人の声は声帯の大きさと体型の特徴によって決まります。高い声を低い声へ、もしくは低い声を高い声へと、声を様変わりさせることは不可能ですが、声のピッチとボリュームを少し変化させると、地声の魅力的な要素を引き出すことができます。これからそのテクニックを紹介しましょう。

方法 1 の 4:
声色を変えてみる

  1. 1
    音を消す 話すときに手やハンカチで口を塞ぎます。劇的な効果を求めるのであれば、手やハンカチを口にしっかりと当ててみましょう。
    • 他の音と同じように、声も音波という形で様々な媒体を介して人の耳に届きます。空気を通して伝わる音の波形と、固体などの媒体を通した波形では伝わり方が異なります。話すときに口の前に手などの固い障害物を置くと、この障害物を通して声を出すので、他の人の耳に届く音を変えることができます。

  2. 2
    モゴモゴ話してみる いつもよりも静かなトーンで、普段よりも口を小さく開けて話してみます。
    • 口ごもる話し方をすると出てくる音や声の雰囲気が変化します。
    • 口ごもるときは、意識的に普段よりも口を閉め気味に保ちます。口をあまり開けなくても発音できる音は、口ごもってもそれほど影響を受けません。しかし口を開けて発音しないと出ない音は、口ごもるとまったく違う音に聞こえます。
    • 「Oh」のように短い音の単語を話すときの音の違いを考えてみましょう。まず、口を大きく開いた状態で「Oh」と言ってみます。そのあとで、口をほんの少しだけ開けた状態で「Oh」と言ってみます。耳を澄まして聞けば、両方の音の違いを聞き分けられるはずです。
    • 口ごもると柔らかい口調になります。柔らかい話し方をするときは、クリアな音を心掛けると普段よりも半分の音量で声の通りがよくなることでしょう。しかし、もともとソフトな音や言葉の最後の音などが曖昧になることは否めません。
    • 「Got it」のような短いフレーズを話すときの音の違いを考えてみましょう。普段のトーンでこのフレーズを力強く発音しながら繰り返します。「Got」の「t」は次の母音と混じって発音される一方で、「it」の「t」の音にはすぐ気付くはずです。次に静かなトーンでこのフレーズを繰り返してみます。2つの母音「o」と「i」が大きく聞こえてきて、子音「t」がかなり弱まることに気付くでしょう。
  3. 3
    一本調子で話してみる ほとんどの人は自然に感情を込めて話します。ここでは一本調子を意識して、声のトーンを変えないで話してみましょう。込める感情の度合いを下げると、声の聞こえ方も大きく違ってきます。
    • 一本調子で質問をするとこの違いがはっきりとわかります。質問をするとき、誰でも最後の語尾を上げるはずです。抑揚のない声で、語尾を上げずに質問すると、普通の質問の仕方とは違う印象になります。
    • 「声に抑揚がない」と言われることが多いのであれば、熱意や感情を込めるという前出の逆の方法を試してみます。自分が話す内容を慎重に考えてから、その内容に合う感情を込めたイントネーションで話します。練習に適した単語は「Yeah」です。傷ついた人の「Yeah」は後半に向かって下がるイントネーションになります。情熱的な「Yeah」は最初から最後まで高いピッチを保ち、強いトーンで発せられます。
  4. 4
    様々な表情で話してみる 実際に発する言葉にかかわらず、笑顔やしかめっ面で話してみましょう。
    • 表情は言葉に込められる感情に影響を与えますが、表情によって口の形が違うので発音にも影響を与えます。
    • 例えば「Oh」という単語の音が笑顔と真顔でどう違うか考えてみましょう。真顔の「Oh」は丸みを帯びて聞こえますが、笑顔の「Oh」はそれよりも短い音で、横に唇を開く口の形のせいで「Ah」に近い音になることがあります。
  5. 5
    話すときに鼻をつまんでみる 簡単に劇的に声を変えるには、鼻の空気の通りを遮断するのが一番です。これは、片手で小鼻を押さえて鼻腔を塞ぐだけで簡単にできる方法です。
    • 口から鼻に通る空気を遮断しても同じ効果を得られます。
    • 話すときの空気は口と左右の小鼻を通ります。鼻を押さえると鼻腔から出る空気の量が減るため、普段よりも口や喉に残る空気の量が増えるわけです。この空気の量と圧力の違いが声帯の振動を変化させ、声が違って聞こえます。
  6. 6
    異なる方言を練習してみる[1]  話してみたいと思う方言を見つけ出して練習すると話し方の幅を増すことができます。どんな方言にも細かい違いがあるので、方言による言葉遣いの微妙な違いに十分に慣れ親しんでから、お気に入りの方言で話すようにしましょう。
    • 「R音が落ちる」のが複数の方言の共通点です。ボストンやイギリスの方言にも見られます。この「R音が落ちる」とは、単語の最後の「R」が発音されないことです。つまり「later」なら「lata」、「butter」なら「butta」のような音になります。

    • 「伸ばしたA音」とも多くの方言に共通する現象です。イギリス、ボストン以外ではニュージーランド、オーストラリア、南アフリカなどの南半球の英語圏でよく聞かれます。これは短い「A」音を長めに発音する方言です。
    広告

方法 2 の 4:
話し方を変えてみる

  1. 1
    自分の話し声を把握する 高い声や深い声を望むのであれば、どのアプローチを取ればよいのかを決めるために、まずは自分の声を録音することから始めます。録音機器に録音する声は、静かな話し声、大きな話し声、歌声の3つです。そして、その声の印象を言葉で表現してみて、どの点を変えたいのかを考えましょう。
    • 鼻にかかった声か、しゃがれ声か。
    • 滑舌は良いのか、悪いのか。
    • かすれ声か、澄んだ声か。
  2. 2
    鼻にかけた話し方をやめる 鼻にかかった話し声に聞こえる人が案外多いものです。多くの場合、鼻にかかった声というのは、地声よりも少し高めになり、不自然に聞こえます。不自然に聞こえる原因は、発声前に深みのあるトーンを加えるのに十分な共鳴を行えないことです。このタイプの声は言葉が不明瞭になるうえにトーン自体が耳障りと思う人が多いので、次の手順で鼻にかかった音を消してみましょう。
    • 気道を通します。アレルギーなどの理由で鼻が詰まると、十分に共鳴せずに鼻にかかった声になります。アレルギーを治し、たくさん水を飲み、 鼻腔が通る状態を保ちましょう。
    • 話すときに口を大きく開ける練習をします。軟口蓋 (上あごの天井部分) を使って発声するのではなく、あごを下げて、下あごを使うようにしながら言葉をハッキリと発音しましょう。
  3. 3
    のどを使って声を出さない 高い声を矯正するために、のどを使って深いトーンを加えて発声する人がいます。この深いトーンはまがい物で、のどを力ませた状態で発声するため十分な音量が得られず、逆に言葉が不明瞭なこもった声になってしまいます。それに加えて、のどに余計な力をかけたまま発声すると、声帯の損傷やのどの痛みの原因となり、長年そのままで発声すると声を失う危険性もあります。[2]
  4. 4
    「マスク」を通して発声する 深くて豊かな声を出すためには「マスク」と呼ばれる部分を使って話すことがポイントです。この「マスク」とは唇から鼻にかけての部分です。この部分を使って声を出すと深いトーンの低めの声に変わる確率がぐんと上がります。
    • マスクを使って発声しているかを確かめるには、話している最中に唇と鼻に触ります。この部分が振動していればマスクを十分に使っている証拠です。[4]  最初は振動しなくても、違う声色をいろいろ試してみて、マスクが一番振動する声色を見つけましょう。一番振動する声色がわかったら常にその声で話す練習をします。
  5. 5
    横隔膜から声を振動させる 十分な深みと強さを持った豊かな声を出すカギは、深呼吸をして横隔膜から空気を振動させることです。深く呼吸をすると、胸は膨らまずに、呼吸のたびに腹部が膨らんだりへこんだりします。横隔膜から空気を振動させるには、話している最中、息を吐くときに腹部を引っ込めて練習します。この呼吸法で発声すると、声が大きく共鳴してはっきりと聞こえることに気付くはずです。深呼吸に特化した呼吸のエクササイズを行うと、横隔膜を使って発声する意識が芽生えます。[5]
    • 息を吐くときは肺の空気を全部吐き出します。肺の空気が全部抜けると、身体は自然に深呼吸を行って肺を空気で満たそうとします。深い呼吸をしたときの肺の状態に意識を向けてみましょう。
    • 息を吸うときは心地良いペースで吸ったあと、15秒間息をとめてから吐き出すようにします。これに慣れたら20秒、30秒、45秒、1分間というように徐々に息をとめる時間を長くします。このエクササイズは横隔膜を鍛えるのに効果的です。
    • 一生懸命に笑って意識的に「ははは」という声を出します。これは笑いで肺の空気をすべて出す方法です。そのあと素早く深く息を吸いましょう。

    • 仰向けに寝て、横隔膜の上に本などの固くて多少重さのある物を置きます。次に身体の力を抜いてリラックスします。腹部に乗せた本の上下の動きを見ながら、呼吸するたびに横隔膜がどのように動くのかを観察しましょう。このとき、腹部をできる限り平らにして息を吐き、ウエストが自然に広がったり縮んだりするようになるまで繰り返します。
    • 立った状態で深く息を吸い込みます。次に、声を出してゆっくり5つ数えながら一息で吐きます。無理なく一息で10まで数えて吐けるまで練習します。
    • この話し方のコツをつかむと横隔膜を使って発声できるようになるので、のどを痛めるような声を出さずとも、部屋の奥にいる人にも届くほどの音量を出せるようになります。
  6. 6
    声のピッチを変える 人間の声は一定の音域の音を出せるようにできています。一時的に声を変えるのであれば、ピッチの上げ下げで対応できます。
    • 声のピッチを変える大きな役割を果たすのが喉頭軟骨です。これは「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド」のような音階に沿って歌うときに上下に動く軟骨です。[6]
    • 喉頭軟骨が上がると声のピッチも上がり女性的な音になります。一方、喉頭軟骨を下げると声のピッチが下がり男性的な音になります。
    • 低い声で話すには、あくびや口をなるべく大きく開けるなど、喉を緩める練習をしましょう。口を開けると、より丸く、深く鳴り響く声が出せるようになるでしょう。[7]
    広告

方法 3 の 4:
テクノロジーを使って声を変える

  1. 1
    スマートフォンのアプリを探す ダウンロードできるボイスチェンジャー・アプリを使うと、スマートフォンに声を録音してからアプリのフィルターを通して声を変換して再生できます。有料のものも無料のものもありますが、たくさんのアプリがリリースされていています。
    • iPhoneユーザーはApple App Storeで、ウィンドウズ・フォンのユーザーはWindows Marketplaceで、AndroidユーザーはGoogle Playでアプリを探してみましょう。
  2. 2
    コンピュータ用ソフトウェアを使う テキストを音声に変換するフリーウェアやソフトウェアをネットで探してダウンロードします。インストールしたら、テキスト入力画面に文字を打ち込み、「プレイ」ボタンを押して変換した音声を聞いてみます。
  3. 3
    簡易ボイスチェンジャーを使う 本格的な音声変換機を見つけるのが困難な場合、簡易ボイスチェンジャーであればオンラインで簡単に見つかり、購入できます。
    • 標準的な簡易ボイスチェンジャーの価格は2000~5000円程度です。
    • 種類によって機能が異なるので、購入する装置の機能を確認しましょう。声のピッチを変える機能がメインのポータブル装置が大半です。
    • 中には変換前にメッセージの録音を必要とするものもありますが、ほとんどのボイスチェンジャーは話すと同時に声を変換して、電話やスピーカーからその音を出します。
    • 正しい使い方をするために、付属の取扱説明書をしっかりと読みましょう。
    広告

方法 4 の 4:
一番良い声を出してみる

  1. 1
    声帯をケアする 肌と同じように、未熟なままで老化しないように声帯も保護しましょう。声帯を酷使してしまうと、しゃがれ声になったり、声量のないささやき声になったりと、あっという間に耳障りな声になってしまいます。そんな状態にならないように、次のステップを参考に声帯をケアしてみましょう。
    • 喫煙は「百害あって一利なし」です。喫煙は声に顕著な影響を与えます。長年の喫煙で声量が減り、声域が狭くなります。あなたが喫煙者で声量も声域も守りたいのであれば、すぐに禁煙しましょう。[8]
    • 飲酒を控えましょう。アルコールを大量に摂取すると声が未熟なままで老化してしまいます。
    • きれいな空気を吸いましょう。空気の汚い地域に住んでいるのならば、家の中に植物を置いて空気を清浄してみます。また、できる限り郊外の空気のよい場所に出かけて、きれいな空気を吸うように心がけましょう。
    • 叫びすぎてはいけません。デスメタルやヘヴィミュージックなどのハードコアな音楽のファンや、叫ぶのが好きな人は、そういう声の使い方がのどや声に大きな負荷となることを意識しましょう。声帯を使いすぎて、喉頭炎などののどの疾病を経験した歌手が星の数ほどいるのがその証拠です。
  2. 2
    自分のストレスレベルを確認する 私たちはストレスや驚きを感じると、喉頭の周囲の筋肉が緊張してピッチの高い声になってしまいます。神経質、心配性、ストレスを感じやすいなどの自覚があれば、このピッチの高い声が普段の声になっている可能性があります。ストレスを解消する方法を取り入れて、安定した本来の声を出せるようにしましょう。
    • 話す前に数回深呼吸してみましょう。心を鎮める効果だけでなく、横隔膜の準備運動にもなるので声の質が向上します。
    • 反応するときは10秒考えてからにします。不安や驚きの反応を示す前に、少し考える時間を意識的に持つと声のコントロールも可能になります。まず考えて、一息ついてから話す習慣をつけると、安定した声を力まずに出せます。[9]
  3. 3
    歌の練習をする 楽器に合わせて歌ったり、他の人と一緒に歌うと声域を広げられ、声帯を良いコンディションに保つことができます。また、自分の声域外の音域の歌を歌うのも良い訓練になります。歌を歌うときは、できる限りその曲を歌っている歌手の音にピッチを合わせ、力まないで発声しましょう。[10]
    • ピアノ伴奏で音階を歌ってみましょう。「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド」を一番楽に出せる音域から始めます。

    • 音階を繰り返し歌いながら、毎回前のピッチより1音上から歌い始め、力まずに歌えるところまで続けます。声に力が入ったらすぐにやめましょう。
    • 同じように音階を繰り返し歌いながら、今度は前のピッチよりも1音下げてみます。ここでも力まないと声が出なくなった時点でやめます。

    • 低音を出しやすくするには、喉の力を抜きましょう。[11]
    広告

必要なもの

  • 簡易ボイスチェンジャー
  • スマートフォン
  • コンピュータ

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

速くヒゲを生やす

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

タトゥーシールをはがす
広告
  1. http://www.oldandsold.com/articles10/voice-8.shtml
  2. Ted Coopersmith, MBA. 家庭教師. 専門家インタビュー. 10 July 2020.

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む28人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は50,034回アクセスされました。
このページは 50,034 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告