人生の中では、不幸な関係に終止符を打つ、愛する人を失う、仕事を辞める、実家や地元から遠く離れた場所に引っ越すなどといった経験することがあります。愛するペットと別れなければいけないこともあるでしょう。どんな人もいつかは別れを経験するものですが、その別れを受け止めるのはそれほど簡単なことではありません。 何があっても、あなたは1人ではありません。この記事では、別れ時の感情を整理する方法を紹介します。

方法 1
方法 1 の 9:
感情を整理する

  1. 1
    別れの時の反応は人それぞれ 別れの時は、悲しさ、怒り、寂しさなどの感情が現れます。また、特に関係が複雑でこじれた時は、その関係が終わってほっとすることもあるかもしれません。その一方で後ろめたさを感じることもあります。どんな感情が現れても、その感情に「良い感情」または「悪い感情」と決めつけてはいけません。別れの際にこうした感情が湧くのは自然なことです。感じたこと素直に受け止め、その感情に対処する自分自身をいたわりましょう。[1]
    • 落ち着ける場所で自分の感情を好きなように吐き出します。例えば、悲しくて泣きたくなったら、泣くための時間を作ります。腹が立ったら、紙に感情を書いたり、ランニングをしたりして身体的に怒りを解放します。
    広告

方法 2
方法 2 の 9:
相手が自分にとってどれだけ大切な存在かを伝える

  1. 1
    相手が自分にとってどれだけ大切な存在かを伝える 別れる時に、その人が自分の人生にどれだけ影響を与えたのかを伝えます。思い出話や、その人と過ごした日々が自分の決断にどれほど影響したかなど、できるだけ具体的に話します。
    • 例えば、「私が子供の頃、一緒にクッキーを作ったことを覚えてる?すごく楽しかった。それがきっかけで、料理が好きになって、今私はシェフになったのよ」というように言います。[2]
    • このほか、「あなたはいつも明るくて頼りになる人。私もあなたのようになろうと心がけているの」などと言ってもよいでしょう。

方法 3
方法 3 の 9:
場合によっては謝罪や許しの言葉を伝える

  1. 1
    過去の心の傷を癒してから別れを告げる 誤解を解くために言っておかなければならないことがあれば、今がその時です。過去に相手を傷つけてしまった場合、やっておけばよかった、または、やらなければよかったと後悔している場合は、心から謝罪をします。また、怒りの感情がある場合は、その気持ちは捨ててしまいましょう。そして許したことを相手に伝えます。[3]
    • 例えば、「去年はあまり一緒にいられなくてごめんね。仕事ばかりしていたけど、もっと一緒に過ごす時間を作るべきだった」というように伝えます。
    • あるいは、「お父さん、今までお父さんができる限りのことをしてくれたのはわかっています。私が小さい頃は一緒に過ごす時間は少なかったけれど、もう許します。今こうして一緒にいられることに感謝しています」と言うのもよいでしょう。
    • 相手が傷つく可能性があることを話す場合、本当に知らせる必要があるのか、それとも、ただ単に本当のことを伝えて自分がすっきりしたいだけなのかを、よく考えます。例えば、友人のお兄さんと密かにキスをしたことがあったとします。その友人が遠くに引っ越すことになった時、そのことを伝える必要があると思いますか?
    広告

方法 4
方法 4 の 9:
お別れの会を行う

  1. 1
    お別れの会で、別れを直接伝えられなかった気持ちを整理する 突然その人との恋愛関係が終わってしまったり、愛する人が突然亡くなったりすると、別れの言葉を伝えたくても叶わないことがあります。気持ちに区切りをつけられないと、なかなか前に進めません。葬儀、通夜、追悼式などは、愛する人が亡くなったときに気持ちを整理するための大切な手段です。 しかし、家族葬など身近な人たちが思うようなやり方でお別れをするのもよいでしょう。[4]
    • 亡くなった人へ向けた手紙を書き、思い出の場所で、その手紙を声に出して読みます。読んだ後、その手紙を破ったり燃やしたりするか、引き出しに入れてしまっておきます。[5]
    • 恋愛関係が終わった場合は、古い写真や思い出の品を箱に詰めて、燃やしたり捨てたりする儀式を行ってもよいでしょう。

方法 5
方法 5 の 9:
楽しかったことを思い出す

  1. 1
    一緒に過ごした日々に感謝する 別れは本当に辛いものです。悲しい時はその感情を我慢する必要はありません。しかし、その悲しみがこれまでの関係をも暗くするものであってはなりません。悲しむばかりでなく、一緒に過ごした楽しい時間を思い出し、その人があなたの人生に与えた良い影響を考えてみましょう。[6]
    • 「必死に別れに向き合おうとしているけれど今はまだ気持ちの整理がつかないの。だけど、一緒に過ごした楽しい思い出を大切にしていることだけは知っていてほしい」などと言ってみます。
    • 別れから得られた気付きを振り返ってみましょう。例えば、自分の親を看取り、親が亡くなる前にお互いに抱いていた確執をなくすことができた人もいれば、結婚生活は終わったけれども、新しい健全な恋愛のきっかけになったという人もいるでしょう。
    • 可能であれば、別れの前に、その人と充実した新しい思い出を作る時間を持ちましょう。[7]
    広告

方法 6
方法 6 の 9:
周りの人に頼る

  1. 1
    必要な助けを周りの人に伝える 何もかも自分1人でしようとしてはいけません。自分を支えてくれそうな人や自分のことを気にかけてくれる人に、自分の状況を伝えてみましょう。そして、遠慮せずにその人たちにどうしてほしいかも伝えます。[8]
    • 例えば、「ケンジがいなくなってから、どう過ごせばいいのかわからないの。今週の午後、会ってくれない?」のように連絡してみましょう。
    • 誰かに話を聞いてもらいたいのであれば、「少しでいいから、私の気持ちを聞いてほしいの」と相談してみます。
    • 周りに相談できる人がいない場合は、近くのグリーフケア(身近な人と死別した人のための心理的支援)のサポートグループに立ち寄ってみたり、オンラインで参加したりしてみましょう。[9]

方法 7
方法 7 の 9:
時間をかけて悲しみを癒す

  1. 1
    悲しみが癒えるまでには、長い時間がかかる 悲しみは、少しずつ段階的になくなっていくものでもありません。今は大丈夫だと思っていても、次の日には悲しみに気圧されることがあります。このような経過をたどるのはごく自然なことで、いつ悲しみが癒えるかは誰にも予測できません。実際、悲しみがいつまでも癒えないと感じる人もいますが、少しもおかしいことではありません。自分自身を大切にして、悲しいからといって新しい出会いに消極的にならないようにしましょう。[10]
    広告

方法 8
方法 8 の 9:
何かに専念する

  1. 1
    自分が楽しめる趣味や活動で時間を埋める 悲しみが癒えるまでに多少の時間がかかるのは仕方ありませんが、少しずつでも自分の生活を普段通りに戻していくこともとても大切です。人生の大半を一緒に過ごしていた人を失った場合、新たな視点でこれからの人生を考えなければならない人もいるでしょう。しかし心配する必要はありません。自分が楽しいと感じることに没頭すれば、毎日が充実し、人生が再び意味のあるものになります。[11]
    • 本を読んだり、昔からの友人とお茶をしたり、習い事をしたり、副業を始めたりしてみましょう。

方法 9
方法 9 の 9:
セラピストに相談する

  1. 1
    複雑な気持ちの整理には、専門家が必要 大切な人との別れの後、悲しみや喪失感、怒りなどの感情に悩まされてしまうものですが、1人で抱え込む必要はありません。感情を整理し、別れを新たな視点で考えられるようになるには、セラピスト(特にグリーフケアの訓練を受けたセラピスト)とのカウンセリングが有効です。セラピストから、悲しみを癒し、新しい一歩を踏み出すための方法を学ぶことができます。[12]
    広告

関連記事

壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
げっぷするげっぷする
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
復讐する復讐する
他者に依存しない他者に依存しない
友達がゲイかどうか見分ける友達がゲイかどうか見分ける
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
彼女が浮気をしているか知る彼女が浮気をしているか知る
自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
広告

このwikiHow記事について

Peggy Rios, PhD
共著者 ::
カウンセリング心理学者(フロリダ州)
この記事の共著者 : Peggy Rios, PhD. ペギー・ライオス博士はフロリダ州を拠点とするカウンセリング心理学者です。不安症やうつ病などの精神疾患に苦しむ人々の治療に24年以上尽力してきました。専門は医学的心理学、エンパワーメント理論を用いた「ウィービング・トゥギャザー」行動保健プログラム、トラウマ治療。 統合された、根拠に基づく手法を使い、人生が変わるほどの病気を抱えた人々にサポートとセラピーを提供します。メリーランド大学にて、カウンセリング心理学の修士号および博士号を取得。フロリダ州認定心理学者。
カテゴリ: 人間関係
このページは 51 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告