PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

誰でも時には物を紛失しますが、自分の身に起こるとイライラしてしまいます。物を失くした自分に腹を立て、無作為に探し回って時間を無駄にしてしまいがちですが、紛失物を見つける役には立ちません。落ち着いて自分の行動を振り返り、できるだけ早く、探し物がありそうな場所を計画的にくまなく探しましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
紛失しやすい場所を調べる

  1. 1
    最も散らかっている場所を調べる 心当たりがあるかもしれませんが、家や職場の最も散らかっている場所で物を紛失しやすいという研究結果があります。そこにある物をひとつずつ動かして横に置き、散らかっている場所を順番に探しましょう。[1]

    ポイント: ゆっくりと慎重に探しましょう。探しながらさらに散らかしてしまうと、紛失物は見つけにくくなります。調べた物を整頓して置いておく場所を決め、まだ確認していない物と区別しましょう。

  2. 2
    大きな物の下や周囲を調べる 探し物が小さな物であれば、その上に大きな物を無意識に置いてしまうことがあります。置いてある物を持ち上げ、その下に探し物がないかを調べましょう。
    • 例えば、携帯電話の上に紙の束を置いてしまったり、鍵をジュエリーのそばに放り投げて見分けがつかなくなったりする場合もあります。

    狭い場所を探す

    車内: フロアマット、座席の下、トランクの中、そしてセンターコンソールボックスと座席の間を調べましょう。屋根の上も調べるとよいでしょう。サングラス、飲み物、携帯電話を屋根の上に置き忘れることはよくあります。

    リビングルーム: ソファのクッションの間、またはソファや椅子の下も探しましょう。ソファで寝そべる習慣があれば、物が落ちて間に挟まっている場合があります。

    ポイント: 紛失物の大きさを思い出し、知らないうちに挟まってしまいそうな場所を探しましょう。また、キャビネットの下、混み合った棚、床の上も調べましょう。

  3. 3
    失くした物が隙間に落ちたり、挟まったりしていないか確認する 紛失物は、車内、ソファの奥、または床の隅で見つかることがよくあります。探す場所を最も可能性のある場所に限定しましょう。最後に使った場所や持って行きそうな場所を思い出し、隅々まで探しましょう。[2]
  4. 4
    以前にも失くしたことがある場所を調べる 同じ物をよく失くす場合は、前回見つけた場所にあるかもしれません。失くしやすい場所を思い出し、そこをくまなく探しましょう。また、紛失物と似たような大きさ、形、用途の物をよく失くす場所も探すといでしょう。[3]
    • 鍵を鍵穴に挿し込んだままにしていたり、サングラスを頭に載せたまま忘れたり、パソコンバッグを車内に置き忘れたりしているかもしれません。
    • 例えば、サングラスを失くしたら、眼鏡を失くした時はどこで見つかるかを思い出してみましょう。
  5. 5
    遺失物取扱所に尋ねる 外出中に物を失くした場合は、その日訪れた施設に遺失物取扱所が設置されていないか尋ねましょう。紛失物がそこに届いているかもしれません。
    • 遺失物取扱所は、学校や、スタジアム、コンサート、劇場などのイベント会場に設置されています。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
行動を振り返る

  1. 1
    冷静になり、必ず見つかると自分に言い聞かせる 物を失くすとパニックに陥ったり、焦ったりしてしまいます。それが大切なものであれば、なおさらです。パニックになったり、所かまわず探し回るのではなく、少しの間、静かで居心地の良い場所に腰を下ろし、気持ちを整理することに集中しましょう。集中すると論理的に考えられるようになり、効果的に探すことができます。[4] .

    リラックスして落ちついた状態を保つ

    深呼吸をして取り乱した気持ちを落ち着かせましょう。

    心を落ち着かせてくれることを思い浮かべましょう。 美しい景色、心地よくくつろげる場所、または楽しい思い出などでもよいでしょう。

    探す意欲を失わせるようなネガティブな考えを止めましょう。 「絶対に見つからない」という考えを捨て、「この辺にあるはずだから、きっと見つかる」と自分に言い聞かせるとよいでしょう。

  2. 2
    目を閉じて、それを失くした時のことを思い出す 最後にそれを見た時の光景を思い浮かべましょう。その時何をしていて、どのようなことを考えていましたか?関係ないと思うことでも、できるだけ詳細に思い出しましょう。細かいことまで思い出すと、探し物を見つけるきっかけになることがあります。[5]
    • 失くした時にその場にいたのですから、たとえ鮮明ではなくても、その場所の記憶はあるはずです。落ち着いて目を閉じ、記憶を蘇らせましょう。
  3. 3
    いつもの置き場所とその近辺を再度確認する 失くした物をいつも置いている場所があれば、そこにはないと思っても、最初にその場所を探しましょう。そこに戻したことを忘れていたり、誰かがそこに置いてくれたかもしれません。そして、そこから落ちたり動いたりして、見えなくなっている場合もあるため、その周辺も探しましょう。[6]
    • 例えば、コートがいつも掛けているフックから外れていたり、鍵がいつも置いているカウンターの下の引き出しに入っていたりするかもしれません。
    • 物はいつも違う場所にあるように感じるかもしれませんが、いつもの置き場所から50cm以内にあることがほとんどです。[7]
    • たとえそこにはないと思っても、その辺りをくまなく探しましょう。そこにある物を持ち上げ、隙間や隅も調べて隠れ場所を見逃さないようにしましょう。
  4. 4
    最後に使った場所を探す 失くした物がいつもの置き場所にない場合は、それを最後に使った場所を思い出してみましょう。そして、その場所と周辺をもう一度くまなく探しましょう。[8]
    • 探し物がそこにない場合は、目を閉じ、使った後に一時的にどこかに置いたか、違う場所に持って行かなかったを思い出しましょう。
    • 例えば、夕食の準備をしている間、キッチンで携帯電話を使っていたけれど、そこには見つからないとします。その場合、食事をする前にテーブルに持って行かなかったか、またはシンクの隣に置き忘れていないかを自分に問いかけてみるとよいでしょう。
  5. 5
    紛失物を実際に見ていないかを確認する 人は見慣れた環境では物の区別がつきにくくなり、大事な特徴を見逃してしまいます。特に、物を失くして焦っている時はなおさらです。最初に探した場所に戻り、新たな角度から探してみましょう。異なる視点で物を見ると、初めに見逃してしまった細かい点に気づくかもしれません。[9]
    • 座って探していたのなら、立ち上がって横に移動するか、しゃがみながら探してもよいでしょう。
  6. 6
    友人や近くにいる人に手伝ってもらう 誰かが間違って持って行ったり、違う場所に置いたりした可能性もあります。会社の同僚、ルームメイト、または家族など、近くにいる人に失くした物に心当たりがないか、または最近それを見なかったかを、失礼のないように尋ねましょう。[10]
    • 例えば、「鍵を探しているんだけど、この辺で見なかった?」などど尋ねてもよいでしょう。
    • 外出中に失くした場合は、盗まれた可能性も考えられますが、それはめったにないでしょう。失くした可能性が高いため、諦めずに探しましょう!
  7. 7
    家の外で失くした場合は、最後に持っていた場所に連絡する その日に行ったすべての場所と、それを最後に持っていた場所を思い出しましょう。そして、その場所に電話をし、落とし物として届いていないかを尋ねましょう。そこで見つからない場合は、他に行った場所にも尋ねましょう。電話をしても見つからなければ、再度その場所に行ってみます。その日の行動を辿り、注意深く探しましょう。[11]
    • 電話をかけたり、行った場所に戻る前に、身近な場所をできる限り慎重に探してみましょう。財布を車内に置き忘れているのに、会社に戻って探すのは時間の無駄です。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
紛失を防止する

  1. 1
    物を目立つようにして紛失を防ぐ 大切な物をよく失くしてしまう場合は、物を大きく見せたり、目立つようにするとよいでしょう。こうすると、失くしにくくなり、置き忘れてもすぐに見つかるでしょう。[12]
    • 例えば、キーリングに大きくて色鮮やかな、または音がするキーホルダーを付けたり、大きく明るい色の携帯カバーを使い、着信音をオンにしておいたり、あるいは重要な書類には蛍光色の付箋を貼ったりするとよいでしょう。
  2. 2
    大切な物にはトラッカーを付けて、アプリで追跡する ハイテクな方法で大切な物を追跡したい場合は、Bluetoothトラッカーを使いましょう。大切な物に小さなトラッカーを付け、スマートフォンのアプリに接続すると、それがどこにあるかが分かります。[13]
    • アプリを使って追跡するトラッカーには、Tile やTrackRなどがあります。
    • スマートフォンをよく紛失する場合、iPhoneであれば「探す」アプリを使いましょう。Androidの場合は、「デバイスを探す」アプリをインストールし、android.com/findにアクセスして追跡します。
  3. 3
    大切な物を置く際、場所を記憶しておく 大切な物をどこかに置くたびに、その場所を憶えておきましょう。「〇〇を△△に置く」と口に出すか心の中で自分に言い聞かせ、その光景を覚えておきましょう。このように記憶することで、置き場所を明確に思い出すことができます。[14]
    • この方法は、最初は難しい、または努力を要すると感じるかもしれませんが、日常的に続けて習慣にすると簡単にできるようになり、長期的には時間の節約につながります。
    • 場所の記憶を忘れがちであれば、物を紛失して見つけた直後に始めてみましょう。その時が、紛失対策を始める最もやる気のある時です!
    • この方法を続けると、日常的に物に気を配るようになります。その瞬間を心に留めておくほど、自分の行動をより意識するようになり、物を置いた場所も簡単に思い出せるでしょう。
  4. 4
    部屋を出る前や車を降りる前に、忘れ物がないかチェックする 車を降りる前に、忘れ物がないかをチェックする習慣をつけましょう。特に、自分の車でない場合は重要です。また、退社時に机やオフィス内を見回し、置き忘れがないかを調べましょう。これは、気づかずに手やポケットから落ちてしまった物を見つける効果的な方法です。[15]
  5. 5
    身の回りの整理整頓を心がけ、物の紛失を防ぐ 散らかっている場所では、物を紛失する確率も高まります。乱雑とした部屋の隅に物が隠れていたり、他の物の下になっていたり、または誤って捨ててしまったりする場合もあります。いつも過ごしている場所を定期的に掃除し、紛失を防止しましょう。最初は手間がかかると思うかもしれませんが、紛失物を探すよりは短時間で済みます。[16]
    • 自分の家、部屋、オフィス、車、そして教室の机の整理整頓を心がけましょう。長い時間を過ごすこれらの場所は乱雑になりやすいため、物を紛失する機会も増えます。
    広告

ポイント

  • 何よりも、パニックに陥らないことが大切です。落ち着いて対処すれば、効率的に手際よく紛失物を探すことができるため、見つかる確率も高まります。
  • 探す場所を徹底的に調べましょう。こうすると、後で同じ場所を再度探さずに済みます。
  • 思い当たる場所をすべて探しても見つからない場合は、他の人に心当たりがないか尋ねてみましょう。すぐに問題が解決するかもしれません!
  • 掃除をした後に何かが見当たらない場合は、倉庫などの保管場所を探してみましょう。
  • 絶対に見つからないと思える場所も探しましょう。探し物が思いがけない場所に隠れていることもよくあり、考えていた場所ではなかったことに気づくでしょう。
  • 学校で物を紛失した場合は、先生に心当たりがないか聞くか、学校の遺失物取扱所に尋ねましょう。
広告

関連記事

プラスチックについた傷を消すプラスチックについた傷を消す
ヘアピンでドアの鍵を開けるヘアピンでドアの鍵を開ける
スライダーが完全に外れたファスナーを修理するスライダーが完全に外れたファスナーを修理する
リベットを外すリベットを外す
ヘアピンで錠を開ける
ドライバーを使わずにネジを外す
アリを殺虫剤なしで殺傷するアリを殺虫剤なしで殺傷する
プラスチックのひび割れを補修する
ガラスの傷を取るガラスの傷を取る
エアーベッドの空気漏れを修理するエアーベッドの空気漏れを修理する
コオロギを駆除するコオロギを駆除する
大きすぎるセーターを縮める大きすぎるセーターを縮める
戦争を生き延びる戦争を生き延びる
カエルを駆除するカエルを駆除する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は28,678回アクセスされました。
記事のサマリーX

無くしたものを見つけるには、落ち着いて最後に見た時のことを思い出しましょう。イライラしている場合は、友人や家族に助けを求め、探すこと自体をゲームに変えて、もっと楽しめるようにしましょう。しばらく探した後は、いったん休憩をして他のことをしましょう。時間をおいて他のことに集中すると、まだ探していない場所を思いつくかもしれません。また、音楽をかけながら探すと、片付けをする良い機会になるでしょう。こうすると、探しているものが偶然見つかることもあります。 散らかっている車の中や、ソファーのクッションの隙間など、一般的に物をなくしやすい場所の例を知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

このページは 28,678 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告