大胆になる方法

2 パート:大胆に振る舞う望むものを手に入れる

自信を失っていませんか?単に疲れているのかもしれませんし、何か良いことが起きるのを待つのにうんざりしているのかもしれません。待っているだけではだめです。自信を持って大胆な考え方をする練習をし、自分のためにチャンスを作り出して、欲しいものを手に入れるための方法を学びましょう。

パート 1
大胆に振る舞う

  1. 1
    ためらわずに行動を起こしましょう。長い間やってみたいと思っていながら、勇気がないために実行できていないことはありませんか?知人を飲みに誘う、だいぶ前に誤解が生じてしまった好きな人に謝る、同僚に打ち解けた態度をとるなど、何でもかまいません。考えているだけではなく行動に移してみましょう。[1]
    • 大胆さはためらいとは正反対の性質です。他人とのやりとりや、自分自身の意思決定においてためらいを感じているなら、恥を捨てて最初の一歩を踏み出してみましょう。
  2. 2
    意外性のある行動をとりましょう。大胆な人は新しいことに挑むのを恐れません。そうした人たちは、「次は何をするのだろう?」と周囲の人をワクワクさせてくれます。サルサダンスでも水上スキーでも、自分にとって未知の何かに挑戦してみましょう。[2] 何をするにしても、他人のためではなく自分のためにするように注意しましょう。
    • 新しくて意外性のあることに取り組むときは、心もとなく不安な気持ちになるかもしれません。こうした気持ちに捕らわれないでください。むしろ、新しいスキルを学ぼうとしている事実を受け入れ、自分らしく振る舞いましょう。[3]
  3. 3
    自分自身を再発見しましょう。結局のところ、大胆さとは自分の長所と短所を理解した上で、それを乗り越えることです。自分の問題や欠点を隠そうとせず、自分の一部として受け入れましょう。そうすれば、自信を持って前進し、自分の個性を活かせるようになります。[4]
    • 自分を発見するためにむやみと自分らしくない行動を取る必要はないことを理解しましょう。単に周囲の人を驚かせるためだけに、自分らしくない新たな行動をとるのはやめましょう。自分に正直であることが大切です。
  4. 4
    自分が既に大胆な人になったつもりで振る舞いましょう。しっかりと自己主張ができる大胆な人で、あなたが尊敬している特定の人はいませんか?その人が自分の立場になったらどうするかを想像してみましょう。
    • 大胆な人物像は、現実の人でなくても構いません。映画や本に登場する大胆で勇敢な人物でもよいのです。自分の人生においてそれらの登場人物がどう振る舞うかを想像してみましょう。
  5. 5
    断る勇気を持ちましょう。やりたくないことをやるように誰かから求められたら、断りましょう。それにより、個性が蘇って大胆な心持ちになり、自分が望むことを積極的に追求することができます。断るときに言い訳をしたり事情を説明したりする必要はありません。周囲の人は、次第にあなたの正直さと大胆さを尊重するようになり、あなたは自分が望むものを得られるでしょう。[5]
    • 何かをしようと決めたら最後まで貫き通しましょう。そうすれば、自尊心が育ち、他人からも尊敬されるようになります。[6]
  6. 6
    やると言ったことは最後までやり遂げましょう。口で言うだけでなく、実際に行動に移す必要があります。さもなければ、周囲の人はあなたを気まぐれな人だと思うでしょう。正しいことを主張し、それを行動に移して最後までやり遂げれば、周囲の人はあなたを信用し、大胆で信頼できる深みのある人間として尊敬するでしょう。[7]
    • 自分がしたくないことをすると約束してしまった場合は、約束を守って最後までやり遂げるのがおそらく賢明でしょう。次回からは、はっきりと自己主張をして断るようにしましょう。

パート 2
望むものを手に入れる

  1. 1
    自分が望むものを求めましょう。自分の努力が認められるのを待ったり、他の人が自分の希望を考慮してくれるのを期待したりするのではなく、自ら前に出て求めるのです。これは、自分が望むものをやみくもに要求したり、攻撃的になったりすることとは違います。自信を持ちつつ、慎重に言葉を選びましょう。[8]
    • 大胆であることと攻撃的であることを混同しないようにしましょう。攻撃的な人は自分の見解や行動を他人に押し付けようとしがちです。大胆さは周りの人とは関係がありません。大胆であるためには、自分の恐れを克服して行動しさえすればよいのです。
  2. 2
    交渉をしましょう。交渉相手に責任を持たせるための簡単で有効な方法は、「あなたは私に何をしてくれますか?」と尋ねることです。最初は断られても、相手の気が変わることもあり得るので、可能な限り相手に時間を与えましょう。
    • 交渉を始める前に対案を用意しておきましょう。例えば、代わりの人が居ないという理由で上司があなたの休暇申請を断るだろうと思ったら、休暇から戻った後は通常の倍働く、休暇中も外出先から仕事をこなすなどの対案を立てておきます。
  3. 3
    2種類の選択肢を提供しましょう。自分が望むものを手に入れるための最善の方法のひとつは、提供する解決策の数を絞ることです。そうすれば、欲しいものを確実に手に入れることができます。
    • 問題の解決策が無数にあったとしても、自分にとって都合のよい解決策だけを提供しましょう。そうすれば、その解決策に伴う手間を省く事ができ、自分が望む結果を確実に得ることができます。
  4. 4
    リスクを負ってチャンスを生み出しましょう。向こう見ずであることと、リスクを負うこととは別です。向こう見ずな人は、何も検討せずにリスクを負います。一方、大胆な人はリスクについてきちんと検討し、失敗の可能性を受け入れた上で、リスクを負う決断をします。[9]
    • 何もしないことやためらうことは、機会を逃すことに繋がるため、それ自体が一種のリスクです。このリスクは避ける必要があります。成功のための機会を減らすのではなく、最大限に増やすのがあなたの目標です。行動すると決めたら恐れずに実行しましょう。
  5. 5
    質問をしましょう。何も分からない状況にうっかり入り込み、周囲の助言に耳を貸さない人は大胆とは言えません。職場や学校で自分に与えられた課題や題材について分からないことがあれば、分からないと素直に認めて説明を求めるのが真の大胆さです。
    • 大胆に助けを求めることを恐れないようにしましょう。周囲が協力的でない場合は、別の人を探します。答えを求めようとする粘り強さは、大胆さに他なりません。[10]
  6. 6
    結果を受け入れましょう。新しいことに取り組んだり、自分が望むものを手に入れようとしたりすることはあなたを力付けてくれますが、失敗の可能性ももちろんあります。失敗を歓迎しましょう。失敗は成功の逆ではなく、成功に必要な要素なのです。失敗のリスクなしに成功の機会を得ることは不可能です。[11]
    • 拒絶されることを恐れないようにしましょう。そのためには、結果と感情的に距離を置くことが必要です。拒絶されても自尊心や大胆さを失わないようにしましょう。

ポイント

  • 新しいことに挑戦する時は、他人に屈服しないようにしましょう。多くの場合、邪魔をしようとするのは、大胆でありたいと願いながらも、あなたがしようとしていることをするだけの自信がない人たちです。
  • 恐れ知らずでなくても大胆になることは可能です。怖くても前進するのだという意志を周囲に示し、振り返ることなく進み続けましょう。

記事の情報

カテゴリ: パーソナルケア・スタイル

他言語版:

English: Be Bold, Italiano: Essere Audaci, Español: ser atrevido, Deutsch: Etwas wagen, Português: Ser Ousado, 中文: 变得果断大胆, Français: être audacieux, Русский: быть смелым, Nederlands: Stoutmoedig zijn, Čeština: Jak být odvážný, ไทย: เป็นคนกล้าหาญ, हिन्दी: बिंदास बनें, العربية: التمتع بالجرأة, Bahasa Indonesia: Menjadi Sosok yang Berani, Tiếng Việt: Trở nên Can đảm

このページは 1,823 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?