PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

誰かのことを心から大切に想っていても、その気持ちを伝えるのは難しい場合もあるでしょう。大切な人に対して持つ感情を示す方法はたくさんあります。優しい口調で話す、相手の話を注意して聞く、親切に接するなどすれば、相手を大切に想う気持ちは十分に伝わるでしょう。

方法 1
方法 1 の 3:
思いやりを持って話す

  1. 1
    相手を想う気持ちを様々な表現で伝える 「大好きだよ」のような表現は相手を大切に想っていることを伝えるためによく使われます。より直接的かつ具体的に相手を想う気持ちを伝える表現は他にもたくさんあります。人によって愛情や思いやりの表現方法や受け入れ方が異なるため、色々な伝え方を知っておくことが大切です。大切に想う気持ちを様々な方法で伝えることで、あなたの気持ちは本物だと相手に分かってもらえるでしょう。以下のような表現を参考にしてみましょう。[1]
    • 「あなたと過ごす時間はとっても楽しいわ」
    • 「君が僕のためにしてくれること全てに感謝しているよ」
    • 「あなたは私の親友だよ」
  2. 2
    相手を信頼する あなたにとってその人が大切な存在だと伝えるには、相手に心を許すことが効果的な場合もあります。相手に心を開き、その人にだからこそ言える話をしてみましょう。相手との距離を縮めれば、相手を大切に想う気持ちが伝わるはずです。[2]
    • 例えば、普段は他人には話さないような自分の幼少期の話をしてみると、相手は自分だけに特別に話してくれたのだと感じ、嬉しくなるでしょう。
  3. 3
    親身になる 自分が大切だと想う相手からも信頼されるようになりましょう。相手を大切に想うことを伝え、相手との心のつながりを深める努力をしましょう。あなたに心を開いてくれる相手を冷やかしたり、馬鹿にするようなことは絶対にしてはいけません。そんなことをすれば、相手は恥ずかしい思いをすることになり、心を閉ざしてしまう可能性があります。いつでも相手のそばで支えになる気があることを示せば、あなたが相手を大切に思う気持ちが伝わり、相手も有り難く感じるでしょう。[3]
    • 例えば、親しい人が恋人との別れや離婚の真っただ中である場合、あなたの支えを必要としているかもしれません。その人の状況を軽蔑したり、「私に泣きついてこないで、早いとこ他の人を見つければいいじゃない」などと冗談を言うのは絶対にやめましょう。「大変な時だよね。元気を出してもらいたいんだけど、私に何かできることはある?」などといった言葉をかけて支えてあげましょう。
  4. 4
    ありのままの相手を受け入れる 本当に相手を大切に想っているならば、ありのままの相手を受け入れましょう。あなたの希望で相手を変えることはできません。相手を変えようとすれば、その人は自分は大切に想われていないと感じ、拒絶された気持ちになるでしょう。相手の言動に反対する時は、自分の考えを受け入れさせようとするのではなく、お互いの意見が異なる場合もあることを理解しましょう。そういった態度を取れば、特定の物事について意見が一致しなくても、相手を大切に想っていることを伝えられます。[4]
    • 例えば、自分と友人の政治的見解が異なる場合、相手の考えを変えられる可能性は、相手があなたの考えを変える可能性よりも低いでしょう。それに、常に相手の考えを変えようとすれば2人の友情にひびが入ってしまうかもしれません。意見の不一致を受け入れ、その話題は避けるようにしましょう。
  5. 5
    感謝の気持ちを表す 目まぐるしく過ぎる日々を過ごしていると、友人や愛する人に対して感謝することを忘れてしまう時もあるでしょう。そんなつもりはなくても、日々の生活で自分が関わるものや人たちのことを「当たり前の存在」だと考えてしまいがちです。感謝の気持ちを伝えるために何ができるか考えてみましょう。
    • 些細な事でも、相手がしてくれることに感謝の気持ちを述べるようにします。「お皿を洗ってくれてありがとう。その気持ちが嬉しいよ」などと言うとよいでしょう。
    • 感謝の気持ちを日記に書くのもよいでしょう。有難く思うことを具体的に書き出し、友人や家族と共有しましょう。
    • 「大好きだよ」などと伝えたり、「あなたは私にとってとても大切な存在」「あなたは私をいつも笑顔にしてくれる」「あなたは私の人生に彩りを加えてくれる」などと書いたメモを相手の目に留まるところに置いておくのもよいでしょう。
  6. 6
    相手を褒める 相手の人柄を褒めれば、そういった部分にもしっかりと目を向けていることや、その人の素晴らしさに気付いていることを伝えられます。以下の例を参考に、頻繁に褒め言葉を言うようにしましょう。[5]
    • 「あなたって最高」
    • 「きれいだよ」
    • 「あなたはとても親切で思いやりのある人ね」
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
言葉を使わずにコミュニケーションをとる

  1. 1
    相手が助けを必要としていたら手を差し伸べる 相手が助けを必要としている時にそばにいてあげることで、心からその人を大切に想う気持ちが伝わるでしょう。その人から何か頼み事をされたら、自分にできることは何でもしてあげましょう。相手が辛い思いをしているのを知っているならば、自分の時間を割いてでも何か親切なことをしてあげるべきです。[6]
    • 例えば、相手が辛い状況に置かれている時は、食べ物を届けたり、身の回りのことを手伝いに行ってあげるとよいでしょう。
  2. 2
    スキンシップをとる 相手とスキンシップをとれば、その人を大切に想う気持ちを伝えることができます。親しい間柄の友人、家族、恋人とは、抱きしめたり手を握るなどのスキンシップをとるとよいでしょう。あなたからスキンシップをとろうとする際は、相手に受け入れられていることを確認し、無理やり身体に触れるようなことがないようにしましょう。[7]
  3. 3
    テキストメッセージで伝える 面と向かって話すのが一番なのは言うまでもありません。しかし、今日ではほとんどの人が日々の連絡手段として携帯電話、メール、テキストメッセージなどを利用するため、このような方法で連絡を取るのが非常に簡単なわけです。短めのメッセージを送って相手を大切に想う気持ちを伝えましょう。
    • テキストメッセージやメールは素早く簡単に送信することができるため、相手を大切に想う気持ちを示すのに適した方法の1つです。
    • 「大切に想っているよ」「大好きだよ」などとテキストメッセージを送ったり、メールで「あなたがいなくて寂しい」「早く会いたいな」などと送ってもよいでしょう。
  4. 4
    話す時は相手の目を見る 誰かと会話をする時は、しっかりと相手に注意を向けましょう。そうすれば相手は「自分は大切に想われている」と感じることができます。会話をする時、話を聞く時は、相手の目を見るようにすれば、しっかりと注意を払っていることが相手に伝わるでしょう。[8]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
思いやりを持って接する

  1. 1
    口論は避ける 口論が続けば相手との関係は次第にもつれていきます。できる限り口論は避けましょう。些細なことで相手の感情を傷つけたり、相手との関係を壊してしまわないようにしましょう。賢い選択をして口論になるのを避ければ、相手を大切に想っていることが伝わるはずです。[9]
    • 例えば、誰かに「今日の君の髪の毛ぐしゃぐしゃだね」などと言われても、相手にせず放っておくのが賢明です。
    • ただし、相手にお金を盗まれるなどした場合は、自分の許容範囲について建設的な話し合いをするべきでしょう。
  2. 2
    謝罪する 口論になった際は謝罪しましょう。謝罪すれば、自分にも非があると認めていることになり、謝罪する必要があると感じたのは相手を大切に想っているからであると伝わるでしょう。しっかりと謝れば、あなたの想いは必ず相手に届くはずです。[10]
  3. 3
    サプライズをする 何かサプライズをすることで、相手に対する思いやりを示せます。また、相手を十分に理解しているからこそ、相手が楽しめるサプライズを計画できるのだと示すこともできます。サプライズで贈り物をしたり、食事や旅行に連れて行ってあげると、相手を大切に想う気持ちが伝わるでしょう。[11]
    • 例えば、相手のお気に入りのレストランでテイクアウトをして食事を届けてあげたり、好物の料理を作ってあげるなどすれば、相手に対する思いやりを示すことができます。
    • 旅行に行った際は相手にお土産を買って行ってあげるとよいでしょう。相手を想っていたことが伝わります。
  4. 4
    そばで支える 大切に想う人があなたにそばにいてほしい時は、その人のために時間を作ることが大切です。時には今行っている作業をすぐに中断しなければならないこともあるでしょう。週の後半にでもランチを買って届けてあげることもできます。大切な人との約束は守るよう心がけましょう。さもないと、相手はあなたにとって自分は大切な存在ではないのだと感じ始めるかもしれません。
    • 例えば、友人が週末に引っ越しの手伝いを必要としているのであれば、自分の予定を空けて手伝ってあげましょう。
  5. 5
    大切に想う人に注意を向ける 親しい間柄の人と時間を過ごす時は、しっかりと相手に注意を向けましょう。携帯電話やテレビなどに気を取られないようにし、相手との会話に集中しましょう。 相手の話を積極的に聞き、相手の言っていることに心から関心を示すことが大切です。
    • 例えば、両親と昼食を食べている最中は、携帯電話の電源を切り、テーブルの上に置いておきましょう。
    • スキンシップの力を利用しましょう。相手が親しい友人ならば、背中を軽く叩いたり、ハグをしたり、ほっぺにキスをするなどしてみましょう。親密な関係にあるパートナーなら、背中をなでたり、ソファーでくっつき合ったり、キスをしたりするとよいでしょう。
    広告

関連記事

壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
げっぷするげっぷする
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
復讐する復讐する
他者に依存しない他者に依存しない
友達がゲイかどうか見分ける友達がゲイかどうか見分ける
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
彼女が浮気をしているか知る彼女が浮気をしているか知る
自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
広告

このwikiHow記事について

Jin S. Kim, MA
共著者 ::
マリッジ・ファミリーセラピスト
この記事の共著者 : Jin S. Kim, MA. ジン・キムはカリフォルニア州のロサンゼルスに住む認定マリッジ・ファミリーセラピストで、LGBTQ、有色人種、また、複数のアイデンティティー(人種、性別、宗教、階級、性的指向等)を持つことから社会的困難に直面しがちな人達を対象としたカウンセリングを行っています。2015年にロサンゼルスにあるアンティオーク大学にて、臨床心理学(LGBT心理学専攻)の修士号を取得しています。 この記事は4,275回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 4,275 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告