天然成分の消毒剤を作る方法

共同執筆者 Erik Kramer, DO, MPH

市販の洗浄剤の多くは原料に有害な化学物質を含むため、呼吸障害や皮膚炎を引き起こすことがあり、さらに家の中の空気が汚染されかねません。そのような製品の代わりに、酢、消毒用アルコール、エッセンシャルオイルなどの家庭にある材料で天然の消毒剤を作ることができます。これなら化学物質に触れる機会を減らすと同時に、市販の消毒剤を使ったのと同じくらい清潔な状態に自宅を保つことができます。

注意:酢は新型コロナウイルスに対して消毒効果がありません。アルコール濃度が70%未満の液剤は新型コロナウイルスに対して消毒効果がありません。[1] 確実に効果のある消毒剤を作るのは難しいため、消毒剤を自作するときは慎重に行いましょう。

方法 1 の 3:
消毒用アルコールと過酸化水素で消毒剤を作る

  1. 1
    希釈していない消毒用アルコールを使う アルコール濃度が70%以上の製品を選びましょう。それより低い濃度ではバクテリアやウイルスを効果的に消毒できません。簡単にどこにでも吹きかけられるように、スプレー式ボトルに入れましょう。[2]
    • 消毒用アルコールは新型コロナウイルスに対して消毒効果があります。
    • 消毒用アルコールを水で希釈すると殺菌作用が弱まるので、希釈してはいけません。
  2. 2
    ハーブの香りの消毒用アルコールスプレーを作る タイムまたは好みのエッセンシャルオイルを10~30滴、200mLほどのガラス製スプレーボトルに入れましょう。あとは消毒用アルコール(70%以上)をボトルいっぱいまで注ぎ、ボトルを振って混ぜましょう。戸棚や食糧棚で保管します。[3]
    • この洗浄剤も新型コロナウイルスに対して消毒効果があります。
  3. 3
    酢と過酸化水素を組み合わせて使う 酢にも過酸化水素にも強い消毒作用がありますが、混ぜると有毒の過酢酸を生じるため、同時に1つの容器に入れてはいけません。1本のスプレーに希釈しないホワイトビネガーを入れ、別のボトルに3%過酸化水素を入れましょう。[4]
    • この洗浄剤は新型コロナウイルスに対して消毒効果がありません。
    • 使うときは、消毒する場所をきれいにしてから、1本目のスプレーを吹きかけて約5分間待ち、清潔な布で拭き取ります。次にもう1本を吹きかけて5分待ち、新しい清潔な布で拭き取ります。
    • 順番はビネガーからでも消毒用アルコールからでも関係ありません。
    広告

方法 2 の 3:
酢で消毒剤を作る

  1. 1
    基本的な酢のスプレーを作る 標準サイズのガラス製スプレーボトルに水と酢を1:1の割合で入れ、100%エッセンシャルオイルを5~15滴加えます。使うエッセンシャルオイルは好きな香りのものにしても、消毒する部屋に合わせて変えてもよいでしょう。
    • 酢の消毒剤は新型コロナウイルスを含むウイルス類に対して消毒効果がありません。
    • レモンのエッセンシャルオイルは昔から台所の清掃に使われています。レモンの香りで台所の強い悪臭が中和されます。
    • トイレの悪臭にはティーツリーオイルとユーカリオイルがよく効きます。
    • 臭いが気にならない部屋にはカモミールやバニラなど優しい香りのエッセンシャルオイルがよいかもしれません。
    • エッセンシャルオイルがプラスチックに反応する場合があるので、スプレーボトルは必ずガラス製にしましょう。
  2. 2
    除菌おしぼりを作る スプレーではなく除菌おしぼりを作りましょう。酢のスプレーと同じ材料をスプレーボトルの代わりに大きなガラス製ジャーに入れ、ぐるぐる回して混ぜましょう。布を25cm角に15~20枚切り、洗浄剤の入ったジャーに入れましょう。[5]
    • このおしぼりは新型コロナウイルスに対して消毒効果がありません。
    • ジャーに入れた布を押さえて、洗浄剤に浸して吸い込ませましょう。ジャーにふたをして、戸棚や食品棚で保管しましょう。
    • 使うときは、おしぼりを1枚取り出して余分な液体を絞ってから、掃除したい場所を拭きましょう。
  3. 3
    酢と重曹のスプレーを作る 清潔なボウルまたはバケツにお湯950mL、ホワイトビネガー60mL、重曹大さじ2杯を入れます。重曹が溶けるまで混ぜたら、レモンの絞り汁1個分を加えます。そこに絞ったレモンの皮を入れて、冷めるまで待ちましょう。[6]
    • 酢と重曹は新型コロナに対して消毒効果がありません。
    • 液が冷めたら、レモンのエッセンシャルオイルまたは好みのエッセンシャルオイルを4滴加えましょう。混合液を目の細かいふるいで漉してレモンの果肉、種、皮を取り除いたら、スプレーボトルに移しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
消毒スプレーを使う

  1. 1
    掃除する場所をきれいにする 消毒ではほこりやゴミを取り除いてきれいにすることはできないため、消毒する前にその表面をしっかり掃除しておきましょう。強い薬品を避けたければ、天然成分由来の洗浄剤やオーガニック洗浄剤を使いましょう。[7]
    専門家情報
    Jonathan Tavarez

    Jonathan Tavarez

    ハウスクリーニング専門家、Pro Housekeepers設立者
    ジョナサン・タヴァレズは全米各地の一般住宅、商業店舗やオフィスを対象にしたハウスクリーニングサービス会社「Pro Housekeepers」の設立者です。フロリダ州タンパに拠点を置くPro Housekeepersでは常に高品質なサービスを届けられるよう、厳しいトレーニングを行っています。ジョナサン・タヴァレズはハウスクリーニングの分野で5年以上の経験があり、また米国国連協会タンパベイ支部では広報責任者を2年以上勤めています。2012年南フロリダ大学で経営およびマーケティング学の学士号を取得。
    Jonathan Tavarez
    Jonathan Tavarez
    ハウスクリーニング専門家、Pro Housekeepers設立者

    専門家のコツ:消毒剤をマイクロファイバークロスに吹きかけて、消毒する表面をS字を書くように拭くと、汚れが広がりません。また、消毒するためには液をすぐに拭き取らず、表面が濡れた状態でしばらくおいておきましょう。

  2. 2
    スプレーを振る 消毒剤が効くように、スプレーを振って材料をしっかり混ぜましょう。
  3. 3
    表面に消毒剤をしっかり吹きかける 天然成分の消毒剤を入れたスプレーを持ち、消毒したい面から腕の長さ分離れた位置から十分に吹きかけましょう。 消毒する場所が複数あるなら、すべての表面にスプレーをかけましょう。[8]
  4. 4
    スプレーをかけて10分待つ 約10分待ちましょう。その間に消毒剤がばい菌に効果的に付着して除菌します。[9]
    専門家情報
    Chris Willatt
    Chris Willatt
    ハウスクリーニング専門家

    専門家も同意しています:一般的に天然成分の洗浄剤は化学成分の洗浄剤より効果が劣ります。そのため、確実に消毒するためには10分以上待つことが重要です。

  5. 5
    マイクロファイバークロスで拭く 10分後、消毒した表面をマイクロファイバークロスで拭きましょう。台所や浴室など複数の場所を消毒したなら、汚染防止のため別々のクロスを使いましょう。[10]
    広告

ポイント

  • エッセンシャルオイルがプラスチックに反応する場合があるので、スプレーにエッセンシャルオイルを入れるときはなるべくガラス製のスプレーを使いましょう。
  • 消毒する前に必ずその場所をきれいにしましょう。さもないと消毒効果が減少します。
  • スプレーを吹きかけるたびに、ボトルをよく振りましょう。
  • 酢と水を半々ずつ混ぜた自家製の抗菌スプレーにひと工夫して、シナモンのエッシェンシャルオイルを好きなだけと、オレンジのエッセンシャルオイル6滴を加えてみましょう。良い香りで、しっかり効果もあります!

広告

必要なもの

  • 好みのエッセンシャルオイル
  • マイクロファイバークロス
  • 綿布
  • ホワイトビネガー
  • 重曹
  • 消毒用アルコール
  • 3%過酸化水素
  • ガラス製スプレーボトル

このwikiHow記事について

この記事はErik Kramer, DO, MPHが共著しています。 かかりつけ医のクレイマー医師は、コロラド大学にて内科疾患、糖尿病、体重管理の治療を専門的に行っています。2012年にタウロ大学ネバダ校整骨医学部にて博士号を取得。
このページは 3,685 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告