服装がきちんとしていれば、たとえ体型に自信がなくても、誰でも第一印象を上げることができます。太っていることとセンスがないことは別です。おしゃれな体格の良い男性になることはできます。そのためには細部に気を配り、自分の体型に合った服装を選ぶことです。

パート 1 の 3:
適正なサイズを選ぶ

  1. 1
    現在、サイズが合っている衣類を着ましょう。数か月、あるいは数年前は今より体重が軽かった人もいるでしょう。ダイエットを始めようと思ったところかもしれません。しかし、今の自分にサイズが合わなければ、その服は着ないことです。ひょっとすると、サイズが合う服を新しく買わなければならないかもしれません。しかし、小さすぎる服を着ると、人に見せたくない丸味が強調され、太っているという事実に注意を引きつけるだけです。同様に、大きすぎる服を着ても太目の人が細く見えることはなく、さらに太って見えるだけです。細いファッションモデルがブカブカの服を着たらもっと痩せてみえるかもしれませんが、太目の場合はそうなりません。
  2. 2
    細く見せようとして大き目の服を買ってはいけません。まず、だらしない印象を与えるだけでしょう。Tシャツが2サイズも大きい場合、肩幅が広すぎ、丈も股下になるので、その結果、さらに太って見えます。
    • シャツの裾がズボンからはみ出して困るなら、シャツを変えましょう。メーカーによっては、通常サイズより腹囲や二の腕周辺にゆとりを持たせ、肩幅は大きくなり過ぎない商品を販売しています。このようなシャツなら体にぴったり合い、太って見えません。先にシャツを着てからズボンをはきましょう。シャツをたっぷり(特に前側で)「ブラウジング(たるませること)」しないこと。また、ズボンにきっちり入れてもいけません。 ほどほどが一番格好良く見えます。
  3. 3
    体の一番太い部分のサイズが合う服を買い、他の箇所は補正しましょう。例えば、ズボンのウエストがぴったりで太ももがきつい場合は、太もものサイズが合うズボンを買い、ウエストを詰めてもらいましょう。少し余分にお金を払ってでも体に完璧に合うズボンを買う方が、合わないものを買うよりましです。
  4. 4
    TPOに適した服装をしましょう。夏であっても、短パンやTシャツを着るのはみっともないから嫌だという人もいるかもしれません。しかし、太っていることを隠そうとして季節外れの服を着ると、かえって注目を集めるだけです。周りに合わせた服装をして、悪目立ちするのを避けましょう。[1]
    広告

パート 2 の 3:
スタイル良く見せる

  1. 1
    縦縞柄の服を着ましょう。微かなピンストライプでも素敵な縦のラインを作ることができます。ただし、縞柄の服を選ぶときは、必ずサイズの合うものを選びましょう。縞のようなシンプルな柄でさえ、サイズの合わない服だと逆効果になります。細く見せたいのに、かえって太って見えます。
    • 横縞ではなく、縦縞を着ましょう。縦縞は細く見えますが、横縞は太って見えます。
    • 派手な柄や対照的な色の組み合わせを避けましょう。[2]
  2. 2
    Vネックのトップスを選びましょう。VネックのセーターやTシャツのVの字型の襟は首を長く見せます。[3] この形の襟は二重あごが目立ちません。
    • ワイシャツを買うときは衿開きの広いシャツを選び、顔を小さく見せましょう。[4]
    • タートルネックはネックラインがなくなるので避けましょう。[5]
  3. 3
    ノータックのストレートパンツを着用しましょう。太ももから裾までの幅が同じストレートパンツは、足首が細く腹部が太いV字体型になるのを防ぎます。サイズが合っていれば、タックはいりません。
  4. 4
    体に余計なボリュームを足さないようにしましょう。厚手の生地は避けましょう。カーゴパンツ、前側にポケットのあるパーカー、もこもこしたセーターなどはさらに太って見えます。肩パッドも不要です。一般に好ましいのは自然素材ですが、寒い時期には化学繊維は着膨れを軽減できます。
    • セーターは厚手ウールではなく、カシミアを選びましょう。薄手の素材なので、着膨れしなくても温かく過ごせます。
    • 汗かきの場合は、化学繊維のレーヨンや自然素材のシルクなどは避けるとよいでしょう。これらの繊維はドレープ性が高いものの、水に弱いので、汗で縮んで染みになることがあります。[6]
    • 体型に合うジャケットを選びましょう。背中にお肉がついている場合は、ベント(後ろの裾の切れ込み)が2本のものは避けましょう。中に着ているものが切れ込みから覗く可能性があるからです。切れ込み1本のシングルベントを選びましょう。[7]
  5. 5
    丈が長い服を選びましょう。長い丈は体を縦長に見せます。[8] 可能であれば、丈が長目のシャツ、ジャケット、コートを着ましょう。裾をズボンから出して着てもおかしくないデザインのシャツなら、体が縦長に見えます。また、丈の短いコートの代わりに長いトレンチコートなどを着ると、縦長に見えます。
  6. 6
    衣服を組み合わせましょう。明るい色は目を引きつける一方、暗い色は目につきません。この原則を利用して自分に最も似合う組み合わせを決めましょう。上半身が下半身より大きければ、上半身を暗い色にして下半身を明るい色にすれば、バランス良く見えます。さらに、下着を着ければ夏は涼しく冬は暖かく、おまけに汗かきに見えるのを防ぎます。
    広告

パート 3 の 3:
装身具をうまく利用する

  1. 1
    必ずベルトを締めましょう。幅広で厚みがある丈夫なベルトが最適です。シャツの裾を出すのではなく、裾をズボンに入れてベルトを締めましょう(きつく締めるときは、幅の狭いベルトより広いベルトのほうが苦しくありません)。
    • ベルトの代わりにサスペンダーを着用してみましょう。[9] ビジネススーツにサスペンダーを合わせると、ベルトよりおしゃれです。赤などの鮮やかな色を選んで、明るい印象を作りましょう。
  2. 2
    幅広のネクタイを着けましょう。仕事でネクタイを着用するなら、必ず幅広のネクタイにしましょう。細いネクタイは、体をもっと大きく、かつネクタイを小さく見せます。[10]
    • 締めたネクタイの先がベルトの位置まで届くようにしましょう。
  3. 3
    おしゃれな帽子をかぶりましょう。中折れ帽など、自分の個性に似合う帽子を選び、トレードマークにしましょう。しゃれた帽子をかぶっていれば、服装の細部にまで気を配る人だと思われます。そして、怠惰だから太っているというような考えを払拭できます。
  4. 4
    スーツケースやメッセンジャーバッグを持ちましょう。ふだん大きな財布や携帯電話を持ち歩いているならば、ポケットではなくかばんに小物を入れて持ち歩きましょう。男性はハンドバッグを持ちたがらないものですが、そこでポケットに物を詰め込めば、腹部を大きく見せるだけです。「有能な」ビジネスマン風なら、高品質のブリーフケースを購入しましょう。
    • 時計などの装身具は大きいものを選びましょう。体の大きさにそぐわない小さい装身具は避けましょう。
    広告

ポイント

  • 外見にこだわりすぎないようにしましょう。新しい衣服よりも自信こそが、外見に大きな違いを与えます。
  • 流行を意識しましょう。流行りの服を着ていると魅力が増します。
  • サスペンダーはズボンがウエストより下にずり落ちるのを防ぎ、正しい位置に固定します。

広告

関連記事

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

速くヒゲを生やす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

防犯タグを外す

How to

そばかすを消す

How to

お酒の臭いを消す

How to

えくぼを自然に作る

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

タトゥーシールをはがす
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,021回アクセスされました。
このページは 1,021 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告