大きな毛穴やシミが顔にあると、人目が気になりますが、何も隠す必要はありません。大きな毛穴もシミも毎日のちょっとしたケアで取り除くことができます。

方法 1 の 3:
毛穴を小さくする方法

  1. 1
    洗顔は毎日行い、洗いすぎないように気をつける 毛穴に汚れや油、細菌がつまると、毛穴の中で炎症を起こし穴の開きが大きくなります。洗いすぎは禁物ですが、朝1回と夜1回、定期的に洗顔すると、毛穴が小さく目立たなくなり、自信が湧いてきます。
  2. 2
    氷を顔に当てる 毛穴に氷を15〜30秒そっと当てます。肌を引き締める効果があります。
  3. 3
    重曹のペーストを作る メーキャップアーティストの間では、毛穴を目立たなくするだけではなく、同時にニキビ対策にもなると、重曹の効果に絶大な信頼がおかれています。しかし、重曹は肌を刺激することがあるので、敏感肌の人は注意して使いましょう。
    1. 重曹とぬるま湯、どちらも大さじ2 杯ずつ混ぜ、ペースト状にします。
    2. ペースト状になった重曹を、円を描くようにして毛穴に30 秒ほどマッサージしながらすり込みます。
    3. 冷たい水で洗い流します。
    4. 通常の洗顔の習慣に、この重曹パックを加えましょう。5〜7日間、毎晩行います。使い始めてから1週間後は、週に3〜4回に減らします。
  4. 4
    タオルをレモンジュースとパイナップルジュースに浸す 浸したタオルを1分間押さえる感じで顔の上にあてた後、ぬるま湯で洗い流します。レモンジュースとパイナップルジュースには、顔を引き締め、肌を浄化し、肌トーンを明るくする作用がある自然の酵素が含まれています。敏感肌の人は、柑橘系の果実で肌へ過度の刺激を受けることがあるので、保湿液を塗ってから行うようにします。特にレモンには、毛穴を洗浄し小さくする効果があります。
  5. 5
    刺激の少ないスクラブを使う 通常の洗顔料とは違い、スクラブには細かい粒状のビーズなどマッサージ効果のある粒子(アプリコットの芯を細かく砕いたようなもの)が含まれ、毛穴のつまりを除去する効果があります。刺激の少ないスクラブの中には、洗顔料の代わりに毎晩、使えるものもあります。
    • 洗顔料の代わりにスクラブを使用する場合は、スクラブだけにしましょう。スクラブを使用した後に、洗顔料を使う必要はありません。どちらか1つだけにします。洗顔をしすぎると炎症や赤みの原因となり、せっかく毛穴を小さくしたのが台無しになります。
  6. 6
    ヨーグルトマスクを試す プレーンヨーグルトには乳酸菌やプロバイオティクスが含まれており、肌につけると、ニキビの原因となる悪性の細菌を押さえる効果があり、毛穴を小さく目立たなくします。
    • プレーンヨーグルトを薄く顔全体に伸ばし、5〜10分待ちます。10分以上放置してしまうと肌がヒリヒリしてきます。
    • マスクは週に1回程度にしておきます。大半のマスクに言えることですが、回数を少なくした方が効果があるので、角質除去を常にしなければならないと思い込むのはやめた方が無難です。
  7. 7
    ヘルシーな食事を摂る 脂肪の少ない、タンパク質や全粒穀物、果物、野菜、オメガ3脂肪酸の豊富な物を食べましょう。糖分やカフェインが含まれる飲料の代わりに水をたくさん飲みます。ニキビを悪化させるホルモンの含まれた牛乳や乳製品の過剰摂取は避けましょう。[1]
    • ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB群を十分摂りましょう。ビタミンCは傷やシワを減らす効果があり、 [2]ビタミンAもそれによく似た作用を持っています。[3]
    • オレンジは肌を引き締めコラーゲンを生み出すので、肌のハリを高め毛穴を小さくする効果があります。タンジェロも同様の作用を持っています。
  8. 8
    アルファヒドロキシ酸(AHAs)とベータヒドロキシ酪酸(BHAs)を使う AHAsとBHAsは自然の角質除去剤ではなく、化学薬品です。脂質は剥がれ落ちるべき古い角質細胞を肌の表面に一緒に保持する結合特性を持っており、この化学薬品にはこの結合性を弱める働きがあります。[4] BHAsの方が、脂溶性を持っており毛穴によりよく浸透します。つまり、毛穴の脂分や皮脂を取り除きます。
    • AHAs や BHAsのようなケミカルピーリング(化学薬品を用いた角質除去)を4〜6週間ごとに使います。 ケミカルピーリングを行えば行うほど、肌の状態がよくなるというわけではないということを再度、念頭に置いておきましょう。
    広告

方法 2 の 3:
シミを目立たなくさせる方法

  1. 1
    レモンの持つ驚くべき効果を使ってシミを減らす レモンに含まれるクエン酸は 、赤くなったシミや変色したシミの原因となる皮膚の色素を攻撃し、肌の色調を整えます。レモンジュースはシミを目立たなくする効果がありますが、肌の色のトーンを明るくし、日焼けによるダメージを受けやすくなります。従って、 出かける際は、常に日焼け止めを塗りましょう。
    • トマトジュースとレモンジュースを混ぜ、コットンで顔に塗ります。そのまま10分間おいてから、冷たい水で洗い流します。この混ぜ合わせた液体は、徐々にシミを減らし、顔のムダ毛を薄くします。
    • ハチミツ大さじ2杯、レモンジュース大さじ1杯、ターメリック少々を混ぜ合わせて顔に塗ります。10分ほどそのままにしてから洗い流します。定期的にこの処置を行うと、効果が得られます。
    • 砂糖少々をまぶしたレモンの皮を肌全体にこすりつけ、そのまま10分間おいてから、冷たい水で洗い流します。
  2. 2
    サンダルウッド・パウダーと水を使ってシミを減らす  サンダルウッド・パウダーのペーストと水を混ぜ合わせ、顔に塗ります。10〜20分ほどおいてから冷たい水で洗い流します。サンダルウッドは顔を乾燥させることがあるので、注意が必要です。
  3. 3
    パパイヤ、もしくはバナナの皮を肌全体にこすりつけます。そのまま15分おいてから、冷たい水で洗い流します。シミが小さくなったり目立たなくなったりしているはずです。
    • パパイヤとバナナには、数種の酸に加えて、パパインとブロメラインと呼ばれる酵素が含まれており、シミを目立たなくする効果があります。
  4. 4
    ローズヒップシードオイルを使う ローズヒップシードオイルは赤みがかったシミの対処に非常に効果があります。毎日、少量のローズヒップシードオイルを顔に塗り15 分ほどおいてから、冷たい水で洗い流します。
    広告

方法 3 の 3:
薬や専門家の治療による毛穴とシミの対処法

  1. 1
    処方薬を使う 皮膚科の医者またはかかりつけ医が、塗り薬や錠剤など適切な薬を処方してくれます。処方薬で肌のトラブルが、数週間で完治するかもしれません。
  2. 2
    皮膚剥離を試す 皮膚剥離とは、基本的に医者が、極細のダイヤモンドバーやワイヤーブラシを用いて、皮膚の最上層である表皮をこすり落とす治療です。そうすることによって、肌のムラが少なくなります。ニキビが原因でできたシミや傷をなおすのに適切な方法です。
    • マイクロダーマブレージョンを試してみましょう。皮膚剥離と同様ですが、若干肌に優しい器具です。表皮の上を優しく研磨することによって、シミを薄くし、コラーゲンの生産を促進します。
  3. 3
    ダーマプレーニングを試す 前述の皮膚剥離に類似する施術ですが、皮膚専門医が表皮をこすり落とすのではなく、振動を繰り返し削り落としていきます。
  4. 4
    一気にニキビ跡を消す 通常、どのエステティシャンも、高周波の機械を所有しており、 炎症したニキビの原因である細菌を電流で殺します。小さい電極がシミの上を走り、数時間後には一目で小さくなったのが分かります。
    • アメリカでは、プロが使っている高周波の機械と同じ働きをする電子機器、Zenoが市販されています。プロ用の機械と違って、Zeno機器は携帯できて電池式になっています。
  5. 5
    コルチゾン注射を打つ 皮膚科の専門医にコルチゾンの注射をシミにうってもらうと、1日以内に膨らみが収まってきます。しかし、この注射は、通常、他の手段がどれも効果がなかった場合に使われる最後の手段と考えられています。
    広告

ポイント

  • レモンジュースに含まれるクエン酸は炎症の原因になるため、目に入らないようにします。
  • 使用する製品の消費期限が切れていないことや腐敗していないことを確認します。
  • 手入れを開始する前に、必要なもの全部を手に届くところに置きます。
  • スキンケア商品の中には、Neutrogenaブランドなど優れた効果のある商品もあります。
  • 手入れを開始する前に、必ず手を洗い乾かします。
  • シミやニキビ跡をいじってはいけないということを常に念頭に置いておきます。いじる程度に関わらず肌を傷つけると、傷つけられた箇所が炎症を起こします。傷がつかないようにするために、できる限り顔を触らないのが一番です。肌が作り出す自然のオイルがたくさん手についていて、毛穴をつまらせニキビの原因になります。
  • きつくこすりすぎるのは禁物です。特に敏感肌の場合は炎症を起こすかもしれません。
  • 十分な水分補給を心がけ、健康的な食事を摂ります
  • できる限り、自然のスキンケアを行います。薬や手術は最後の手段に残しておきます。
  • 使用する商品が他の商品と同時に使っても大丈夫なのか確認します。
  • フェィスマスクを使う際には、必ず丁寧に洗顔してからにしましょう。
  • 普段からオイリーな髪の毛の人は、前髪が顔にかからないように気をつけます。
  • レモンとハチミツとシナモンを混ぜ合わせると、効果の高いフェイスマスクが出来上がります。

広告

注意事項

  • 上述の方法で手入れをしていて不快感や痛みを感じる時は、必ず手入れを中止しましょう。痛みを感じるということは、体が中止してくれと訴えているのです。
  • これらのスキンケアを全て一度に試すのはやめましょう。1つの方法を試してみて効果が得られない場合は、他の方法を試してみます。過度の手入れは、顔の肌の状態を悪化させます。
  • 蒸気のあて過ぎは、肌の乾燥につながり火傷をすることもあるので、気をつけましょう。
  • 毛穴クレンザーを使用して吸引するのは避けましょう。毛穴を必要以上に刺激し、細菌を発生させ、ニキビを増やすことになります。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

お酒の臭いを消す

How to

爪を噛むのをやめる

How to

全身をマッサージする

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

ペニスを洗う

How to

えくぼを自然に作る
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告