自分が相手を特別に思っていると感じてもらうよう努力するのは女性ではなく男性の役割だというのは、とても古い考え方です。最近は、女性でも男性でも相手への愛情を表現することが一般的になっています。個人による違いはありますが、ほぼどんな男性にでも効果があり、あなたにとって相手がいかに大切かを伝えられる基本的な方法があります。相手への特別な思いを示して、パートナーを驚かせましょう。

方法 1 の 2:
彼を満足させる

  1. 1
    特別な相手のことを褒めましょう。男性は、良い意味でパートナーを感動させられると喜びを感じます。男性があなたのために努力して何かをしたときは、必ず気付くようにしましょう。大切な人のことを褒めましょう。彼の努力に気付いたことを伝え、彼が大事な存在であると伝えましょう。[1]
    • 褒めるときは本心で思うことを言いましょう。うわべだけの誉め言葉は気付かれやすいので、大切な人との間にはそのようなことがないようにします。記憶に残らないほどの多くの言葉で褒めるよりも、いくつか心からの誉め言葉をかけましょう。[2]
    • また、大切な彼に注目することだけでも敬意を表すことができます。(特に会話中に)彼に意識を向ければ、あなたが彼を大切にしていることが伝わるでしょう。
  2. 2
    彼が好きなもので喜ばせましょう。あなた以上に彼のことを知っている人はいないので、絶対に喜んでもらえると思う楽しいことを選びましょう。彼は、あなたの行為に感謝するでしょう。彼に尽くしたいと感じる日は、一晩中彼を喜ばせることに徹してもよいでしょう。例えば、彼のために夕食を作ります。彼の大好物を作れば喜ばれるでしょう。食事中は彼の好きな歌を流し、その後彼のお気に入りの映画を鑑賞するのもよいでしょう。このような小さなことでも、彼は自分が大切にされていると感じます。
    • さらに、サプライズでちょっとした贈り物をすると特別感が一層増します。例えば夕食中に、彼が応援しているスポーツチームの観戦チケットを彼の手に握らせます。贈り物そのものは高価でなくても、わざわざサプライズを計画したあなたの気持ちが、彼にとっては貴重なのです。[3]
    • 夜のデートに連れ出すなら、自分が支払いをすることを躊躇する必要はありません。女性のために毎回お金を出すのは男性の義務ではありません。ただし、彼に特別感を味わってほしいからといってたくさんのお金を使う必要はありません。
  3. 3
    存分に愛情を伝えましょう。特別な相手には愛していると伝えましょう。ハグやキスをたくさんしたり、寄り添ったり、彼が好むことをしましょう。また、彼があなたにとって誰よりも完璧な人だと伝えましょう。あなたが正直に話していることが伝われば、彼はその言葉をとても嬉しく思うでしょう。
    • あなたが彼を大切に思っていると感じてほしいなら、批判的になりすぎないようにしましょう。彼の小さな間違いは気にしないようにします。ロマンチックな日を過ごしているときに彼の間違いに触れればムードが台無しになるでしょう。しかし、彼に失礼またはひどい言動があったときは、彼を喜ばせようとしていたとしても、言いたいことを我慢する必要はありません。
  4. 4
    自分の見た目に気を使いましょう。良い関係を維持するには、見た目に気を使う以上に大切なことがたくさんあります。しかし、外見を整えることに悪いことはありません。外出の際、彼は見た目も素敵なパートナーと一緒にいられることを誇らしく思うでしょう。良い服を着て、良い香りをまとえば、彼の隣で輝いて見えるでしょう。彼の友達や同僚があなたを見て息をのむたびに、彼はあなたのような素敵な女性と付き合っていることを誇らしく感じるでしょう。
  5. 5
    彼といちゃつきましょう。男性は愛され必要とされることを喜びます。仮に何年も一緒に過ごしているとしても、お互いのことを徐々に知り始めたときのように彼といちゃつくと効果があるでしょう。ほかにもいろいろな方法があります。[4]彼の外見を褒めたり、 少し愛情を見せたあとに「気のないふり」をしたり、優しくからかったりするとよいでしょう。ここでもまた、気持ちを偽らないことが大切です。
  6. 6
    相手の自尊心を満たしましょう。男性は、自分は強く大事な存在であると実感できると嬉しく思います。これを「自分で証明できる」チャンスを男性のために作りましょう。 おかしく聞こえるかもしれませんが、自分でできそうなことでも男性に手助けを頼むのもいい方法でしょう。例えば、電球を変えてほしい、ピクルスの瓶を開けてほしいとお願いすれば、男性は自分のことをあなたを助けることのできる価値ある人間だと感じるでしょう。
    • 頼まれるだけでは何も感じない人もいるので、何かをしてもらったら誉め言葉をかけましょう。「力持ちだね!」といったシンプルな誉め言葉に続いてほっぺにキスをすれば、彼にも伝わるでしょう。
    専門家情報

    「個人差はありますが、一般的に女性は愛されるのを好む一方で男性は尊敬されることをより好む傾向にあります」

    Elvina Lui, MFT

    Elvina Lui, MFT

    リレーションシップエキスパート
    マリッジ・ファミリーセラピストのエルヴィナ・ルイは、サンフランシスコベイエリアを拠点とし、リレーションシップカウンセリングを専門的に行っています。2007年にウェスタン神学大学にてカウンセリングの修士号を取得後、サンフランシスコのメンタルクリニック「Asian Family Institute」、およびサンタクルーズの依存症治療センター「 New Life Community Services」にて研修を受けました。ハーム・リダクション方式の依存症治療研修を積み、カウンセリング経験は13年以上になります。
    Elvina Lui, MFT
    Elvina Lui, MFT
    リレーションシップエキスパート
  7. 7
    触れて愛情を示しましょう。言葉より、そっと触れる方が愛が伝わることもあります。チャンスがあったらさりげなく触れることから始めましょう。例えば彼が言ったことに反対したいとき、いたずらっぽく彼を押しやり「もう言わないで!」と言ってみましょう。より長い時間を一緒に過ごすにつれて、触れる頻度を増やし、さらに愛情の伝わる触れ方にしましょう。立っているときには彼の肩や胸に触れましょう。座っているときであれば脚がよいでしょう。手を離す前に数秒間触れたままでいましょう。会ったときや別れるときには抱きしめましょう。そして、あなたの心の準備ができていればキスをしてもよいでしょう。[5]
    • 心を込めて彼に触れましょう。無理に適当に触れても、彼は嬉しく思わないでしょう。
    • あなたとその特別な男性がいいと思う範囲の「ボーダーライン」を守って触れるとよいでしょう。急いでことを進めなければとプレッシャーを感じる必要はありません。愛情を示す意味で触れ、不安な気持ちになるようなことはせずに、2人の関係が自然に深まるようにしましょう。
    広告

方法 2 の 2:
彼を大切に思っていることを示す

  1. 1
    自分らしくいましょう。男性にとって、相手が本当の自分をさらけ出してくれると嬉しいものです。特に、普段はあまり他人に本来の姿を見せないような人が自分に見せてくれると格別です。ふざけたり、おかしなことをしたり、わがままを言ったり、自分がしたいようにしましょう。そのような振る舞いができるのはあなたが彼といると落ち着くからなので、彼もそれを知って自分らしく振舞えるようになるでしょう。
    • タイミングが重要です。両想いだとわかったら自分らしさを出していくことは大切ですが、風変わりな習慣は即座には出さない方がよいでしょう。相手を混乱させてしまう可能性があります。そのため、徐々に本性を出していくことでお互いのありのままの姿に慣れていけるでしょう。
  2. 2
    自信を持ちましょう。皮肉にも、あなたが自分を信じることで、大切な彼も自分の価値をより感じることができます。彼に特別に感じてもらおうと緊張したりプレッシャーを感じたりする必要はありません。そのかわり、リラックスして気さくに振る舞いましょう。フレンドリーな態度で、彼の言うことに興味を示します。ただし、面白いと思わないのに無理に笑う必要はありません。会話中は目を合わせるように心がけましょう。幸せな気持ちにさせてくれたときは微笑みましょう。これらの小さなしぐさでも、ありのままの自分でいること、そして自信を持って彼を愛していることが伝わります。
    • 反対に、アイコンタクトを避けて足元ばかりを見つめたり、彼の一語一句にびくびくしたりするのは逆効果です。人の感情を読み取るのが得意ではない男性もいるので、あなたが神経質になったり、おどおどしたり、黙ったりすると、男性は自分が何かしたのではと感じてしまうかもしれません。
  3. 3
    彼の味方でいましょう。男性は頼りがいや自信のある振る舞いを求められることが多いので、彼の肩の荷を少しでも降ろしてあげられると喜ばれるでしょう。例えば公共の場で誰かが彼に敬意を欠いた失礼な言動をしたときでも、彼が対応するだろうとおとなしく待つ必要はありません。ためらわず、あなたの言葉や行動で彼の肩を持ちましょう。自分のためにわざわざそこまでしてくれるあなたを見て、彼はあなたの愛情を感じるでしょう。
  4. 4
    彼が落ち込んでいるときに支えましょう。男性のなかには、自分の弱さをさらけ出して不安を吐露する場がなかなかない人もいます。何事もないように振る舞わなければいけないと重圧を感じることもあるでしょう。恐怖心や泣く姿を見せるなど、弱みをさらけ出すことは欠点だと教えられて育つ場合もあります。彼のことをよく知るのはあなたなので、いつでも味方でいると彼に知ってもらいましょう。また、あなたの前では常に強がる必要はないと伝えましょう。うまくいかないときに手を取ってくれて、弱音を吐いてもいい相手がいると思うことができれば、彼は世界一幸せに思うでしょう。
    • あなたの前で恐怖心や不安感を毎回は出さないようにする男性もいます。明らかに何かあるのに彼が大丈夫なふりをしていても、自分が必要とされていないと感じる必要はありません。(彼が断わるとしても)手を差し伸べれば、彼を思う気持ちと、いつでも進んで助ける用意があることが伝わるでしょう。彼が実際にお願いしてきたときには支えてあげられるように準備しておきましょう。
    広告

ポイント

  • 「ときにはあなたが男性をどこかに連れて行きましょう」とは、いくら強調してもしたりないほどです。彼があなたをどこかに連れ出してくれるのを待つのはやめましょう。確かにかつては男性がそのような役割を担っていましたが、今は両方が付き合いの役割を果たしていくことが求められます。
  • 愛情表現に関しては、意見が分かれることがあります。公共の場で女性を抱きしめたりキスをしたりして愛情を「見せつける」ことが好きな人もいれば、これらを恥ずかしいと思う人もいます。自分のパートナーがどのように考えているかわからないときは、尋ねてみましょう。そのような愛情表現を行ったときの彼の反応に注目しましょう。嬉しいと口で言っても、実際にそうしたときには恥ずかしくて赤面しているかもしれません。

広告

関連記事

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

他者に依存しない

How to

復讐する

How to

キスが上手になる

How to

泣いている人を慰める

How to

敬意を持って人に接する

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

女性をその気にさせる

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

キスマークをつける

How to

男性からの好意に気付く
広告

このwikiHow記事について

Elvina Lui, MFT
共著者
リレーションシップエキスパート
この記事の共著者 Elvina Lui, MFT. マリッジ・ファミリーセラピストのエルヴィナ・ルイは、サンフランシスコベイエリアを拠点とし、リレーションシップカウンセリングを専門的に行っています。2007年にウェスタン神学大学にてカウンセリングの修士号を取得後、サンフランシスコのメンタルクリニック「Asian Family Institute」、およびサンタクルーズの依存症治療センター「 New Life Community Services」にて研修を受けました。ハーム・リダクション方式の依存症治療研修を積み、カウンセリング経験は13年以上になります。
カテゴリ: 人間関係
このページは 384 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告