夢を実現するためには、今すぐに行動に移すべきです。一生懸命努力し、合理的な計画を立てれば夢は叶えることができます。必要なのは、自分が何を望んでいるのかを把握し、成功の道へと小さな1歩を踏み出すことだけです。その途中で障壁にぶつかることもあるでしょう。ただし、その挫折から学ぶことで最終的にはずっと望んでいたものを手に入れられる可能性がかなり高まります。夢を叶える方法を知りたい人は、以下の方法1から始めましょう。

パート 1 の 2:
計画を立てる

  1. 1
    夢を明確にしましょう。まず初めにすべきことは、成功への道をしっかり歩んでいけるように夢を明確にすることです。夢を明確にするには、日記やノートに書く方法があります。自分が本当に望んでいることが分からなければ、その夢を叶えることはできませんよね。しかし、何を叶えたいのかまだ完全に分からない状態であっても道を歩み始めることはできます。自分がどうなりたいのかを心に描き、それに近づくにつれて選択肢を絞っていけばよいのです。
    • 例えば、あなたは昔から文章を書くことが好きで、最終的には物書きになりたいと思っているとします。しかし、小説家になりたいのか、記者になりたいのか、あるいは影響力のあるブロガーになりたいのかは掴めていないかもしれません。それでも正しい方向に進んでいるうちに自分が何をしたいのかが見えてくるはずです。
    • 全てを把握できなくても心配する必要はありません。夢は「自分が世の中を変えているということを実感できる仕事」に就くことかもしれません。それを叶える方法はたくさんありますが、大まかな目標を持つことがその実現に役立ちます。
  2. 2
    夢を強い熱望に変えましょう。心の中で、自分の夢を燃えるような願望に変える必要があります。夢を実現しようという強い意志は自信を高め、人生の最悪の段階を切り抜ける手助けとなります。夢を強い熱望に変えるには、自分の夢は実現可能なものであり、実際に自分で叶えられると信じることが必要です。「今年は2kg痩せる」、「日当たりの良い場所に引っ越す」などど実際に行動に移さずにただの希望として考えているのでは真剣に取り組むことができません。
    • 夢が熱望に変わったら、それ以降は熱望を夢としてとらえることがなくなります。なぜなら、夢というものは現実的でないという印象を与えるからです。ここからは、夢以上のものとして考えなければなりません。
    • 夢から熱望、そして目標と移行していくことが重要です。この中で、実際に近づけるものは目標だけです。
  3. 3
    熱望を目標に変えましょう。次に、燃えるような願望を目標に変える必要があります。前の手順で夢を熱望に変えられたのは、それを実現できると信じているからです。しかし、実際にそれを目標に変えるためには自分が成し遂げるのだという信念を持つ必要があります。この信念とは、「実現可能なことなら自分にもできる」、「やればできる」という決意に基づくものです。また、目標とは時間的な制約のあるものです。そのため、期限を決めることで自分がその目標に対して決意を固めているという事実を受け入れられるでしょう。[1]
    • 熱望を目標に変えた後は、もう夢もしくは熱望とは呼ばなくなります。これは人生における目標であり、その目標は自分の力で成し遂げなければなりません。
  4. 4
    計画を立てましょう。戦略的な行動計画を立てます。目標を達成するためには戦略を立てる必要があります。この戦略は通常、計画もしくは行動計画と呼ばれます。全ての人に共通して当てはまる行動計画はありません。つまり、一つひとつの戦略は関わっている人や達成したい目標によって異なるということです。自分の行動計画を立てるためのヒントは自分自身にあり、それを探し出す必要があります。[2]
    • 計画における全ての段階を書き出してみましょう。文字にして書き出せば、その計画がより具体的に、実現可能になっているのを感じることができます。ただし、人生はそんなに単純なものではありません。次から次へと目標を達成できないことがあること、夢を叶えるために必要な段階を変更しなければならない可能性があること、途中で新しい方向性を考えることになるかもしれないということは覚えておきましょう。
  5. 5
    すぐに行動しましょう。目標を自分に合わせた行動計画に落とし込んだらそれを実践し、自分に舞い込むあらゆる機会を活かす必要があります。ここまで来たら言い訳を止め、今できることを後回しにしないようにしましょう。もちろん、結婚式の準備がある、仕事が忙しい、複雑な人間関係に巻き込まれた、など夢の実現を後回しにするための理由は常に存在します。ただし、このような姿勢ではいつまでも言い訳を続けることになり、目標を達成することはできません。
    • 宇宙の法則では、似たものは似たものに引き寄せられるもので、ニーズのあるところにはそのニーズを満たすための方法が様々な機会を通して与えられます。燃えるような願望や夢を現実にするための目標に向かい、計画を立てて行動する時にはその機会に備えておく必要があります。
  6. 6
    短期的な目標を設定しましょう。大きな目標を細分化し、その一つひとつを達成するための期限を設けましょう。小さな1歩を積み重ねることが全てです。例えば、小説を書くことを夢見ている人であれば、文章の書き方を学べる地域のワークショップに参加したり、5ページほどの物語を書いてみたりすることができます。いきなり小説を書こうとすると、夢を実現するのに必要な技術などの基礎が固まっていないままになり、仕事を得るのが難しくなるでしょう。[3]
    • 夢を叶えるための短期的目標や長期的目標を立てる際には、親友や知人など、その分野で活躍している人に助言をもらい、どのように夢を叶えたのかを聞くことが非常に役に立ちます。どんな目標を立てたらよいのか、その目標が現実的であるか、実行可能であるかをしっかり理解できるはずです。
    • 期限に間に合わなかった場合は、現実的な期限を設定し直しましょう。
  7. 7
    定期的に進捗状況を確認しましょう。夢を叶えるための道を歩み始める時には、自分が何を達成したのかを把握することが大切です。「ローマは1日にして成らず」、つまり物事は自分が思うほど早くは進まないかもしれませんが、確実に前に進んでいるという感覚を持つことが重要です。[4] 自分の進捗状況を確認する時には以下のような点について考えてみましょう。
    • その期間の目標を達成できたかどうか
    • 夢を追おうとする願望を持ち続けているかどうか
    • 目標への道から逸れていないか
  8. 8
    夢への旅路を楽しみましょう。最も大切なのは「自分の人生は最悪だ」、「夢を叶えてこそ幸せになれるはずだ」と思わないことです。実際には、1度夢が叶って幸福感が薄れると、元の状態に戻って新しい夢を求めるはずです。このような熱望や前向き思考はごく当然のことです。そのため、目標を達成してこそ「幸せになれる」、「誇りを持てる」、「人生に意味がある」と考えるのではなく、それまでの全ての過程を楽しむべきです。夢を叶えるためのあらゆる段階を楽しみ、最後まで自分自身に誇りを持ちましょう。
    広告

パート 2 の 2:
やる気を維持する

  1. 1
    成功を視覚化しましょう。時々目を閉じて、目標を達成した後の人生を想像してみましょう。すでに目標を達成したのだと自分自身に言い聞かせ、自分が1番望んでいるものを手に入れた時の気持ちや家庭、人間関係、思考を想像します。これは、特に気持ちが落ち込んだ時や夢が叶いそうにないと感じた時にやる気を起こすことができる素晴らしい方法です。目標を達成した時に溢れるワクワク感と喜びを視覚化すれば、夢がより実現可能なものに感じられるでしょう。
  2. 2
    自信を持ち続けましょう。夢を叶えたいのであれば、物事が悪い方向に進んでも、夢を叶えられそうになくても、悲観的になってはいけません。前を向いて自分を信じ、前進し続けなければなりません。途中で自分自身に対して迷いや疑問が生じるのは至って普通のことです。しかし、最終的には自分の能力を信じる必要があります。なぜなら、自分が信じていなければ他の誰も信じないからです。[5]
    • 前向きな姿勢を続けることは、自信を持つのに大いに役立ちます。起こり得る最悪の事態を想像してしまうと、それが実際に起こる可能性が高くなるでしょう。
    • 同様に、悲観的な姿勢を取るとそれが自信の妨げになります。
  3. 3
    リラックスする時間を忘れずに確保しましょう。夢を追い、目標を達成することに対して根気強く取り組むのは大切なことです。しかし、休息を取り、心を落ち着かせることを忘れてはいけません。不安でいっぱいになったり、睡眠時間を削ったり、友達との楽しい時間を無くしたりするのはよくありません。たまにはゆっくりとリラックスすれば、また日常に戻った時にその目標を達成したいという気持ちが強くなっているはずです。
    • 瞑想は心を落ち着かせたり、安らぎを感じたり、目標を視覚化したりするのに役立ちます。
    • また、ヨガは精神と体を結びつけ、自分の可能性を阻んでいる要因や悩みを解消するのに最適です。
    • 夢を追いかける時には、どんなに大変でも幸せと健康を維持し続けること、そして自分自身を大事にすることが重要です。必ず7〜8時間以上の睡眠を取り、3食の健康的な食事をし、酒を飲みすぎないようにしましょう。そうすれば心がかなり安定した状態になり、自分が望んできたことを実現しやすくなります。
  4. 4
    失敗から学びましょう。夢を叶えたいと思う時には自分の失敗や挫折から学び、それを力に変えて前進しなければなりません。何かに失敗したら立ち止まってなぜ失敗したのか、どのような行動を取ればよかったのかを自分自身に問いかける必要があります。もちろん、運が悪かっただけかもしれませんが、たいていの場合は何か違った方法があったはずです。誇大妄想とは、同じことを何回も繰り返せば違う結果がもたらされると信じることを指しますが、そのように考えてはいけません。[6]
    • 失敗して落ち込むのではなく、目標を達成するための原動力に変えましょう。
    • 下位目標とその期限を評価しましょう。そしてその評価を基に、各段階がさらに現実的になるように設定します。
  5. 5
    建設的な批判を受け入れましょう。自分の目標に集中すること、他人に邪魔をさせないことも大切ですが、自分を助けようとしてくれている人々の声に耳を傾けることも同じくらい大切です。もちろん、自分をけなしたり邪魔したりして否定的な態度を取る人は無視して構いません。しかし、信頼のおける友人や目指している目標に詳しい人が自分とは違う方法を教えてくれる場合は、その助言が自分にとって役立つかどうかをじっくり判断するとよいでしょう。
    • もちろん、自分を気にかけてくれる人や自分の目標について詳しい人が最高の方法を知っているわけではありません。どのような助言を受け、どのような助言を捨てるかは自分の判断次第です。
  6. 6
    必要であれば犠牲を払いましょう。夢を叶えるためには、自分が大切にしている多くのことを諦めなければならないでしょう。一生懸命努力し、また友人との飲み会や家族との時間など、好きなことを諦めなければなりません。また、司法試験の勉強時間が足りなくなってしまうのが原因で、次のマラソン大会に向けた練習を諦めなければならないかもしれません。自分の時間を奪うものを全て書き出して、どれを省略および短縮できるか考えてみましょう。
    • 犠牲を払うことが簡単だという人は誰もいないでしょう。家族との時間を減らすことはとても心が痛みますが、夢を叶えた後には心の落ち着きを取り戻せるのだと自分に言い聞かせる必要があります。
  7. 7
    自分を邪魔している障壁を取り除きましょう。次の質問に対する答えを考えてみましょう。現在、夢の実現を妨げている最も大きな原因は何ですか?それは、いつも自分をけなして役立たずかのような気持ちを抱かせる悪友ですか?自分自身に集中するたびに疲れ切ってしまうような行き詰った人間関係ですか?それとも心が満たされない仕事のせいですか?二日酔いになるほどの酒の飲みすぎはどうでしょうか?その障壁が何であれ、計画的にその障壁を取り除きましょう。
    • 自分自身を妨げるものを全て書き出しましょう。親友に協力してもらうのも良い方法です。テレビ中毒のような単純なことが原因で自分の可能性を最大限に引き出せていないということに気づくことになるかもしれません。
  8. 8
    言い訳は止めましょう。成功者や目標志向の人が持つ大きな特徴の1つが、どんな障壁が立ちはばかっても言い訳をせずに前進できることです。もちろん、「両親によくしてもらえなかったから自分は自己肯定感が低いのだ」と思うかもしれません。また、「自分の人生は運が悪かった」、「ずっと周りの人に恵まれなかった」、と感じるのも全て事実かもしれません。しかし、それを自分が望みを叶えられない言い訳に使うのではなく、この逆境を糧にして強くなるべきです。
    • 誰もが幸運を持って生まれてくるわけではないというのは事実です。立ち止まって自分を哀れむことも、取り組むべき問題に対処することもできますが、成功したければ被害者意識を持って毎日を過ごしてはいけません。
  9. 9
    夢を叶えることができない場合は、夢を見直しましょう。これは、あなたを落ち込ませようとしているわけではありません。もちろん、一生懸命努力して正しく計画を立てれば夢が叶う可能性は高まります。しかし、実際には全員がその夢を叶えられるわけではありません。特に、有名な俳優になりたい、ベストセラー作家になりたいという場合はなおさらです。多くの有名人や成功者でさえもある程度の幸運に恵まれており、結局は世界中の才能と意欲を手にしても夢は叶わないかもしれません。すでに何度も何度も挑戦しているのに叶わないという時には、幸せで充実した人生を送れるように目標を修正したり、新たな目標を設定したりする必要があることを思い知らされる時が来るでしょう。
    • 1つの夢に全てを賭けることはできません。そうしないと、夢が叶わなかった場合に挫折感を味わうことになります。1つのことに全てを賭けるのではなく、やりがいに溢れる充実した人生を送る方法を探す必要があります。そのためにはもちろん自分の期待値を再調整する必要がありますが、最終的には満足と誇りを感じられるはずです。
    広告

ポイント

  • 夢の実現に対する姿勢とは、「信じている人に不可能なことはない」ということを信じることです。
  • 何事にも良い姿勢で臨みましょう。また、唯一の限界は自分が決めるのだということを覚えておきましょう。
  • 夢は夢にすぎません。夢を現実にしたいのであれば、現実世界で一生懸命努力しなければなりません。それが成功への鍵です。積極的に行動し、他人の言葉に落ち込むことなく、自分自身を信じましょう。
  • 自分の夢は熱望に変わったと判断するだけではいけません。夢は心の中で思い描いた時に大きくなり、夢という種から熱望が生まれるのです。その熱望は自然と新しい種になり、もう1度心の中で思い描いた時に目標が生まれます。そして、その目標はまた新しい種となり、それを思い描いた時に人生において大きなことを実現するために従うべき行動計画が生まれます。
  • 最初の第1歩から実際に夢を叶えるまでに、誤解されやすい言葉があります。それは、瞑想です。これが夢から熱望へ、熱望から目標へ、目標から行動計画へ、そして夢に見たことを現実にするのに大きな役割を果たします。この方法は一人ひとりに合わせられているため、誰かのものを真似することはできません。自分自身の方法を考える必要があります。瞑想がそのための手段です。瞑想をすると、ある物事について深く考えることができます。深い考えに耽る時、それは偉大な知恵と結びつけるのと同様です。答えを探すために自分自身を深く掘り下げるのです。人間は皆この世の中の動力源につながっているため、その答えは自分自身の中にあります。
  • 夢は叶います。夢は大きく持ちましょう。自分自身を信じていれば、どんなことでも可能です。
広告

注意事項

  • 何よりも、自分自身と自分の能力を信じる気持ちが必要です。
  • 夢に向かって真剣に取り組めば、夢はきっと叶うでしょう。
広告

必要なもの

  • 規律
  • 根気
  • 一貫性
  • 決意
  • 誠実さ
  • 優しさ

関連記事

このwikiHow記事について

Klare Heston, LCSW
共著者 ::
医療ソーシャルワーカー
この記事の共著者 : Klare Heston, LCSW. クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。
カテゴリ: 自己啓発
このページは 235 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告