天然素材で肌の美白剤を作る方法

天然素材で肌の美白剤を作ることは簡単かもしれませんが、目に見える変化が現れるまでは、通常少なくとも1ヶ月はかかるでしょう。天然の美白剤は太陽光からの不要な色素沈着を取り除くのに効果的な方法です。自然な製品を使用しても、肌の色は劇的に白くはなりませんが、肌を完全に白くするために、化学薬品を使用するのは避けるのが賢明でしょう。

方法 1 の 3:
食材を肌の美白剤として使用する

  1. 1
    肌にヨーグルトを塗る ヨーグルトには、肌に良い天然成分が多く含まれています。また、漂白作用のある乳酸も含まれています。ヨーグルトを肌に擦り込み、数分間置いてからぬるま湯で洗い流すだけです。この方法を1日1回、数週間行えば、肌色の変化がみられるでしょう。
    • プレーンヨーグルトを使いましょう。
  2. 2
    オレンジ溶液を作る オレンジには、肌に非常に重要な成分の1つであるビタミンCが含まれています。また天然の漂白作用のあるクエン酸も含まれています。効果的な溶液を作るには、オレンジジュース大さじ2杯にひとつまみのターメリックパウダーを混ぜましょう。
    • 溶液を肌に塗り、20~30分間置いてから洗い流します。毎日行うと効果が高くなるでしょう。
  3. 3
    パパイヤを使う パパイヤは美容製品によく使用されており、自然に肌を明るくする効果があります。パパイヤを食べるだけでも、肌に強力な洗浄効果がもたらされます。次の方法でより効果的なクリームを作りましょう。
    • 熟れたパパイヤを潰して、レモン汁小さじ1杯を混ぜます。ペースト状になったら肌に塗ってマッサージし、20~30分間置いて冷水で洗い流します。目に見える効果を出すためには、少なくとも週1回行いましょう。
  4. 4
    キュウリを使う キュウリはコラーゲンを含んでおり、肌にハリを与えます。このようなキュウリの特性は、肌の色をより明るくすると言われています。スパで人気の施術は、キュウリのスライスを目の上に置くもので、目元を明るくして毛穴を清潔にします。
    • レモンジュース大さじ1杯とキュウリのジュースカップ1/2を混ぜ合わせ、肌を明るくするための局所軟膏を作りましょう。毎日10~15分間、肌に塗りましょう。
  5. 5
    オートミールで肌の角質除去をする 研磨剤入りの洗顔料でスクラブをして角質を除去し、新しい皮膚細胞の成長を促します。古い皮膚細胞を新しくすることによって、肌の色を改善します。スクラブの作り方は次の通りです。
    • プレーンオートミール1/2カップとトマトジュース1/2カップを混ぜます。肌に塗り、20分間置いて肌に浸透させて、冷水で洗い流しましょう。洗い流す時、オートミールが肌の角質をしっかりと落とすように、やさしく擦るようにしましょう。
    広告

方法 2 の 3:
オイルとエキスを塗る

  1. 1
    甘草根のエキスを塗る 甘草はアーユルヴェーダの薬で、湿疹や乾癬など多くの皮膚疾患の治療に役に立ち、効果的な美白剤でもあります。様々な健康食品店で手に入れることができるでしょう。
    • 就寝前にコットンを使って肌に薄く塗り、翌朝、塗った部分を洗い流しましょう。[1]
  2. 2
    アーモンドオイルを使う アーモンドオイルには不飽和脂肪酸、植物ステロール、ミネラル、ビタミンE、B6、B2、ナイアシンなどの様々な美白成分が含まれています。肌に塗る前に、熱湯を入れたスチール製のボウルにオイルのボトルを入れて温めます。オイルが熱くなりすぎないように注意しましょう。
    • 1日10~15分程度、温めたオイルで肌をマッサージすると高い効果が得られるでしょう。[2]
  3. 3
    桑の葉エキスを使う 桑の葉エキスは、チロシナーゼ活性を阻害して、肌を白くする効果があります。必ずエキスを希釈してから肌に塗りましょう。好みのローションに、桑の葉エキス3〜6滴を混ぜて肌に塗るだけです。
    • このローションを1日に2回塗ると、肌がより明るくなるでしょう。[3]
    広告

方法 3 の 3:
植物やその他の自然療法の使用

  1. 1
    アロエを使う アロエには、チロシナーゼ活性を阻害する効果のあるアロエシンと呼ばれる化合物が含まれています。アロエは肌を滑らかに柔らかくして、明るい肌色をもたらします。アロエの生葉をナイフで開き、中の有益な果肉を取り出します。手で果肉を取り出したくない場合は、アロエベラのジェルを購入するとよいでしょう。
    • 1日4回まで、約15日間肌に塗り、この期間が過ぎたら、肌に塗る量を減らしましょう。[4]
  2. 2
    コウジ酸クリームを作る コウジ酸はキノコや他の種類の真菌由来の天然成分で、日本発祥の美白方法として人気を博しました。この方法もチロシナーゼ活性を阻害し、自然に肌の色を白くする効果があります。
    • コウジ酸を塗る前に洗顔しましょう。
    • コウジ酸を好みのローションと混ぜます。コウジ酸を入れすぎないように注意しましょう。パッケージに記載されている推奨された使用法に従いましょう。推奨量を超えると有害な場合があるため、規定量を守ることが非常に重要です。
    • 1日に2回まで肌に塗りましょう。
    • この溶液は、肌を刺激する可能性があります。広範囲に使用する前に、パッチテストをしましょう。切り傷や開いた傷がある場合は、溶液を塗ってはいけません。[5]
  3. 3
    インディアングースベリーを使う インディアングースベリーもまた、天然のビタミンCを多く含む植物です。住んでいる場所によって可能であれば生のインディアングースベリーを探すか、または健康食品店などでエキスを購入することができます。錠剤で経口摂取するか、塗り薬として使用することができます。
    • エキスを購入した場合は、パッケージに記載されている推奨量を守りましょう。
  4. 4
    ベサン(ひよこ豆粉)でフェイスマスクを作る アジアで何世紀にもわたり利用されてきた人気のある美白方法です。ベサンは自然な角質除去として作用し、新しい皮膚細胞の成長を促進します。ベサン大さじ1杯、蜂蜜小さじ1/2、生クリーム大さじ1杯、レモン汁2〜5滴をボウルで混ぜましょう。。[6]
    • 材料がペースト状になるまでかき混ぜます。
    • ペーストを肌に塗って、10〜15分、またはペーストが完全に乾くまで待ちましょう。
    • その後、ペーストをぬるま湯で洗い流します。
    • 最良の結果をもたらすには、これを約1ヶ月間毎日繰り返しましょう。[7]
    広告

ポイント

  • 日光を浴びる場合は、日焼け止めを塗りましょう。
  • さまざまな皮膚のトラブルを避けるため、保湿を心がけましょう。
  • 美白効果を上げるために禁煙をしましょう。
  • 健康的な食生活は健康な肌を促進します。

広告

注意事項

  • 溶液に加えたレモンやその他の柑橘類にはクエン酸が含まれており、過剰に使用すると肌にダメージを与える可能性があります。
  • レモンやトマトなどの天然漂白剤にアレルギーがある場合は、使用しないよう注意しましょう。[8]
  • 成分に水銀が含まれるスキンケア製品は避けましょう。[9]
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む43人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 5 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告