人に無視されるのは決してい気持ちの良いものではなく、大切な人から無視されればなおさら辛いでしょう。通常、誰かがあなたを無視するのは、その人が傷ついたり怒ったりしているからです。大切な人に無視されている場合は、この記事を参考にしましょう。ここでは、沈黙を破って生産的な会話をする方法を紹介します。

1
連絡を取る

  1. 相手から連絡があるのを待つのはやめましょう。無視されている場合は、こちらから連絡をして相手の反応を確認します。メッセージや電話で連絡したり会いに行ったりしましょう。[1]
    • たとえば、「最近心の距離を感じるんだけど、そのことについて話せないかな?」などと言います。
    • 相手があなたのことをしばらく無視すると決めている場合は、すぐには電話やメッセージに応答しないかもしれません。その場合は、しばらく様子を見て相手からの連絡を待ちましょう。
    広告

2
連絡がなければもう1度連絡する

  1. その人は、あなたをしばらく無視することに決めたのかもしれません。連絡が取れず、数日経っても折り返しの電話やメッセージの返信がなければ、もう1度電話をかけるかメッセージを送りましょう。ただし、その後は連絡がくるまで待つ必要があります。[2]
    • たとえば、「連絡が取れないから心配です。このままにしたくないから、連絡してくれるかな?できれば、今週中に話をしたいんだけど」 などと伝えましょう。
    • 相手から連絡がなくても、相手の気持ちに配慮して気にかけていることを伝えましょう。たとえば、「今はまだ私と話をしたくないのかな。気持ちが落ち着くまで待ってるね。話せるようになったら連絡して」 などと伝えます。

3
相手の言い分を聞く

  1. 言い争うのではなく、相手の言うことを理解するように心がけましょう。無視する理由を尋ね、相手の話を黙って聞きます。話を聞くということは、必ずしも相手の言い分に同意するということではありませんが、長期的には生産的な会話につながるでしょう。[3]
    • たとえば、「無視されているように感じるんだけど、理由を教えてくれる?」などと尋ねて相手の話を聞きましょう。
    広告

4
相手の気持ちを認める

  1. 通常、人は傷つけられたと感じると相手を無視します。そのつもりがなくても、傷つけるようなことを言ったり喧嘩をしたりした場合は、自分の非を認めて相手の気持ちに理解を示しましょう。心を開いて話を聞いていることが伝わるように、相手の気持ちを認めます。[4]
    • たとえば、「パーティーに誘わなかったから怒っているんだよね。私が悪かった、ごめんね」などと言いましょう。

5
思いやりの気持ちを持って話をする

  1. 相手の気持ちと意見を大切にしていることをはっきり示します。無視されるのは辛いものですが、相手はあなたに傷つけられて話をしたくなくなったことを思い出しましょう。話をするときには、無視されて嫌な思いをしたからというだけで相手の傷ついた気持ちを否定するのではなく、思いやりの気持ちを持って接しましょう。[5]
    • これは、自分の子供に無視された場合に特に重要です。子供は親より年下ですが、親が子供の気持ちを尊重しているかどうかを感じ取ることができます。
    広告

6
自分の気持ちを打ち明ける

  1. 無視されてどのように感じたかを話しましょう。相手の話を聞いたら、今度は自分の気持ちを伝える番です。無視されて傷ついたことを伝えましょう。大げさに言ったり、相手が罪悪感を覚えるように話したりする必要はありませんが、気分を害したことを正直に伝えます。[6]
    • たとえば、「無視されていることに気づいてとても嫌な気持ちになった。理由がわからないし、親友がいなくなっちゃうと思って悲しくなった」などと言いましょう。

7
仲直りをする

  1. 仲直りをするにはどうしたら良いでしょう? 相手には気持ちを処理する時間がもう少し必要かもしれません。あるいは、謝って欲しいと思っているかもしれません。仲直りをする方法についていくつか提案し、相手の反応を確認しましょう。[7]
    • たとえば、「謝るから許してくれないかな?傷つけるようなことを言って本当にごめんなさい」なとど言いましょう。
    広告

8
今後はコミュニケーションを取るように頼む

  1. 無視することは、問題を解決するための良い方法ではありません。無視のきっかけとなった問題を解決したら、今度からは怒ったときに無視するのではなく、気持ちを伝えて欲しいと頼みましょう。たとえば、次のように言います。[8]
    • 「私が傷つけるようなことを言ったから、怒って無視したんだよね。でも、今度からは私に直接『意地悪』って言ってくれない?」

9
自分のことに目を向ける

  1. 結局のところ、自分がコントロールできるのは自分自身だけです。あなたが大切に思っている人は、無視を続けたり、将来また無視したりするかもしれません。その場合は自分のことに目を向けて、無視されていることを気にするのはやめましょう。[9]
    • この経験を教訓として、自分は大切な人を無視しないと決めても良いでしょう。
    • 大切な人に無視されないようにいつもビクビクしている場合は、その人との関係を見直したほうが良いかもしれません。[10]
    広告

10
必要に応じてメンタルヘルスの専門家に相談する

  1. 無視されるのは辛いことかもしれません。大切な人に何度も無視されて精神的な負担になっている場合は、カウンセラーやセラピストに助けを求めましょう。専門家に相談して2人がお互いのニーズをより明確にする方法を学び、コミュニケーションスキルを身につけます。[11]
    • 恋人から頻繁に無視される場合は、カップルカウンセリングが最適かもしれません。

このwikiHow記事について

Lena Dicken, Psy.D
共著者 ::
臨床心理学者
この記事の共著者 : Lena Dicken, Psy.D. レナ・ディッケン博士は、カリフォルニア州サンタモニカを拠点とする臨床心理学者です。精神力動、認知行動、マインドフルネスに基づくセラピーを組み合わせたアプローチを使用した治療で、不安感、抑うつ、人生の過渡期や人間関係に関する悩みの解消を専門としています。その道の経験は8年以上。ハワイ大学マノア校にて統合医学の学士号を、アーガシー大学ロサンゼルス校にてカウンセリング心理学の修士号を取得。 シカゴ専門心理学部ウェストウッドキャンパスで臨床心理学博士課程を修了。その業績は GOOP、The Chalkboard Magazineなど、数多くのメディア記事、ポッドキャストなどで特集されました。カリフォルニア州認定心理学者。
カテゴリ: 人間関係
このページは 151 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告