PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

夏は楽しいことが盛りだくさんです。パーティ、水泳、海など、夏は一年中で最高の季節です。しかし、美味しいけれどもダイエットの敵、例えばバーベキュー用の加工肉、アイスクリーム、冷たくて甘い飲み物を口にする機会も多くあります。減量の方程式は簡単です。燃焼カロリーより摂取カロリーを少なくするだけです。夏に何キロも減量するには、食事に気を付けながら規則正しく運動をする必要があります。[1]

方法 1
方法 1 の 4:
減量の準備をする

  1. 1
    自分の体に合った健康体重を知る 慢性疾患のリスクを測るのにも利用されるボディマス指数(BMI)を使って、目標とする健康体重を決めます。BMIは体重(キログラム)を身長(メートル)の二乗で割って算出します。目標の体重(キログラム)をメートル換算した自分の身長の二乗で割ると、目標体重が健康的かどうか分かります。また、BMIを簡単に計算できるウェブサイトもあります。http://bmi.nobody.jp/ 目標体重を増減して、BMIが示す健康体重の範囲内に収めましょう。[2]
    • BMI 18.5 以下は低体重です。
    • BMI 18.5~24.5 は健康体重です
    • BMI 25~29.9 は過体重で、30以上は肥満です。
    • 理想体重を知るとともに、現実的な目標にしましょう。健康体重よりも40キロも重く、夏までに1か月しかなければ、達成できそうな少なめの目標を設定します。
  2. 2
    必要な摂取カロリーと消費カロリーを計算する 摂取カロリーを減らせば体重も減ります。しかし、休息時の身体を問題なく機能させるために必要なカロリーである「基礎代謝率」よりも減らさないことが大切です。この数値は高精度計算サイトを利用して計算できます。
    • 通常は週に1kg以上の減量を目標にしてはいけません。週に500gから1kgが健康的な減量ペースで、これより多いと変化が極端過ぎて、体が必要とするものが摂取できていないことを示唆します。適切なペースで減量するには、毎日250kcal分の摂取を控えて、250kcal余計に燃焼します。この比率にすると、1週間で500g痩せるだけのカロリーを削減できます。[3]
  3. 3
    カロリー摂取を理解し、記録する 夏の間はバーベキューやお盆、アイスクリームパーティや夏祭りなど、食べる機会が周りにたくさんあります。しかし、夏の間に体重を減らしたければ摂取カロリーを減らす必要があります。当たり前のことですが、食べる量より燃焼する量が多ければ体重は減ります。
    • 普段一日にどれだけカロリーを摂取しているか知るには、毎日、飲食した物のカロリーを全て記録します。カロリーは食品のラベルに表示されています。カロリー表示のない食品もほとんどはインターネットで検索することができます。[4]  
    • 食べた量に注意して、1食分のカロリーに実際に食べた量を掛けましょう。例えば、ポテトチップ1食分が15枚でカロリー表示されていて、30枚食べたとすれば、2食分食べたことになるのでカロリーを2倍します。
    • 普段のカロリー摂取量が判明したら、減量するためにはそこから一日につき500~1000kcal減らします。
  4. 4
    減量日誌をつける この日誌には毎日の食事内容、運動の種類と時間を記録します。とても簡単ですが、自分の行動に責任をもつための最強の道具になります。この日誌を見れば進捗状態と、なおかつ健康的な食事と運動習慣を守っているかどうかが一目でわかります。[5] [6]
    • これは自分の責任で減量を進める素晴らしい方法です。食事の摂取量、エネルギー消費量、水の消費量などを記録できるスマートフォンアプリもたくさんあります。
    • 間食を見過ごしがちの人は多く、間食しておきながら減量がうまくいかないと考えることがよくあります。ほとんどの人が自分の食べた量を25%も少なく見積もるという研究報告があります。[7]
    • さらには、大抵の人が実際にした運動よりも多くの運動をして、多くのカロリーを燃焼したと考えます。[8] 日誌を利用して、ランニングマシーンであれエアロバイクであれ、どれだけのカロリーを消費したのか確認しましょう。ジムでカーディオマシンを使えば大抵は消費カロリーがデジタル表示されます。体重や年齢などの自分の情報を入力して正確な数値を得ましょう。特定の運動を30分、または1時間した際のカロリー消費量が分かる表がオンラインで見られます。
    • 日誌をつけると、自身の毎日の習慣、実際のカロリー摂取量、運動による燃焼カロリー量などについて有益な情報を発見できるかもしれません。自分の習慣や行動が分かれば、減量を妨げている悪習慣に対処できます。
  5. 5
    応援を得る 配偶者、友人、家族など、仲間を見つけて、屋外活動やジムへ一緒に行ってもらったり、健康的な食事計画に参加してもらったりしましょう。周りから応援があると減量がしやすくなります。なぜなら、他の人がいると、やる気が続きやすく、また減量中の様々な障害や苦難に面した時によき理解者になってるからです。
    • 減量計画を助けてくれる友人や恋人が見つからなければ、個人トレーナーや栄養士のサービスを利用すると、減量の決意が持続しやすく、また運動をして健康的な食事をするのに役立ちます。トレーナーがいれば大きな助けになるはずです。既存の考えに囚われずに支援のシステムを探しましょう。
  6. 6
    医師に相談する 減量や運動の計画を実行する前には必ず医師に相談しましょう。減量計画の遂行中は定期的に医師の診察を受け、新しい食事計画による便秘や、充分な食事が摂れないことによる倦怠感など、自分が経験しているあらゆる症状や体の変化について医師に報告しましょう。
    • 適切な食事をし、カロリーと食事内容を記録し、運動もしているのに体重が減らない場合も医師に話す必要があります。これは、甲状腺異常などの重篤な疾患の兆候かもしれません。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
食事を変える

  1. 1
    アルコールの摂取を控える アルコールは食欲を増進して食事の摂取量を増加させるという研究報告があります。さらに、ビールや蒸留酒を含むほとんどのアルコール飲料は、特にお腹の脂肪につながります(ワインは例外のようです)。ただし、禁酒する必要はなく、節酒を心掛けましょう。男性は一日2杯まで、女性は1杯までにします。アルコール1杯はビール350ml、ワイン150ml、蒸留酒45mlに相当します。[9] [10] [11]
    • 肝臓がアルコールを分解している間は脂肪を代謝しません。肝臓を脂肪の代謝に集中させるためには、アルコールを止めて、肝臓の働きを最高に保つための肝臓デトックスサプリメントの服用を検討しましょう。
    • ワインか蒸留酒を飲みましょう。150mlのワインや45mlの蒸留酒は100kcalですが、標準的なビールは350mlで150kcalあります。
    • カクテル類、特にマルガリータやダイキリのような夏に人気のカクテルは、多量の糖分が含まれるので避けましょう。
    • 2010年に発表された研究によると、たしなむ程度か適量のアルコールを飲む女性は、お酒を飲まない女性と比べて、13年間に渡って体重の増加が少なく、過体重のリスクが少ないことが判明しています。[12]
  2. 2
    ファーストフードと加工食品を避ける これらの多くはエンプティカロリー食品です。「エンプティカロリー」食品とは、砂糖や脂肪などのカロリーはあるものの、ほとんど、もしくは全く栄養価のない食べ物のことです。また、精白小麦粉、白パン、白米のような加工・精製された食品は、ビタミンBや他の栄養素を欠きます。部分硬化油(トランス脂肪酸)や、ブドウ糖果糖液糖などの精糖を含む食品も多く、極めて不健康です。[13] [14]
    • 最もエンプティカロリーを含む食品や飲料は、ケーキ、クッキー、ポテトチップ、ペストリー、ドーナッツ、ソーダ、エナジードリンク、フルーツジュース、ピザ、アイスクリーム、ベーコン、ホットドッグ、ソーセージです。これを見れば、夏の食生活が大きな問題になる理由が分かるでしょう。
    • こうした食品の代わりに、身体に良い食品を探しましょう。例えば、低脂肪のホットドッグやチーズをスーパーで購入できます。また、無糖飲料もあります。キャンディや炭酸飲料といった食品は基本的にカロリーだけで栄養価はありません。[15]
    • 赤肉、バター、ラードなどの動物性食品に含まれる飽和脂肪酸を避けましょう。
  3. 3
    良質の脂肪を食生活に取り入れる 悪い脂肪を良質な脂肪に置き換えましょう。良質な脂肪でも量に注意する必要はあります。一価不飽和脂肪酸は脂肪、特にお腹回りの脂肪を燃焼すると臨床的に証明されています。したがって、アボカド、カラマタオリーブ、オリーブオイル、アーモンド、クルミ、亜麻仁などを食事に取り入れて減量を促進しましょう。[16] [17]
    • 脂肪は私たちの友人です。健康的な脂肪は満腹感をもたらし、食欲を抑え、関節の痛みを改善し、ホルモンの分泌を促進するなど、有益な面がたくさんあります。
    • バターの代わりにオリーブオイルを料理に使用する、袋のクッキーの代わりにひとつかみのアーモンドをおやつに食べるなど、可能な限り健康的な食品に置き換えましょう。
  4. 4
    脂肪の少ない肉を選ぶ 夏のバーベキューやパーティに肉は人気の食材です。夏に減量をするには脂肪の少ない肉を選ぶことが肝心で、ハンバーガー、ホットドッグ、ソーセージ、ステーキなどの赤肉や加工肉はよくありません。脂肪の少ない肉には、ターキー、鶏肉、豚ロース、脂肪分控えめのハムのステーキなどがあります。[18]
    • 肉を料理して食べる前に皮や目に見える脂肪を取り除きましょう。鶏やターキーの皮なし胸肉を購入することも可能です。
    • 赤肉を完全に禁止する必要はありませんが、賢く選択しましょう。例えば、牛やターキーの挽肉を購入する際は赤身93%以上(つまり脂肪が7%以下)の商品を選びます。ステーキを焼く際はトップ・サーロインステーキやラウンドステーキのような脂身の少ない部位を選びましょう。
  5. 5
    食事に魚を多く取り入れる 週に少なくとも2回は魚を食べましょう。体内では作れず、食事からしか摂取できないオメガ3脂肪酸を、魚類、特に鮭、鯖、鮪は豊富に含みます。[19]  オメガ3脂肪酸は減量に効果があります。[20]
    • 脂肪の多い肉を徐々に止めるのであれば、魚は優れたタンパク質の宝庫でよい選択です。
  6. 6
    低脂肪乳製品を選ぶ 低脂肪乳製品を選ぶと飽和脂肪の消費を減らせるので減量につながります(飽和脂肪は体重の増加をもたらします)。[21]
    • 低脂肪の牛乳、カッテージチーズを購入しましょう。低脂肪、または無脂肪のヨーグルトを選びましょう。
    • チーズを選ぶ際にはチェダーやパルメザンのような脂肪の少ない硬いチーズを選び、柔らかく溶けて伸びるチーズは避けます。
  7. 7
    全粒粉を多く摂る 全粒分は健康的な体重に不可欠な繊維質とミネラルを豊富に含みます。言うまでもなく、全粒粉はお腹が膨れて満腹感を持続します。
    • 白パンや小麦パンの代わりに全粒粉100%のパン、白米の代わりに玄米、精白小麦のパスタの代わりに全粒粉パスタを食べましょう。
    • スティールカットオーツ、オールドファッションオーツ、クイックオーツといったオートミールを多く食べましょう。
  8. 8
    果物と野菜をたくさん食べる 果物と野菜は栄養豊富な食事に不可欠です。カロリーが低く、重要なビタミン、栄養、ミネラルに溢れています。果物と野菜を食事にたくさん取り入れると、減量に役立つだけではなく、食物繊維が豊富なため満腹感が持続し、食べ過ぎを防ぎ、結果として健康をもたらします。また、果物や野菜の多くは夏に旬を迎えるので、手ごろな値段で豊富に品物が揃い、食事に取り入れやすくなります。[22]
    • 9歳以上の子供と大人は1.5~2カップの果物と2.5~3カップの野菜を毎日摂りましょう。推奨量を満たすには、食事の度にお皿の2/3を新鮮な果物、野菜で占めるようにすると良い目安になります。 
    • 彩を考えましょう。茄子、ビーツ、ケール、イエローペッパーなど、色とりどりの新鮮な野菜を加えて、彩の良い食事にしましょう。食事の彩を考えると、多くの果物と野菜を食べることになり、同時に料理も美味しそうに魅力的に見えます。
    • 食事に果物や野菜をより多く取り入れてカロリーを減らしつつ、大好きな料理を楽しむ方法のひとつは、料理に「こっそり」野菜を紛れ込ませることです。料理にピューレにした野菜を加える(例えば、マカロニチーズにカリフラワーを混ぜる)と、数100kcalの摂取量を減らせることが研究者によって明らかにされています。[23]  野菜は料理のかさを増やしますが、カロリーをそれほど余計には増やしません。
  9. 9
    水分の多い食物を食べる 水分の多い食物を摂る人はBMIの値が低いという研究報告があります。こうした食物に含まれる水が満腹感を持続させるので、食事量全体が減ります。当然のことながら、最も水分の多い食物は果物と野菜ですから、果物と野菜は減量に一石二鳥の効果があります。[24] [25]
    • スイカとイチゴは容量の92%が水分です。水分の多い他の果物にはグレープフルーツ、メロン、桃があります。果物の多くは糖分も多く含むので、一日に食べる量を制限することを忘れないようにしましょう。[26]
    • 野菜ではキュウリとレタスが最も水分の含有量が多く、96%が水分です。ズッキーニ、ラディッシュ、セロリは95%が水分です。
  10. 10
    水分補給を十分にする 夏の水分補給は極めて重要です。高い温度と運動量の増加で汗の量が増えるので、体はより多くの水分を必要とします。減量中の女性が水を飲むと体重がさらに落ちることが分かっています。[27] 水が減量に及ぼす効果の仕組みは明らかにされていませんが、水を飲むと満腹感が持続し、体にエネルギーを補給し、効果的に脂肪を燃やすのに十分な水が行き渡るため、水分補給が減量を促進すると考えられています。夏の間に体重を落とすために、男性はコップに13杯の水を、女性は9杯の水を毎日飲むと良いとされています。[28]  水を十分に飲むのが難しい場合は、以下のような楽しくて夏らしいアイディアを使って水分と養分を補給しましょう。 
    • 自分でスムージーを作る 一人分のスムージーを作る完璧な方法は、容器の半分まで緑の葉物野菜(ケールやほうれん草)を入れて、残りの半分を果物(バナナ、ベリー、マンゴーなど)にし、そこに栄養価の高い亜麻仁、チアシード、アーモンドなどを加えてから、250mlの液体(水、低脂肪牛乳、アーモンドミルク、豆乳など)を注ぎ、なめらかになるまで混ぜます。 
    • 自家製アイスキャンディを作る 自家製アイスキャンディは暑い夏に水分を補給し、涼しさを保つのに最適です。スムージーと同様に素を作り、それをアイスキャンディ用の型に入れて一晩凍らせます。健康的ですっきりするアイスキャンディのもうひとつの作り方は、型の半分まで水を入れ、残りを果汁100%のジュース(フルーツミックスや「混ぜ物」を含むジュースは使用しません。こうした製品には糖分が追加されているので減量に向きません)で満たします。それを一晩凍らせます。
    • フレーバーウォーターを作る ただの水を飲むのがあまり好きではなく、風味を加えて美味しい水を飲みたいという場合にフレーバーウォーターはぴったりです。フレーバーウォーターは新鮮な果物や野菜を切って水に入れ、数分から30分ほどおいて水に風味を付けて作ります。人気がある組み合わせは、ラズベリーとレモン、イチゴとキウイ、キュウリとライムなどです。  
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
食習慣を変える

  1. 1
    ゆっくり食べる 食べるのが早過ぎて、実際に満腹だと感じる前に食べ物もカロリーも摂りすぎてしまう人がたくさんいます。お腹が満たされている感覚を脳が記録し、食べるのを抑えるように指示をして体が満腹感を覚えるのに、およそ20分かかります。満腹感を覚えると、人は食べるペースを落とすか、食べるのを止めます。[29]
    • 料理に意識を向けて注意深く食べるマインドフル・ダイエットは、健康体重を保つために多くの人が利用している方法です。本当にお腹が空いた時に食べ、一杯になったら食べるのをやめます。食べることに時間をかければ、いつ満腹になったのかを脳が知らせます。また、本当の空腹と退屈、習慣、感情から感じる空腹を区別しましょう。
    • 食事の直後に満腹感を感じなければ待ちましょう。飲食をしたときに脳が分泌する化学物質が満ちて、体が満腹だと感知するには時間を要します。化学物質が増えれば空腹感が消えます。食事のおかわりをする前に少し時間を置くべきなのはこのためです。
  2. 2
    食事に適した環境を整える 食事は食器を使い、座って食べましょう。手で食べると「ひと口」の量が多くなります。テレビなどの気を逸らすものを点けてはいけません。テレビの前で食べる人は一般的に、自分がしていることや、どれだけ食べているかに意識がいかないので食べ過ぎる傾向があります。
    • 大きな食器を使う人の方が小さな食器を使う人よりも多く食べる、という研究結果があります。食べ物を小さなお皿に乗せるのは、たくさんあるように見せて脳をだます、良いアイディアです。[30]
  3. 3
    満腹になったら食事を止める 食事をして心地よい満足感を覚えたら食べるのを止め、お箸をおいて食事が済んだという合図を送りましょう。これは周りの人への合図であると同時に自分自身への合図でもあります。
    • お腹がいっぱいになったら、食事を残してもかまいません。満腹や満足はお腹に詰め込む感覚と異なります。腹8分目を心掛けましょう。食べ過ぎて食後に気持ち悪くなるべきではありません。[31]  
  4. 4
    食事中に水を飲む 喉の渇きを空腹と勘違いすることがよくあり、これはつまり、必要がないのに食べることになります。水分を十分に補給すると空腹感は減少し、顔色が明るくなり髪も艶やかになります。食事中は水を飲み、消化を助けるとともに、満腹感を得やすくしましょう。
    • 自分が感じているのが本当に空腹なのか定かではない場合は、大きなコップに1杯の水を飲んでしばらく様子をみます。空腹感が収まれば、体が欲していたのは食べ物ではなく水です。
  5. 5
    外食を管理する 夏にレストランや誰かの家で食事をするのは、本当に悩ましいことです。食べたいけれども、間違ったものを口にして進行中の減量を後戻りさせるリスクは避けたいものです。[32]
    • 出先での食べ過ぎを防ぐには、事前に家で健康的な軽食を少し食べておきましょう。人参と豆の裏ごし、またはリンゴを少々食べるといいでしょう。事前に軽食を口にしておくと空腹感が抑えられ、頭も明晰になるので、パーティやバーベキュー、レストランで健康的で賢明な判断ができます。
    • 食事が始まったら、持ち帰り用の容器を頼み、食べるつもりのない物を入れます。友人宅にいる場合は、お皿の縁まで食べ物を盛るのは控えて、お腹がいっぱいになったら食べるのを止めましょう。間違いなく、目の方が胃よりも大食漢なのです。
    • 健康的に見せかけた油の多い食べ物に注意しましょう。ドレッシングのかかったサラダの多くは、油分が多く高カロリーです。「健康的な選択」のはずだったサラダも、油分の多いドレッシングをたっぷりとかければ、ハンバーガーとかわらないカロリー量になります。ベーコンビッツやチーズのようなカロリーの高いトッピング類にも気を付けましょう。[33]
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
定期的に運動をする

  1. 1
    運動を日々の習慣の一部にする 食事を変えてカロリーを制限する方が、一般的には運動をするよりも効果が高いものの、毎日の体操などを含む日々の身体活動は、減らした体重の維持とリバウンドを防ぐのに極めて重要です。体重の維持のためには少なくとも30分の全身運動を、減量のためには60分の運動をほぼ毎日行いましょう。[34] こうした運動や筋トレも日誌に記録します。
    • 身体活動は減量のために重要なだけではなく、心臓血管系疾患、高血圧、2型糖尿病など多くの疾患や病状を防ぐ効果があることがわかっています。また、鬱や不安症の症状も緩和するので、こうした病を患っている人も、運動をすることで夏を楽しく過ごせます。[35]
  2. 2
    有酸素運動を取り入れる 中程度の有酸素運動であれば毎週150分、激しい有酸素運動であれば75分行いましょう。この数値はあくまでも目安で、体重を減らして維持するのに必要な身体運動の正確な量は明らかではなく、人によっても異なります。運動しても結果が現れなければ(健康的な食事を続けていて)、週に500gから1kg減量できるようになるまで、有酸素運動の量を増やすことを検討しましょう。[36]
    • 中程度の運動とは、心拍数が上がって呼吸が早くなっていても、運動をしながらまだ会話ができる程度を指します。例えば、早歩き(1kmを10分)、軽い庭仕事や屋外の仕事(落ち葉掃除、雪かき、芝刈り)、楽なペースでの自転車こぎなどです。
    • 激しい運動とは、息が上がり会話ができなくなる程度を指します。例えば、ジョギング、ランニング、ラップスイミング、縄跳び、早いペースや坂道での自転車こぎ、そして、フットボール、バスケットボール、サッカーなどの競技スポーツなどが挙げられます。
  3. 3
    筋トレをする 筋トレは減量にも、筋力や骨密度の低下を防ぐためにも重要です。[37]  重い箱や買い物袋を持つ、骨の折れる庭仕事や屋外仕事をするなど、筋トレは日々の生活の中で行えます。腕立て伏せ、腹筋、プランクポーズも、特別な器具や環境を必要とせずに、自分の体の重みを抵抗にして行える素晴らしい運動です。また、ジムの筋トレマシーンを使ったりフリーウエイトを持ち上げたりして体を鍛えることもできます。
    • 筋トレマシーンに興味があっても、どのように体中の筋肉を鍛えるのかがよくわからない場合は、個人トレーナーを雇うことを検討してみましょう。トレーナーがあらゆる筋肉を鍛えるのに必要な様々な運動方法を教えてくれるでしょう。費用はかかりますが、正しい姿勢で適切に運動ができているかトレーナーが見てくれるので、怪我をするリスクを軽減できます。
  4. 4
    ジムの会員になる ジムに所属するのは、ひと夏を通して活動的に過ごす、とてもよい方法です。若者が活動的に過ごすことを奨励する方法として、学生に特典を与えているジムもあります。また、夏には忙しくて街を出てしまいがちな人をジムに引き留めるために、夏限定の他の特典や割引も設けられています。近所のジムを探してみましょう。あまり遠くだと頻繁に行く気になれません。[38]
    • 通常ジムには個人トレーナーがいて相談に乗ってくれます。トレーニング内容を多様化して異なる筋肉を鍛えるために、エクササイズの教室を設けているジムもあります。自分で運動をするよりも、教室に参加した方がやる気がでるという人もいます。ジムへ通うもうひとつの利点は、友人ができるかもしれないことです。[39]  
    • 個人トレーナーやジムが好みでなければ、ダンスやエアロビクスなどのグループフィットネスを検討しましょう。
  5. 5
    家で運動をする ジム通いをしなくても、居心地の良い自分の家で、十分に運動をすることは可能です。インターネットのおかげで、あらゆるトレーニングや運動のビデオがオンラインで入手できます。10分間の有酸素運動から、腰、腿、足の運動、1時間のヨガクラスまで、自宅に居ながらにしてできます。[40]
    • ジムやスポーツクラブに参加する余裕のない人や、人前で運動をするのが心配な人にとって、自宅での運動は理想的です。自宅で運動をすれば、居心地の良い自分だけの空間で、ジムへ行くのと遜色ない運動を楽しくこなすことができます。
    • ただし、必ず自分の能力に見合ったビデオに従って、正しいフォームで行うようにします。万が一怪我をしても誰も助けてくれる人はいないので、オンラインを利用する場合には、どの運動をするか注意深く選びましょう。実際に運動を始める前にビデオを全て見る、説明を読むなどして、自分が安全に気持ちよくこなせるかを判断するといいでしょう。
  6. 6
    外に出る ジムでのトレーニングだけが、夏を通して身体運動を行い、活動的に過ごす唯一の方法ではありません。夏は天気も良いので外に出て体を動かす機会がたくさんあります。外に出れば、素敵な夏の天気を満喫しつつ、減量のための運動もできます。誰もが取り組めそうな夏の楽しい活動はこちらです。[41]
    • 動くことを心がける 体を動かしましょう。座りっぱなしの仕事をしているなら、階段をあえて使う、遠い位置に駐車をする、休み時間に歩き回るなどしましょう。
    • スポーツをする 夏のスポーツリーグに参加したり、友だちを見つけてサッカー、バレーボール、フットボール、野球などの交歓試合を行ったりしましょう。
    • ウォーキング、ジョギング、ランニングをする トレイルやトラック、近所の景色の良い場所を探し、ウォーキングやランニングをして心肺能力を鍛えましょう。
    • 自転車に乗る 自転車走路がある公園や自転車専用レーンのある道路を探し、爽やかな空気の中で自転車をこいで足を鍛えましょう。
    広告

ポイント

  • 時には決まりを破ってしまうこともあると頭に入れておきましょう。食べ過ぎてしまう夜もあるでしょう。ビーチで甘い物を飲み過ぎ、ポテトチップも食べ過ぎてしまう酷い日もあるかもしれません。目標から逸れてしまっても絶望することはありません。明日からまた、気持ちを新たにしてやり直しましょう。
広告

注意事項

  • 極端な食事制限や運動を取り入れた減量計画を始める場合は、必ず医師と相談しましょう。定期的に医師を訪れて、進捗状況と健康状態を確認してもらいましょう。
広告

関連記事

素手の喧嘩に強くなる素手の喧嘩に強くなる
短期間で筋肉をつける短期間で筋肉をつける
お尻を大きくするお尻を大きくする
ボクシンググローブの手入れをする
ゴルフのハンディキャップを計算するゴルフのハンディキャップを計算する
肺活量を増やす肺活量を増やす
手首を鍛え太くする
腰を強化する腰を強化する
手首をポキポキ鳴らす
立ち泳ぎをする
最大酸素摂取量(VO2 Max)を測る最大酸素摂取量(VO2 Max)を測る
懸垂バーなしで懸垂をする懸垂バーなしで懸垂をする
サンドバッグを詰めるサンドバッグを詰める
プラナヤマで呼吸するプラナヤマで呼吸する
広告
  1. http://www.medicaldaily.com/naked-truth-6-dangers-having-beer-belly-322608
  2. http://www.health.harvard.edu/staying-healthy/beer-belly
  3. http://www.sciencedaily.com/releases/2010/03/100308132032.htm
  4. http://www.choosemyplate.gov/weight-management-calories/calories/empty-calories.html
  5. http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/002469.htm
  6. http://www.choosemyplate.gov/weight-management-calories/calories/empty-calories.html
  7. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3257626/
  8. http://www.health.harvard.edu/staying-healthy/the-truth-about-fats-bad-and-good
  9. https://www.choosemyplate.gov/protein-foods-tips
  10. https://www.choosemyplate.gov/protein-foods-tips
  11. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3257626/
  12. http://www.choosemyplate.gov/food-groups/dairy.html
  13. http://www.choosemyplate.gov/food-groups/fruits.html
  14. http://ajcn.nutrition.org/content/93/4/756.abstract?sid=8798feae-7f22-4d9a-bddf-c91bb90e9c66
  15. http://www.health.com/health/gallery/0,,20306719,00.html
  16. A Harvard Medical School Special Health Report. Healthy Solutions to Lose Weight and Keep it Off. p. 28
  17. https://www2.ca.uky.edu/enri/pubs/enri129.pdf
  18. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18787524
  19. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/nutrition-and-healthy-eating/in-depth/water/art-20044256
  20. http://www.health.harvard.edu/blog/why-eating-slowly-may-help-you-feel-full-faster-20101019605
  21. http://foodpsychology.cornell.edu/outreach/large-plates.html
  22. http://www.huffingtonpost.com/irene-rubaumkeller-/how-do-you-know-when-to-s_b_102074.html
  23. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/nutrition-and-healthy-eating/in-depth/fast-food/art-20047179?reDate=15072015
  24. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/nutrition-and-healthy-eating/in-depth/fast-food/art-20047179?reDate=15072015
  25. http://www.cdc.gov/healthyweight/losing_weight/keepingitoff.html
  26. http://www.cdc.gov/healthyweight/physical_activity/index.html
  27. http://www.cdc.gov/healthyweight/physical_activity/index.html
  28. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/fitness/in-depth/strength-training/art-20046670
  29. http://www.nhs.uk/Livewell/fitness/Pages/Getfitwithoutgym.aspx
  30. http://www.nhs.uk/Livewell/fitness/Pages/Getfitwithoutgym.aspx
  31. http://www.nhs.uk/Livewell/fitness/Pages/Getfitwithoutgym.aspx
  32. http://www.cdc.gov/healthyweight/physical_activity/index.html

このwikiHow記事について

Claudia Carberry, RD, MS
共著者 ::
栄養学修士(テネシー大学ノックスビル校)
この記事の共著者 : Claudia Carberry, RD, MS. クラウディア・カーベリーはアーカンソー大学の医療科学センターで働く管理栄養士です。腎臓移植を専門とし、患者の減量カウンセリングも行っています。アーカンソー栄養士協会の会員で、2010年にテネシー大学ノックスビル校にて栄養学の修士号を取得。 この記事は2,199回アクセスされました。
このページは 2,199 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告