内面の美しさはとても重要なものですが、内面を磨くにしても、他人が求める姿ではなく、ありのままの自分でなくては意味がありません。自分の外見に満足することで、内面もより輝いて見えるようになります。外見を一通り改善する方法を学び、常に自分に自信を持った魅力的な人間になりましょう!

パート 1
パート 1 の 3:
外見を整える

  1. 1
    自分に合った髪型や髪色を見つける 前髪のないスタイルやブリーチカラー、金髪は誰にでも似合うわけではありません。何年もかかるかもしれませんが、自分に合ったヘアスタイルが見つかるまで、いろいろと試行錯誤を繰り返しましょう。
    • ヘアカラーは、自分の自然な髪色から1〜2トーン以内のものを選びましょう。根元が伸びてきても違和感がなく、手入れがしやすいはずです。もっと明るくしたい場合は、全体の色を変えるのではなく、さりげなくハイライトを入れるとよいでしょう。
    • 自分の顔型から適切な髪型を見つけましょう。本来の特徴を生かし、顔型を誇張しないようなヘアスタイルにしましょう。以下のように、顔型別に似合う髪型を考えていきます。丸顔の女性の場合は、サイドパートのあるアシンメトリーなヘアスタイルが似合うでしょう。[1] 四角い顔の女性は、角度をつけたボブや、ロングまたはミディアムスタイルのレイヤーカットにし、前髪はサイドに流します。[2] 細長い顔の女性は、ショートやミディアムスタイルでゆるくウェーブをつけた髪型が似合いますが、前髪をまっすぐ横に流すのは避けましょう。[3] 楕円形やハート型の顔の人は、(ラッキーなことに)どんな髪型でも似合います。いろいろと試してみましょう!
  2. 2
    衛生面に気を配る 外見が良くなるだけでなく、感染症などの病気の発生や拡散を防ぐことができます。[4]
    • 朝晩の歯磨きを欠かさないようにしましょう。歯を白く保ち、息も爽やかになります。何よりも歯と歯茎の健康を保つことができるでしょう。
    • 毎日髪の毛を洗わない人も、毎日シャワーを浴びましょう。シャワーを浴びる時間がない場合は、最低限、顔と脇の下をタオルと石けんを使ってきれいにするようにします。
    • 必要なら、カミソリで剃ったり、ピンセットで抜いたり、ワックスや脱毛テープを使ったりして除毛や脱毛を行います。怠けて手入れしないのではなく、「自然」あるいは「タフ」な見た目を目指すなどの意図があるなら、ムダ毛の処理をしなくても結構です。
  3. 3
    肌の問題に対処する 人に会ったときに相手が最初に見るのは肌です。そのため自分の肌に自信を持つことはとても重要になります。シミや傷痕、黒ずみが気になる場合は、皮膚科医に相談して適切な治療を受けましょう。シミや傷跡を薄くするためのクリームや軟膏も、様々な製品が販売されています。
    • 長時間、太陽の下で過ごす予定のある場合は、日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったりして、日焼けや黒ずみを防ぎましょう。日焼けによる悪影響から肌を守るという、より重要な効果も期待できます。
    • 水を飲む 水分を補給することで、肌を健康的に輝かせ、健康の維持に必要なエネルギー摂取もできます。
  4. 4
    体型を整える これは必ずしも体重を減らすことを意味しているわけでありません。体型を整えることの意味は人によって違うでしょう。体重を減らしたいのであれば、摂取カロリーを減らし、日々の暮らしに有酸素運動を取り入れるようにします。筋肉をつけたいならレジスタンス・トレーニングを行い、たんぱく質の多い食事を摂るようにしましょう。
    • 果物、野菜、赤身のタンパク質を摂りましょう。これらの食品には、体に必要なビタミンや栄養素が豊富に含まれており、体型や体の調子が整います。
    • 糖分の摂りすぎに注意しましょう。食品表示をよく読み、ドレッシングやパン、ソースなどに加えられている糖分にも気を配ります。
    • アルコールを控えましょう。脱水状態になるのを防ぐことで、肌の調子が良くなるだけでなく、必要以上にカロリーを摂取せずに済みます。
    • スポーツジムに入会する、または一緒に運動する仲間を見つけましょう。他の人と一緒に運動することで、モチベーションを保つことができます。
  5. 5
    体型に合った服を着る シチュエーションや流行に関係なく自分に似合う服を着ることで、最高の自分を演出しましょう。流行は移り変わりますし、流行のスタイルが必ずしも自分の体型に合うとは限りません。
    • 自分のチャームポイントを引き立て、悪い所は隠しましょう。例えば、砂時計型の体型なら、体にフィットしたドレスを着て体のラインを見せ、オーバーサイズの服や凹凸のないストンとしたタイプの服は避けましょう。
    • ラベルに記載されているサイズは気にしないようにしましょう。女性は「サイズアップ」を恐れるあまり、あえて自分には小さすぎるジーンズを選んでいることがあります。しかし実際は、ラベルに書かれている数字よりも、その服を着たときにどう見えるかのほうが重要です。それに、誰もあなたのパンツのサイズを知ることはないでしょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
人を惹きつける

  1. 1
    笑顔でいる 常に口をとがらせていると、威圧的で真面目でつまらない人という印象を与えてしまいます。恐くて話しかけづらい人だと思われたら、美しいのに損をします。
  2. 2
    親しみやすさを出す 人を惹きつけたいなら、自分から一歩踏み出さなくてはいけません。腕を組んだり、目を合わせなかったり、ずっと部屋の隅に立っていたりするのはやめましょう。構われたくないというサインになってしまいます。
  3. 3
    自信を持つ スーパーモデルにも不安はあります。大切なのは自分の欠点を、ユーモアを持って受け止め、それに引きずられないことです。心から信じていなくても、自分は美しい、自分は素敵だと自分自身に言い聞かせるようにしましょう。そうしているうちに、自分の意識が変わり、本気で自分の魅力を信じられるようになるはずです。
  4. 4
    ユーモアのセンスを発揮する どんな人でも、自分を笑わせてくれる人のそばにいたいと思うものです。ただし、5分ごとにジョークを言ったりする必要はありません。人のジョークを聞いて笑うことで、幸せで楽しいことが大好きだということを示しましょう。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
美しくなる秘訣をマスターする

  1. 1
    自分に合ったファンデーションを見つける 肌がテカテカしている人は、マットな仕上がりのメイクをするか、パウダーで抑えましょう。肌が乾燥しがちなら、リキッドタイプのファンデーションを選びます。
    • ファンデーションの色の確認は、なるべく自然光の入る明るい場所で行うようにしましょう。あごのラインに数色塗って試します。ファンデーションは優しくなじませるようにしましょう。手鏡を見て確認し、どの色が一番自分に合うかを判断します。ファンデーションの色がわからなくなるくらい、肌になじむものを選びましょう。
    • 自分で判断するのが難しい場合は、コスメカウンターのスタッフに相談して、自分に合う色を選んでもらいましょう。
  2. 2
    問題のある部分にコンシーラーを塗る 顔色が均一だと、より若々しく、魅力的に見えます。目の下のクマ、シミ、傷痕、ダークスポットなどの肌の問題に対処しましょう。
    • 顔全体に塗るファンデーションよりも1~2トーン明るく、濃く均一に塗れるタイプのコンシーラーを使用します。
  3. 3
    毎日のメイクにさりげない工夫を取り入れる 化粧をしているように見えないように、自分の美しさを引き立てることが大切です。毎日続けられるよう、数分で終わるメイク方法を見つけましょう。以下の内容を参考に、自然な輝きを引き出すメイクを目指します。
    • 肌に潤いを与えましょう。メイクのノリがよくなり、乾燥を防ぐこともできます。
    • 顔全体にファンデーションを塗り、必要な部分にコンシーラーを使いましょう。
    • マスカラをつけます。他のメイクをしていない場合も、マスカラをひと塗りするだけで目元がパッと華やぎ、女性らしさがアップするでしょう。
    • ピンク色を取り入れましょう。肌には元々、多少なりともピンク色が含まれているので、ピンクの色調はどんな肌色にもマッチします。ほのかにチークを頬にのせると、太陽の光を浴びたときのような温かい輝きを放つでしょう。
    • さりげない色合いの口紅を塗りましょう。本来の唇の色よりも1〜2トーン濃い目の色を選びます。
    広告

ポイント

  • 笑顔を忘れないようにしましょう。あまりうまくいかない日でも、幸せな気持ちでいられるはずです。あなたの魅力も増すでしょう。
  • 人の意見に左右されず、個性を大切にしましょう。
  • 自分らしさを忘れないようにします。
  • 化粧は濃くなりすぎないようにしましょう。化粧の下に何かを隠しているかのような印象を与えてしまいます。
  • 自分本来の美しさを受け入れましょう。時間の節約になるだけでなく、結婚式やパーティー、デートといった特別な場面でも、自分の美しさをさらにアピールできるようになります。
  • カミソリで剃るよりもワックス脱毛のほうが、滑らかに仕上がるでしょう。
  • 鼻や耳が大きい人は、髪を長く伸ばしましょう。それらのポイントが目立たなくなります。
  • 自分に一番似合う服を見つけるために、パーソナルスタイリストを雇ってもよいでしょう。
  • 他者は気にせずに、自分らしく生きましょう。自分の美しい顔と素晴らしい内面を活かします。化粧で自分の本質まで変える必要はありません。
  • 自分の体型に自信を持ち、自分らしさを大切にしましょう。
  • 似合う服を着て、自分らしさを出すことで、思った以上に目立つことができます。
  • 他者の前でも、もっと力を抜きましょう。
広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
軽石を活用する軽石を活用する
タトゥーシールをはがす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
生理を早める生理を早める
ワンピースのウエストを詰める
防犯タグを外す防犯タグを外す
縮んだ服を伸ばす
革に付いた油染みを落とす
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む58人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 289 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告