では角質ケア製品を皮膚のより深い層に浸透させて作用させるため、長い目で見ると、物理的角質除去よりも効果的だと言えます。化学物質によって細胞組織の化学結合を破壊されるため壊死した皮膚細胞が組織から離れ、簡単に剥がれ落ちます。
    • 顔の角質除去をし過ぎると炎症や他の問題を引き起こす可能性があるため、一度に複数の化学物質配合の角質ケア製品を使ってはいけません。[7]
  5. 5
    角質除去が終わったら顔を水で洗う その後タオルで軽くたたいて乾かしましょう。約5分間自然乾燥させ最後に保湿用ローションを塗りましょう。
    • 保湿ローションは、一般的なスキンケアの一部としても推奨されています。早い段階で老化を防ぎ、肌全体に健康的な輝きを与えるのに効果的です。
  6. 6
    他の身体部位も剥離できることを理解する 基本的に、他の身体部位(敏感な領域と粘膜を除いて)も同じような手順で角質除去が可能ですが、顔と首が最も一般的です。これらの部位は表に出ているために最も気が配られるのでしょう。
    • 顔ではなく、他の部位専用に作られた角質除去ボディスクラブを探しましょう。
  7. 7
    自宅にある材料を使って自然素材の角質除去剤を作る 角質ケアは市販されている製品でしかできないとは限りません。自然素材を有効に使う方法を好むのであれば、自宅で独自の角質除去剤を作ってみましょう。次にその簡単な方法を紹介します。
    • 砂糖とオイルの角質除去剤:ブラウンシュガーと食用油(オリーブオイル、グレープシードオイルなど)を同量混ぜるだけで、非常に経済的で効果的な角質除去剤が作れます。混ぜた溶液を皮膚に馴染ませて角質を取り除き、石鹸と水で洗い流しましょう。ハチミツ大さじ1杯とレモン数滴を加えて栄養素を足しても良いでしょう。
    • ギリシャヨーグルトとパパイヤ酵素フェイスコンディショニングマスク:ギリシャヨーグルト半カップと潰したパパイヤ大さじ3杯を混ぜます。 顔や体に塗り15〜30分おきます。 終わったら、マスクを剥がして顔をすすぎましょう。[8]
    広告

方法 2 の 3:
足をきれいにする

  1. 1
    まず足を湯に浸す 角質を除去する前に温かい湯の中に両足を5〜10分間浸します。こうすることで角質を柔らかくし、最良の結果を出せるようにします。[9]
    • 硬くなった角質をより柔らかくするために、エキストラバージンオリーブオイルを湯の中に加えましょう。
    • 両足を浸し終わったらタオルで拭き取ります。
  2. 2
    角質除去用ブラシを使う 角質除去用のブラシで足の底を円を描くようにこすります。ブラシは化粧品店や薬局で市販されています。特にかかとや固くなっている分、古い皮膚などに焦点を当ててこすりましょう。壊死した皮膚や剥がれそうな皮膚を取り除くのに効果的な方法です。
    • ブラシを使用する代わりに、足用のヤスリや、Ped-Egg(ペッドエッグ:足を物理的に角質除去するのに効果的だと謳われている製品)などを使っても良いでしょう。また、自分の足質に合った角質除去クリームを試すこともできます。[10]
  3. 3
    軽石を使う 硬くなった角質部分に壊死した皮膚がある場合には、軽石で削り落とすと、壊死部分が剥がれ落ちます。[11]
    • 軽石は使い終わったら洗って自然乾燥させ、次回に備えましょう。
  4. 4
    仕上げに足の裏に潤いを与える 角質除去後、保湿剤を塗ることで新しい皮膚を最適な状態で保護し、より健康に保つことができます。歩くときに滑らないように靴下を履くと良いでしょう。
  5. 5
    ペディキュアを塗る 自分で塗りたくない場合には、専門家に塗ってもらいましょう。施術前に足を湯に浸し爪を整えてくれるでしょう。 硬い部分はマイクロダーマブレーションを使って処理する場合もあれば、かみそり使って壊死した皮膚を削り取る場合もあります。また、他の硬くなった足の角質も取り除いてくれるでしょう。
    広告

方法 3 の 3:
皮膚細胞の壊死を防ぐ

  1. 1
    保湿剤をたっぷりと使う 通常肌は天然の油を分泌し、肌自体を柔らかく健康的に保ち潤いも与えます。しかし、何らかの理由で天然の油が除去されたり分泌されなかったりすると、肌が乾燥し薄片状になったりひび割れたりすることがあります。乾燥した肌を元の状態に戻すには、保湿ローション、クリーム、オイルを頻繁に塗りましょう。これらの保湿液は皮膚の上にオイル層を作り水分を保持して肌に潤いを与えます。ローションを塗るのを日々のスキンケアに加えましょう。キッチンやバスルームの洗面台のそれぞれにハンドローションを置いておくと、手や顔を洗うたびに濡れるため便利です。
    • 一般的には、保湿剤の濃度が高いほど肌が水分を取り戻しやすいため、[12] 濃いクリーム、香油、「ボディバター」などの方が、水っぽいまたは薄いローションよりも効果的です。ただし濃いクリーム系の保湿剤は不快な「脂っぽさ」が残る場合があります。いくつか試して、最適な保湿剤を選びましょう。
  2. 2
    寒い季節には隈なくカバーする 世界の多くの地域では冬と言えば外は冷たく乾燥し、家の中は暖房システムなどの熱く乾燥した空気が充満します。外でも中でも肌にとってはとても厳しい状況で、乾燥、ひび割れ、炎症などを引き起こすことがあります。冬に皮膚を健康な状態に保つための最善策は、長袖などで肌を覆うことでしょう。乾燥した、刺すような外気に晒さなければ皮膚は水分不足に陥らずに済みます。
  3. 3
    強い研磨剤を使い過ぎない 強力な研磨剤(軽石や硬いブラシなど)は、蓄積した壊死して硬くなった皮膚の塊を取り除くのに優れていますが、頻繁に使用すると(または敏感肌に使用する場合)、炎症やヒリヒリ感を起こし、長い目で見ると乾燥や刺激に対して肌をもろくさせてしまう可能性があります。角質除去後にヒリヒリ感や赤みが出たら、日課のスキンケアを数日スキップして刺激の低い研磨剤を使いましょう。[13]
    • 剛毛のシャワーブラシが肌を刺激している場合は、滑らかなタオルに替えてみましょう。無理なく快適なペースで角質を除去することができます。
  4. 4
    熱いシャワーを長く浴びるのを避ける 温水を浴びるとリラックスできますが、体から必要な油分が取り除かれ肌が乾燥しやすくなります。 これを避けるには、シャワーの温度を熱すぎない程度に下げ、シャワー時間も10分以下に抑えましょう。シャワーの温度を下げ、浴びる時間を短くするほど肌の乾燥が防げます。
    • 風呂にも同じことが言えます。低い温度で短めに入るのがベストです。また、泡風呂や他のソープ風呂(「保湿」効果があることが知られているものを除く)は、肌の天然オイルを取り去ってしまう可能性があるため、避けたいものです。
    • 入浴後はタオルをゴシゴシと使って体の水分を拭き取るのを避け、パタパタと肌を優しく叩くように乾かしましょう。ゴシゴシと動かすとお湯で温まり柔らかくなった天然のオイルが剥がれ、肌がヒリヒリしてしまいます。
  5. 5
    石鹸を換えることを検討する 一部の石鹸や洗浄剤には、敏感肌を乾燥させ、天然のオイルを取り除いてしまう化学物質が含まれています。アルコールベースの石鹸は特にその傾向があります。アルコールは細菌を殺すには最適ですが、皮膚から水分をかなり奪ってしまう危険があります。[14] 病気の感染を防ぐには手指の衛生状態を良好に保つことが重要ですが、清潔に保ちたいからと強力な石鹸で手の健康状態を損なう必要はありません。低刺激の石鹸(「敏感肌」用の DOVE(ダブ))や乾燥肌やひび割れを防ぐ「保湿剤入り」と謳われている石鹸に替えてみましょう。
  6. 6
    肌にやさしいスチームバスを試す スチームバスやドライサウナに数分間入るだけで肌が柔らかくなり、毛穴の詰まりが解消されます。 加えて気分爽快にもなります。高品質のスチームバスを利用できるなら、数分から30分程度、週に1度のスキンケアのルーチンとして利用してみましょう。
    • スチームバスやサウナを利用する際は安全性を確保しましょう。気分が悪くなるほど長時間利用したり、呼吸困難になる、または目を開けていられないほど温度を上げてはいけません。更に重要なのは、サウナに入っている間はアルコールを避けることです。[16]
    広告

関連記事

口周りの黒ずみを取る口周りの黒ずみを取る
埋没毛を処理する埋没毛を処理する
手に付着したシリコンコーキング剤を落とす手に付着したシリコンコーキング剤を落とす
お酒の臭いを消すお酒の臭いを消す
女性が立ち小便をする女性が立ち小便をする
歯磨き粉でニキビを治す歯磨き粉でニキビを治す
肌に付いた塗料を落とす
デリケートゾーンの匂いを消すデリケートゾーンの匂いを消す
タンポンを使用するタンポンを使用する
カミソリ負けを早く治すカミソリ負けを早く治す
生理中にナプキンを付けて泳ぐ生理中にナプキンを付けて泳ぐ
ひび割れて痛む唇を治すひび割れて痛む唇を治す
重曹でニキビを治す
耳垢を除去する耳垢を除去する
広告

このwikiHow記事について

Mohiba Tareen, MD
共著者 ::
米国皮膚科学会認定皮膚科医
この記事の共著者 : Mohiba Tareen, MD. モヒバ・タリーン医師はミネソタ州のローズビル、メイプルウッド、そしてファリバルトの各市にて皮膚科専門クリニック「Tareen Dermatology」を経営する認定皮膚科医です。ミシガン大学アナーバー校の医学部を卒業。在学時には名誉協会「Alpha Omega Alpha」に在籍しました。皮膚科の研修医としてニューヨーク市のコロンビア大学に勤務中、同市の皮膚科学協会よりコンラッド・ストリッツラー賞を受賞。その業績は医学専門誌「The New England Journal of Medicine」にも掲載されました。皮膚形成外科、レーザー治療学、そして美容皮膚科学に焦点をおいた実務課程を修了。
カテゴリ: 個人衛生
このページは 254 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告