好きなのに別れなければならないのは常に辛さを伴う状況です。その一方で双方の心の痛みを和らげる方法もあります。大切なのは相手の気持ちを傷つけないよう思いやりながらも正直に話をすることです。

パート 1 の 3:
自分の心の準備をする

  1. 1
    本当に関係を終わらせたいのか自分の気持ちを確認する 万が一よりを戻したくなる可能性があるならば別れるタイミングではないでしょう。[1]仮に別れた後に気持ちが変わって再び付き合うようになったとしても、修復不可能な大きなしこりができてしまっているでしょう。
  2. 2
    傷つくあまり少なくとも当面、友達として付き合うことを拒否される可能性も考慮する 別れ話は関わる人間全員にとって、とても感情的になりやすい状況です。別れた直後からあっさりと友達になれるとは期待しないほうが良いでしょう。
  3. 3
    間違った理由で別れないようにする 現在の関係は本当に終わらせる意義があるのかを考えてみましょう。[2]自分だけでなく相手の今後についても検討する必要があります。
    • 一人になりたくないから、という理由で付き合ったままの状態でいることはやめましょう。自分にふさわしい相手を見つける唯一の方法は、現状を打開し自分自身の力で生きていくことです。
    • 相手の気持ちを傷つけたくないから、という理由で別れないでいるのも好ましい状態ではありません。別れを切り出すのは残酷に感じられるかもしれませんが、恋愛感情がなくなってしまった状態で付き合い続けるのはもっと残酷です。[3]
    • 「少し距離を置く」ことを提案するのはやめましょう。このようないわば小休止は多くの場合そのまま完全な別れへと移行します。少し距離を置きたいと感じているのであれば、本当は別れたいけれども一人になることを恐れている可能性があります。距離を置くことを提案するのではなく、関係を終わらせる心の準備ができるまで待ち行動に移しましょう。
  4. 4
    必要な調整をする 二人で一緒に暮らしているのであれば、どちらが引っ越し、どちらが残るのかを決める必要があるでしょう(もちろん議論の余地を残しておく場合もあるでしょう)。相手に出て行ってもらいたいのであれば、新しい住居を見つけるための十分な時間を与え、その間の自分の仮住まいもあったほうが良いでしょう。
    • 自分の両親や親しい友人などに、数日間泊めてもらえないか頼んだり、ホテルに滞在するなどして対処しましょう。
    • 一緒には暮らしていないものの職場や学校で日常的に顔を合わせるのであれば、自分のスケジュールや環境を再度調整することを考えてみましょう。定期的に顔を合わせていることで前に進むことが難しくなると考えている場合、転職したり、クラスのスケジュールを変更することで相手との継続的なやり取りを避けることを検討しましょう。
    広告

パート 2 の 3:
打ち明ける

  1. 1
    適切なタイミングを選ぶ 大切な人に別れ話を切り出す完璧なタイミングというものは存在しません。その一方で避けるべき状況もいくつかあります。下記の例を参考にしましょう。
    • 相手が身内の不幸、病気、失職などの難しい状況に直面している間は別れ話は控えましょう。危機的状況の真っ只中にある場合、状況が好転し始めるまで待ってから別れたい意思を伝え、相手に余計な苦痛を与えないよう気を配りましょう。
    • 喧嘩の最中に別れるのも得策ではありません。その場の一時的な感情に流されて関係を終らせないようにしましょう。本心ではないことを口走り、喧嘩のあとで後悔するかもしれません。
    • 周囲に人がいる場所で別れ話をするのもやめましょう。あえて公共の場で別れ話を切り出すのであれば、少なくとも落ち着いて会話ができるような静かなテーブルや角の席などを見つけるようにしましょう。片方あるいは二人とも途中でかなり感情的になるかもしれないので、プライバシーを保つ必要があります。
    • テキストメッセージ、メール、電話での別れ話も避けるようにしましょう。相手のことを本当に大切に思っているのならば、直接話す義務があります。
      • ただ長距離恋愛という唯一の例外もあります。この場合、直接会って話をするのは実現が困難です。それでもスカイプや電話を使うようにして無機質なテキストメッセージやメールは控えましょう。
  2. 2
    相手に心の準備をさせる 会話の途口や相手が何かで忙しくしている最中に唐突に別れ話を口走り、相手を驚かさないようにしましょう。
    • 相手を脇に連れていき、「話したいことがある」、「話し合わなければいけないことがある」と伝えましょう。
    • 相手に事前にメールやテキストメッセージを送り、話したい旨を顔を合わせる前に伝えておくと良いでしょう。相手も深刻な会話をする前に十分な時間をとって気持ちの準備ができるようになります。 テキストメッセージで別れ話をするのは控えるべきですが、深刻な話があることを知らせておくためのテキストメッセージはあったほうが良いでしょう。
  3. 3
    一人称の視点を用いる 一人称を用いた文言は効果的に相手に対する非難の印象をそらし、自分の気持ちを簡潔に伝えます。例えば次のような伝え方を用いましょう。
    • 「あなたは子供が欲しいと言っているけれども、私は欲しくない」と伝えたいのであれば、「自分の人生に子供の必要性を感じていない」と言い換えてみましょう。
    • 「あなたはいつも一緒に居ないと気が済まない」と伝えたいのであれば、「私はもっと自分だけの時間が欲しい」と言い換えてみましょう。
    • 「今の関係に先が見えない」と伝えたいのであれば「自分の未来について考えたい」と言い換えてみましょう。
  4. 4
    正直に話しつつも、不要な辛辣さは含めない 誰もが真実を知る権利があります。同時に何の建設的な目的もなく、ただ相手の気持ちを傷つけるだけになってしまう事実があるということも念頭に置きましょう。
    • 興味の不一致など、今の関係で何か明らかに上手くいっていないことがある場合、相手にそれをしっかりと伝える必要があります。[4]正直に話し、いくつかでも不可解だった点を解消することで、相手としても、なぜ関係が終わってしまったのか、どうするべきだったのか、どうしていたらよかったのかを頻繁悩んでしまう状態よりもずっと早く前に進めるようになります。例えば、「あなたは常に外出したいタイプだけれど、自分はそれほどではない。このような不一致があると、この先ずっと幸せで居続けることはできない」といった説明が挙げられます。
    • 批判はあえて優しい言い回しにする 相手を大切に思っているのであれば、その人の自尊心を守るための努力をするべきでしょう。例えば「あなたに魅力を感じなくなった」という代わりに「以前のような相性があるように感じられなくなった」と伝えてみましょう
    • 侮辱や、あえて本人の痛いところを突いて傷つけるようなコメントは避けましょう。
    • 相手への愛情は今後も変わらず、ずっと大切な存在であることを伝え安心させましょう。拒絶されたことから生じる感情をいくらか軽減するでしょう。「あなたは素晴らしい人間で、聡明なだけでなく、大きな目標も持っている。ただ私の目指すものは別にあると思う」といった伝え方を考えましょう。
  5. 5
    今後も友達でいることを提案する 相手と今後も友達として付き合っていきたいと純粋に願うのであれば、別れ話の終盤でその気持ちを伝えましょう。ただ、相手はあまりに傷ついていて、少なくとも当面は友達には戻れないかもしれないということを念頭に置きましょう。相手が求めていることを尊重し、必要ならば一人になる時間を与えましょう。
    • 別れたあとは、以前のような定期的な頻度で電話をかけたりテキストメッセージを送ることはやめましょう。はっきりとしない印象を与え、相手が前に進むことを困難にします。友達に戻ると二人で決断したとしても、別れた直後は会ったり話したりせず、しばらく別々の時間を設けるべきでしょう。
    • 別れてから少し時が過ぎ、感情が比較的落ち着いてきたところで、相手に心を開いていろいろと打ち明けることを検討しましょう。これはグループでの外出でも良いでしょう。(あいまいな印象を与えてしまわないように、1対1にならないほうがむしろ賢明かもしれません。)「何人かの友達で映画を見に行くのだけれど、一緒に来る?」と誘ってみましょう。
    広告

パート 3 の 3:
前に進む

  1. 1
    少なくとも当面は別れた相手と話しをしない 大切に思っている人を完全に切り離すのは不可能に感じられる一方で、頻繁に連絡を取っているほうがはるかにに心の傷を広げます。話したいと感じたときは相手の番号をブロックしましょう。さらにソーシャルメディア上の相手のユーザー名もブロックしましょう。誘惑が断ち切りやすくなります。[5]
  2. 2
    罪悪感を持ったり、後悔をしない 自分が別れ話を切り出した張本人だとしても、傷ついたり喪失感を感じることはあります。これはとても自然な感情です。心を癒すにはこうした感情も認識する必要があります。
  3. 3
    自分も少し時間をおく 恋愛関係は複雑です。好きだった相手と別れた後は途方に暮れることもあります。これは、新しい恋愛に飛び込む前に少し時間をおいて、自分自身をよく知り、一人での生活に慣れる必要があるというサインです。
  4. 4
    友人や家族に頼る 精神的なサポートを求めることを恐れる必要はありません。親しい友人や家族が良いでしょう。今自分に起きていることを理解し、支え、時にアドバイスを与えてくれるでしょう。
    広告

関連記事

How to

彼氏がいることを両親に打ち明ける

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

相手のことを好きなのか寂しいだけなのか見分ける

How to

男性からの好意に気付く

How to

恋に落ちたか判断する

How to

フレンチキスをする

How to

彼女を自分とセックスさせたくする

How to

女の子を笑わせる

How to

女の子と両想いかどうかを確かめる

How to

彼氏の気を引く

How to

男性から好意を持たれているか知る

How to

誰かを好きになるのをやめる

How to

彼氏を信頼する

How to

女性の気持ちを知る
広告

このwikiHow記事について

Klare Heston, LCSW
共著者
医療ソーシャルワーカー
この記事の共著者 Klare Heston, LCSW. クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。 この記事は1,508回アクセスされました。
カテゴリ: 注目記事 |
このページは 1,508 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告