愛らしく個性的な姿の多肉植物は、手入れも簡単なため人気の植物です。多肉植物を育てるには、適切な水やり方法を知ることが重要です。特にまだ若いうちは、正しい方法でスケジュールに沿って水やりをすることが大切です。

パート 1 の 3:
若い多肉食物の水やり

  1. 1
    2~4日おきにやさしく霧を吹きかける 通常は次の水やりまで2~4日待つ必要がありますが、日数はそれぞれの植物によって異なります。水やりの頻度が不確かな場合は、一般的な目安として、土が乾燥したら霧をかけましょう。
  2. 2
    水やりの予定を立て、それに従う 多肉植物がまだ若いうちは、予定に忠実に水やりをすることが大切です。
    広告

パート 2 の 3:
生長した多肉植物の水やり

  1. 1
    じょうろを使って土を全体的に湿らせる こうすると、健康な根の生長を促します。
  2. 2
    次の水やりは、土が完全に乾燥するまで待つ 生長した多肉植物の水やりの頻度は、それぞれの株によって異なります。多肉植物の品種、土、周囲の湿度、そしてその他の条件によって違ってきます。一般的には、日が短くなって生長が鈍る冬期より、生長が盛んな夏期に水やりの回数を増やします。
    専門家情報
    Chai Saechao

    Chai Saechao

    植物スペシャリスト
    チャイ・サエチャオは、サンフランシスコにある観葉植物専門店「Plant Therapy」の設立者、そして経営者です。プラントドクターを自称する彼は、植物が持つ癒し効果を信じ、植物に興味を持つ人達と「植物への愛」を共有し続けて行きたいと考えています。
    Chai Saechao
    Chai Saechao
    植物スペシャリスト

    水のやりすぎに注意しましょう。 観葉植物専門店、「Plant Therapy」の設立者および経営者であるチャイ・サエチャオさんは、次のようにアドバイスしています。「鉢の大きさにもよりますが、多肉植物には約2週間おきに水やりをしましょう。大きな鉢であれば、水やりは3~4週間おきにします。水のやりすぎより、不足しているほうが多肉植物へのダメージは抑えられます。水をやりすぎると枯れることがありますが、水不足の場合は水を与えることで元気を取り戻します」

  3. 3
    強い根にするために、ときどき水やりを控える 土が乾燥していても、たまに1、2日水やりを控えることで、強い根の生長を促します。一般的な考えに反して、生長した多肉植物は常にスケジュールに沿って水やりをする必要はありません。それでも、普段は予定通りに水やりをしましょう。
    広告

パート 3 の 3:
水不足の多肉植物を復活させる

  1. 1
    水不足の兆候を見極める 次のような状態であれば、水不足が考えられます。
    • 上部の葉が乾燥してパリパリしている
    • 植物全体がしなびている(この状態からの回復は難しいかもしれません)
    • 多くの葉先がしなびている
  2. 2
    多肉植物に1~5日間やさしく霧を吹きかける こうして、徐々に通常の水やりに慣らしていきます。長期の水不足の後にいきなりいつもの量を与えると、植物にダメージを与える場合があります。
  3. 3
    与える水の量を徐々に増やす 多肉植物が上記の水やり方法に慣れたら、徐々に通常のスケジュールに戻しましょう。この段階で、じょうろを使って水やりをすることができます。1~3週間で元の状態に戻るでしょう!
    広告

ポイント

  • 多肉植物の栽培には、水抜き穴がある鉢と水はけの良い培養土を使いましょう。土が常に湿った状態では、コケなどが生えて植物の健康を損ねます。
  • 多肉植物の水やりの頻度は、栽培する環境によって異なります。気温が高いほど、水やりの回数を増やす必要があります。また、湿度が高い場合は、水やりの頻度を減らしましょう。

広告

注意事項

  • 水のやりすぎより、水不足のほうが多肉植物へのダメージは少なくてすみます。多肉植物は葉に水分を貯えているため、毎日水を与える必要はありません。半信半疑であれば、1、2日水やりを控えてみましょう。
  • 根腐れに注意しましょう。根腐れは土が水浸しの場合や、常に湿っている場合に起こる根を枯らす病気です。
広告

必要なもの

  • 小さなじょうろ
  • 霧吹き
  • 水抜き穴がある鉢
  • 水はけの良い土

関連記事

How to

レモンの種を植えて育てる

How to

枯れそうなアロエベラを復活させる

How to

木の根を枯らす

How to

ポインセチアを復活させる

How to

レモンの木を室内で育てる

How to

切り花のチューリップを長持ちさせる

How to

庭にミツバチを呼び寄せる

How to

バラを種から育てる

How to

マンゴーを熟成させる

How to

ミリオンバンブーを栽培する

How to

デーツの種を発芽させる

How to

ヤシの木を植える

How to

切り株を処理する

How to

観葉植物の変色した葉先を切り取る
広告

このwikiHow記事について

Chai Saechao
共著者 ::
植物スペシャリスト
この記事の共著者 : Chai Saechao. チャイ・サエチャオは、サンフランシスコにある観葉植物専門店「Plant Therapy」の設立者、そして経営者です。プラントドクターを自称する彼は、植物が持つ癒し効果を信じ、植物に興味を持つ人達と「植物への愛」を共有し続けて行きたいと考えています。
このページは 440 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告