PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

結婚生活が長くなると、夫婦間に緊張感が走り互いの気持ちが離れてしまう瞬間があります。たくさんの要因が考えられますが、主にストレスや疲労、また互いへの関心が薄れて来たという問題が考えられるでしょう。自分たちが正にそのような状況にあると感じているなら、若しくは夫婦間に新しい息吹を吹き込みたいと思っているなら、薄れた愛情を再燃させ、積極的にコミュニケーションをとるよう試みましょう。互いの信頼感が失われつつあるなら、信頼の再構築に取り組みましょう。

パート 1
パート 1 の 3:
夫の気を惹く

  1. 1
    デートに行く 夫をデートに誘いましょう。ディナーに行く、ディナーの後で映画を見る、ダンスパーティーに行くなど色々と計画を立てて誘い出しましょう。2人でピクニックに行くのも良いでしょう。または、平日のランチを約束したり、週末寝起きのブランチを一緒に食べたりしましょう。子供を連れて行かない、他に誰も誘わない2人だけのデートだとはっきりと伝えましょう。
    • お洒落をしましょう。外出着で参加するイベントを計画しましょう。お洒落なディナーに行ったり一緒にダンスのクラスを受けるなど、テーマを決めて出かけましょう。水泳に出かけるのも名案かもしれません。
  2. 2
    より充実した性生活を計画する カップルがセックスレスに陥る理由は、数えきれないほどあります。恋愛初期の過ごし方によって、充実した性生活が長く送れるかどうかが決まるわけではありません。性生活の充実を図って親密になる時間帯と方法を話し合いましょう。夜のセックスに飽きてしまった場合は、昼間の時間帯を考えましょう。
    • 一緒にシャワーを浴びたり、夕食前にベッドで戯れたりしましょう。
    • 自分のしたいようにしましょう。どうすればオーガズムを得られるか、どんな行為が痛みをもたらすか、または退屈に感じるかについて正直になりましょう。欲しいものを夫に要求しましょう。自分の欲望を抑えてしまってはセックスが楽しめません。[1]
    • 夫の欲望も聞いて、互いに満足させ合いましょう。
    • 夫と2人だけの時間を楽しめるように、創造的な時間の過ごし方を計画しましょう。キャンドルを灯す、コスプレをする、その他にも新しいことに挑戦しましょう。
    • 計画を立てれば、実践前から心が弾みます。
    • 計画を立てたら実行に移しましょう。計画を立てても実行しなければ意味がありません。
  3. 3
    ボディタッチを試みる ボディタッチから得られる親密さを過小評価してはいけません。性生活が満たされているいないに関わらず、互いに触れ合うことが大切です。夫が部屋に入ってきた時、不安そうな時、あるいは単にそのような雰囲気になった時はハグをしましょう。背中のマッサージをし合ったり、夫が痛みを感じている箇所のマッサージを申し出たりしましょう。
    • 互いの外出時にはキスをして送り出し、帰宅時も同様にキスで迎えましょう。
    • 身だしなみを整え合いましょう。夫の髪にブラシをかけたり、ローションや日焼け止めを塗ってあげたいと伝えてみましょう。また、夫にジッパーを上げてもらうよう頼んだり、ネクタイ結びを手伝いたいと伝えましょう。
    • 話す時はアイコンタクトをとりましょう。繋がりが強く感じられます。[2]
  4. 4
    旅行に行く 普段の空間から抜け出すことで、いつもの習慣が破られ、よりロマンチックな気分になれます。2人きりで休暇をとり旅行に出かけましょう。長い旅行が不可能な場合は、週末や、一泊旅行に出かけましょう。あまりストレスにならない休暇を計画しましょう。
    • どちらかが仕事で常に車を運転している場合は、運転せずに済む旅行を計画しましょう。電車や飛行機を使ったり、街を歩いて地元のホテルに泊まりに出かけましょう。
    • 懐かしさを覚える旅を計画しましょう。一緒に素敵な時間を過ごした場所を再び訪れてみましょう。その時と全く同じことをするのではなく、双方が一番好きなことをして楽しみましょう。昔を懐かしみ、新しい思い出も作りましょう。

パート 2
パート 2 の 3:
2人の意思疎通に焦点を当てる

  1. 1
    夫に感謝していることを本人に伝える パートナーに感謝の気持ちを表すことで2人の関係が更に強固になります。夫の性格、日頃の行動、自分のためにしてくれる親切行為など、夫に感謝していることを思い出しましょう。穏やかなひとときを見つけ、その気持ちを正確に伝えましょう。伝える前に紙に書くと、伝えるべき事柄を頭の中で整理できます。
    • 自分のためにしてくれる夫の親切行為を具体的に思い出し、感謝する習慣をつけましょう。
    • 「感謝の気持ち」を詳細に伝えましょう。常に優しく振る舞う夫の性格が素敵で、大好きだと伝えましょう。[3]
    • 単に「夕食を作ってくれてありがとう。すごく美味しかったわ!」などと言うのではなく、「今夜はありがとう。機嫌悪くしていた私に腹を立てることなく、疲れていて、お腹も空いているのを理解してくれて、夕飯を作ってくれたのね。あなたは料理が得意だし、それに何より、思いやりがあるわ。夕食を作ってくれて本当にありがとう!」と詳細に伝えるようにしましょう。
    • 夫を褒めましょう。じゃれ合いながら互いの気を惹く関係が戻ってきます。
  2. 2
    充実した時間を一緒に過ごす 毎日時間をとって互いに意識を向けるように心がけましょう。週に少なくとも1時間は一緒に過ごし、相手に全面的に注意を払いましょう。食事の時間をより充実させたり、散歩に出かけたり、子供が寝静まった後ソファーで寛ぎながら2人の時間を過ごしたりするとよいでしょう。
    • 計画した2人の時間では特定の話題を避けましょう。例えば、仕事、子供、健康問題、金銭問題など普段している会話は、少なくとも最初の20分間は避けましょう。まずは、2人の共通の関心事で緊急性の低いものや最近のニュース、また普段は殊更取り上げることのない事柄を話し合いましょう。
  3. 3
    新たなことに挑戦する 外国語、料理、ダンスなど新しいスキルを一緒に学べるようにクラスをとりましょう。今まで訪れたことのない場所に一緒に行くのも良いアイディアです。デートでこれまで試したことのないものを考え挑戦しましょう。目新しいものは2人の関係に新鮮さをもたらし、互いの新しい一面が発見できるでしょう。
    • 互いに戯れて遊びましょう。一緒に楽しみ笑うカップルは、より良い結婚生活が維持できます。雪合戦、愛情たっぷりのからかいごっこ、ボール投げ、冗談の言い合いをするなどして夫と戯れてみましょう。[4]
  4. 4
    相手への注意やアドバイスを制限する パートナーが気づかないことが気になったり、相手が思いやりに欠ける行為や失敗をすることがあるかもしれません。注意をしたくなるでしょうが、1日に1回だけに留めましょう。相手に伝える前に「今は黙っていた方が良いかしら?」と考えるのも良い方法です。
    • 夫が不平を口にしたら聞きましょう。助言を与えるのではなく、思いやりの気持ちで接しましょう。助言は求められたら与えましょう。夫がいつもの決まり切った思考にはまったと気付いたら、違った考え方を提案してみましょう。しかし、そうは言ってもほとんどの場合、「ただ聞く」のが一番です。
  5. 5
    2人に欠けているものを補う 夫との関係で「昔はよくしていたのに、今はご無沙汰になっている」ことがあれば、それを復活させましょう。会話がなくなったと思ったら、積極的に話しかけましょう。いつも一緒に出掛けていたのに最近ではそれが全くないなら、2人で外出することを提案しましょう。自分から働きかければ、夫もお返しに何か実践しようと思うかもしれません。[5]
    • 夫が全く行動を起こさないなら、して欲しいことを頼みましょう。家族の休暇中に写真を撮るのが常に自分で、自分の写真が全くないなら、カメラを夫に渡してみましょう。
    • 最初に行動を起こし、次に相手にして欲しいことを頼みましょう。それでも変化がなければ、最後に不満に思っていることを説明しましょう。イライラしている自分に気づいたら、まず心を落ち着かせてから気持ちを伝えましょう。

パート 3
パート 3 の 3:
信頼を回復する

  1. 1
    裏切り行為の後話し合いをする どちらかが信頼を損なうようなことをしたら、それについて正直に話し合いましょう。夫の反応に悪影響を与えないように、裏切られたという思いを冷静に伝えましょう。[6]
    • 手紙を書くように気持ちを綴りましょう。自分の気持ちを正直に、全て手紙に書き出しましょう。
  2. 2
    謝るか謝罪を求める 双方が真剣に信頼を再構築したいと思っているなら、過ちを犯した側は謝罪しなければなりません。あなたが夫に対して裏切り行為を犯したなら、夫に謝罪しましょう。どんな過ちを犯したかを説明し、自分の行為によって夫にどんな影響が及んだかも考えて伝えましょう。また、なぜそれがいけないことだったのかも伝え、二度としないと約束しましょう。[7]
    • 夫が裏切り行為を犯したなら、誠実な謝罪を求めましょう。夫に謝罪する準備ができていないとしたら、再び愛を育む精神状態にはないと言えます。
  3. 3
    徹底的に話し合う どちらかが謝罪したら、悲痛な体験を徹底的に話し合いましょう。受けた精神的打撃を事細かに説明する必要はありません。重要なのは、何が起こったのか、何故起こったのか、なぜ傷ついたのかを双方が同じように理解することです。[8]
  4. 4
    一緒に目標を立てる 2人の関係に求めるものを紙に書き出し、夫にも同様に書き出してもらいましょう。双方ともに何かを変えたいと思っているかもしれません。信頼関係の再構築に取り組むと、プラスの副作用として2人の関係の一部がより強固になる可能性があります。[9]
    • 2人の目標が異なる場合は、妥協し合ってすべてを取り入れるようにしましょう。2人の時間を多く持ちたいと思っている夫に対して、あなたは1人の時間がもっと欲しいと思っているなら、2人の充実した時間と、それぞれのプライベートな時間をきちんと確保できるようにスケジュールを作りましょう。
  5. 5
    2人でカウンセリングを受ける 自分たちのようなカップルのカウンセリングを行う専門家を見つけましょう。不貞があった場合は、夫婦療法を専門とするセラピストを見つけましょう。[10] 夫にカウンセリングを受ける気持ちがない場合は、自分1人でカウンセリングに行きましょう。

このwikiHow記事について

Sarah Schewitz, PsyD
共著者 ::
カップル心理学者
この記事の共著者 : Sarah Schewitz, PsyD. セーラ・シェウィッツ心理学博士は恋愛関係における行動パターンの改善方法を指導しており、10年以上にわたり個人やカップルのカウンセリングを行ってきました。オンラインカウンセリングサービス「Couples Learn」を設立し、カップルや個人の相談者の恋愛関係や人間関係における行動パターンを改善する手助けをしています。2011年、フロリダ工科大学にて心理学博士号を取得。
カテゴリ: 人間関係
このページは 235 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?