PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

失恋の痛手を癒すのは苦しい道のりです。起こった出来事を受け入れ、自分自身と感情を整理することができるようになれば、気持ちを切り替えて乗り越えられるようになるでしょう。最終的には本来の自分に戻れるようになることを心に留めておきましょう。

パート 1 の 3:
起こった出来事を受け入れる

  1. 1
    正面から失恋と向き合う 今、あなたは傷つき悲しみの中にいるはずです。これは一般的な感情であり、そう感じている事実を受け入れる必要があります。辛い時に、周りの人や自分自身に「私は大丈夫」と嘘をついてはいけません。しばらくの間は気持ちを押さえつけておくことができるかもしれませんが、何か別のきっかけで再び気持ちが湧き上がってくるはずです。さらに、自分に正直になれなかったという理由で、さらに悪い状況に陥ってしまうでしょう。[1]
  2. 2
    悲しみを我慢する必要はないことを覚えておく 実際に悲しみ、戸惑い、怒りなどの様々な感情を持つことに問題はありません。大事なのは、人生全てがこのような感情に影響されないようにすることです。失恋の痛みで自身の感覚を麻痺させたり、破局した恋愛関係のことを延々と悪く言うのはよくありません。このような行為は、長い目で見れば自分を傷つけてしまうだけです。そうではなく、失恋の痛みを感じる時間を自分に与えましょう。[2]
  3. 3
    泣く 泣くことは、激しい感情を表すには健康的で良い方法です。泣きたい時は泣けばよいのです。1人になれる場所、または仲の良い友人と一緒にいられる場所を探し、涙を流しましょう。きっと思った以上に早く涙が止まり、感情をさらけ出した後は少し気分が良くなるはずです。[3]
    • 店や学校の教室などの公共の場を含め、泣くには適さない場所があるため、 公の場で涙をこらえる方法を知っておく必要があります。深呼吸をして(鼻から息を吸い込み、口から出す)、数回瞬きをして涙をこらえましょう。ストレスボール(ストレス解消用の道具)を握りつぶすなど、何らかの体の動きがあると気を紛らわせることができます。涙が数滴こぼれ落ちる場合は、あくびをしてごまかすか、アレルギーや具合が悪いことのせいにしましょう。
  4. 4
    マイナス思考を断ち切る 自分の世界観がマイナス思考に支配されないようにしましょう。これには自分が置かれている状況の否定的側面だけを見ることや、起こった出来事を全て個人に向けて自分のせいにすることなどが含まれます。自分をしっかりと見つめ、自身の状況をそんな風に捉えているどうかを確認し、そこからはマイナス思考を回避する方法を探してみましょう。[4]
    • 負のエネルギーを追い払う良い方法は、 瞑想することです。一般的には1人だけで快適な場所に心地良い姿勢で座り、テレビやその他の刺激のある物など、気を散らす物から離れます。深呼吸をして他の物体に集中し、合言葉を繰り返したり、平和な場所を思い浮かべながら意識を解放しましょう。
  5. 5
    自分たちの恋愛関係についてよく考える うまくいかなかった原因、そして2人が別れてしまった理由について考えましょう。常に何らかの原因があるはずです。また、恋愛を通してよかった点や将来のパートナーに求めることについても考えましょう。このような考えに向き合うことで人として成長し、そのうちに自分にふさわしい人を見つけられるに違いありません。
    • 元パートナーと無理なく友人関係になれる時が来るかもしれませんが、早い段階ではそのことについて考えすぎないようにしましょう。別れた後は、自分に少し時間を与える必要があります。[5]
    広告

パート 2 の 3:
自分を大事にする

  1. 1
    自分のことを前向きに考える 自分の長所を思い浮かべ、誇りに思いましょう。描き始めた絵を完成させたりランニングをしたりして、自分が満足できる活動をしましょう。失恋を乗り越えるには、悪いことが起きた事実を受け入れ、自分はその問題に対処できる強い人間だと悟ることが重要です。
    • 自分の長所のリストを作成しましょう。今までに達成したことや、自分の良いところを思い出してみましょう。書き出すことで自分の長所を再認識できます。または、長所のリストを作成し、気分が落ち込む度にいつでも読み上げられるようにしておきましょう。[6]
  2. 2
    誰かと話す この世に存在しているのは自分だけではありません。信頼できる友人や先生、親しい親戚に感じている気持ちを打ち明けてみましょう。時に思い切って感情を打ち明けると、克服しやすくなるものです。さらに、素晴らしいアドバイスや、ただ泣くために肩を貸してくれるなど、周りの人の助けは意外なほど大きいものです。[7]
  3. 3
    運動する 肉体運動をすると体からセロトニン(幸せに感じる化学物質)が分泌され、神経細胞の成長が促されます。感情の面では、運動をすることで自分を自由に操れている感覚が再び得られるようになるでしょう。その上、見た目も健康的になります。[8]
    • 完璧なトレーニングは必要ありません。良い精神状態を保つには、毎日10〜15分程度のジョギングやヨガなどの簡単な運動をすれば十分です。庭の雑草取りや外での散歩など、運動のように感じない動作でさえも、動いている間に新鮮な空気を取り込むことができます。最も重要なのは、行っている運動を継続することです。[9]
    • 気分が落ち込んでいる時は、運動をする気にはなれないかもしれません。何か楽しい活動で気を紛らわせながら対処しましょう。ショッピングセンターや楽しい気分になれる場所を歩くだけでもよいのです。また、トレーニングマシーンを使用中に特定の好みの音楽を聴いたり、お気に入りのテレビ番組を見るなど、運動している間のみできることを決めるのもよいでしょう。こうすれば、意識をトレーニングからそらし、楽しいことに集中できるはずです。楽しみを運動の時だけにとっておけば、毎回その時間が楽しみになるでしょう。[10]
    • 運動する時に友人を誘ってみましょう。会話がなかったり話すことが何も無い場合でも、1人だけで運動するよりは誰かと一緒の方がどんな時もよいはずです。誰かと運動をする約束をすれば、1人だけで目的を達成しようとする場合よりも定期的に運動する気になるでしょう。
  4. 4
    うつ病の傾向に注意する 一般的で健全な感情である「悲しみ」と「抑うつ」との主な違いを見逃さないようにしましょう。抑うつ状態にある時は、考えること全てが人生において何の意味もないと感じ、悲しみの原因ばかりを考えてしまいがちです。このような兆候が見られる時や、悲しみの感情が数週間から1ヶ月まで長引く場合は、医師かメンタルヘルス専門家に相談しましょう。[11] [12]
    広告

パート 3 の 3:
気持ちを切り替える

  1. 1
    自分や元パートナーのことを思い出させるものを処分する 自分と元パートナーが写っている写真、2人の思い出の曲、相手からもらった贈り物などを処分しましょう。以前2人で色々なレシピを試すために使用した料理本などは、今後使い道があるかもしれないため全ての物を処分する必要はありませんが、直接視界に入る場所からは遠ざけるべきです。[13]
    • どれ程怒りを感じていても、相手にとって意味のある物、高価な物、感情的価値のある物(高額な物や家族との思い出の品など)は、破壊しない方が得策です。このような物を持っている場合は、まとめて渡す準備をし、決めた時間に相手に取りに来てもらいましょう。再びつながるきっかけを作るわけではないため、連絡をする際には事務的な、短い内容にしましょう。
  2. 2
    元パートナーとの連絡を全て断ち切る 相手と連絡を取り続けてしまうと、今既に感じているよりもさらに嫌な気持ちになるでしょう。泣きながら元パートナーに電話をしたり、受動攻撃的なショートメールを送るようなことはせず、また、絶対にお酒を飲んだ状態で会話をしてはいけません。元パートナーは、気持ちを切り替えたことをはっきりと示したはずです。あなた自身もそうするには、相手との連絡を避けるのが最善策です。
    • SNS上から元パートナーを削除しましょう。常に自動的にFacebookやその他のSNSから入ってくる相手の近況を知る必要はありません。このようなものを避ければ、相手のことを考えずにすむでしょう。[14]
    • 友人に頼りましょう。元パートナーの近況を友人に細かく聞いたり、報告してもらう必要はありません。代わりに、元パートナーのことを忘れられるように友人に助けてもらいましょう。友人と何か他の会話をして時を過ごしたり、元パートナーに連絡できないような状況にしてもらうだけでもよいのです。
  3. 3
    新しい活動に参加する 過去を乗り越えるための最善策は、その人がいない状況で新しく明るい未来を築くことです。今こそ新たなスキルを身につけたり普段とは違う活動に参加して、夢を実現する時です。放課後や仕事の後に参加できる新しい教室に入会する、スポーツクラブに参加する、または毎週適当に集めた人達でバスケットボールなどをするだけでも効果的です。目指すのは、考え方を変え、新しい活動で気を紛らわせ、新しい人々に出会うことなのです。[15]
  4. 4
    誰かの手助けをする 自身の苦悩を忘れるための最善策のひとつには、誰か他の人が直面している問題解決の手助けをすることが挙げられます。友人の生活の中での出来事を話してもらったり、家族の近況を聞いてみましょう。自分の感情ばかりに気を取られ、他の人々も悲しみと闘っているという事実から目をそらしてはいけません。[16]
    • 助けるのは、知り合いの人達だけに限定しなくてもよいのです。ボランティア活動は、自分の置かれた状況を広い視野で見つめるのに最適です。無料食堂や炊き出し所などでボランティアをして、他の人々の生活改善のために尽力することに集中しましょう。その過程で、自分自身の人生における新たな意味を発見できるかもしれません。
  5. 5
    新しい人々に会う 自分に少し時間を与えた後は、再び恋愛してみましょう。自分を孤立させるべきではなく、たとえ誰かを失ったとしても、自分は人から愛されず誰かを再び愛せないというわけではありません。新たな活動を通して新しいパートナーになる可能性のある人に出会ったり、オンラインデートを利用してもよいのです。気が進まなければ積極的に新しい恋愛相手を見つける必要はありませんが、誰かに誘われるような機会があれば、即座に拒絶してはいけません。[17]
    • 「リバウンド恋愛」に注意しましょう。心を開くということは、すぐに新しい恋愛に走るという意味ではありません。焦って行動すると本物の感情と気軽な親密さを勘違いしてしまい、自分にも相手にも大きな傷を残してしまうことになります。[18]
  6. 6
    根気強く自分に付き合う 失恋に対処する過程は時間を要するものであり、立ち直りかけている最中に、他の日よりも辛く感じる日々に直面するかもしれません。立ち直りかけていると思っていた時に悲しく感じてしまう自分を責めてはいけません。[19]
    • 時折元パートナーのことを空想するのは一般的です。最も確実に特定のことを考えないようにするには、その内容について考えないように自分自身に言い聞かせることです。このようなことは時々起こり得るものです。気持ちを抑えるよりはその事実を受け止め、何か別のことを考えるようにするとよいでしょう。[20]
    広告

ポイント

  • 時にはただ、「自分は大事な人だ、もっと素晴らしい人がどこかにいるはずだ」と自分にはっきりと言い聞かせるとよいでしょう。
  • 不健康な食べ物やアルコール類など、短期的に気が紛れるものに頼るのは適度であれば効果的かもしれませんが、手に負えない状態にならないように注意しましょう。暴飲暴食や薬、その他の薬物などは避けるべきです。このようなものに頼るとさらに調子が悪くなるだけでなく、違法な場合もあります。
広告

関連記事

壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
げっぷするげっぷする
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
復讐する復讐する
他者に依存しない他者に依存しない
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
友達がゲイかどうか見分ける友達がゲイかどうか見分ける
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
彼女が浮気をしているか知る彼女が浮気をしているか知る
敬意を持って人に接する敬意を持って人に接する
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
広告

このwikiHow記事について

Moshe Ratson, MFT, PCC
共著者 ::
リレーションシップ・セラピスト
この記事の共著者 : Moshe Ratson, MFT, PCC. モーシェ・ラトソンはニューヨーク市にある心理療法とコーチングの専門クリニック「spiral2grow Marriage & Family Therapy」の最高責任者を務めています。イオナ大学にてマリッジ・ファミリーセラピーの修士課程を修了。国際コーチング連盟(ICF)のメンバーで同連盟より認定プロフェッショナルコーチ(PCC)の資格を取得。米国マリッジ・ファミリーセラピー協会 (AAMFT) のクリニカルメンバーでもあります。
カテゴリ: 人間関係
このページは 543 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告