声に磨きをかける方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 24 出典

この記事には:良い声が出るように発声の練習をする演技のための声を改善するスピーチのための声を改良する歌声を改善する

声に磨きをかけて良くしたいと思ったら、それが日常のためでも演劇やミュージカルのためでも、試せる方法がいくつかあります。話す時の声を人の心に響くものにしたり、力強い歌声が出るようにしたりするための色々な訓練法があります。日常的に声を鍛え、わずかな調整を加えることで、大きな変化を感じることができるでしょう。

1
良い声が出るように発声の練習をする

  1. 1
    横隔膜に息を吸い込む練習をしましょう俳優や歌手にとってセリフを言ったり歌ったりする時に横隔膜を使うのは必要不可欠です。横隔膜は胸骨(左右の肋骨のつなぎ目)の下あたりにあります。横隔膜に息を吸い込み、この息を使って歌うようにするとより力強い声が出せます。[1]また、胸ではなく横隔膜に吸い込むことを意識すると声帯を傷めにくくなります。
    • 横隔膜呼吸(腹式呼吸)を習得するために、まず腹部に息を吸い込みましょう。吸い込んだ時に腹部が膨れる感じがするはずです。それからスーと音を出しながらゆっくり息を吐きます。呼吸をする時に肩や首の力を抜きましょう。[2]
    • 息を吸い込む時に、手を腹部に置いて行ってもよいでしょう。手が持ち上がれば正しく吸い込めているということです。
  2. 2
    顎の力を抜きましょう。顎をリラックスさせれば、話す時や歌う時にもっと口を大きく開けることができ、よりきれいな声が出せます。顎の緊張をとるために両手の付け根で顎のラインから頬を押し上げるマッサージをします。手を上下に動かして筋肉をほぐします。[3]
    • 手を下げる時に口をゆっくり開けてみましょう。
  3. 3
    ステアリングストローを通して呼吸をし、声域を広げる練習をしましょう。声域を広げる訓練は歌声を向上させるのにも最適です。ストローを唇ではさみ低い「ウー」という音を出します。徐々に音程を上げていきます。自分の出せる一番低い音程からはじめて一番高い音程までいきましょう。[4]
    • ストローを通らない空気が声帯を押して喉を広げます。
    • この訓練は声帯周辺が腫れるのを予防します。
  4. 4
    唇を震わせましょう。これも澄んだ声を出すのに効果的な練習です。唇を軽く閉じて「ウー」という音を出しながら空気を吐きます。出てくる空気によって唇が振動します。[5]
    • 喉で息を止めて今度は声帯を閉じてみましょう。[6]
  5. 5
    ハミングをしてみましょう。ハミングは声を出す前のウォーミングアップや長く使った後のクールダウンをするのに効果的な方法です。まず唇を閉じて顎の力を抜きます。鼻から息を吸いハミングしながら息を吐きます。鼻にかかった「ンー」という音をだすところからはじめて自分の音域の低い方へハミングしていきます。[7]
    • この練習で唇、歯、顔の骨に振動を伝えます。
  6. 6
    滑舌を良くするために舌のストレッチをしましょう。舞台俳優にとって欠かせない明瞭な発音を助けます。舌を口蓋(こうがい)に押し付けるようにしてから口の外に突き出します。 片方の頬を舌で押し、次に逆も同じように行います。舌の先端を下唇の裏側につけ折り曲げるようにして口から出し、次に舌の先端を口蓋につけて逆に折り曲げます。[8]
    • これらのエクササイズを続けて10回行いましょう。
  7. 7
    早口言葉で話し方を改善しましょう。早口言葉を言うことで滑舌が良くなり、はっきりと話せるようになります。唇、顔、舌の筋肉の運動になり、声にも良い影響を与えます。早口言葉を言う時は、それぞれの言葉の音を誇張して言うことを忘れないようにしましょう。
    • ゆっくりからはじめてだんだん速く言えるようにしましょう。(3回繰り返して言ってみましょう。)
    • 「カエルぴょこぴょこみぴょこぴょこ あわせてぴょこぴょこむぴょこぴょこ」
    • 「生麦生米生卵」
    • 「赤巻紙 青巻紙 黄巻紙」
  8. 8
    声の緊張感を取り除くために「ウー」と言ってみましょう。喉頭をリラックスさせるのに効果的で歌声が改良されます。 なるべく低音でゆっくり言います。この時喉頭が下がるのを感じるでしょう。このエクササイズをした後には声帯をよりコントロールしやすくなり、高い音域をだすのが楽になります。[9]
    • これを何回か繰り返しましょう。
  9. 9
    「あ、え、い、う、え、お、あ、お」と言いながら共鳴腔をバランス良く響かせます。母音の発声は色々な口の開け方で歌う練習になります。 効果的な発声練習のために、ひとつの音からはじめて徐々に「あ、え、い、う、え、お、あ、お」と移行させていきます。高音域が出しやすくなったり歌っている時の音程が安定するようになるでしょう。[10]
    • 一日に数回行います。
  10. 10
    一日に2回は発声練習をしましょう。舞台での発声や歌声を改良したければ定期的な訓練が大切です。大きな声を出す前のウォーミングアップはもちろんですが、より良い結果をだすためには一日に2回は練習をしましょう。
    • 朝起きた後に15分間発声練習をする時間を作りましょう。それが無理なら、仕事や学校へ行く準備をしながら行いましょう。同じことを夕食の用意をしながらや風呂に入りながら行いましょう。

2
演技のための声を改善する

  1. 1
    声を響かせましょう。大きな声ではっきりと話すのは舞台俳優にとっては不可欠です。セリフを言う時には一番後ろの席でも聞こえるように十分に大きい声を出します。ただし叫ぶのではなく横隔膜に響かせるようにするのが重要です。叫ぶと喉を傷め声が出なくなってしまいます。[11]
    • 深く息を横隔膜に吸い込み、「ハー」と言いながら吐き出す練習をします。これは横隔膜を意識するのに役立ちます。「ハー」という時に腹部から息を吐き、口から出ていることを確認します。この方法を習得したらセリフを言う時に横隔膜呼吸を使いましょう。
  2. 2
    セリフを明瞭に言いましょう。セリフをはっきりと話す事も舞台では大切です。観客が理解しやすいようにに一つ一つの言葉をわかりやすく言うことを心掛けましょう。可能な限り大きく口を開けて言いましょう。聞き取りやすくなります。[12]
  3. 3
    セリフを際立たせるために感情移入をしましょう。感情を表に出すことはセリフを上手く言うのに重要な要素です。役の人物がどんな思いなのかを考えるようにしましょう。
    • 悲しいセリフを言うのであれば少しゆっくり言ってみます。わずかに声を震わせることで悲しみをより劇的に表現できます。
    • セリフを言う時にどのような声が適切であるかを決めるために、役のセリフ一つ一つに合う感情を考えましょう。

3
スピーチのための声を改良する

  1. 1
    現在の話す声を分析しましょう。自分の声を録音するか友達に聞いてもらって評価してみます。音量、音程、滑舌、声質をチェックして、改善すべき点を見極めます。[13]
    • 声は大き過ぎたり小さすぎたりしていませんか?
    • 音程は甲高いですか、それともしっかり聞こえますか?単調な感じがしますか、それとも変化に富んでいるでしょうか?
    • 声質は鼻にかかった感じですか、それとも朗々とした感じですか?かすれているでしょうか、それとも明瞭でしょうか?おとなしい印象ですか、それとも快活な印象ですか?
    • 滑舌が悪くて聞き取りづらいですか、それともはっきり明瞭ですか?
    • 話すスピードは早過ぎたり遅過ぎたりしていませんか?オドオドした印象を与えるでしょうか、堂々としている印象でしょうか?
  2. 2
    声の音量を調節しましょう。周りにいる人全員が聞き取れるように、常に大きな声で話しましょう。でも時には声に強弱をつけることで、強調したり親しみを込めたりと変化を加えることができます。[14]
    • 大切な事を伝える時は大きな声で言いましょう。
    • 余談の時は音量を下げます。
  3. 3
    音程を有効に活用しましょう。単調だと人は話に耳を傾けてくれないでしょう。変化に富んでいると話に集中しやすくなります。スピーチをしている間は音程に変化をもたせましょう。これを利用する以下のような方法があります[15]
    • 質問は高めの音程にします。
    • 意見を陳述するときは低めの音程にします。
  4. 4
    テンポを変えましょう。テンポとはスピーチの速さのことです。テンポを遅くするのは言葉や文を強調するのに有効です。早口で話す癖がある場合は、ゆっくり話すことを心掛けると伝わりやすくなります。[16]
    • 大事な部分を話した後は、聞いた人に理解する時間を与えるために一呼吸置きましょう。
  5. 5
    適切なタイミングで自分の感情を出しましょう。スピーチをしている人の声が、感情が高ぶった時に震えるのを聞いたことがありますか?演説や演技をしている時にこれは効果的な場合があります。強い思いを表現したい時には、声に性格や感情を投影させましょう。[17]
    • 悲しい事を話している時は自然と声が震えるでしょう。ただし無理矢理そうするのは良くありません。
  6. 6
    スピーチを練習しましょう。聴衆の前で発表をする前に、誰もいないところで一人で練習をしましょう。色々な口調、速度、音量、音程を試してみます。録音をしたものを聞いて、効果的な話し方やそうでないものを判断しましょう。[18]
    • 違うバージョンの話し方で何回か練習をします。それぞれ録音して聞き比べてみましょう。
    • 録音された自分の声を聞くのが苦手な人が多いでしょう。自分が思っている声とは違うように感じますが、他の人にはこのように聞こえているのです。
  7. 7
    たくさん水を飲みましょう。大きな声で長時間話す時は喉や声帯を潤しておくことが大切です。コーヒー、炭酸飲料、アルコールなどの水分を取られてしまうものは避けます。[19]代わりに水を飲みましょう。
    • 話をする間、水を近くに置いておきます。

4
歌声を改善する

  1. 1
    母音を出すために口を大きく開けましょう。薬指と人差し指を左右の顎骨の下に添えます。顎を5㎝ほど指で引き下げます。その状態のまま「あ、え、い、お、う」と歌います。[20]
    • 顎の位置を下げた状態に保つために、コルクやペットボトルのフタを奥歯で挟みます。
    • 体が覚えるまでこの訓練を続けます。
  2. 2
    顎を引きましょう。音程が高くなっていくと、もっと声が出るように顎を上げてしまいがちです。力強い声を出すのに一瞬は効果がありますが、継続していると悪い影響が出てきてしまいます。歌う時に顎を引くように心掛けてみましょう。[21]
    • 鏡の前でスケールの練習をします。はじめる前に少し顎を引き音程が上がっていっても同じ位置を保つようにします。
    • 顎を引いた状態にしていると、絞り出さなくても力強い声が出るようになり、コントロールもしやすくなります。
  3. 3
    ビブラートを取り入れましょう。ビブラートは美しく聞こえますが、習得が難しいものです。練習をしてコツをつかんでいくとできるようになります。[22]
    • 両手で胸を押さえ、いつもよりも 胸を高くする感じで張ります。
    • 胸を動かさずに息を吸って吐きます。
    • 息を吐くときに一定の音程で「アー」と歌います。できるだけ長く声を出し続けます。
    • 半分位まで声を伸ばしたところで、空気が口の中を回っているのをイメージしながら胸を押します。
  4. 4
    音域をみつけましょう。キーボードのキー(音程)に合わせて歌っていくことで音域をみつけることができます。真ん中のドを弾きます。キーボードの真ん中の二つの黒い鍵盤の左にある白い鍵盤です。左隣の白鍵盤にひとつづつ移動しながら音を出し、そのキーに合わせて「ラー」と歌っていきます。楽に鍵盤と同じ音を出せる限りキーを下げていき、声がひずんでしまったり出なくなるまで続けます。声が出せた最後のキーを覚えておきましょう。これが一番低い音域です。[23]
    • 今度はキーを上げていって一番高い音域をみつけます。
  5. 5
    音域にもうひとつキーを加えましょう。自分の音域をみつけたら、上下両方にもうひとつづつキーを加えてみます。はじめは難しいかもしれませんが新しいキーが楽に出るようになるまで発声練習の度に8~10回は集中的にその音程を出す練習をします。[24]
    • このキーが十分に長く出せるようになったら、また新たに上下にキーを加えて音域を広げていきます。
    • 辛抱強く焦らないで練習しましょう。徐々に音を自由に操り確実に出すことができるようになっていきます。

出典

  1. http://www.toastmasters.org/~/media/B7D5C3F93FC3439589BCBF5DBF521132.ashx
  2. http://www.entnet.org/content/vocal-warmup-put-your-best-voice-forward
  3. http://www.entnet.org/content/vocal-warmup-put-your-best-voice-forward
  4. http://www.backstage.com/advice-for-actors/singing/top-10-exercises-for-your-vocal-health/
  5. http://www.backstage.com/advice-for-actors/singing/top-10-exercises-for-your-vocal-health/
  6. http://www.voiceteacher.com/cordclosure.html
  7. http://www.entnet.org/content/vocal-warmup-put-your-best-voice-forward
  8. http://www.toastmasters.org/~/media/B7D5C3F93FC3439589BCBF5DBF521132.ashx
  9. http://www.backstage.com/advice-for-actors/singing/top-10-exercises-for-your-vocal-health/
続きを 表示する… (15)

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: アート・エンタメ

他言語版:

English: Improve Your Voice, Español: mejorar tu voz, Italiano: Migliorare la Tua Voce, Português: Melhorar a Voz, Русский: улучшить голос, Deutsch: Deine Stimme verbessern, Français: améliorer sa voix, Bahasa Indonesia: Memperbaiki Kualitas Suara, العربية: تحسين صوتك, Nederlands: Je stem verbeteren, हिन्दी: अपनी आवाज़ सुधारें, Tiếng Việt: Cải thiện chất giọng của bạn, 中文: 改善嗓音

このページは 160 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?