人は誰しも失敗をしてしまうものです。決まり文句のように聞こえるかもしれませんが、これは事実です。最近女の子の気持ちを傷つけてしまったという人は、非常に申し訳なく思っていることでしょう。そんな時、相手に対して謝罪をすれば反省の気持ちを表現することができ、さらには相手の気分を良くすることもできます。謝罪をする前にこの記事を読んで、意味のある真摯な謝罪をするためのコツを学びましょう。

1
直接会って謝る

  1. 直接会って謝罪をすれば、誠実さがしっかりと伝わります。直接謝罪をするのは勇気が要ることです。しかし心を開いて正直に謝れば、反省の気持ちを伝えようとしていることが相手にも分かります。他の人がいない静かな場所を選び、相手の顔を見て謝りましょう。[1]
    • 学校で相手に会うのであれば、中庭や食堂の空いている席などの人がいない場所を探しましょう。学校以外の場所で謝る場合は、近所の公園のベンチなどが良いでしょう。
    広告

2
謝罪の気持ちを手紙にする

  1. 直接会って謝ることができない場合もあるかもしれません。また、緊張して何か間違ったことを言ってしまうのではないかと不安になるかもしれません。そんな時は、代わりに手紙を書いてみましょう。手紙を書く場合は、よく考えて内容を書くことが大切です。なぜなら、時間をかけて謝罪の言葉を考えたことを相手に伝えたいからです。何を書けばいいか分からない場合は、何回か下書きをしてみましょう。[2]
    • メールでの謝罪はなるべく避けましょう。メールを打つにはそれほど手間がかからないため、誠意が伝わらない可能性があります。

3
謝罪時には自分のしたことを認める

  1. 自分の行動について言及のない謝罪からは誠意が見えません。自分が取った失礼な言動を振り返り、詳しく述べるようにしましょう。こうすれば自分が犯した過ちを認識していること、相手にどんな影響を与えたのかについて真剣に考えたということが相手に伝わります。[3]
    • 「昨日は服装のことでバカにして本当にごめん。失礼で配慮のない発言だったと思う。あんなことは絶対に言うべきじゃなかった」などと伝えると良いでしょう。
    • 「僕が悪かった。ごめん」のような一般的な謝り方は止めましょう。これでは相手を傷つけた言動が具体的に言及されていません。自分の間違った言動を正確に理解していることを示した方が、はるかに意味のある謝罪になります。
    広告

4
自分の行動に対して責任を持つ

  1. 自分が言ったことを相手の女の子や他人のせいにしてはいけません。自分の過ちを認めるのは非常に難しいことですが、自分の行動を人のせいにすることは楽をしようとしているようなものです。人ととして正しい行動を取り、自分に責任を持ちましょう。難しいかもしれませんが、間違っていたのは自分1人の言動だったと伝えることが大切です。[4]
    • 「僕がしたことに弁解の余地はない。完全に失礼なことをした。君を傷つけたことに対しては謝っても謝りきれないよ」などと言うと良いでしょう。
    • 自分のしたことを正当化するのは止めましょう。「確かに僕は君を傷つけてしまったけど、君のことが本当にうっとうしかったんだよね」のようなことを言ってはいけません。

5
相手の気持ちに共感する

  1. 相手の立場に立って考えていることを示しましょう。例えば、持っていた本を全て廊下に落としてしまった女の子のことを笑ってしまったとします。相手は非常に不安で恥ずかしい気持ちになったことでしょう。この行動に対して謝罪する時は、自分の行動によって相手がどんな気持ちになったのか考えたということを相手に伝えましょう。[5]
    • 共感を表す時は、「僕が笑った時、君がどう感じたかは想像することしかできないけど、僕が君に恥ずかしい思いをさせたのなら本当にごめんなさい」などと言いましょう。
    広告

6
改善することを約束し、実行する

  1. 謝った後には意味のある行動を取りましょう。謝罪をする前には一度立ち止まり、今後自分をどのように改善していくかについて考えます。例えば、頭の中で考えてから女の子に話しかける、敬意を持って接するなどが挙げられます。自分にとって実行可能な前向きな変化を考えたら、それを謝罪の言葉に含めます。また、相手の女の子と友達同士であり、今度も一緒に過ごしていきたいのであれば、同じ失敗を再び繰り返さないようにしましょう。自分自身および相手と約束をして友情を修復すれば、お互いに前に進むことができるはずです。[6]
    • 相手の女の子と仲の良い友達同士ではないとしても、今後人との接し方を改善するつもりであることを伝えましょう。
    • 「自分の言葉で周りの人が傷つくことがあるってことに気づいたんだ。次からは君の気持ちを無視しないって約束する」のように伝えると良いでしょう。

7
相手の考えに耳を傾ける

  1. 上手な謝罪とは、1人で喋るものではなく対話を伴います。女の子に謝る際は、相手が話せる機会を作ることが大切です。時々立ち止まって、相手が話す時間を取りましょう。相手が質問をしてきたら、最善を尽くして答えましょう。また、相手もあなたの行動によってどれだけ傷ついたのかを面と向かって表現する必要があるかもしれません。その時は、守りに入らずに相手の言葉に耳を傾けましょう。[7]
    • 自分の行動によって相手がどれだけ傷ついたのかを聞くのは非常に辛いかもしれません。相手の考えを素直に聞き入れるのに最善を尽くし、どれだけ申し訳なく思っているのかを何度も伝えましょう。
    広告

8
相手の反応を尊重する

  1. 相手はすぐにあなたを許せないかもしれません。誠意のこもった謝罪によって友情を修復したり、相手の気持ちを楽にしたりすることはできますが、必ずしも全てが解決するわけではありません。彼女を傷つけた言動や、彼女がどれだけ傷ついたかにもよりますが、あなたを許す気になるまである程度の時間がかかることもあるでしょう。また、最後まで許すことができない場合もあります。そのような場合でも、相手の気持ちを尊重し、プレッシャーを与えないようにしましょう。[8]
    • 相手の反応に関わらず、謝罪の言葉を伝えることが大切です。「謝っておけば許してくれるだとう」という気持ちで謝ったり、自分が楽になりたいがために謝るのは本当の謝罪ではありません。

9
必要に応じて相手と距離を置く

  1. 相手は自分の感情を判断するのに時間が必要な場合もあります。すぐに謝罪を受け入れて先に進める人もいれば、中には自分の感情を整理するのに時間がかかる人もいます。謝った後、相手が1人になる時間を必要としているのであればそれを理解し、尊重する意思を伝えましょう。[9]
    • 謝った後には、「僕が言った言葉について考える時間が欲しいというのなら心から理解するよ。話したくなったらいつでも教えてね」のように伝えましょう。
    広告

10
自分のことを許してあげる

  1. 時には、失敗を通して人生の教訓を学ぶ必要があります。失敗した時に自分を責めてばかりいては改善につながりません。心からの謝罪をした後は、自分が間違っていたことを受け入れ、これからの生活をどのように変えていけるのかについて考えましょう。こうすれば同じ間違いを繰り返さなくなるはずです。[10]
    • 相手に謝るにはかなりの勇気が必要です!謝罪は自分自身を成長させるための素晴らしい第一歩です。頑張った自分を褒めてあげましょう![11]

関連記事

他者に依存しない他者に依存しない
チャクラを開くチャクラを開く
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
泣かないようにする泣かないようにする
心を浄化する心を浄化する最高の方法
子供の自閉症を見分ける子供の自閉症を見分ける
心の平安を得る心の平安を得る
虚言癖を治す虚言癖を治すには?正直になって、自分を磨く9つの方法
傷ついた言葉から立ち直る傷ついた言葉から立ち直る
アダルトビデオ鑑賞と自慰を徐々にやめるアダルトビデオ鑑賞と自慰を徐々にやめる
親から離れない子供に対処する親から離れない子供に対処する
自傷跡を隠す自傷跡を隠す
親からのいじめに対処する親からのいじめに対処する
運転恐怖症を克服する運転恐怖症を克服する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,562回アクセスされました。
このページは 2,562 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告