PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

純銀や純金のジュエリーは変色しませんが、コスチュームジュエリーに使われている安い合金は、時間が経つにつれて酸化が進み、色が変わります。元の色や輝きを失ったコスチュームジュエリーがあれば、磨いてきれいにする簡単な方法があります。シルバーのコスチュームジュエリーを洗浄液で磨き、くすみや変色を取り除きましょう。また、重曹溶液を使って徹底的に洗浄する方法もあります。これらの方法で対処すると、コスチュームジュエリーが元のように輝くでしょう。

方法 1
方法 1 の 2:
コスチュームジュエリーを磨いてくすみを取り除く

  1. 1
    ベビーシャンプーと温水で洗浄液を作り、コスチュームジュエリーに付けてやさしくこすりましょう。温水240mlにベビーシャンプーを1滴たらし、泡立つまでかき混ぜます。この洗浄液を綿棒でジュエリーに付け、細かい部分を掃除しましょう。ジュエリーがきれいになったら水ですすぎ、タオルで軽く叩くようにして水分を落とします。
    • ジュエリーをしっかりこするために、柔らかい毛の歯ブラシを使っても良いでしょう。
  2. 2
    ジュエリーをレモン汁でこすり、くすみを分解しましょう。レモン汁と温水を同量ずつ混ぜて洗浄液を作ります。この中にジュエリーを10分浸け、取り出してから歯ブラシでこすりましょう。きれいな水ですすぎ、乾かします。
    • レモン汁は酸性度が高いので、必ず水で薄めて使いましょう。
    • イミテーションの石が付いたジュエリーを浸けるのは避けましょう。石を固定する接着剤が弱くなる可能性があります。
  3. 3
    ジュエリーを歯磨き粉でこすり、輝きを取り戻しましょう。柔らかい毛の歯ブラシに歯磨き粉を少量つけ、ジュエリーをこすります。円を描くように歯ブラシを動かし、細かい溝もこすりましょう。ジュエリーがぴかぴかになるまでこすってから、水ですすぎます。錆びないように、きちんと乾かしましょう。
    • ホワイトニング効果がある歯磨き粉を使いましょう。このような歯磨き粉には重曹が含まれていることが多く、重曹はジュエリーの変色を取り除くのに効果的です。
  4. 4
    ジュエリーをケチャップに10分浸け、くすみを落としましょう。いざとなったら、ケチャップに含まれる酸を利用してジュエリーのくすみを取り除くことができます。皿やボウルにジュエリーを入れ、ケチャップをかけてジュエリー全体を覆いましょう。ケチャップに浸けたまま10分おき、くすみを落とします。ジュエリーを水ですすぎ、ケチャップをしっかり落としてからタオルで拭きましょう。[1]

    ポイント:ケチャップのにおいを消すために、くすみを取り除いたら石鹸水でジュエリーを洗いましょう。

  5. 5
    イミテーションの石が付いたジュエリーは、食器用洗剤を混ぜた水で拭きましょう。イミテーションの石は、長時間水分にさらされると壊れやすくなる可能性があります。食器用洗剤を混ぜた水に雑巾を浸し、絞ってから使いましょう。この雑巾でジュエリーと石の周りを軽く拭き、くすみを落とします。
    • 雑巾が届かない部分や細かい溝は、ようじや綿棒でこすってくすみを落としましょう。
  6. 6
    金属磨き剤を使って、ジュエリーの輝きを取り戻しましょう。ジュエリーを洗浄しても、元のように輝かない場合もあります。雑巾に金属磨き剤をつけ、ジュエリーを拭きましょう。円を描くようにこすり、金属を磨いて輝かせます。[2]
    • 金属磨き剤は、ホームセンターなどで販売されています。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
重曹溶液に浸けて徹底的に洗浄する

  1. 1
    ガラス製のボウルをアルミホイルで覆います。ジュエリーが入る深さのガラス製のボウルを使いましょう。ボウルの大きさに合わせてアルミホイルを切り、ボウルの内側を覆います。アルミホイルがずれないように、ボウルの縁を包みましょう。
    • ジュエリーのくすみがアルミホイルに引き寄せられるので、元の輝きが戻るでしょう。
    • 使い捨てのアルミ製パイ皿を使っても良いでしょう。
  2. 2
    温水と重曹、塩を混ぜましょう。ボウルに、重曹大さじ1杯(14g)と塩大さじ1杯(17g)を入れます。そこに、ジュエリーが浸かる量の温水を加えましょう。スプーンでしっかりかき混ぜます。
  3. 3
    ジュエリーを10分浸けましょう。ジュエリー全体が浸かるように、ボウルの底に沈めます。このまま10分浸けて、くすみを分解させましょう。10分経ったらくすみが落ちたか確認し、落ちていなければさらに2~3分浸けます。
    • 重曹と塩の作用でジュエリーからくすみが落ち、アルミホイルに移ります。
    • ガラスやイミテーションの石が付いたジュエリーを浸けるのはやめましょう。石やガラスが外れる可能性があります。
  4. 4
    柔らかい毛の歯ブラシでジュエリーをこすりましょう。洗浄液からジュエリーを取り出し、柔らかい毛の歯ブラシで軽くこすります。手が届きにくい入り組んだ部分や細かい部分を集中的にこすりましょう。小さな円を描くようにこすり、残っているくすみや変色を取り除きます。[3]
    • 掃除用の歯ブラシを使いましょう。
    • くすみをしっかり取り除くために、重曹と塩の洗浄液を歯ブラシに足しながらこすりましょう。

    ポイント:歯ブラシが届かない細い部分は、ようじの先でこすりましょう。

  5. 5
    ジュエリーをすすぎ、柔らかいタオルで拭きましょう。ジュエリーがきれいになったら、清潔な水ですすぎ、洗浄液を落とします。ジュエリーが錆びたり変色したりしないように、柔らかいマイクロファイバークロスで拭きましょう。ジュエリーがしっかり乾くまでタオルに載せておきます。
    • ジュエリーを速く乾かすために、低温に設定したドライヤーを使っても良いでしょう。
    • 水分が残っているとジュエリーが錆びるので、きちんと乾かしましょう。
    広告

ポイント

  • くすみや変色を防ぐために、コスチュームジュエリーに透明マニキュアを塗っても良いでしょう。[4]
広告

注意事項

  • ラインストーンやガラスが付いたジュエリーを浸けるのはやめましょう。石やガラスが外れたり緩んだりする可能性があります。
広告

必要なもの

コスチュームジュエリーを磨いてくすみを取り除く

  • ベビーシャンプー
  • 綿棒
  • レモン汁
  • はみがき粉
  • 歯ブラシ
  • ケチャップ
  • 食器用洗剤
  • 雑巾
  • 金属磨き剤

重曹溶液に浸けて徹底的に洗浄する

  • ガラス製のボウル
  • 重曹
  • 柔らかい毛の歯ブラシ
  • タオル

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
軽石を活用する軽石を活用する
タトゥーシールをはがす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
生理を早める生理を早める
ワンピースのウエストを詰める
防犯タグを外す防犯タグを外す
縮んだ服を伸ばす
革に付いた油染みを落とす
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 258 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告