声を低くする方法

この記事には:呼吸を改善する意識的に声を下げる手術やコーチングを検討する

誰もが深みがあり情熱的で謎めいた声に恵まれているわけではありません。ほとんどの人は大人になるにつれて声も低くなりますが、テノールのような高さから変わらない人もいます。突然、俳優のような魅力溢れる声に変えることはできませんが、真剣に練習を続ければ、より深く力強い声を手に入れることは可能です。声を低くすることは簡単ではないものの、決して不可能でもありません。

1
呼吸を改善する

  1. 1
    体のどこから発声させるのかを学ぶ 声は、鼻の裏と鼻の周りから聞こえてくる時に最も自然で力強い印象を与えます。この位置から発声できるようになるための練習として、質問に対して肯定的に答えている時のような要領で「ンンー」と声に出してみましょう。顔の内部に振動が感じられるはずです。これが、好ましい発声の位置となります。[1]
  2. 2
    横隔膜から呼吸ができるようになる 胸ではなく横隔膜から呼吸ができるようになると、声がより力強く、そして深くなります。呼吸する時に腹部が膨らみ、胸や肩は動かないようにしましょう。これが完全な横隔膜呼吸です。[2]
  3. 3
    横隔膜を声の起点とする 横隔膜から呼吸をし、それが鼻の裏側をを通って声として抜けていくよう意識しましょう。試しに思い浮かんだ内容を自由に話し、横隔膜と顔を使う練習をしましょう。このように話していると、声に負担をかけることなく音量と深みを加えることができるという点に気がつくでしょう。[3]
  4. 4
    練習を続ける 初めのうちは、こうした特殊な呼吸方法が不自然に感じて、度々通常の呼吸と話し方に戻ってしまうかもしれません。それでも数週間、気がつくたびに意識的に練習を続けていれば、無意識に行えるようになるはずです。横隔膜呼吸は自然に声を改善するうえで最も簡単な方法の1つと言えるでしょう。

2
意識的に声を下げる

  1. 1
    喉ではなく腹部から話すようにする ゆっくりと飲みこむようにして意識的に喉仏を下げましょう。再び上がって行く直前の高さが目指している位置です。あるいは、舌の付け根を喉に向かって下げてみても良いでしょう。難しそうに聞こえるかもしれませんが、何度も試すと、コツが掴めるようになるでしょう。
  2. 2
    徐々に慣れていく 親しい友達や家族と話している時に、突然ソプラノからバスに声が下がると、簡単に気づかれてしまい、体調が悪いのだろうと勘違いされてしまうかもしれません。会話をしている時は、序盤と終盤でいくつかの単語を低い声音で言ってみましょう。さりげなく試してみることが大切です。[4]
    • 突然あまり低い声で話そうとすると、人目を引いてしまうだけでなく、声帯を痛めてしまう恐れもあります。注意深く練習し、無理をしていると感じたら元の声に戻しましょう。[5]
  3. 3
    文末の語尾を下げる 会話をしていて、声を低くし忘れたことに気がついた場合は、まず深呼吸をし、軽く咳ばらいをしましょう。そして、途中だった内容を、より低い声で話し終えましょう。高い声で話し終えると、語尾を上げた質問口調のように聞こえます。そこで、意識的に文末の語尾を下げて、より自信に満ちた印象を与えましょう。[6]
  4. 4
    習慣づくまで意識的に練習する どの習慣でも言えることですが、慣れるまでは忘れがちになります。充分な練習を積み重ねることで、意識的に行っていたことが無意識に行えるようになるのです。これが、自然により深い声で話せるようになる唯一の重要ポイントです。

3
手術やコーチングを検討する

  1. 1
    より高価な手段を検討する 声を低くしたい動機によっては、より費用のかかる手段を洗濯する価値があるかもしれません。ボイストレーニングや手術が例として挙げられます。成功する可能性も高いでしょう。自信を高める、社会生活を改善する、あるいは出会いを求めているといった動機であれば、時間を要しても、より安全で安価な方法を続けた方が良いかもしれません。
  2. 2
    手術を検討する 声を半永久的に低くするための手術の1つとして甲状軟骨形成術があります。甲状軟骨形成術によって声帯の緊張が軽減します。[7]その他にも、声帯に自身の脂肪を注入するという方法にも音程を下げて声質を高める効果があると報告されています。ホルモン入れ替え療法だけでもトランスジェンダーの男性の声に効果が見られる一方で、こうした手術はさらに結果をを求める人にとって次の手段となるでしょう。[8]
  3. 3
    専門家のトレーニングを受ける 言語療法士は顧客や患者の発話の改善を様々な方法で支えることを専門としていて、その中には声のトーンを変えるということも含まれます。腕の良い言語療法士は、声が高くなってしまう原因を一緒に見つけ、改善方法を指南します。中には、トランスジェンダーの人の声のトレーニングを専門としている療法士もいます。[9] こうした専門家の助けを得たほうが飛躍的に効果も高まるでしょう。[10]

注意事項

  • 意識的に声を低くしようとすると、徐々に声帯を痛めてしまう恐れがあります。注意深く練習をし、頻繁に休ませましょう。また、少しずつ目的を達成するようにしましょう。実際のところ、こうして徐々に変えていく以外に半永久的に声を低くする方法はありません。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む28人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Permanently Lower Your Voice, Español: hacer que tu voz sea más grave de forma permanente, Português: Engrossar a Voz, Deutsch: Deine Stimme dauerhaft tiefer klingen lassen, Русский: понизить тембр голоса, Italiano: Rendere più Grave il Tono della tua Voce in Maniera Permanente, Nederlands: Je stem blijvend lager doen klinken, Français: rendre sa voix plus grave de façon permanente, Bahasa Indonesia: Menurunkan Nada Suara yang Permanen, العربية: خفض صوتك بشكل دائم

このページは 66 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?