自分の体型に合わせた着こなし方を学ぶことは、磨いていくべき重要なスキルです。大きいサイズの人の場合でも、それは可能です。自分の良い部分を強調する方法を学び、身に着ける服にもっと自信が持てるようにしましょう。

パート 1 の 3:
適切な衣類を選ぶ

  1. 1
    どのデザインが一番似合うかを知る 横縞や模様が多すぎるものは避けましょう。この様な服を着ると、体型に注目が集まるのを避けようとしているにもかかわらず、逆効果になってしまいます。細めの体型に見せたいのであれば、無地のものが無難な選択といえるでしょう。
    • 実証されている確実な法則によると、通常では黒が細身に見え、見栄えもよいとされています。明るい色や薄い色は体型が目立ってしまい、気になる部分を隠すにはあまり効果的ではないため、濃い目の色を選ぶ方が確実です。
    • 柄ものを選ぶ際には、縦のデザインを意識しましょう。水平模様は体型を横に切ってしまいますが、縦縞や縦模様を選ぶと体長に沿って流れるので、体を細長く見せる効果があります。
  2. 2
    正しいサイズのブラジャーをつける 統計によると、女性の多くは日常的にサイズの合わないブラジャーをつけているとされています。お店できちんと採寸してもらい、サイズの合ったブラジャーを購入しましょう。自分にぴったり合うサイズを店員が確認してくれます。ブラジャーが小さすぎると、胸が大きく見え、ブラジャーが大きすぎると野暮ったく見えてしまいます。[1]
    • 大きすぎる胸を気にしている女性が、ぴったり合うブラジャーをつけると胸を小さめに見せる効果があります。
  3. 3
    矯正下着にお金をかける 洋服の下に矯正下着をつけると、体型を細く見せて体のラインをカバーし、姿勢もよくなります。これらの効果により、洋服がさらに映えるようになります。[2]
  4. 4
    適した装飾品を選ぶ お腹周りが気になる人は、太めのベルト(細くないベルト)をつけるとお腹を隠せるでしょう。[3] キラキラとしたイヤリングや奇抜なヘアバンドをつけると、体型よりも他の所に目がいくようになります。[4]
  5. 5
    見栄えのよい靴を選ぶ 一般的には、足首までの靴や足首ストラップ付きの靴は足を短く見せてしまい、きれいな体のラインを崩してしまいます。[5] 代わりにロングブーツやフラットシューズ(バレエフラット)を選びましょう。また、当然のことながら、ヒールはどんな足でもきれいに見せる効果があります。
    広告

パート 2 の 3:
体型を見せる

  1. 1
    大きい洋服やテントドレス(裾幅が広いドレス)は避ける 一般的には、大きめサイズの服を着ると体型をカバーできると考えられています。しかしながら、そうすることで実際にはカバーしたい部分がより強調されてしまいます。大きすぎる服を着ると、服で隠そうとしていることが目立ってしまい、シルエットがはっきりしなくなります。結局は太って見えてしまうでしょう。[6]
  2. 2
    サイズの合うズボンを選ぶ 小さめのズボンよりは、大きめのズボンをはく方が見た目が良いだろうと考えがちです。きつい服を着た時にお腹のぜい肉がはみ出る恐怖は、誰しもが味わいたくないでしょう!実はどちらの選択も同じくらい好ましくありません。大きすぎるズボンは体型を隠しますが、太って見えます。サイズの合う素敵なジーンズを購入するか、見つからない場合は、手持ちのズボンを自分用に仕立ててもらいましょう。完璧にサイズの合ったズボンは見栄えが良く、今後とても役立つでしょう。
    • また、ブーツカットのズボンを選ぶとよいでしょう。ブーツカットの形は裾が少し広がっており、腰と太もものバランスがよく見えるでしょう。[7]
  3. 3
    スカートを選ぶ 細身のスカートは体の自然な曲線に合うため、丸みを帯びた体型の女性には最適です。細身のスカートは、丁度良い部分に沿うため、ブーツカットのジーンズのように腰部や太もものバランスがよく見えます。[8]
  4. 4
    Aライン、もしくはエンパイア・スタイル(19世紀初頭にフランスで流行した直線的なスタイルの婦人服)のドレスを着る このようなスタイルは、お腹、太もも、お尻を隠しつつ、曲線を強調してくれます。びったりとしたタイプのドレスは、ぜい肉や欠点が全て見えてしまうので、下半分が流れるようなタイプのドレスの方が、よりきれいに見えるでしょう。
    • ほとんどの体型に合う一般的なスタイルは、ラップドレス(身体に巻きつけるようなタイプのドレス)です。[9] [10]
  5. 5
    ウエストを強調する サイズに関係なく、体型を隠すよりは見せた方がよいとされています。ウエストを強調する服を選びましょう。太めの女性でもくびれのある体の場合は、見せる方がよいでしょう。ぴったり合う服を着て自分の特徴を生かす方が、隠してカバーしようとするよりもよいということです。色や柄を使って自分の長所を引き立たせ、縦縞や個性的なデザインのベルトを付けてウエストラインに注意を引きつけましょう。[11]
    広告

パート 3 の 3:
男性向けの着こなし方

  1. 1
    ぴったり合うサイズを選ぶ 太めの男性は、だぶだぶの服を着て自分のサイズを隠せると考えがちですが、これは間違っています。サイズが合う服は、大きすぎる服より見栄えも着心地もよいものです。だぶだぶの服では、だらしなく魅力的には見えないでしょう。[12]
    • 同様に、小さすぎる服は太っていることを強調するだけです。サイズの合う服を着ることは大切です。
  2. 2
    厚手の服は避ける 生地が厚いほど、体が大きく見えてしまいます。厚手のセーターやシャツを着ると、実際よりも太って見えることがあります。それに加えて、汗をかきやすくなる原因となります。これは、大柄な男性の共通の悩みでもあります。[13]
  3. 3
    カジュアルな服は避ける 大柄な男性がカジュアルな服を着ると、あまり魅力的には見えません。だぶだぶの服や薄手のTシャツは、太めの男性には向いていません。実際に大柄な男性には、ジーンズとTシャツよりも、サイズの合ったズボンとブレザーの方がよく似合います。毎日着る洋服には、自分に似合う着心地の良いものを揃えてみましょう。[14]
  4. 4
    シンプルにする 模様が多すぎる服を着ると、体型を強調して体格が目立つだけでしょう。無地、もしくはできる限り模様が少ない服を選ぶようにしましょう。こうすると、体型に直接目がいくことなく、実際よりもよく見せることができます。
  5. 5
    正常な体型を維持する 体型を損なわないような服選びをしましょう。例えば、お腹周りが大きいのであれば、ズボンを腹部の下あたりではいてはいけません。こうすると、太鼓腹がさらに際立って目立ちます。代わりに、ズボンはおへそ周りの通常の位置ではくようにすると、余計なお腹のぜい肉をある程度隠すことができ、正常な体型を維持できます。[15]
    • ズボンをこの位置に保つことが難しい場合は、ベルトの代わりにサスペンダーを試しましょう。サスペンダーはお洒落な上に、この悩みを解決してくれるでしょう![16]
    広告

ポイント

  • 前向きな態度を維持し、自分らしくしましょう。
  • 自分に似合う、好みの色の服を着ましょう。
  • 否定的な意見や、人のことは気にしないようにしましょう。

広告

関連記事

How to

翡翠(ヒスイ)が本物かを見分ける

How to

ブラジャーを外す

How to

Tバックショーツを履く

How to

バンダナを巻く

How to

香水を旅行用ボトルに詰め替える

How to

布がほつれないようにする

How to

画像から服を探す

How to

重曹とアルミ箔でシルバーを磨く

How to

時計のベルトのコマを外す

How to

Ray Banの偽物を見分ける

How to

テープを使って胸を大きく見せる

How to

絡まったネックレスをほどく

How to

男子を女装させる

How to

Gucciのベルトの偽物を見極める
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: ファッション
このページは 781 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告