どんな体型であれ、魅力を引き立てるアイテムを見つけることができれば、それを身に着ける度に自信が溢れてくるでしょう。体型を隠しすぎずに体のラインを強調するにはバランスを取るのが少し難しいかもしれませんが、それだけの価値があります!この記事では、次回の買い物で自分の体型に合った完璧なアイテムを見つけられるように、アイテム選びのヒントとコツをいくつか集めてみました。

1
無彩色のボトムスを選ぶ

  1. 明るい色のボトムスでは脚に視線が集まってしまいます。太ももを目立たせないようにすることが目標なら、茶色、黒色、クリーム色などの無彩色かつ無地のボトムスを選びましょう。ジーンズの場合は、ダークウォッシュや黒色を選ぶと良いでしょう。[1]
    • 多数のポケットやスパンコールなどの細かい装飾が施されたボトムスを履くと、視線が脚に集中して余計に太く見えてしまいます。全体的に細めでシンプルなボトムスを選びましょう。
    広告

2
縦にストライプが入ったズボンを履く

  1. 縦のストライプには脚を細く見せる効果があります。柄物のズボンを履きたい人は、縦方向にストライプや柄が入ったものを選ぶと脚が長く見えます。また、脚を長く見せるには小さくて入り組んだ柄よりも、黒白など単色同士の組み合わせが適しています。[2]
    • スカートやワンピースにも同じことが言えます。縦のストライプは身長を高く、また体を細く見せる効果がある一方、横縞は太って見えます。
    • 賑やかなプリントが入ったものも避けるようにしましょう。視線が脚に集中してしまいます。

3
ワイドパンツを履く

  1. 幅広のボトムスは履き心地が抜群です。コーディネートのバランスを上手く取るには、足首に向かってやや細くなっているワイドパンツを選びましょう。プリーツパンツやジョガーパンツなどがこの例としてぴったりです。[3]
    • フレアパンツよりもストレートパンツやブーツカットパンツを探してみましょう。裾が広がりすぎたズボンでは脚が太く見えてしまいます。
    広告

4
ウエストの最も高い部分を強調する

  1. 通常、ウエストとは胴体の最も細い部分を指します。これよりもややハイウエストのズボンやスカートを選ぶと体型に視線が集まり、体の曲線を強調することができます。また、実際のウエスト位置には主張の強いベルトを着けてさらにウエストを強調しましょう。[4]
    • ウエストとは腰のすぐ上の部分です。立った状態で「腰」に手を当てた時に自然と掴む部分がウエストになります。
    • トップスの丈が長い場合は、裾をボトムスの中に入れてウエストを見せましょう。

5
膝丈のスカートを履く

  1. 脚の1番細い部分に視線を集中させましょう。太ももを隠しつつ脚を細く見せるために、膝が隠れるか隠れないかくらいの丈のスカートを履きましょう。レースやフリルが付いたスカートは視線を下に向けることができるためより効果的です。[5]
    • 自分の体型に合わせてAラインスカートやトランペットスカートを履いてみましょう。
    広告

6
柔らかくて伸縮性のあるジーンズを選ぶ

  1. ごわごわしていて伸縮性のないジーンズを履くと脚が太く見えることがあります。ジーンズを選ぶ時には、やや伸縮性のあるものを選ぶようにしましょう。余計な生地がなく体にフィットするジェギンスやデギンスが最適です。[6]
    • 暗めの色は脚から視線を反らすことができるため、ライトウォッシュよりもダークウォッシュの方が効果的です。

7
主張の強いトップスを着る

  1. トップスに視線を集めましょう。ひらひらとした装飾が施されたブラウス、柄シャツ、かっちりとしたジャケット、プリントTシャツなどを選ぶと良いでしょう。上半身を強調すると、周りの人からの視線を脚ではなく上半身に集中させることができます。[7]
    • タイダイ柄のシャツや花柄のブラウスも効果的です。
    • フリンジやたくさんのポケットが付いたトップスも良いでしょう。
    広告

8
ハイヒールで脚を長く見せる

  1. お洒落をする時には、ヒールのある靴を履いて身長を高く見せましょう。足首を隠すことなく脚全体が長く見えるようにストラップや派手なビジューが付いていないシンプルなものを選びます。ピンヒールが好きではない人はキトンヒールやウェッジソール、ミディヒールを選びましょう。[8]
    • ニーハイブーツを履くのは止めましょう。ニーハイブーツのような靴は脚が長く見えるどころか短く見えてしまいます。
    • 特に、肌に近い色のヒールは脚とつながって見えるため脚長効果があります。

9
ポインテッドトゥで足首を強調する

  1. フラットシューズ、ミュール、ドレスシューズなどを履くと脚を長く見せることができます。靴を選ぶ際にはポインテッドトゥを選び、足元に視線を集めて身長を高く見せましょう。どんな服でも少し上品で洗練された印象になる効果もあります。[9]
    • 肌の色に合った靴を選べば脚がかなり長く見えます。
    広告

10
主張の強いネックレスやイヤリングを身に着ける

  1. 視線を上に集めることが最も重要です。大ぶりなネックレス、長めのイヤリング、太めのヘアバンド、ボリュームのあるスカーフなどを身に着けましょう。このようなアイテムは周りの人の視線を顔や胴体に集めることができ、コーディネートの仕上げにもなります。[10]
    • ネックレスとイヤリングを合わせると、よりまとまった印象になります。
    • 派手な指輪やフェイスピアスも効果的です。

11
大きくてかっちりとしたハンドバッグを持ち歩く

  1. このようなバッグを持つと脚が少し細く見えます。出かける時には、大きくてかさばるようなハンドバッグやリュックサックに必需品を入れましょう。また、仕事の際には重要書類をブリーフケースやサッチェルバッグに入れて持ち歩きましょう。[11]
    • 小さなクラッチバッグや華奢なハンドバッグを持つと、対比効果によって脚が太く見えます。
    広告

ポイント

  • 全てのファッションアドバイスはただのガイドラインにすぎません。気分が高まるようなアイテムがあれば、ぜひそれを身に着けましょう!
広告

関連記事

ブラジャーを外す
BABY G(ベビージー)腕時計の時刻合わせをするBABY G(ベビージー)腕時計の時刻合わせをする
布がほつれないようにする布がほつれないようにする
絡まったネックレスをほどく絡まったネックレスをほどく
香水を旅行用ボトルに詰め替える
バンダナを巻く
翡翠(ヒスイ)が本物かを見分ける翡翠(ヒスイ)が本物かを見分ける
サングラスのレンズの傷を取り除くサングラスのレンズの傷を取り除く
革についたしわを取る革についたしわを取る
Tバックショーツを履くTバックショーツを履く
テープを使って胸を大きく見せるテープを使って胸を大きく見せる
Ray Banの偽物を見分けるRay Banの偽物を見分ける
ドゥーラグを巻くドゥーラグを巻く
時計のベルトのコマを外す時計のベルトのコマを外す
広告

このwikiHow記事について

Christina Santelli
共著者 ::
スタイリスト
この記事の共著者 : Christina Santelli. クリスティーナ・サンテリはフロリダ州タンパを拠点とし、ファッションアイテムの揃え方やコーディネートのアドバイスをする会社「Style Me New」の設立者です。スタイリスト経験は6年以上、その活躍はHSN、パシフィック・ハイツワイン&フードフェスティバル、月刊誌ノブヒル・ガゼットで取り上げられました。
カテゴリ: ファッション
このページは 539 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告