早寝の習慣がある場合、大晦日に年越しまで起きているのは大変なことです。年越しの瞬間を迎える前に寝たいと思う人はいないはずです。今年は新年を起きて迎えましょう!

方法 1 の 3:
活動的に過ごす

  1. 1
    人と話します。友達や家族と新年を迎える場合、その人たちと会話をして起きていましょう。乗りよく過ごすことで、気分を高めた状態を保ちます。
    • 他の人たちの話を聞きます。
    • 他の人たちの冗談を楽しみます。
    • 他の人たちの趣味について話します。
  2. 2
    立ったままでいます。踊る、家の中を歩き回る、友達と腕立て伏せ大会をするなど、何をしても良いので、座ったり寝転んだりしないようにします。くつろぎ過ぎると寝てしまいます。
  3. 3
    楽しいことをします。友達や家族とゲームをしたり、周りにいたずらしたり、あるいは順番に新年の抱負を言います。気分が盛り上がり、目が覚めることは何でもやりましょう。[1]
    • 地域で禁止されていなければ、花火を上げるととても興奮します。火の取り扱いに気を付け、小さい子から目を離さないようにしましょう。
    • 一人ひとり変顔の写真を撮るのもとても楽しめます。
  4. 4
    手伝いをします。パーティーに参加している場合は、料理を手伝ってみんなに振舞いましょう。バーテンダー役になって、みんなにカクテルを作ってあげるのも良い考えです。あるいはちょっとした片づけを率先して行いましょう。家主の機嫌を取れるだけでなく、集中できて目が覚めます。
    広告

方法 2 の 3:
睡魔と戦う

  1. 1
    カフェインを使います。カフェインは脳内の睡眠を誘発する神経伝達物質を遮断するため、目が覚めます。[2]眠くなってきたら、コーヒーやその他のカフェインを含む飲み物を飲みましょう。大晦日を迎える日中はカフェインを避けましょう。摂取しすぎると効果が薄れます
    • 多くの炭酸飲料にはカフェインが含まれます。
    • レッドブルやモンスターといったエナジードリンクには多くのカフェインが含まれます。
    • ダークチョコレートにはカフェインが含まれているものがあります。
    • これは非常に効果的な方法ではありますが、健康的ではありません。夜にカフェインを摂り過ぎるのは避けましょう。睡眠周期を崩すのは健康に悪いためです。
  2. 2
    体温を変えます。体温を上げ下げして体に刺激を与え、覚醒させます。刺激により、体と脳に瞬間的に活力が生まれます。
    • 顔を冷たい水で洗います。[3]
    • 軽くシャワーを浴びます。水の温度を冷水から温水に切り替え、再度冷水に戻して眠気を覚まし、血液の循環を良くします。
    • 氷を噛んだり、冷たい飲み物を飲んでも同じような効果があります。
  3. 3
    照明のスイッチを入れます。全ての照明がついていると、寝づらくなります。できる限り明るい環境を作りましょう。
    • 他の人たちの迷惑になりたくない場合は、別の部屋に移って電気をつけましょう。
  4. 4
    音楽を聴きます。お気に入りの明るい曲をかけて、気分を高めましょう。できるだけ音量を上げます。[4]
    • 周りに他の人がいる場合はヘッドホンを使いましょう。
    • ゆっくりな曲は避けましょう。気分が落ち着き、寝てしまいます。
  5. 5
    新鮮な空気を吸います。大勢の人と大晦日を過ごす場合、非常に混み合った環境になるでしょう。そうすると、空気の温度と湿度が非常に上がり、眠気を誘います。[5]外に出て新鮮な酸素を吸い、元気を回復させましょう。
  6. 6
    映画を観ます。最高に面白い映画を観て、自分の気持ちを引き込みましょう。良いアクション映画は眠気を吹き飛ばし、ハラハラドキドキします。
    • 長すぎたりテンポが遅すぎる映画は避けましょう。長くて複雑な話についていこうとすると、疲れてしまいます。
  7. 7
    ペパーミントオイルを使います。ペパーミントの香りには眠気を覚ます効果があります。手、こめかみ、上唇にオイルを塗りましょう。香りが強すぎる場合は、しばらく他の人たちから離れましょう。[6]
    • 強いシトラスの香りにも同じ効果があります。
    • ラベンダーを使うのは避けましょう。リラックス効果が強いためです。
    広告

方法 3 の 3:
起きておく準備をする

  1. 1
    その日一日、栄養のある食事を摂ります。ビタミンを豊富に含むもの食べるとエネルギーが得られます。起きておくためのエネルギーを得るには、ビタミンC、ビタミンB、オメガ3脂肪酸をたっぷり摂取する必要があります。七面鳥のようなトリプトファンを含む食べ物は、疲労感や倦怠感の要因となるため避けましょう。[7]
    • 鮭やクルミにはオメガ3脂肪酸が非常に多く含まれ、新陳代謝を上げます。
    • みかんやその他の柑橘類にはビタミンCが非常に多く含まれます。
    • 卵や豆はビタミンBが非常に豊富です。
    • 少量の食事をこまめに食べるようにして、新陳代謝を活性化させましょう。一度に食べすぎると体が重く感じます。
  2. 2
    前日はしっかり8時間寝ましょう。体を稼働させるのに必要な睡眠を取ります。前日の夜から睡眠が足りていないと、大晦日に起きておくためのエネルギーを十分確保するのがとても難しくなります。
    • やり過ぎてはいけません。寝すぎるとフラフラします。
  3. 3
    散歩します。負荷の少ない運動はエネルギーを与えてくれます。大晦日に30分散歩し、血流を良くし、眠気を飛ばしましょう。[8]外で日光を浴びると、ビタミンDの吸収が良くなります。
    • 軽い運動に留めます。負荷の重い運動は体力を消耗させ、疲れてしまいます。
  4. 4
    昼寝をします。それでも深夜まで起きている自信が無い場合、日中に昼寝をしましょう。寝すぎないように必ず目覚ましをかけましょう。45分以内の短い昼寝はエネルギーを与えてくれます。それ以上寝てしまうと、より疲れが増します。
    • 時間があれば、90分昼寝するとレム睡眠の周期分寝られるので、大晦日に不足する睡眠の一部を補うことができます。
    広告

ポイント

  • 寝ないように、ぼーっとする暇を作らないようにしましょう。
  • 万が一寝てしまった場合は起こすよう、予め友達に頼んでおきましょう。
  • ガムを噛んだりミントを舐めたりして感覚を刺激し、眠気を覚ましましょう。
  • 立ち上がって動き回りましょう。座ったり寝転んだりしないようにしましょう。快適過ぎるとうっかり寝てしまいます。

広告

注意事項

  • 早すぎる時間帯からカフェインを摂取し始めてはいけません。エネルギー量が下がってしまいます。
  • 七面鳥は食べないようにしましょう。眠気を誘う化学物質が含まれています。
  • アルコールを飲み過ぎてはいけません。強い眠気を誘います。
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 祝祭日・年中行事
このページは 137 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告