PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

おしゃれをすると自信が高まり、自分の魅力を最大限に引き出すことができます。体型に応じてそれぞれの美しさがあるので、胸を張って堂々とおしゃれを楽しみましょう。自分の魅力的な部分を強調して体型をカバーする服を選ぶと、どんなサイズでも素敵に着こなすことができます。様々な色や柄の服を試して、自分に似合うものを探しましょう。着る服が決まったら、それに合うアクセサリーつけてコーディネートを完成させます。

方法 1 の 3:
魅力的な部分を強調する

  1. 1
    最も魅力的な部分に視線を集める服を選びましょう。鏡を見て、体のどの部分を強調したいのかを決め、その部分を目立たせる服を選びます。こうすると、魅力的な部分に人々の目が引きつけられ、とても素敵に見えるでしょう。
    • たとえば、脚に自信のある人は、ワンピースやスリムなロングパンツを選んで脚に視線を集めましょう。
    • 同様に、体の曲線が自分の魅力なら、ウエスト部分がきゅっと締まったトップスやブレザー、ワンピースなどを選びます。ベルトでウエストを引き締めても良いでしょう。
  2. 2
    体型をカバーするために、サイズがぴったりの服を着ましょう。ゆったりとした服を着たほうが余分なお肉を隠せると考えるかもしれませんが、かえって体が大きく見える可能性があり、自信が足りないような印象を与えます。ゆったりとした服ではなく、サイズがぴったりな服を選びましょう。
    • 体のラインに沿うように、ダーツの入ったシャツやすっきりとしたシャツを探しましょう。
    • パンツは、ストレートやブーツカット、形がかっちりとしたものを選び、ワイドレッグのパンツやゆったりしたパンツは避けましょう。
    • スカートやワンピースは、ペンシルスカート、Aライン、フィットアンドフレアが適しています。体の線が隠れるような形がはっきりしないスカートは避けましょう。
    専門家情報
    Alison Deyette

    Alison Deyette

    スタイリスト
    スタイルエキスパート、テレビ番組の司会者アリソン・ディエッテは、ファッション、スタイル、そしてテレビ番組業界に20年以上携わってきました。世界各地で数々の雑誌(Good Housekeeping、People StyleWatch、Mode等)の写真撮影のスタイリスト、およびディレクターを務めています。エンターテイメント雑誌「Variety」より、「ロサンゼルス在住のトップスタイリスト」に選ばれています。
    Alison Deyette
    Alison Deyette
    スタイリスト

    専門家からのアドバイス:股上が深めのジーンズやパンツを選びましょう。ちょっとしたシェイプウェアのような働きがあり、お腹を平らに見せることができます。

  3. 3
    ウエストの最も細い部分を引き締めて、砂時計のような曲線を作りましょう。メジャーを使ってウエストの最も細い部分を見つけ、この部分にベルトをつけて服を引き締めます。こうすると、体の最も細い部分に視線が集まり、体のカーブが強調されます。[1]
    • たとえば、シャツの上に広めのベルトをつけると、素敵なオフィスファッションになります。または、ゆったりしたワンピースに幅2.5cmのベルトをつけて、ウエストを引き締めても良いでしょう。
  4. 4
    ジャケットやカーディガン、ベストを重ねて、コーディネートをレベルアップさせましょう。ふさわしい服を重ね着するとよりおしゃれな雰囲気が出て、全体がまとまります。季節やその場に合う服を重ねましょう。具体的なアイデアは次の通りです。[2]
    • 春には、薄手のカーディガンやブレザー、ウィンドブレーカーを羽織りましょう。夏には、ベストや七分袖のカーディガンが適しています。秋には、薄手のジャケットやブレザー、カーディガン、セーターを着て、冬にはおしゃれなコートやジャケット、ブレザーを重ねましょう。
    • ビジネスシーンではブレザーやカーディガンを羽織って、より洗練された雰囲気を出しましょう。
    • 週末のお出かけには、薄手のジャケットやベスト、カーディガンを重ねましょう。
    • カジュアルな装いには、デニムやレザーのジャケットがぴったりです。
    広告

方法 2 の 3:
様々な色や柄を楽しむ

  1. 1
    明るい色で視線を集めましょう。明るい色はぱっと目を引くので、これを利用して最も魅力的な部分を強調することができます。さらに、明るい色を身に着けると、はつらつとした印象になるでしょう。注目を集めたい時には明るい色の服を着ましょう。もしくは、一番最初に見て欲しい体の部分に明るい色を使います。[3]
    • たとえば、上半身に自信がある人は、明るい色のトップスに暗い色のボトムスを合わせましょう。
    • 同様に、明るい色のベルトをつけて細いウエストに視線を集めることもできます。
    • 脚に自信があるのなら、明るい色のパンツやタイツをはきましょう。
  2. 2
    細く見せたい部分には、暗い色を使いましょう。暗い色の服を着るとスリムに見えると聞いたことがあるかもしれませんが、それは本当です。黒や濃紺などの色の服を着て、着やせ効果を狙いましょう。全身を暗い色でまとめるか、細く見せたい部分に暗い色を使います。[4]
    • たとえば、ビジネスシーンでスリムに見せるには、暗い色のスーツや暗い色のシースドレスを着ましょう。
    • 下半身を細く見せたい場合は暗い色のパンツをはき、上半身を細く見せたい場合は暗い色のトップスを着ましょう。
  3. 3
    スリムに見せるために、小さな柄の服を選びましょう。柄物でおしゃれをするのも楽しいものですが、一般的に大きな柄の服よりも小さな柄の服のほうが細く見えます。体型をカバーしつつおしゃれを楽しむには、小さな柄が全面にプリントされている服を探しましょう。[5]
    • たとえば、大きな水玉模様より、小さな水玉模様が全面にプリントされている服のほうがスリムに見えるでしょう。
    • 柄物の服を実際に着て、どう見えるか確認してみましょう。大きな柄の服でも、似合うものがあるかもしれません。
  4. 4
    背を高く見せるために細い横縞の服を着ましょう。横縞の服を着ると太って見えるのではと心配になるかもしれませんが、実際には引き締まって背が高く見えます。細い横縞のトップスやワンピースでおしゃれを楽しみましょう。[6]
    • 横縞のシャツやブレザーを着ると上半身が細く見えます。同様に、横縞で特に丈の長いワンピースを着ると、引き締まって背が高く見えます。
  5. 5
    好みに合った流行の服を試しましょう。ぽっちゃりしていても流行の服をおしゃれに着こなすことはできます。好みに合う流行の服があれば、ワードローブに取り入れましょう。流行の服を試着して自分に似合うか確認し、自分の魅力を引き立てる服だけを購入しましょう。[7]
    • たとえば、かわいいと思ったら気後れせずにクロップトップを着てみましょう。自分のサイズに合うクロップトップを探し、ハイウエストの短パンやフィットアンドフレアのスカートなどのかわいいボトムスと合わせます。
    広告

方法 3 の 3:
アクセサリーをつける

  1. 1
    小さなアクセサリーではなく、存在感のあるアクセサリーを選びましょう。アクセサリーはおしゃれに必要不可欠ではありませんが、コーディネートにアクセントをつけることができます。メリハリのある体型には大きめのアクセサリーが似合います。大きめのネックレスやブレスレットを探して、センスの良さをアピールしましょう。[8]
    • たとえば、太いチェーンネックレスや大ぶりのビーズのネックレス、チョーカーをつけましょう。同様に、太めのバングルもよく合います。
  2. 2
    ベルトでウエストを強調しましょう。曲線的な体型には、太いベルトと細いベルトのどちらでも似合います。ウエストの一番細い部分にベルトをつけて、くびれを強調しましょう。自分のファッションに合うベルトを選びます。[9]
    • たとえば、ビジネスシーンではシンプルな革のベルトをつけて洗練された雰囲気を出します。コーディネートにアクセントを加えるには、パイソン柄のベルトやラメ入りのベルトをつけましょう。エッジの効いた着こなしには、鋲やラインストーンがついたベルトがぴったりです。

    ポイント:お腹のお肉が気になる場合は、ベルトを腰につけるとおしゃれに見えるでしょう。

  3. 3
    全体をバランスよく見せるために大きめのバッグを選びましょう。小さなバッグを持つと、実際よりも体が大きく見える可能性があります。反対に、大きなバッグを持つとぽっちゃりした体型をカバーできるでしょう。バッグを購入する際は、実際に持っている姿を鏡に映して確認し、全体がバランス良く見えるバッグを選びましょう。[10]
    • たとえば、大きめのホーボーバッグやトートバッグなどが適しています。
    • 反対に、クラッチバッグやリストレットは、小さすぎてバランスが取れないので避けたほうが無難です。
  4. 4
    長いスカーフを使って縦のラインを強調しましょう。スカーフはどんなファッションにも合う優れたアクセサリーです。スカーフを長く垂らして縦のラインを強調すると、引き締まって背が高く見えるでしょう。[11]
    • たとえば、通勤時のパンツスーツには薄手で軽量のスカーフを合わせましょう。
    • ジーンズとTシャツまたは無地のワンピースには、カラフルなコットンのスカーフを合わせましょう。
    広告

ポイント

  • 服のサイズ表示にこだわる必要はありません。着心地が良く、楽しい気分になる服を選びましょう。
  • 自信を持ちましょう。自分のおしゃれに自信をもって堂々と振る舞うと、より魅力的に見えます。
  • 誰にでも自分の体の好きな部分と嫌いな部分があります。自分の欠点だと思う部分にこだわるのではなく、魅力的な部分に目を向けましょう。
広告

関連記事

噛んだファスナーを直す
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ジーンズを伸ばすジーンズを伸ばす
色あせた服を復活させる色あせた服を復活させる
ジーンズの股にあいた穴を補修する
縮んだ服を伸ばす
防犯タグを外す防犯タグを外す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ラルフローレンの偽物を見分けるラルフローレンの偽物を見分ける
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
革に付いた油染みを落とす
衣類のゴムを伸ばす衣類のゴムを伸ばす
絞り染めTシャツを作る
色褪せた黒の衣類を復活させる色褪せた黒の衣類を復活させる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む69人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 衣服
このページは 890 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告