声が大きいと人に言われたり、声が大きいという理由で相手や自分も不快な気持ちになりませんか?自分の声に関して不安に感じていませんか?人は誰でも自分の話に耳を傾けてもらいたい気持ちがあるものですが、どんな状況でも声を張り上げるのは最善策とは言えません。自分の声が大きすぎて公共の場で注目の的になっていると感じたことがあるのであれば、この記事を読み進めましょう。

パート 1 の 3:
大声を出さずに効果的に会話する

  1. 1
    自分が話すよりも人の話を聞く練習をする 相手の話に積極的に耳を傾け、競って発言するような状況は避けるようにします。そして相手が話している内容に真剣に集中し、話を遮らないようにしましょう。次に自分が話す内容を考えるのではなく、相手の話に耳を傾けます。こうすれば、相手よりも自分の話を聞いてもらおうとして声を張り上げる必要性を感じなくなり、公平な立場で会話に参加できるようになるでしょう。[1]
  2. 2
    状況を管理する 声量を上げる原因となっている可能性のある状況の要因を変える努力しましょう。自分が話している内容を聞いてもらえる環境に改善できれば、大声で話す必要がなくなるでしょう。[2]
    • 窓やドアを締めて外部の音が入らないようにしましょう。
    • 話している相手の近くに移動します。自分と話し相手の間に距離があるほど、間隔を埋めようとして声を張り上げる必要性を感じる可能性が高くなるでしょう。
    • 小さい部屋で話しましょう。大きい部屋では音がかき消されるため、声を大きくしなければならないと感じるかもしれません。静かに会話をするには、小さい部屋を選びましょう。
  3. 3
    大声を出さずに会話の技術を用いて自己主張する あなたの意見は正当であり、人に聞いてもらう価値があります。相手が話を聞いていないと感じたら、大声を出さずにはっきりと会話する方法を実践してみましょう。[3]
    • 相手の立場を考えて話します。相手の背景を理解する努力をし、「最近かなりストレスを感じているみたいね」または「今は忙しそうだから、早く終わらせるね」などと伝えて相手を理解している姿勢を示しましょう。
    • 否定的な会話をしている時にも前向きでいましょう。相手と意見が異なる場合でも、必ずしもその人を嫌っているというわけではありません。相手を軽視する必要は全くないのです。
    • 会話を終わらせましょう。時にはノーと言うのを身につけるほど簡単なことです。解決策が見つからない場合は、議論が白熱して声を張り上げるよりも会話を終わらせて立ち去るほうがよいでしょう。
  4. 4
    会話している人達を理解する 数人のグループで会話する際、他の人の話を遮って話す、他の人より先に話す、または会話の話題を変えたりしたくなるものです。グループ内の会話では皆それぞれがこのような失敗をするため、グループ全体の会話の声量が上がってしまいます。[4]
    • 誰かの話を遮って話すよりも、話を聞いてもらえるタイミングを待ちましょう。
    • 話したいという態度を示すには、ボディーランゲージを使います。指を上げる、うなずく、首を振るなどしてみましょう。
    • 自分の話す順番が来たら、他の誰かが会話に入ってくる前に素早く言いたいことを伝えましょう。
    広告

パート 2 の 3:
発声訓練をする

  1. 1
    横隔膜を使って呼吸する 胃の上部および胸郭の下部に片手をのせます。この部分に息を吸い込み、呼吸を使って手を押し上げるようにします。こうすると、鼻、胸、口から声を出すよりも息が適切な場所に送られます。鼻や口などから無理やり息を出すと耳障りで騒がしい声になる場合があります。[5]
    • 横隔膜に息が入ったら、手を置いている場所から声を出すようにしてみましょう。
  2. 2
    喉をリラックスさせる 首が緊張していると、喉から声を無理やり出す原因に繋がる可能性があります。落ち着きのある声を出すには、喉をリラックスさせます。片手を首にのせて普段通り話し、首の緊張具合を確認しましょう。[6]
    • できる限り顎を下げ、口を大きく開けます。次に軽いハミングと一緒にゆっくりと空気を出します。喉がリラックスした状態になるまで、この動作を数回繰り返しましょう。
    • 喉がリラックスしたら、顎を下げたまま「あめんぼ あかいな あいうえお」などの言葉と一緒に息を吐きましょう。
    • 首が緊張しているようであれば、この訓練中に首のマッサージを続けましょう。
  3. 3
    声量を変える こうすると、自分の声が聞けるのと同時に人にも声を聞いてもらいやすくなります。同じ声量で話し続けると、聞き手が話し手の話に耳を傾けなくなる傾向があります。その結果、話している人が苛立って声がさらに大きくなる場合があります。声量を調整してみましょう。[7]
    • 声量に強弱をつけると自分の声量が自覚できるため、相手の反応がわかるようになるでしょう。
    • 囁くような声で話してみましょう。 
    • 誰かに声を大きくするように言われるまでは、小さな声で話しましょう。
    • 強調したい言葉だけ、声量を上げてみましょう。例えば「あのピザは『最高に』おいしかった!」などと言ってみましょう。
  4. 4
    他人に協力を求める 自分で自分の声を聞くのは難しい場合があります。理想的には専門のコーチを雇い、客観的に声を聞いてもらうのがよいでしょう。コーチであれば声量や改善点などを見極めることができ、声のコントロール方法を学ぶ訓練を通して指導してくれるでしょう。現時点でコーチを雇う選択肢がなければ、友人にお願いして意見を求めましょう。[8]
    • ボイスコーチは呼吸訓練を通して指導ができると同時に声のピッチや声量の範囲も確認してくれるでしょう。
    • 1人で声の訓練に取り組んでいる場合は、友人に依頼して変化が見られるかどうかを聞いてみましょう。声が大きくなった時には指摘してもらうようにします。実際に指摘されても怒るのは避けましょう。友人が手助けをしてくれていることを忘れてはいけません。
    広告

パート 3 の 3:
問題を特定する

  1. 1
    自分が話している声を聞く 音が内耳に伝わる方法には2種類あり、空気と骨を通じて伝わる方法です。話す時に聞こえる音は、一般的にこの2種類の経路の組み合わせです。人によって個人差があり、どちらか1つのほうがもう片方より敏感な場合があります。[9]
    • 自分の声を録音して聞くと、声帯からの振動がなくなってこの経路が作られないため、骨伝導音が消されます。このような仕組みにより、録音した自分の声と実際の自分の声が違うように聞こえるのです。
    • 空気伝導音を消すには耳栓をしてみましょう。
    • 内耳の異常が原因により、呼吸や眼球を動かす時などに自然に出る体内の音が聞こえるくらい、骨に伝わる音に非常に敏感になる場合があります。
    • このような経路のうちの1つを排除し、聴力に大きな変化が出るかどうかを確認しましょう。
  2. 2
    聴力検査を受ける 大きな声で話すのは、難聴の兆候である可能性があります。感音難聴に見られるその他の兆候には、背景雑音が多い時に耳が聞こえにくかったり、人の話をはっきりと理解できない場合などがあります。このような症状がある時には医師に相談し、聴力検査を受けましょう。
  3. 3
    立場を見極める 権力を持つ立場にいる人々は多くの場合、大きい声で権威を持って話すように訓練されていますが、権力の高い地位を与えられた人や自分の地位が高いと思っている人も同様に自然とそのような口調で話すようになります。[10]
    • 力関係の中で、自分はどのような立場にいますか?
    • これにより、周りの人達にどのような影響を与えていますか?
    • 声量を下げて相手と同じ立場で会話をすることで自分に利益は生まれますか?
  4. 4
    自分の動機を確認する 自分の話に耳を傾けてもらえないと感じるゆえに、大声で話す人もいます。継続的に同じ内容を何度も繰り返して言う行為も、このような感情から起きるもう1つの反応です。このような行動をしていることに気付いた場合、大声で話している原因は自分の意見を十分に聞いてもらえていないことに関連している可能性があります。[11]
    広告

関連記事

How to

自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する

How to

男性から好意を持たれているか知る

How to

落ち込んでいる彼女を慰める

How to

車椅子を利用している人と接する

How to

陰口を叩く人に対処する

How to

より良い人になる

How to

失礼な人に対処する

How to

好きな男性に自分の存在をアピールする

How to

人を惹きつける

How to

非常識な人に対処する

How to

誕生日のお祝いに応える

How to

冗談に対応する

How to

人にどう思われるかを気にしない

How to

何かや誰かのことを考えるのをやめる
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 社交関係
このページは 100 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告