大さじ1杯を量る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

大さじ1杯を量る一番簡単な方法は、計量スプーンを使うことです。計量スプーンがない場合は、他の計量器を使って量ることができます。他の計量器もない場合、大さじ1と同じ量を比較できる物を使いましょう。

方法 1 の 2:
同量の計りを見つけましょう。

  1. 1
    小さじすりきり3杯を使って大さじ1杯にしましょう。同等の分量を覚えておくと、台所で料理をするときの時間短縮になります。一番簡単な代用は、大さじから小さじにすることです。大さじが見つからない場合は、代わりに小さじすり切り3杯で量りましょう。[1]
  2. 2
    1/13カップを量りましょう。大さじ1は、約1/13カップです。計量スプーンがないときは、計量カップを使って簡単に量ることができます。はっきりとした目盛りのついた大きなカップを使うと、1/13を簡単に量ることができます。また、一番良い方法として、計量カップのセットの一番小さな1/8カップの半分を使うと、およそ大さじ1を量ることができます。[2]
  3. 3
    液体の場合、大さじ1と同量の15mlを注ぎましょう。簡単な変換方法として、大さじ1の液体は15mlと同量だと覚えておきましょう。そして大さじ13はおよそ200mlとなり、1カップと同じ量です。正確な量にするためには、すり切りで量るようにしましょう。[3]
  4. 4
    容器のキャップを使って、液体を大さじ1量りましょう。お菓子作りや料理中の計測を簡単にするために、意図的にキャップが大さじ1になるように作られているものもあります。油や香料などの材料によく見られます。新しい材料を買った時に、キャップ1杯がどのくらいの量であるかを確かめて覚えておくと、料理中に役立ちます。[4]
    広告

方法 2 の 2:
比較物を使いましょう。

  1. 1
    大さじ2はピンポン球と同じ大きさということを覚えておきましょう。外食中に量を知りたい場合、見た目で大さじ1の量を確認する方法を知っておくと便利です。参考として例を挙げると、一般的にピンポン球1つ分は大さじ2です。液体を量るのは難しいですが、固形物は比較するのが簡単です。[5]
  2. 2
    親指の先を使って大さじ1を量ってみましょう。一般的に、親指以外の指先は子さじ1と同じ大きさであり、親指の先は大さじ1と同じ大きさです。親指を量りたい物の隣に置いて、比較してみましょう。自分の親指が平均よりも大きいか小さいかを考慮して調整しましょう。[6]
  3. 3
    ひと握りで大さじ2を量りましょう。一般的に、片手で軽く握った量は約大さじ2です。計量スプーンやカップなどが何もない場合、大さじ1は片手ひと握りの半分で量ることができます。自分の手が特別に小さかったり大きかったりする場合、増やしたり減らしたりして調節しましょう。[7]
  4. 4
    食品の大さじ1になる量を覚えておきましょう。一定量が表示してあり、大さじ1を簡単に量ることのできる食品もあります。その量を覚えておくと、料理やお菓子作り、また、カロリー計算をするときに素早く量れるようになります。例えば、砂糖大さじ1はスティックシュガー3つ分であり、角砂糖3つ分です。[8]
    • 他の例としては、バター1箱は大さじ16です。一箱の1/16は常に大さじ1です。
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 194 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告